HOME 全てのSS RSS   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  みなみけSS  »  夏奈「藤岡がプロポーズしてくれない……」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏奈「藤岡がプロポーズしてくれない……」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:02:27.13 ID:INpmRrOT0
春香「えっ?」

夏奈「あたし、もう25だよ……」

春香「いや、えっ?」

夏奈「10年近く一緒に遊んでるのにさ……」

春香「いやいや、えっ?」

夏奈「あいつ、あたしのこと好きじゃないのかな……」

春香「いやいやいやいや」

春香「えっ?」

夏奈「えっ」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:06:29.86 ID:INpmRrOT0
春香「あの、一応聞いておくわよ?」

春香「付き合ってたの、あなたたち?」

夏奈「えっ」

夏奈「なんだ、まさか別の女と……」

春香「あ、そうじゃないの」

春香「むしろね、藤岡くん、よく十年も諦めずに夏奈にアプローチかけてるなあ」

春香「と、千秋といつも話してたの」

春香「もしかして両想いだったの?」

夏奈「なにをいまさら」

春香「えっ?」

夏奈「えっ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:09:08.54 ID:INpmRrOT0
春香「あの、キスは?」

夏奈「したことないぞ?」

春香「デートは?」

夏奈「誘ってくれたことない」

春香「本人から直接好きだと言われたことは」

夏奈「ない」

春香「……あのね、夏奈、ちょっと正座しなさい?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:12:39.00 ID:INpmRrOT0
夏奈「なんだなんだ!」

夏奈「急に正座って」

春香「あの春香、ちょっと残念だけど」

春香「それ多分、プロポーズどころか付き合っているという状態とは言えないと思うの」

夏奈「な!ハルカなんてことを!」

春香「黙って聞きなさい?」

夏奈「……はい」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:18:01.19 ID:INpmRrOT0
春香「本人同士の問題だから私が言うのはいけないと思ってたけど」

春香「彼、多分いまだに片思い状態だと思ってるわよ」

夏奈「そんなバカな!」

春香「バカな話なの」

春香「だって、いつも告白しようとしては変な勘違いされて最後はあなたに殴られてるもの」

春香「いつも藤岡くんがベランダで泣いてるのを見てると心が痛くて…」

夏奈「……な、ななな」

春香「まずは『好きだ』の三文字を聞いただけで『隙だらけだ!』と自動変換するのをやめることからね」

夏奈「そんなバカな!」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:22:06.41 ID:INpmRrOT0
夏奈「全部私のせいだと言うのか……」

春香「いや、まあ押しが弱すぎる彼にも責任はあるとは思うけど……」

春香「やんわりとこのことを聞いてみたら、『俺は南と飯が食えるだけで幸せなんです』とか言うし」

春香「この十年でこんな感じで告白らしい告白をしたのが二回しかないらしいし」

夏奈「二回!」

夏奈「二回も!?」

春香「……そうね、二回も、ね」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:28:29.08 ID:INpmRrOT0
春香「あのね、私たちはいいのよ?」

春香「彼に今すぐこの家に入ってもらっても」

春香「だって、藤岡くん、あなたの分の食費とか洋服代まで払ってくれてるもの」

夏奈「そうだったのか!?」

春香「いや、だってあなた働かないから……」

夏奈「し、知らなかった……」

春香「こんなに尽くしてるのに本人に気づかれてないなんて…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:29:17.24 ID:30UTk0U40
夏奈ニートかよw

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:30:32.10 ID:INpmRrOT0
春香「あのね、夏奈」

春香「もし藤岡くんが別の女の子を好きになっちゃったり」

春香「仕事の事情で遠くにいっちゃったりしたらどうするつもりだったの?」

夏奈「心配しなくてもその可能性はない!」

春香「その自信は一体どこから…」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:31:16.14 ID:jG5oaj+NO
さすがだぜ夏奈

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:32:22.22 ID:nC+5Lt4iO
この家に入ってもらうっていうかひきとってもらえよ

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:33:01.16 ID:2se3O5u1O
夏奈どうしようもないヘタレだなwww

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:39:44.58 ID:INpmRrOT0
春香「あのね、夏奈」

春香「今だから言うけど」

春香「一時期、千秋が彼のことを好きだったってことに気づいてた?」

夏奈「……」

夏奈「ええええええええええええええええええええ!?」

春香「いや、もう5年も前のことよ?」

春香「あの娘、すっごい悩んでたんだから」

春香「毎晩、あの娘泣きながら私のところに相談にきてね」

春香「最後は『あのバカを支えられるのは藤岡しかいないから』って諦めたのよ」

夏奈「え、ええっ」

夏奈「なんか最近千秋の奴、あいつの膝に乗らなくなったなあと思ったけど、そういうことだったのか…」

春香「多分、あなたより彼のことを好きになるのは早かったんじゃないかしら?」

夏奈「ご、ごめんよう!ごめんよう!千秋!」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:48:45.71 ID:INpmRrOT0
春香「反省した?」

夏奈「反省した」

春香「いや、まあ反省した?と聞くのもちょっと変な気がするけど」

夏奈「反省した!」

春香「はいはい」

春香「とにかく、今日も藤岡くんはうちに来るのよね?」

夏奈「おう」

春香「……何をすべきかわかってるわよね?」

夏奈「えっ?何を?」

                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     (    )
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:51:26.58 ID:INpmRrOT0
春香「グーが出たわ」

春香「この28年間、ついぞ使ってこなかったグーがでたわよ」

夏奈「いたひ……」

春香「あのね、今日こそあなたたちは両思いになるの」

春香「付き合うの、婚約するの」

春香「今日中に!」

夏奈「そ、それは………恥ずかしい………」

春香「……婚期逃すわよ?」

夏奈「そ、それは……」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 23:57:40.69 ID:INpmRrOT0
夏奈「婚期の話をするなら」

夏奈「春香だって……」

春香「ニッコリ」

夏奈「すんませんした」

春香「私はね、とにかくあなたと千秋が先に幸せになってくれればいいの」

春香「藤岡くんだったら私も千秋もなんの文句もないし」

夏奈「春香……」

夏奈「自分の婚期は……」

                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     (    )
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 00:00:34.15 ID:xbNfjo4h0
春香「ほどほどにしとかないと次は黄金の左が飛ぶわよ」

夏奈「すんませんした」

春香「し、仕事が忙しいのよ」

春香「会計士の仕事で忙しくて男のことなんか……」

夏奈「あー、はい、そっすね」

春香「飛ぶわよ?」

夏奈「すんませんした」


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 00:07:58.44 ID:xbNfjo4h0
春香「とにかく、今日中にあなたか話を切り出すのよ?」

春香「千秋と私で口裏を合わせて」

春香「あなたと彼の二人きりの二人きりの時間を作るから」

夏奈「お、おぅ……」

春香「わかった?」

夏奈「……あの、春香、私、大丈夫かな?」

春香「もう、どうしたの急に弱気になって」

夏奈「いや、私、藤岡に愛想つかされたり、してないかなあって……」

夏奈「ずっと酷いことしてたんだろ、藤岡に」

春香「まあ、ね」

春香「今日でチャラになるわよ」

夏奈「でも……それに、ほら、私働いてないし……」

春香「ああ、それは働けとしか……」

夏奈「春香ぁ!」

春香「あーよしよし、泣かない泣かない」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 00:13:46.28 ID:xbNfjo4h0
ピンポーン

夏奈「ビクッ」

春香「あら、そういえばもうこんな時間なのね?」

夏奈「藤岡、藤岡なのか!?」

春香「いつものことじゃない」

夏奈「だって……」

春香「もう急にモジモジして」

夏奈「だってえ……」

春香「あなた今何歳?」

夏奈「えっと……」

春香「ほら、両手だけじゃなく、足の指も使って」

夏奈「25歳……」

春香「大人なんだからちゃんとしなさい」

夏奈「あうあうあう」


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 00:20:15.34 ID:xbNfjo4h0
ピンポーン

春香「ほら、出なさい」

夏奈「わ、私がぁ!?」

春香「そういう日なんだから」

夏奈「そ、そういう日って……」

夏奈「わ、わかったよ……」

夏奈「……はぁ」

夏奈「……」

ピンポーンピンポーン!

夏奈「ビクッ!」

夏奈「はあ……」

ガチャッ


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 00:25:07.83 ID:xbNfjo4h0
千秋「おねえさまぁ!」

ガバッ

夏奈「ぎゃあああああああああああ!」

千秋「……えっ?」

夏奈「………っ!」

千秋「なんだお前か」

千秋「珍しいな、お前が出てくるなんて」

夏奈「………」

千秋「なんだ、どうした石のように固まって?」

夏奈「お、おまえ、おぼえてろよ……」

千秋「おぼえてろって……」

藤岡「あ、春香さん、今戻りました」


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 00:29:00.63 ID:xbNfjo4h0
春香「あら、千秋、藤岡くん、お帰りなさい」

春香「いつもごめんね、千秋を大学から車で送ってもらって」

藤岡「あ、いえ、この時期は女の子一人では夜道が危ないんで」

藤岡「ちょうど仕事帰りですし」

千秋「もう22だぞ!」

藤岡「まだ22でしょ」

千秋「むう……」

藤岡「……どうした南、固まって?」

夏奈「な、ん、で、も、な、い」

藤岡「……?」

藤岡「そう」

夏奈「パクパクパクパク」

春香「……やれやれ」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 00:37:35.17 ID:xbNfjo4h0
藤岡「おーい、南」

夏奈「………」

藤岡「みーなーみー」

夏奈「………」

藤岡「……ほんとに大丈夫か、南?」

夏奈「……ふ、ふじおかは」

夏奈「だんなさまみたいだな!!!」

夏奈「……」

一同「………」

藤岡「あ、えっ……」

藤岡「あ、ありがとう……」

夏奈「……春香ぁ!」

春香「ちょっと頭が痛く……」

千秋「???」



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 00:46:21.55 ID:xbNfjo4h0
千秋「えーと、ハルカ姉さま」

千秋「あのバカに一体なにが……」

春香「ああ、あのね」

ゴニョゴニョ

千秋「えっ!?」

春香「そういうことなの」

千秋「どういう反応をすればいいか……」

春香「あら?」

春香「私たちにできることは見守ることだけよ?」

千秋「なんでそんなに楽しそうなのですか、ハルカ姉さま?」

春香「うふふ」

春香「もう楽しまなければ損だと気づいたの」

千秋「はあ……」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 00:51:39.37 ID:xbNfjo4h0
藤岡「南?」

藤岡「ほら、こんなとこで突っ立ってると本当に風邪引くぞ」

ギュッ

夏奈「ひゃああああああああっ!」

藤岡「!?」

夏奈「手、手ぇにぎんなあ!」

バッ!

藤岡「わっ、ご、ごめん!」

ダッダッダッ

夏奈「はぁはぁはぁ……」

夏奈「どうしよう、春香ぁ……」

夏奈「はずかしくてとけちゃう……」

春香「うふふ、ね、面白いでしょ?」

千秋「確かに……」



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 00:57:24.05 ID:xbNfjo4h0
春香「あのね、夏奈」

春香「こんなとこで恥ずかしがってどうするの?」

春香「……今日はこれからもっと恥ずかしいことするんでしょ?」

夏奈「ええっ!?」

ダッダッダッ

夏奈「ふ、藤岡っ!」

夏奈「私には、はずかしいことするのかっ!?」

藤岡「ええっ!?」

藤岡「はははははははずかしいこと!?」

藤岡「そんなおれたち、まだ、えっ、ちょ、お、おれ……」

藤岡「おおおお、おれ、お、おれお、お、おれたち……」

藤岡「は、春香さん!」

春香「あはは」

春香「可愛いなあ、この子たち」

千秋「さすがだ、ハルカ姉さま……」


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 01:02:16.12 ID:xbNfjo4h0
夏奈「こ、こたえろぉ!」

夏奈「す、するのか、しないのかっ!」

藤岡「したい!」

藤岡「いや、しない!」

夏奈「そうか!」

夏奈「はいれ!」

藤岡「え、あ、うん……」

バタンッ

藤岡「お、おじゃまします……」


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 01:11:09.17 ID:xbNfjo4h0
春香「あら、そんなに気を使わなくても『ただいま』でいいのよ?」

春香「藤岡くん、もううちの家族みたいなもんなんだから」

夏奈「そ、そうだぞ!」

夏奈「春香の言うとおりだ!」

夏奈「『ただいま』と言え、藤岡!」

藤岡「きょ、強制!?」

藤岡「えと……た、ただいま」

夏奈「……ボッ!」

藤岡「ちょっ、南!?」


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 01:12:10.35 ID:xbNfjo4h0
春香「ほら、夏奈、顔真っ赤にしないで」

春香「『ただいま』といわれたら『おかえりなさい』でしょ」

夏奈「コクコクコクコク」

夏奈「お、お、お、お……」

夏奈「おかえりなさい……」

夏奈「………あなた」

藤岡「えっ?」

夏奈「……ふ」

夏奈「藤岡あああああああああああっ!」

藤岡「ちょ、痛い痛い痛い痛い!」


151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 01:16:39.10 ID:xbNfjo4h0
春香「もう、あなたたち、玄関で暴れちゃだめよ」

春香「もういい歳でしょ?」

二人「すんません」

春香「二人ともいま何歳?」

二人「えっと……」

春香「ほら、足の指も使って」

二人「……25歳」

春香「……可愛いなあ」

千秋「いや、これは可愛いというか……」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 01:24:28.95 ID:xbNfjo4h0
春香「まあ、いいわ」

春香「藤岡くんもおなかすいたでしょ?」

春香「じゃあ、千秋、準備しましょうか?」

千秋「はい、姉さま」

夏奈「ちょっと!」

夏奈「藤岡と二人きりにするのか!?」

春香「あら、二人きりは嫌?」

夏奈「!?」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 01:26:16.56 ID:xbNfjo4h0
夏奈「!?」

夏奈「ブルブルブルブル!」

夏奈「嫌とは言ってないけど……」

藤岡「あの南?」

藤岡「もしかして俺と二人きりになるの、嫌だったりするか?」

夏奈「ち、ちがうぞ!」

夏奈「……い、嫌なわけないだろぉ」

藤岡「そ、そうか?」

藤岡「な、ならいいんだ……」

二人「……///」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 01:31:36.90 ID:xbNfjo4h0
春香「じゃあ、千秋と準備してくるから」

春香「お茶を入れたからそれを召し上がって待っててね?」

藤岡「あ、はい」

藤岡「じゃあお言葉に甘えて」

春香「どうぞ」

夏奈「……コクコク」

春香「あ、そうだ」

春香「藤岡くんってお赤飯は食べれたっけ?」

夏奈「ブバッ!?」

藤岡「ちょっ、南っ!?」



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 01:37:27.64 ID:xbNfjo4h0
二人「………」

夏奈(藤岡と二人きり……)

藤岡(南と二人きり……)

二人(な、何を話そう……)

夏奈(と、とりあえず夕食の話を……)

夏奈(ええと、赤飯、赤飯だな……)

夏奈(よし!)

夏奈「あの、藤岡?」

藤岡「な、なに?」

夏奈「お、お、おまえは、お、お……」

夏奈「おまめさんはすきか!?」

藤岡「おまめさん!?」

藤岡「………好きだっ!」

夏奈「そうかっ!」

二人「……///」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 01:41:57.18 ID:xbNfjo4h0
夏奈(……もしかして、いますごい質問をしちゃったか?)

藤岡(す、凄い質問をされた……)

夏奈(いやらしいおんなだと思われたらどうしよう……)

藤岡(いやらしい男だと思われたらどうしよう……)

二人(どうしよう……)

二人「……///」


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 01:46:40.54 ID:xbNfjo4h0
夏奈「……ふ、ふじおか!」

藤岡「はいっ!」

夏奈「えと、スーツあつくないか?」

夏奈「ほら、きたままだし……」

藤岡「あ、うん、そういえば」

藤岡「脱いでもいい?」

夏奈「も、もちろん!」

藤岡「じゃあ、お言葉に甘えて……」

ぬぎぬぎ

夏奈(藤岡のYシャツ姿……したがすけてる……)

夏奈(よくみると、けっこう鍛えてるんだな……)

夏奈(………)

夏奈「わああああああああああっ!」

夏奈「……な、なにをかんがえとるのだ!わたしは!」

藤岡「どうした南!?」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 01:50:43.24 ID:xbNfjo4h0
藤岡「あ、そうだ」

藤岡「皺になると困るから、スーツをかけるハンガーを借りていい?」

夏奈「えっ?」

夏奈「あっ、いや、いいぞ!」

夏奈「ほら貸せ!私がかけてきてやる!」

藤岡「え、いいのか?」

藤岡「じゃあ、お言葉に甘えて」

藤岡「ありがとな、南」

夏奈「……」

夏奈「……ふじおかぁ!」

藤岡「痛い、痛い!だから殴るなっ!」


188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 01:52:44.94 ID:xbNfjo4h0
ガラララッ

夏奈「ふうっ」

夏奈「……うう、さんざんだ」

夏奈「はあ、もうどうにでもなれ……」

夏奈「ええと、そのまえにハンガー、ハンガー、と」

夏奈「……ハンガーってなんだっけ?」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 01:53:36.87 ID:TG8yw+5DO
中学生からずっと好きなんて藤岡カッコ良すぎだな


194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 01:58:18.45 ID:xbNfjo4h0
夏奈「はあ……どうしろというんだ……」

夏奈「……」

夏奈「藤岡のスーツか……」

夏奈「……」

ギュッ

夏奈「あったかい……」

夏奈「……クンカクンカ」

夏奈「……あせのにおいがする」

夏奈「クンカクンカ」

ガララッ!

夏奈「わああああああっ!」

千秋「……なにをやっとるのだ?」



271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 16:33:34.78 ID:xbNfjo4h0
夏奈「な、なにしにきたああああああああああ!」

千秋「栓抜きを取りに……」

千秋「いや、待て、質問を質問で返すな」

夏奈「う、うるさい!」

夏奈「せ、栓抜きがなんでタンスの部屋にあるんだよ!」

千秋「さあ?誰かが置き忘れたんじゃないか?」

夏奈「うう…」

千秋「で、何をしていたのだ?」

夏奈「……あうあうあうあう」

千秋「?」

千秋「なんなんだ一体……」


273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 16:35:07.80 ID:xbNfjo4h0
夏奈「あ、あの千秋……」

千秋「なんだ?」

夏奈「ハンガーとってくれ……」

千秋「目の前にあるだろ」

夏奈「え、これ?」

千秋「いやそれだが」

夏奈「……」

びよーん

千秋「こら!形を変えるな!」

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 16:37:15.54 ID:xbNfjo4h0
夏奈「やれやれ……」

千秋「こっちがやれやれだ……」

夏奈「はあ……」

千秋「なんだ、お前ため息をついて」

夏奈「なあ、千秋」

夏奈「私、いいおよめさんになれるかなあ」

千秋「……キモっ」

夏奈「キモい言うな!」


276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 16:40:13.02 ID:xbNfjo4h0
ガラガラ

藤岡「あ」

藤岡「ありがとうな、南」

藤岡「随分遅かったけど、どうした?」

夏奈「自分の将来を悩んでた」

藤岡「は?」

夏奈「いやいや、なんでもないなんでもない」

夏奈「気にするな、気にしなくていいんだぞ?」

藤岡「はあ……」

藤岡「……」

夏奈「……」

藤岡「あの、テレビでもつける?」

夏奈「お、おう!」



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 16:44:13.05 ID:xbNfjo4h0
藤岡「……」

夏奈「……」

藤岡「ええと……」

藤岡「なにもやってないな、この時間」

夏奈「お、おう……」

藤岡「ドラマでも観る?」

夏奈「ふ、藤岡が選ぶならなんでも」

藤岡「そう言われてもなあ」

ポチッ

テレビ「いや、だめえ、だんなさまぁ」

プチッ

藤岡「ちょっ、おま」

夏奈「……」


282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 16:48:31.71 ID:xbNfjo4h0
夏奈「……あの」

夏奈「藤岡って何の仕事してるんだっけ?」

藤岡「あれ?」

藤岡「言ってなかったっけ?」

夏奈「聞いたことがなかったし……」

藤岡「ああ、そうだっけ」

藤岡「ええと、南に分かるように説明するには……」

夏奈「ア、アホの子みたいにいうな!」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 16:52:25.91 ID:xbNfjo4h0
藤岡「会社の営業」

夏奈「えいぎょう?」

藤岡「ああ、なんというか」

藤岡「お世話になる人に挨拶周りするのが仕事」

夏奈「おせわになる人にあいさつまわり!?」

夏奈「お、お前凄い仕事してるんだな?」

藤岡「いや、凄くはないと思うけど……」

夏奈「あいさつまわりって、もしかして釘バットでか?」

藤岡「あの、どういう想像をしてるの?」


285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 16:56:10.08 ID:xbNfjo4h0
藤岡「いや、そんなんじゃなくて」

藤岡「よろしくおねがいします、とかそういうのだから」

夏奈「よ、夜露死苦!?」

夏奈「ぽろぽろ」

藤岡「ちょ、南、なに泣き出してるの!?」

夏奈「ふ、ふじおかぁ」

夏奈「あんまり私をしんぱいさせるなぁ……」

藤岡「あ、いや、多分そんな南が考えてるようなことは一切してないから!」

藤岡「ほら」

夏奈「チーン!」

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 17:01:02.32 ID:xbNfjo4h0
藤岡「なんか今日の南やっぱり変だぞ」

夏奈「へ、変?」

藤岡「いや、いつもだったらもっと、なんというか……」

夏奈「なんというか?」

藤岡「もっと凄いというか、もっと荒々しいというか」

藤岡「あ、いや今日の南、元気がないというか」

夏奈「え?」


289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 17:04:23.06 ID:xbNfjo4h0
藤岡「本当体調が悪かったり、熱があるなら無理せずに……」

夏奈「な、なにをいうか!」

夏奈「私はいつだってお熱だぞ!」

夏奈「みくびるな藤岡!私はお熱なんだぞー!」

藤岡「ああ、うん?」

藤岡「……あの、なにに?」

夏奈「あ、いや……」

夏奈「なんでもないっす……」

藤岡「そう」

二人「……」



294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 17:17:24.50 ID:xbNfjo4h0
二人(………)

夏奈(……くっそー)

夏奈(やっぱ私からじゃ切り出せないじゃないかー!)

夏奈(お、男だろ、藤岡!)

夏奈(お前が切り出せよー……)

藤岡「……あの、南」

夏奈「!?」

藤岡「今日、南と会ってからずっと言っておきたいことがあって」

夏奈「な、なんだ」

夏奈(きたか!ついにくるのか!)

夏奈(隙だらけじゃない、「好き」だぞ、わかってるな私)

夏奈(す、すき、すきすきすー、すき……)

夏奈(ううう、頭が……)



298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 17:21:06.46 ID:xbNfjo4h0
藤岡「あの、怒らないで聞いてくれよ?」

夏奈「な!」

夏奈「怒るわけないだろ!」

夏奈「ほら、なんでもこい!」

夏奈「バンと来い!バンと!」

藤岡「お、おう!」

藤岡「あの、南……」

夏奈「なんだ、藤岡……」

二人「どきどき」

藤岡「南……」

藤岡「俺……」

藤岡「さっきから、ずっと南の枝毛がきになって……」

夏奈「アホーーーーーーっ!」

藤岡「ぎゃー!」


300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 17:23:42.90 ID:xbNfjo4h0
藤岡「痛い痛いって!」

夏奈「ばか!ばか!おおばかものっ!

藤岡「怒らないって言ったじゃないか!」

夏奈「言ったけど……」

夏奈「さすがにそれは怒るぞ!」

藤岡「いや、だって、気になるからしょうがないじゃないか」

夏奈「……ふ、ふじおか」

夏奈「ふ、ふえ……」

夏奈「ふああああああああああん!」

藤岡「!?」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 17:26:31.93 ID:xbNfjo4h0
藤岡「どうしたんだよ、南!」

藤岡「あの、おなかでも痛くなったか?」

夏奈「ばかっ!」

藤岡「いや、痛いって!」

夏奈「あほっ!まぬけ!へんとーせん!」

藤岡「ええと、唐変木?」

夏奈「う、うわああああん」

藤岡「あいたたたたたたた!」


303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 17:30:08.21 ID:xbNfjo4h0
藤岡「ああもう……」

藤岡「南っ!」

ピタッ

夏奈「あう……?」

藤岡「はぁ……」

藤岡「ちょっと目を閉じて?」

夏奈「な……」

夏奈「なんだ、なにするつもりだ……」

夏奈「いやしいことするのか!するのか!このすかぽんたす!」

藤岡「すかぽんたん?」

夏奈「そ、それだ…」


306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 17:37:23.60 ID:xbNfjo4h0
藤岡「とにかく、ほら、目を閉じて」

夏奈「うう」

夏奈「こうか?」

藤岡「そう」

藤岡「で、次は手を広げて、出してきて?」

夏奈「こう?」

夏奈「こうか!」

バッ!

藤岡「……あの、バンザイじゃないよ?」

夏奈「そうか!」


308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 17:39:49.02 ID:xbNfjo4h0
藤岡「……」

ぎゅっ

夏奈(おお、これ藤岡の手か?)

夏奈(あったかい……)

夏奈「ん?」

夏奈「なんか、手の上に乗ってる」

夏奈「この感じ……」

夏奈「ひよこか!」

藤岡「いや、まあ、大きさ的にはそうだけど……」

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 17:45:00.29 ID:xbNfjo4h0
藤岡「……よし」

藤岡「目を開けていいよ、南」

夏奈「……あ、あけていいのか?」

藤岡「もちろん」

夏奈「あの、変なことされてないよな、私?」

藤岡「なんかされた感じがする?」

夏奈「いや……」

藤岡「それとも、そんなに俺って信用ない?」

夏奈「まさか!」

藤岡「じゃあ、大丈夫じゃないか」

夏奈「ううう……」

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 17:46:16.54 ID:xbNfjo4h0
夏奈「………」

夏奈「これは……箱?」

夏奈「ええと」

夏奈「これがどうかしたのか?」

藤岡「あはは」

藤岡「……ちょっと傷つくな」

夏奈「え、ご、ごめん!」


312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 17:50:27.80 ID:xbNfjo4h0
夏奈「でも、この箱に一体何が……」

夏奈「……なんかからんからんする」

藤岡「ふ、振るのはちょっと勘弁してくれ!」

夏奈「おおう」

夏奈「あの、これ開けていいのか?」

藤岡「もちろん」

夏奈「……本当に開けていいのか?」

藤岡「もちろんだって」

夏奈「……」

夏奈「……っ」

パカッ

夏奈「……」

夏奈「これは……」



315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 17:59:20.19 ID:lgQKCtphO


夏奈「……あの」

夏奈「ほんとに?」

藤岡「見ての通り」

夏奈「だって、こんなの…」

夏奈「私にもさすがにこれはわかるぞ」

夏奈「…これって、指輪だよな」

藤岡「これでも勘違いされたら……」

藤岡「俺、今度こそ南を諦めようと思ってるから」

夏奈「……」

藤岡「答えを聞かせてくれるかな?」

321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 18:06:25.40 ID:lgQKCtphO
夏奈「……あの、藤岡」

夏奈「私、がさつで、料理もできないし、無職だし…」

夏奈「おとこごころっていうの?」

夏奈「そういうのもまるでわからないし…」

夏奈「…きっと私よりいい女なんてたくさんいると思うぞ」

藤岡「…うーん」

藤岡「あんまりわかんないよ、そういうの」

夏奈「あの、私も、いま、わけがわかんなくてさ」

夏奈「これって…」

藤岡「ほら、南には言葉にしたらダメだと思ったから」

藤岡「ちゃんと形にしようと思って」

夏奈「あ、あう…」

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 18:11:02.13 ID:lgQKCtphO
藤岡「あの」

藤岡「もし、これで俺の気持ちが伝わったならさ」

藤岡「南の口から聞かせてほしい」

夏奈「私の口から?」

藤岡「俺の口からじゃ、もしかしたら届かないのかもしれないからさ」

夏奈「私の…口から…」

夏奈「えと、聞きたい?」
藤岡「……うん」

二人「……」


327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 18:16:41.84 ID:lgQKCtphO
夏奈「…あの」

夏奈「いつからかはちゃんとおもいだせないけどさ」

夏奈「……藤岡は、いつから私のこと好きだった?」

藤岡「はじめて会ったときから」

夏奈「……じゃあ、私もはじめて藤岡にあったときから」

夏奈「私、藤岡のことが」

夏奈「す、す…」

夏奈「す……」

夏奈「すき……」

ガララッ!

千秋「おいばかども、出来たぞ」

千秋「食器出すの手伝え」

夏奈「すきだらけじゃああああああ!」

藤岡「ぎゃああああああ!」


333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 18:24:09.96 ID:lgQKCtphO
……

春香「……という顛末で」

マキ「はあ……」

マキ「おあついことで」

春香「まあ、今回はお互い気持ちは通じあえたみたいだし」

春香「結果オーライ、というとこかな」

マキ「でもお互いまだ『好きだー』って言えてないんでしょ?」

春香「うん、禁止ワードになってる」

マキ「めんどくさいなあ」

春香「あはは」

334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 18:29:38.14 ID:lgQKCtphO
春香「まあ、人生ここからが長いから。」

春香「これからずっと一緒にやってくわけだし」

春香「チャンスはいくらでもあるでしょ」

マキ「ふぅん」

マキ「本人たちが幸せならそれでいいけど」

マキ「ところで、聞くけど」

マキ「あんた、結婚は……」

春香「……」

春香「…左が飛ぶわよ?」

おわり

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

こんがり

Author:こんがり
2chSSのサイト。
色々と模索中です。
古いSSも随時追加していきます



2ch SSサイトの相互リンク、RSS歓迎です。

連絡はメール又はコメントに連絡ください。

 kongari.ss.0123★gmail.com

★部分を@に変えてください

ss読むついでに更新する感じなので、自分用に近いですが……

To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス) ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣 シナリオの基礎技術
サイト内検索フォーム
Twitter
 
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス) 百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
スポンサードリンク
カウンタ
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。