HOME 全てのSS RSS   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  アイマスSS  »   響「新しい首輪を買ったぞ!!」P「よっと――お、似合う似合う」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響「新しい首輪を買ったぞ!!」P「よっと――お、似合う似合う」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:07:05.15 ID:eqJNpz0V0
響「ほ、本当か、照れるなー…って違う!!」

P「どうした」

響「どうした、じゃないよ、なんで自分に首輪を付けるの!?」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:08:43.36 ID:eqJNpz0V0
P「なんだか……いけない気分になってきた」

響「なら外せー!!」

P「すまんすまん、つい出来心で。冗談だよ」

響「変態!!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:10:22.41 ID:eqJNpz0V0
P「それじゃあ仕事に行くか。今日は水族館だ」

響「水族館」

P「ペンギンと戯れるそうだ」

響「ペンギン!」

P「ペンギン、好きなのか?」

響「うん、いつかペンギンも飼ってみたいぞ!!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:10:23.98 ID:lHNNCqsD0
つづけたまえ

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:11:29.25 ID:eqJNpz0V0
~水族館~

響「おお、ペンギンは屋外で飼ってるんだな」

P「この水族館は海に面してるから、海水を引きやすいんだろう」

響「空にカモメもいる」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:12:29.60 ID:eqJNpz0V0
P「じゃあ響、はいこれ」

響「……鯵がたくさん入ったバケツ?」

P「これで、ペンギンに餌をやってくれ」

響「わかったぞ!!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:14:02.87 ID:eqJNpz0V0
水族館の職員「今日はよろしくお願いします」

P「こちらこそ……あれ」

響「ペンギン、外に出していいのか?」

水族館の職員「はい、屋外をペンギンと歩きながら、餌をやってください」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:15:42.61 ID:eqJNpz0V0
響「これだけいれば、1匹くらい居なくなっても分からないな……」

P「響、まさか……」

響「べ、別に持って帰ろうと思ってないぞ!」

水族館の職員「はは……」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:17:29.31 ID:eqJNpz0V0
水族館の職員「みなさーん、今日は、あの我那覇響さんが来てくれましたー!!」

響「はいさーい!!」

水族館の職員「ペンギンさん達も、こんなに喜んでまーす!」

響「ち、ちょっと、もう少し餌は我慢するさー」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:19:14.75 ID:eqJNpz0V0
水族館の職員「それでは早速、ペンギンに餌をあげてください」

響「ほらほら、押すな押すな。皆にちゃんとあげるから」

水族館の職員「すごい、扱いになれてますね」

P「動物、たくさん飼ってますからね」

水族館の職員「へえ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:20:32.73 ID:eqJNpz0V0
P「ハムスター、犬、猫、うさぎ……」

水族館の職員「たくさん飼ってるんですねー」

P「オウム、シマリス、モモンガ、豚……」

水族館の職員「わあ、すごい」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:22:14.22 ID:eqJNpz0V0
P「あとヘビ」

水族館の職員「え」

P「あ、ワニもいたな」

水族館の職員「あの、響さんって……」

P「アイドルですよ?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:23:50.85 ID:eqJNpz0V0
響「だから待てって……もう、そんな子にはおあずけだぞ!!」

P「はは、とうとうバケツ持ち上げちゃったよ」

水族館の職員「あ、いけない!!」

P「え」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:25:31.32 ID:eqJNpz0V0
響「おとなしく――うわっ!?」

P「響!?」

水族館の職員「あっちゃー…」

響「バ、バケツが吹っ飛んだぞ!?」

P「空から、カモメが……?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:27:17.90 ID:eqJNpz0V0
水族館の職員「ここ屋外なんで、油断してるとカモメが餌を狙って来るんですよ」

響「うう、鯵まみれだぞ……」

水族館の職員「すいません、先に教えておくべきでした……」

P「あ、いや気にしないで――」

響「うわああああ!?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:29:32.61 ID:eqJNpz0V0
P「響!?」

響「やめろ、群がるなー!」

水族館の職員「こ、こらペンギンさん!」

響「か、体中つつかれて……ひゃうっ!?」

水族館の職員「やめなさーい!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:31:27.33 ID:eqJNpz0V0
P「……」

響「プロデューサー、見てないで助けろー!」

P「す、すまん!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:32:37.74 ID:eqJNpz0V0
響「災難だったぞ……」

P「でも、お客さんには大好評だったぞ。特に男性のファンが増えたみたいだ」

響「うう、汚れちゃった……」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:33:57.68 ID:NTajBu9aT
シャワー室で丹念に洗ってあげるよ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:34:06.31 ID:eqJNpz0V0
P「うーん、どこかでシャワー浴びれる場所は……」

響「水族館にはないの?」

P「どうやら、無いみたいなんだ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:35:52.63 ID:eqJNpz0V0
響「事務所のやつは、修理中だったよね……」

P「……しょうがないか」

響「?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:36:07.66 ID:rSNYxrrK0


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:37:28.52 ID:eqJNpz0V0
P「ほら、入れ」

響「へー、ここがプロデューサの家か」

P「事務所のアイドル達には内緒にしておけよ」

響「うん……へへ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:39:37.52 ID:eqJNpz0V0
P「ほら、これがタオル。着替えは……」

響「適当でいいぞ」

P「適当って言ってもなあ……サイズ的に無難なのが」

響「何でもいいったら。ほら、入るから向こう行ってよ!」

P「ここ、俺の家なのに……」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:41:18.83 ID:eqJNpz0V0
響「あがったぞー」

P「ああ、そういうことだから、律子……いや、すまん。本当にすまん」

P「響は今日、もう仕事ないし、事務所に戻らずにそのまま帰すよ……」

P「……大丈夫、変な事しないから。すぐに事務所に帰るから……うん、それじゃあ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:42:29.19 ID:UbAifiH10
へんなことするようにしか見えん

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:42:33.01 ID:eqJNpz0V0
響「電話?」

P「ああ、ちょっと律子に――おい」

響「このワイシャツ、ぶかぶかだなー」

P「なんで、下を履いていないんだ」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:44:20.50 ID:eqJNpz0V0
響「え、パンツは履いてるよ」

P「そういう問題じゃない、ズボンがあっただろう!?」

響「ウエストが合わなかったぞ。ストンって落ちちゃうもん」

P「ベルトで」

響「いっぱい絞っても無理だった」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:46:01.94 ID:eqJNpz0V0
P「……仕方ない、汚れてるが、最初に来てたズボンを……」

響「洗濯機で回ってる」

P「なんで」

響「だって、早く汚れを落としたかったから」

P「……ちょっと、律子に電話してくる」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:47:33.22 ID:eqJNpz0V0
響「どうして正座しながら電話してたんだ」

P「お前のせいだよ」

響「今日は厄日だと思ったけど、こうして家に来れたのはラッキーだったかも」

P「こら、その格好であぐらを組むんじゃない」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:49:20.64 ID:eqJNpz0V0
響「この部屋……」

P「なんだ」

響「さびしい部屋だね」

P「うるさい」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:50:42.64 ID:eqJNpz0V0
響「だって、自分の家は帰れば家族がいるんだもん」

P「響はいいよなあ。俺も何か飼おうかなあ……」

響「……」

P「でも忙しいしなあ。なかなか条件に合うものが……」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:52:42.79 ID:eqJNpz0V0
響「ねえ、プロデューサー」

P「なんだ」

響「……忙しい一人暮らしにオススメの家族があるんだけど……聞く?」

P「おお、教えてくれ。どんなやつだ」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:54:16.96 ID:eqJNpz0V0
響「食費は、そんなにかからないぞ。プロデューサーよりは少ないと思う」

P「経済的だな」

響「気温もそこまで気にしなくていいぞ。暑すぎるのは苦手だけど」

P「しつけはどうなんだ、トイレとか」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:56:04.23 ID:eqJNpz0V0
響「それは大丈夫だぞ。飼う前からしっかりできてる」

P「いいじゃないか。で、値段は」

響「値段は……」

P「いくらだ」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:58:11.66 ID:eqJNpz0V0
響「……高い、はず……」

P「はず?」

響「その、プロデューサー……」

P「ん?」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:01:03.41 ID:eqJNpz0V0
響「あの、その……」

P「なぜ、首輪を付ける」

響「じ、自分を……」

P「響……?」

響「自分を、飼ってみる気はないか……?」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:03:28.37 ID:eqJNpz0V0
P「……」

響「あの、プロデューサー……」

P「変態だな、響は」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:04:44.72 ID:eqJNpz0V0
響「へ、へん……!?」

P「自分を飼ってほしいなんて、なかなか言えることじゃない」

響「じ、自分変態なんかじゃないぞー!!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:06:15.60 ID:eqJNpz0V0
P「じゃあ馬鹿だ。そんなセリフ、そんな格好で言うもんじゃない」

響「ひどい、ひどいぞプロデューサー!!」

P「……そんなに言うなら、今度買いに行くか?」

響「へ?」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:09:05.86 ID:eqJNpz0V0
P「響の首輪に付ける紐、買いに行こう」

響「ひも?」

P「あー…なんだ、紐っていうのは……」

P「その、比喩というか……まあ……」

P「ジュエリーショップとかにある……ゆび……」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:10:39.50 ID:eqJNpz0V0
響「プロデューサー……」

P「だから、上目づかいで見てくるんじゃない。恥ずかしいだろ」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:11:11.03 ID:eqJNpz0V0
響「紐は、そんな所に売ってないぞ?」

P「……やっぱり、馬鹿だ」

響「馬鹿じゃないったらー!!」



おわり

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

こんがり

Author:こんがり
2chSSのサイト。
色々と模索中です。
古いSSも随時追加していきます



2ch SSサイトの相互リンク、RSS歓迎です。

連絡はメール又はコメントに連絡ください。

 kongari.ss.0123★gmail.com

★部分を@に変えてください

ss読むついでに更新する感じなので、自分用に近いですが……

To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス) ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣 シナリオの基礎技術
サイト内検索フォーム
Twitter
 
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス) 百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
スポンサードリンク
カウンタ
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。