HOME 全てのSS RSS   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ゆるゆりSS  »  向日葵「春とサクラと天使と天使」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向日葵「春とサクラと天使と天使」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 22:34:06.19 ID:GdCWKsTE0
結衣ホーム前


向日葵「・・・・」ソワソワ

向日葵「どうしましょう。心の整理が付かないまま先輩の家の前まで来てしまいましたわ」

向日葵「先輩に相談したい事があるけれど、こんなの中学生が相談しても良いのかしら?」

向日葵「でも、相談しないと先に進めないですし・・・・・・」

向日葵「・・・・」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 22:37:01.73 ID:GdCWKsTE0
ピンポーン


結衣「はーい」

向日葵「船見先輩、こんにちは」

結衣「おお、古谷さんか」

向日葵「あのー、船見先輩、歳納先輩はいらっしゃいますか?」

結衣「ああ、京子なら家にいるよ」

向日葵「良かったですわ。歳納先輩じゃないと話せない相談がございまして」

結衣「京子じゃないと話せない相談?」

向日葵「ええ、知識が無いと相談が出来ませんので.歳納先輩に頼みたいのですが」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 22:41:28.26 ID:GdCWKsTE0
京子「ゆい~~、腹減った~~、オムライス作って~~」

結衣「オムライス作ってあげるから、古谷さんの相談に乗ってあげて」

向日葵「歳納先輩、こんにちは」

京子「えっ、ひまっちゃん、何でここに?」

向日葵「今日は歳納先輩に相談がありましてここに来ましたの」

京子「結衣じゃダメなの」

向日葵「私の相談は知識が必要ですから、知識がありそうな歳納先輩じゃないとダメですの」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 22:43:37.30 ID:GdCWKsTE0
京子「私じゃないと相談出来ない内容か・・・・」


京子「そうか、ひまっちゃん・・・・」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 22:48:02.60 ID:GdCWKsTE0
京子「ついにミラクるんの魅力に取り付かれたのか」

京子「いいでしょう。この「ミラクるんマイスター」こと西京極ラム子先生が何でも相談に乗ってあげるよ」

向日葵「いいえ、ミラクるんの事じゃなくて」

京子「ミラクるんの事じゃないのか・・・・・」ガッカリ

京子「じゃあ・・・ まさか・・・」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 22:51:30.31 ID:GdCWKsTE0
京子「「結衣を私にください」と言いに来たのか!」

京子「やらんぞ!結衣は私と永遠の愛を誓ったんだから、絶対に結衣はやらんぞ!」

結衣「うるさい!」ポカッ

京子「いてっ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 22:54:31.38 ID:ZZ5/I5TR0
わぁい

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 22:56:40.48 ID:GdCWKsTE0
結衣「大声でそんな事言うな!聞いてる方が恥ずかしくなるだろ!」

向日葵「でも、先輩方がラブラブなのはもう校内中に広まってますよ」

結衣「そうなんだよ・・・ 京子とおしどり夫婦として校内どころか町中に知れ渡っているよ・・・///」カアー

向日葵「でも、先輩方は仲が凄い良くて羨ましいですわ」

京子「そういうひまっちゃんもちっぱいちゃんと凄く仲が良いじゃん!」

向日葵「べ、別に、私は櫻子と仲が良くないですわ」

向日葵「むしろ仲が悪い方ですわ。あんなバカ娘といつも一緒にいるなんて凄い苦痛ですわ」

結京「(そう言いながらも顔が赤くなっている)」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:03:49.98 ID:GdCWKsTE0
京子「話が大きく逸れてしまったけど、私にしか出来ない相談って何?」

向日葵「実は・・・・ これを見てください・・・・」

(ttp://www.tokyocitykeiba.com/news/news.php?id=2902#06)

京子「おおお、ひまっちゃん、ライブだけではなく、予想もやるんだ」

結衣「競馬場でライブをやる事は知っていたけど、公開予想までやるなんて・・・」

向日葵「その事で「馬が好き」といつも言っている歳納先輩に相談したいのです」

結衣「そういえば、京子、馬が好きだもんな。度々話の中に馬を出して来るし」

京子「まっかせなさーい!このお馬さん大好き歳納京子先生がひまっちゃんの相談に乗ってあげるよ。話を続けて」

向日葵「はい・・・・・」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:06:11.77 ID:GdCWKsTE0
向日葵「私、まだこの年ですから、競馬の予想をした事が無くて」

向日葵「しかも、私の予想を皆さんに見せていただく以上は絶対に外しては行けない感じがして・・・」

向日葵「予想が当たったならまだしも、外した時のお客さんの反応が怖くて怖くて・・・・」

結衣「それで京子に相談しに来たのか」

向日葵「えぇ・・・」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:09:52.84 ID:GdCWKsTE0
京子「ひまっちゃんは予想するメインレース、何が来ると思っているの?」

向日葵「一応、16番のハルサンサンと5番のサクラサクラサクラにしたいと思っていますが・・・」

結衣「それはどうやって決めたの?」

向日葵「新聞とか出走表を見ても分からなかったので名前で決めました」

向日葵「でも、名前で決めるなんて予想と言えるのでしょうか?」

京子「大丈夫だよ、ひまっちゃん。」


京子「それも十分予想になるよ」

向日葵「えっ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:11:50.49 ID:mvVr7gXE0
まさかの馬ネタ
競馬はさっぱりだ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:12:25.75 ID:GdCWKsTE0
京子「予想というのはね、新聞を見たり、馬の体を見てじっくりと考えるだけではないんだ」

京子「番号とかサインとかオカルトとか」

京子「とにかく、予想の仕方は人それぞれなんだ」

京子「だから、馬の名前だけで予想するのも十分予想と言えるよ」

京子「来てくれたお客さんもすぐに納得してくれるよ」

京子「あとは勇気と度胸だけ」

京子「何千人のお客さんの前で歌った事があるひまっちゃんならすぐに乗り越えられるはずだよ」

向日葵「歳納先輩・・・・」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:15:42.83 ID:GdCWKsTE0
向日葵「分かりました。勇気と度胸を持って皆さんの前で予想を披露して見せますわ!」

結衣「古谷さん、頑張って」

京子「ひまっちゃん、ファイト!」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:21:52.46 ID:GdCWKsTE0
京子「ところでひまっちゃん、予想でその人の性格とか好みが分かる事を知っているか?」

向日葵「えっ、それはどういう事ですか?」

京子「そのまんまだよ。買い方や選び方とかでその人の事がよく分かるという事だよ」

京子「ひまっちゃんってさ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:23:42.91 ID:GdCWKsTE0
京子「ちっぱいちゃんの事が大好きだよね?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:28:14.29 ID:GdCWKsTE0
向日葵「そ、そ、それはどういう事ですか?」

向日葵「あ、あんなバカ娘の事、ぜ、全然、好きじゃないですわ////」

京子「ふふふ、ひまっちゃん、顔に思いっきり出ているよ」

京子「顔が凄い真っ赤だよ」

向日葵「/////」カアー

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:35:04.09 ID:GdCWKsTE0
向日葵「歳納先輩は何で私が櫻子が好きだという事が分かったのですか?」

向日葵「いつもいつも櫻子とケンカばかりしているのに」

京子「ひまっちゃんが選んだ馬だよ」

向日葵「えっ」

京子「ひまっちゃんが選んだのはハルサンサンとサクラサクラサクラだよね」

向日葵「えぇ・・・」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:40:31.00 ID:GdCWKsTE0
京子「サンサンは太陽、サクラはちっぱいちゃんを表している」

京子「つまり、太陽のように眩しいちっぱいちゃんの事を思い浮かんでこの2頭を指名したんだ」

向日葵「・・・・」

向日葵「先輩の考えは間違っていますけど、確かに私、櫻子の事が好きですわ」

向日葵「でも、私も櫻子も素直になれないから、なかなか告白が出来なくて・・・」

京子「そこも勇気と度胸だよ」

向日葵「えっ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:44:40.42 ID:pkiRI2I5O
ひまさくだと思ったら馬スレだと思ったらひまさくだった

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:45:12.60 ID:GdCWKsTE0
京子「大勢の人の前で歌ったなら」

京子「たった一人の女の子の前で告白するなんて簡単だよ」

京子「私と結衣もライブでの経験があったから、告白が出来て、今、こうして同棲生活を送っているんだよ」

京子「ひまっちゃんにもきっと出来るさ」

結衣「古谷さん、勇気を出して」

向日葵「・・・・」

向日葵「・・・・」グッ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:51:20.71 ID:GdCWKsTE0
向日葵「分かりました。私も勇気を出して櫻子に告白したいと思います」

京子「おおお、ひまっちゃん、ついに告白するのか!」

結衣「古谷さん、頑張れ!」

向日葵「先輩方、ありがとうございます」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:55:04.40 ID:GdCWKsTE0
向日葵「先輩方、今日はありがとうございました」ペコッ

京子「ひまっちゃん、予想も告白も頑張ってね」

結衣「古谷さん、ファイト!」

向日葵「では、失礼いたします」

結京「・・・・」

京子「両方とも上手く行くといいね」

結衣「そうだな」

京子「結衣、オムライスはまだ~~?」

結衣「はいはい、今、作ってあげますよ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 23:59:16.05 ID:GdCWKsTE0
櫻子ルーム


櫻子「向日葵の奴、どこに行ったんだ?」ジタバタ

櫻子「私のお昼ごはんを作らないでどこかに行くなんて」ジタバタ


さくらこーーーーーーーーーー!


櫻子「おい、向日葵、どこに」

向日葵「櫻子、私の話を聞いて!」

櫻子「向日葵の話よりもお昼ごはんだよ!」

向日葵「凄く大切なお話だから聞いて!」

櫻子「向日葵・・・」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:04:16.40 ID:ejc4lTjF0
向日葵「私はずっとずっと櫻子の事が好きだったの」

向日葵「だけど、私が素直になれないばかりにいつもいつも櫻子とケンカばかりしているけど」

向日葵「でも、私は櫻子の事が大好きなの」

向日葵「3度のご飯よりも櫻子の事が大好きなの」

向日葵「こんな素直になれない私で良かったら・・・」

櫻子「向日葵・・・」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:05:34.80 ID:ejc4lTjF0
櫻子「早く愛妻弁当を作って」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:05:35.80 ID:K+Cd4XIa0
わぁい

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:07:17.68 ID:YZ8ckD5t0
キマシタワー

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:11:07.24 ID:ejc4lTjF0
向日葵「そ、それって・・・」

櫻子「私は腹が減ってるんだ。だから、向日葵、いや、」

櫻子「私の好きな人が作った愛妻料理を食べたいんだ」

櫻子「(な、何言っているんだよ、私)」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:15:16.04 ID:ejc4lTjF0
向日葵「分かりましたわ。櫻子のために腕を込めて愛妻弁当を作ってあげますわ」

櫻子「早く食べたいから、1分でも早く作って」

向日葵「私も早く食べたいから、急いで作りますわ」



撫子「この後、2人はイチャイチャしながらひま子が作った愛妻弁当を食べたのさ」


撫子「私もあいつに愛妻弁当を作れるような深い仲になりたいな」


本編おしまい

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:16:24.71 ID:ejc4lTjF0
おまけ


結衣「ところで、古谷さんが予想したレース、京子はどれが来ると思ってるの?」

京子「私はツキノテンシかな」

結衣「それは何で?」

京子「それは予想していた時にこの馬の名前を見て結衣が思い浮かんでさ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:16:52.01 ID:K+Cd4XIa0
わぁい

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:21:33.89 ID:ejc4lTjF0
京子「ほら、私たちって、太陽と月みたいだって言われているでしょ」

京子「月と言えば結衣。だから結衣が思い浮かんだんだよ」

結衣「おい、止めろよ。恥ずかしいよ////」

京子「その照れた顔が天使だよ、結衣にゃん」

結衣「もう止めてよ・・・・////」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:23:04.69 ID:K+Cd4XIa0
確かに

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:26:02.13 ID:ejc4lTjF0
京子「あと、来るとしたらエンジェルツイートかな?」

結衣「それはな・・・・ まさか・・・」

京子「訳すと「天使の呟き」、つまり「結衣の呟き」になるからだよ」

結衣「や、止めろ・・・・////」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:31:37.27 ID:ejc4lTjF0
京子「また顔が赤くなって、結衣にゃんはマジ天使!」

結衣「/////」カアー

京子「ほんと、照れた結衣はカワイイな。ずっとその姿を見ていたいな」

結衣「で、でも、京子の方が天使だと思うぞ////」

結衣「わ、私を惚れさせてしまうくらいカワイイから/////」

京子「わ、私が天使だなんて・・・・・・・・/////」

京子「//////」カアー

京子「ゆ、結衣はマジ天使////」

結衣「き、京子はマジ天使////」

京子「//////」カアー

結衣「/////」カアー


おしまい


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:40:23.04 ID:INdEgAEE0
馬は必要だったのかよくわかんないけどおつ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:41:26.69 ID:K+Cd4XIa0
わぁい乙

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:41:53.60 ID:ejc4lTjF0
以上です。
向日葵の中の人が来るという事と、メインレースの登録馬を見て
このネタが思い浮かびました。
まさか予想ステージまでやるとは思いもしなかったです。
日付変わって今日のイベントがどうなるのか、非常にドキドキしています。

それでは、おやすみなさい
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

こんがり

Author:こんがり
2chSSのサイト。
色々と模索中です。
古いSSも随時追加していきます



2ch SSサイトの相互リンク、RSS歓迎です。

連絡はメール又はコメントに連絡ください。

 kongari.ss.0123★gmail.com

★部分を@に変えてください

ss読むついでに更新する感じなので、自分用に近いですが……

To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス) ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣 シナリオの基礎技術
サイト内検索フォーム
Twitter
 
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス) 百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
スポンサードリンク
カウンタ
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。