HOME 全てのSS RSS   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  中二病でも恋がしたいSS  »  十花「なんだ?もう出そうなのか?」ジュプチュプ勇太「ふぁ…ぁっ…」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十花「なんだ?もう出そうなのか?」ジュプチュプ勇太「ふぁ…ぁっ…」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 01:36:31.47 ID:xxhjZE1R0
十花「若いっていうのは違うな」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 01:53:16.64 ID:xxhjZE1R0
十花「冨樫勇太」

勇太「な、なんですか…?」

十花「頼みがあるんだ」

勇太「はぁ」

十花「お前と六花が付き合うのは認める」

十花「しかしだ、お前も元DFMの前に男子高校生だ、六花に手を出す可能性がある」

勇太「さりげなく黒歴史掘り起こすのやめてください…それと六花に手を出したりはしませんから」

十花「お前は信用できる…たが…もしもの事があると思うと心配でイタリアにも行けん」

勇太「意外と心配性ですね」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:01:03.10 ID:xxhjZE1R0
勇太「大丈夫ですって、六花が嫌がる事はしません」

十花「お前は分かってない」

勇太「え?」

十花「六花はお前を信用しきっている…そういう雰囲気になれば六花は喜んでお前を受け入れるぞ…」

勇太「そ、それは…」ゴクリ

十花「それでだ」

十花「お前の性欲を定期的に私が鎮めようと思う」

勇太「ブフッーーーー!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:10:54.44 ID:xxhjZE1R0
勇太「あのー…十花さん…?」

十花「なんだ?」

勇太「本気ですか?」

十花「あぁ、だが手だけだぞ」

勇太「そういうことじゃなくて!」

勇太「俺は六花の彼氏なんです!それは六花を裏切るのと一緒じゃ…」

十花「お前は優しいな」

勇太「っ…!」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:02:35.49 ID:o3nSjwWV0
十花「なんだ、こっちは期待してるじゃないか」サスサス

勇太「や、やめてくださいよ……こんなこと」

十花「こんなこととは、なんのことだ?」

勇太「そ、それは……」

十花「ほら、言ってみろ」ニギ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:16:42.89 ID:o3nSjwWV0
勇太「男の大事な急所に手を持ってこないでください!」

十花「いや、そんな具体的に言わなくてもいいんだが……」

勇太「す、すいません」

十花「まぁ、いい。さて、続きといこうか」

勇太「なんでそうなるんですか!」

十花「六花に手を出させないためだ」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:23:02.04 ID:o3nSjwWV0
勇太「そんなこと、言われなくても手は出しませんよ」

十花「口ではなんとでも言える」

勇太「俺を信じてください」

十花「そんなに言うなら信じてやってもいい」

勇太「本当ですか?」

十花「ああ、ただし条件がある」

勇太「条件……」

十花「そうだ、今晩私と過ごし、それで私に手を出さなかったら信じて、私は旅立とう」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:28:28.69 ID:hE/+U0sMT


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:34:05.54 ID:o3nSjwWV0
勇太「分かりました」

十花「じゃあ、一緒のベッドで寝よう」

勇太「一緒ですか?」

十花「そうじゃないと、意味がないだろう」

勇太「まぁ、そうですけど」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:39:09.15 ID:o3nSjwWV0
十花「しかし、二人で寝るには狭いな」

勇太「まぁ、一人用ですし」

十花「私がいなくなったら、大きいベッドにしようとか考えてないだろうな」

勇太「考えてませんて!」

十花「うるさい!冗談だ」

勇太「十花さんの冗談は笑えないんですよ……」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:41:55.63 ID:o3nSjwWV0
十花「……」

勇太「……」

十花「……」

勇太「……」

十花「……」

勇太「……」

十花「……(さて、そろそろ仕掛けるか)」

勇太「……と、十花さーん」ヒソヒソ

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:47:45.84 ID:o3nSjwWV0
十花「……んっ……」ゴロ ギュッ

勇太「っ!(だ、抱きついてきた)」

十花(もう少し抱きついてみるか)ギュッ

勇太(うわー、やばいやわらかい感触が……)



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:56:10.70 ID:o3nSjwWV0
十花「(ここでもう一押し)……ゆ、ゆうたぁ~」

勇太「っ!(なんだ今の十花さんの声だよな。いつもはおまえとか言ってるのになんでだ?)」

十花(どうだ、これなら)

勇太(いやいや、待て。富樫勇太。これは十花さんの罠だ。引っかかってはいけない)



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:02:29.79 ID:o3nSjwWV0
十花(さすがに狙いすぎたか……)

勇太(ここはもう少し、様子を見よう……)

十花(ここは一度引いて、油断させるか)ゴロ

勇太(よし、十花さんが離れたぜ。これで一安心だ)


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:06:47.25 ID:o3nSjwWV0
十花(明らかに安堵しているな……だが、本番はここからだ)

勇太(あれ?本当に寝たのか?)

十花(そうやって油断していろ、富樫勇太)

勇太(それにしても、さっきの十花さんの体柔らかかったな……
出来ればもう一度……って!俺は六花一筋じゃなかったのか)


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:18:06.89 ID:o3nSjwWV0
十花(さて、そろそろか……)

勇太(六花といえば、あのとき抱きしめたのは良かったな……)

十花「……ん……」ゴロ ギュッ ガシッ

勇太(こ、今度は足まで絡めてきただと……
中々やるな……さすがは管理局の手先プリーステス……って、DFMになっちゃたし。おそろしいな十花さんは)


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:22:22.94 ID:o3nSjwWV0
十花(どうする?富樫勇太)

勇太(やばい、さっきまで六花とのことを思い出していたのに。今は十花さんの感触が……
しかも意識したら、なんか下半身に血がたまってきてる)


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:28:12.27 ID:o3nSjwWV0
十花(反応がないな……)

勇太(やばい、やばい意識しだしたら余計に血が)

勇太Jr.「ついに我が封印解かれたか」ムクムク

十花(ん?なんか硬いものが……こ、これは、まさか!)

勇太(まずい……)



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:37:35.63 ID:o3nSjwWV0

十花(いい具合に硬くなってるじゃないか。更にもう一押ししてみるか……)サワ

勇太(十花さんの手が触れて……気持ちいい)

十花(ここで引く)スッ

勇太(えっ)



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:45:18.48 ID:o3nSjwWV0
十花(辛いだろうな生殺しは……)

勇太(どうすればいいんだ俺は……こんな生殺しの状況)

天使勇太「六花に操を立てて十花さんの信頼を勝ち取るんだ!」

悪魔勇太「欲望に身を任せちまえ!」

DFM勇太「貴様はDFMであろう、DFMは最強の証!すべてを手に入れなくてどうする!」

勇太(どうする……俺っ!……)


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:56:54.53 ID:o3nSjwWV0
勇太「(もう、我慢できない!)十花さん!」バッ ガシッ

十花「や、やめろ!なんだ、いきなり」

勇太「いきなりじゃないですよ!あんなに誘っておいて!」

十花「なんの話だ?」

勇太「とぼけないでください!俺のことを誘ってましたよね?」

十花「なんのことだ?」



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:00:56.44 ID:o3nSjwWV0
勇太「寝た振りして、俺に抱きついてきたでしょう?」

十花「さぁ?寝ぼけていたんだろ」

勇太「よく言いますよ。ゆ、ゆうたぁ~なんて甘い声出したり、足を絡めたり……」

十花「そ、それは、そういう意味でやったんじゃない!

勇太「じゃあ、どういう意味なんですか?」


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:04:43.43 ID:o3nSjwWV0
十花「そ、それは、お前を試すためだ……」

勇太「やっぱり、誘っていたんですね……」

十花「ち、違う!誘っていたんじゃない試していたんだ」

勇太「なにが違うんですか!」ガッ

十花「ひっ!」


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:10:34.90 ID:o3nSjwWV0
勇太「十花さん……そういえば、言ってましたよね?」

十花「なにをだ?」

勇太「性欲を鎮めてくれるって……」

十花「確かに言った……だが、私は手で鎮めると言ったはずだ……」

勇太「この際、手でも膣でも変わんないじゃないですか」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:14:31.17 ID:o3nSjwWV0
十花「なにを言っている。富樫勇太……」

勇太「なに?ナニの話ですよ?これから俺は十花さんの膣中に俺のDFEXを突っ込む。分かりますよね?」

十花「やめろ!それだけは、やめてくれ……」



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:21:10.19 ID:o3nSjwWV0
勇太「別に処女でもないんでしょ、この腐れビッチが!」

十花「っ!……」

勇太「なんだ図星か。六花に言ったらどう思うでしょうね?
お姉ちゃんが変態淫行色情魔の腐れビッチだったなんて知ったら?」

十花「ち、違う……」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:24:29.65 ID:o3nSjwWV0
勇太「何が違うんですか?」

十花「そういうことを……したのは一回だけで……それも昔のことなんだ……」

勇太「へぇ、本当ですか?」

十花「あぁ、本当だ」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:28:08.85 ID:o3nSjwWV0
勇太「でも、非処女には変わりありませんよね?」

十花「っ!」

勇太「残念だ。十花さんがそんな人だったなんて……」

十花「どういう意味だ?」

勇太「どういう意味って、簡単ですよ十花さんはもっと堅い人だと思っていました……」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:31:44.42 ID:o3nSjwWV0
勇太「でも、実際はその場の空気に流されて処女を捨てるような人だったんですね?」

十花「それ以上言うな!」

勇太「そんな口を利ける立場ですか?」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:35:11.88 ID:o3nSjwWV0
十花「すまん。私が悪かった。謝るから」

勇太「謝って済むと思っているんですか!」バシッ

十花「っ!」

勇太

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:38:24.58 ID:o3nSjwWV0
勇太「今から、十花さんを犯します」

十花「それだけは……やめてくれ……」

勇太「十花さんは、処女じゃないんでしょ?それなら一回も二回も変わりませんて……」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:42:36.57 ID:o3nSjwWV0
十花「いやっ、無理やりは!」

勇太「無理やりはってことは、やられることに問題はないんですね?」

十花「そ、そういう意味じゃない」

勇太「十花さん、愛してます」ズプ

十花「えっ?」ブス

勇太「ねっ?」



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:47:39.15 ID:o3nSjwWV0
十花「ぎゃあぁあああああああああああああ!」

勇太「うるさいなぁ」ブチュ

十花「んんんんんんんんん」

勇太「ぷはっ。なんだ、すんなり入ったじゃないですか。やっぱり期待してたんでしょう?」

十花「ち、違う、そんなことはない」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:51:31.89 ID:o3nSjwWV0
勇太「そうですか……そんなに言うならやめますよ……」

十花「そ、そうか」ホッ

勇太「なんてね。世の中そんな甘くないですよ!飽きるまで犯しつくしますよ」



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:57:31.83 ID:o3nSjwWV0
そして、その日は十花さんを犯し続けた……




それから、幾月かのときが流れた……

あれからも六花と俺は清い交際を続けている……

一方、十花さんはイタリア行きをやめ、俺の性欲処理をしている……

十花「勇太様の……んっ、精液たっぷり……下さいっ!」



―――【END】―――

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

こんがり

Author:こんがり
2chSSのサイト。
色々と模索中です。
古いSSも随時追加していきます



2ch SSサイトの相互リンク、RSS歓迎です。

連絡はメール又はコメントに連絡ください。

 kongari.ss.0123★gmail.com

★部分を@に変えてください

ss読むついでに更新する感じなので、自分用に近いですが……

To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス) ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣 シナリオの基礎技術
サイト内検索フォーム
Twitter
 
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス) 百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
スポンサードリンク
カウンタ
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。