HOME 全てのSS RSS   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  アイマスSS  »  春香「プロデューサーさんは律子さんが好きらしいです」 下

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春香「プロデューサーさんは律子さんが好きらしいです」 下

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 00:23:49.79 ID:ifSE4RJk
律子「……あともうすこしでオーディション始まっちゃう!」

律子「と、とりあえず深呼吸……すー……はー……」

律子「だ、ダメ……上手く呼吸できない」

律子(昔はこんなことなかったのに……)

「いやあ、難しいだろうなあ」

「なにせ、相当なブランクがありますからね」

「まあ、今回は上条春菜が一位になって、世代交代でしょう」

「ははは、律子ちゃんが一位になっても、春菜ちゃんが一位になっても良い記事が書けそうだ」

律子「……」

律子(プロデューサー……早く来て……)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 00:26:54.00 ID:ifSE4RJk
・ ・ ・

千早「そういえば、プロデューサーの姿が見えなかったわね」

春香「あっ、そうだね。どこに行ってたんだろう?」

雪歩「ま、まさか事故なんて……ううぅ……」

響「ふ、不吉なこと言うなー!」

貴音「しかし、心配ですね……」

やよい「律子さん、大丈夫かなー?」

伊織「大丈夫よ律子なら」

あずさ「心配です~」

真「ん……あ、始まるよ!」

亜美「おー!」

真美「ばっちしサイリューム持ってきちゃったもんね!」

美希「わーい、楽しみなのー!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 00:28:44.01 ID:ifSE4RJk
・ ・ ・

律子「! 嘘、始まっちゃった!?」

律子「や、やばい……」

律子「……プロデューサー……」

ピッピッ

プルルルルル……

律子「……で、出ない」

律子(だ、ダメ……プロデューサーがいないと、私……)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 00:31:16.15 ID:ifSE4RJk
律子(復帰して初のオーディションが、トリなんて……)

律子「……脚が、ガクガクしてる……」

律子(レッスンの時はちゃんとできたじゃない、しっかりしなさい、律子!)

律子「……でも……」

律子(やっぱり、無理よぉ!)

律子「……プロデューサー……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 00:33:23.15 ID:ifSE4RJk
それからあっという間に時間は過ぎた。

たくさんのメガネを使ったパフォーマンスに歌、踊り……。

個々のメガネアイドルが、メガネをキラリと光らせ、自分を輝かせていた。

律子「……!!」

春菜「~♪」

律子(す、凄い……)

律子(メガネの角度といい、絶妙なテクニック!)

律子(歌もダンスも、とっても上手!)

律子「……勝てない……」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 00:36:23.52 ID:ifSE4RJk
「秋月律子さん、準備お願いします!」

律子「は、はいっ!」

律子(結局プロデューサー……来なかった)

プルルルルルッ

律子「!」

『絶対に行くから!』

律子「……プロデューサー」

律子「や、やらなきゃ!」

律子(ここで頑張らなきゃ、今までの一週間水の泡よ!)


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 00:40:01.12 ID:ifSE4RJk
「さー、みなさんお待ちかね、ラストのメガネアイドルはぁぁ……この人だぁぁぁ!」

「メガネアイドルの先駆者としても名高い、秋月ィィィィィィ律子ォォォォォォォ!」

ワァァァァァァァァァ!!!!!

律子 カチコチ

真「うわあ、律子ガチガチ!」

千早「ま、まずいわ……」

律子「……ど、どーも……」

ウワアアアアアアアア!!! リッチャアアアアアアアン!!!!

律子 ビクッ

貴音「完全に気圧されていますね……」

亜美「亜美達も応援だよ! りっちゃーーーん!」

真美「りっちゃんメガネちょういかしてるーー!!」

律子(あ、亜美、真美……!)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 00:45:53.96 ID:ifSE4RJk
律子「……え、えっと」

律子(ま、まずはフリートーク)

律子「みんな、ひ、久し振り! ……って人もいれば、初めましてな人もいるのかな?」

律子「え、えっと……あ、秋月律子って言います」ペコリ

カワイイヨー

律子「あ、ありがとうございます。えっと、実は知ってる人もいるかもしれませんが」

律子「今私はアイドルの一線から退いて、今は竜宮小町のプロデューサーとして働いています」

ヒューー!

律子「でも、今回真のメガネアイドルを決めるということで、参加を決意しました」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 00:48:21.84 ID:ifSE4RJk
律子「そのために、付け焼刃かもしれませんが、765プロのみんなを巻き込んで、レッスンをしました」

律子「みんなには迷惑をかけてしまったと思います」

美希「そんなことないのー!」

ミキチャンダァアァァァ!!

律子「み、美希、静かにしなさい! ……あっ」

ドッッ

律子「あ、ああ……すいません、すいません!」

律子「え、えっと……今、こうやって立っているのも、事務所の仲間がいたからです」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 00:50:51.22 ID:ifSE4RJk
真「律子……」

春香「やばいですよ、律子さん……」

あずさ「顔が全然笑ってないですね……」

雪歩「周りの人も、ざわめき初めてますぅ……」

千早「これ、審査に大きく影響するんじゃ!?」

律子「……え、えっと、えっと……」

律子(どうしよう、何も思いつかない……)

P「律子ぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」

律子「!」

P スゥ

P「頑張れーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 00:53:56.59 ID:ifSE4RJk
律子「……プロ……デューサー?」

ウルセーゾ! ワハハハハハハ

律子「……」

律子(もう、プロデューサーったら)

律子(来るのが遅いですよ)

律子 ニコッ

律子「それじゃあこれから曲を聞いてもらいます!」

律子「みんな、りつこの歌……ちゃんと聞いてね?」

キュンッ ウオオオオオオ!

美希「これ……ミキが教えたの!」

律子「それじゃあ聞いてください! 良かったらみんなも歌ってね! 『いっぱいいっぱい』!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 00:59:20.79 ID:ifSE4RJk
~♪

La La La・・・


律子「~♪」


真「凄い……ダンス最高によくなってるよ!」

響「キレも抜群だな!」


律子「ああ どうして私 心構えなしでは会えないの♪」


千早「音がまったくブレてない……素晴らしいわ」

イッパイ イッパイ イッパイ イッパイ!

律子「あなたの声を……♪」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:01:54.52 ID:ifSE4RJk
やよい「凄いです!」

伊織「驚いたわ……一週間でこんなに……」

律子「まず ちょっとだけ探ってみよ♪」

律子(プロデューサー……)

律子(あなたのおかげで、私……)

律子(こんなに、素敵なパフォーマンスができます!)

律子「私の眼鏡、好き? 嫌い?」

ダイスキィィィィィィィィィ!!!!!

P「大好きぃぃ!!」

765プロみんな「大好きー!」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:04:31.97 ID:ifSE4RJk
クイッと眼鏡をすかさず上げる仕草に、みな魅了された。

ウオオオオオオオオオオ リッチャンサイコオオオオオオ!!!

リッチャンハカワイイデスヨォォォォォォ!!!!!

律子「はぁ……はぁ……みんな、どうもありがとう!」

律子「最高のパフォーマンスができたと思います!」

律子 ペコリ

ワアアアアアアアリッチュワアアアアアアアン!!!

春香「す、凄いです律子さん……!!」

真「さっきまでなかったよこんな盛り上がり……!」

雪歩「す、凄いですぅ……」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:09:42.34 ID:ifSE4RJk
律子「はぁ……はぁ……」

律子「あ、私は最後だからすぐにステージに行かなきゃ……」

律子(最高のパフォーマンスができたと思ってる)

律子(……どんな結果になっても、気にしない)

律子「……よし!」

・ ・ ・

「それでは、発表します……」

ダラララララララ……

律子「……」

「『真のメガネアイドル』の称号に輝いたのは……」


「秋月律子さんです! おめでとう!!!」

律子「!!!!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:13:56.33 ID:ifSE4RJk
ワアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!

リッチャンリッチャンリッチャン!!!

律子「え、ええ!? わ、私……?」

審査員A「あなたのメガネと、パフォーマンス……まさに魔法にかけられてしまったわ!」

審査員B「思わず最後に『大好き!』と叫んでしまったよ!」

審査員C「ダンスも歌も最高にCOOLだったぜ! 実はメガネ、そんなに好きじゃなかったが、メガネ属性になっちまったぜ!」

「満場一致で、秋月律子さんが合格です!!」

ワァァァァァァ!!!

「それでは、秋月律子さん、前にどうぞ!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:17:53.31 ID:CoZA1x/R0
おめでとうりっちゃん

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:18:21.10 ID:ifSE4RJk
律子「え、えっと……ありがとうございます」

ヒューヒュー!!

律子「な、なんか……エントリーも何故かトリで、すっごくビックリしました」

律子「自分が違う立場だったら、八百長だって疑っちゃうくらいです」

律子「……でも、これはハッキリと言えます」

律子「最高のパフォーマンスを、今、この最高のみんなに届けられて本当に、嬉しいです!!」

ワアァァァァァァァァ

律子「私はこれから、アイドルとしてまたやっていくかどうかはわかりません」

律子「でも、真のメガネアイドルの称号を手に入れた私は、絶対に消えません!」

律子「だから、みんなの記憶に、ちゃんと残しておいてね?」

モチロンダヨー!!!


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:23:31.51 ID:ifSE4RJk
律子「そういえば、結局三つ編みにしなかったの」

「それでは、ここで律子さんにはもう一曲歌っていただきます」

律子「は、はい!」

律子「それじゃあ、聞いてください! 『いっぱいいっぱい』!」

ワァァァァァァ!!!

・ ・ ・

律子「あ、ありがとうございました!」

アンコール! アンコール! アンコール!

律子「ええっ!?」

律子(この曲やるだけで精一杯なのに!?)


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:27:23.17 ID:ifSE4RJk
「み、みなさんお静かに!」

律子「え、えと……」

亜美「ちょーっとまったぁ!」

律子「!?」

真美「こっからは真美たちも参加だよーん!」

ウオオオオオオオ アミマミダァァァ!

律子「亜美、真美!?」

伊織「まったく、ステージ上でそんな悲しい顔見せるアイドルがいる?」

あずさ「あらあら……うふふ」

イオリィィィィン!! アズササンンァァァァァァ!!!

律子「い、伊織、あずささん!?」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:30:18.50 ID:ifSE4RJk
伊織「伊織ファンのみんなー♪ アンコールは竜宮小町、真美&律子で歌っちゃうわよ!」

ウヒョオオオオオオオオオ

あずさ「律子さん、早くこれに着替えてきてください♪」

亜美「ステージはまかせときな!」

真美「真美たちがなんとかしちゃるかんねー!」

律子「……うんっ! 待ってて!」タタッ


P「律子!」

律子「ぷ、プロデューサー!」

P「今から着替えだろ? ちょっとだけ話させてくれ」

P「おめでとう。最高だったよ」

律子「……ありがとうございます! あ、早く着替えないと!」

P「お、おう!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:32:35.94 ID:ifSE4RJk
・ ・ ・

律子「おまたせー!!」

キタァァァァァァァ!!!

伊織「ふふ、揃ったわね」

あずさ「それじゃあみんなで歌いましょう♪」

律子「ちょっと、何を歌うつもり?」

亜美「そんなの決まってるっしょ?」

真美「竜宮小町と真美と、律っちゃんって言ったらさぁ!」

律子「……ああ、なるほどね」

律子「それじゃあ、ラスト、聞いてください! 『SMOKY THRILL』!!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:34:30.17 ID:ifSE4RJk
・ ・ ・

律子「はー……やりっきったぁ……」

亜美「めちゃ楽しかったよ!」

真美「メガネかけながら踊るの、ちょっと大変だったけどね!」

伊織「律子、よくやったじゃない!」

あずさ「律子さん、おめでとうございます~」

律子「は、はい……踊れて良かったぁ……」

伊織「何言ってんのよ、歌詞も一言一句ミスってなかったわよ?」

律子「そりゃあね。あんたたちのレッスン、ちゃんと見てたんだから」

律子(そのおかげ……か)


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:36:24.41 ID:ifSE4RJk
・ ・ ・

律子「はぁ……取材、やっと終わりました」

P「お疲れ様、律子」

律子「あっ、ぷ、プロデューサー」

P「ごめんな、遅れて。楽屋に入ろうと思ったらさ、入場許可してもらえなくて」

律子「……」

P「わ、悪かった!」

律子「……寂しかったです」

P「……律子?」

律子「プロデューサーがいないと、とっても不安で……楽屋、全然落ち着きませんでした……」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:38:31.70 ID:ifSE4RJk
律子「あの時、プロデューサーが声を出してくれなかったら……」

P「……そっか」

律子「今、あなたに今すぐにでも抱きつきたい気分」

律子「でも……今は無理」

P「俺も抱きしめたいくらいだ。……しかし人がいっぱいいるしな」

律子「だから、我慢します」

P「うん、その方がいい」

律子「……帰りましょう?」

P「ああ、他の子達は先に帰ったから」

律子(……あの子達にもお礼言わなきゃ)

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:41:21.36 ID:ifSE4RJk
ガチャ

律子「ただいま戻りまし……」

パンパンッ

律子「きゃ!?」

「「「合格、おめでとう!!!!」」」

律子「み、みんな!?」

小鳥「律子さん! おめでとう!」

律子「あ、ありがとうございます!」

小鳥「ささ、こちらへ」

律子「は、はい……ってなんですかこのどデカいケーキ!?」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:44:34.31 ID:ifSE4RJk
小鳥「プロデューサーさんが用意したんです」

P「ははは……相当高かったぜ」

律子「……まさかこれを運ぶために遅れたとか言いませんよね?」

P「……正解」

律子「もー!」

春香「ま、まあ、みんなで食べましょうよ!」

律子「……そうね、よーし! 今日はみんなで私を祝ってちょうだい!」

イエーイ!!

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:47:21.82 ID:ifSE4RJk
・ ・ ・

律子「楽しい時間ってあっという間ですね」

P「ああ、そうだな」

律子「はー、これからまたいつも通りですね」

P「律子」

律子「はい?」

P「……はい、クリスマスプレゼント」

律子「! ……これを、私にですか?」

P「マフラーにしようか迷ったんだけど、一緒に買いに行くって言ったからさ」

律子「……う、嬉しいです! ありがとうございますっ」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:48:40.82 ID:ifSE4RJk
P「良かった」

律子「……はぁ……今日は最高のクリスマスになりました」

P「……あと、さ」

律子「はい?」

P「そろそろ、返事聞かせてくれないか?」

律子「……いいですよ」

P「……」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:51:04.37 ID:ifSE4RJk
律子「私……プロデューサーのことが大好きです」

律子「プロデューサーといると、笑顔になれるし、幸せになれる」

律子「胸がドキドキして、違う女の子といると、モヤモヤしちゃったり」

律子「……すっごく純情な自分が恥ずかしくて、ずっと押し殺していました」

律子「でも、今は違います」

律子「あなたは、私を『一番輝いている』って言ってくれた」

律子「そして私にとって一番輝いてるのは」

律子「プロデューサー、あなたです」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:52:38.84 ID:ifSE4RJk
P「……律子!」ギュッ

律子「きゃっ、いきなり強すぎですよ!」

P「ごめん、でも……でもっ……!」

律子「ふふっ、もうっ……」

P「大好きだ、律子っ」

律子「私もです、プロデューサー……」

P「……メリークリスマス」

律子「……はい、メリークリスマス」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:53:12.77 ID:jp5nWpm3P
ヒュー


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:54:15.84 ID:ifSE4RJk
律子「あっ、私、クリスマスプレゼントしてないです」

P「いいよ、気にしなくて」

律子「いいえ、ちゃんとあげないと。プロデューサー、目をつぶってください」

P「?」

チュッ

P「!」

律子「うわわ……キスってこんなに恥ずかしいんですね……」カァァ

P「……律子ぉぉぉ!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:55:47.52 ID:fgY7lNor0
えんだあああああああああああああああああああああああ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:55:56.81 ID:ifSE4RJk
ギュウッ

律子「きゃあっ!」

P「可愛い、可愛すぎるよ律子!」

律子「プロデューサー、こどもみたいっ……」

P「……」

律子「私も、大好きですよ」

P「……なあ、律子」

律子「はい?」

P「もう一回、しないか?」

律子「……は、恥ずかしいですよっ!」カァァ

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:56:08.04 ID:CoZA1x/R0
いやああああああああああああああああああああああああああ

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:57:40.14 ID:ifSE4RJk
律子「今でも、恥ずかしいくて死にそうなんですから」

P「俺は律子が可愛すぎて死にそうなんだけど」

律子「も、もう……言い過ぎです!」

P「顔が真っ赤な律子も可愛いよ」

律子「ああ、もう! ダメ押しみたいに言わないでくださいよ!」

P「ふふっ、ごめんごめん」

律子「……帰りますよ、もう」

P「うんっ」

律子「……もちろん」ギュッ

P「!」

律子「手、繋いでです」

P「……うん」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 01:59:47.70 ID:ifSE4RJk
・ ・ ・

P「おはようございます!」

律子「あ、おはようございます。ほら、雪歩覚悟しなさい!」

雪歩「そんなの恥ずかし過ぎますー!」

P「おうおう、朝から元気だなー」

律子「あ、雪歩! 逃げられちゃったわ」

P「またなにか?」

律子「はい。着て欲しい衣装があったんですけど、あれじゃ無理そう」

P「はは、無理させない方がいいぞ」

律子「そうですね」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 02:01:09.43 ID:ifSE4RJk
律子「……プロデューサー」

P「ん?」

律子「私、アイドル活動はしません」

P「えっ、もったいない」

律子「だって、私は本業プロデューサーですよ?」

律子「やっぱりプロデュースしてるのが性に合います」

P「そうか……」

律子「あ、でも」

律子「プロデューサーのアイドルは、やめませんけどね?」


END

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 02:03:22.96 ID:fgY7lNor0
乙乙

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 02:03:37.25 ID:ZeREZIz50
乙でした
りっちゃんはやっぱりかわいいな


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 02:04:45.92 ID:CoZA1x/R0
乙 いい聖夜だった


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 02:05:27.36 ID:PpwA+koc0
乙!!

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 02:13:32.16 ID:5feIPloZ0


律子SSは当たりが多いな
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

こんがり

Author:こんがり
2chSSのサイト。
色々と模索中です。
古いSSも随時追加していきます



2ch SSサイトの相互リンク、RSS歓迎です。

連絡はメール又はコメントに連絡ください。

 kongari.ss.0123★gmail.com

★部分を@に変えてください

ss読むついでに更新する感じなので、自分用に近いですが……

To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス) ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣 シナリオの基礎技術
サイト内検索フォーム
Twitter
 
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス) 百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
スポンサードリンク
カウンタ
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。