HOME 全てのSS RSS   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  アマガミSS  »  美也「あけおめメールが誰からも来てない…」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美也「あけおめメールが誰からも来てない…」




1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 05:50:54.69 ID:VvHiX3CCi

七咲「あのブリッコうざいから送らない方向でお願い」

中多「うんそうだね、ブリッコをハブる良いチャンスだね」

純一「俺からも頼むよ、ぼっちで一人シュンとしてる美也可愛いだろうな」

純一「それに、友達いなくなれば美也を独占できるし、美也も俺なしでは生きていけなくなるぞ」



美也「はぁ…みんなどうしたんだろ…あけおめメールなんか高校生になったら送らないのかなぁ」






5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 05:54:50.14 ID:VvHiX3CCi

純一「美也年越しソバ食べるか?」

美也「…」

純一「おい、聞いてるのか?」

美也「うるさいな!!わかってるよ!!」

純一「ああそうか、早く食べに来いよ」

純一「(美也の奴だいぶ気にしてるなwww)」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 05:56:53.95 ID:VvHiX3CCi

美也「そうだ、みゃーから送ればいいんだ」

美也「なんでそんな事気がつかなかったんだろ」

ぽちぽち

美也「送信と…よし」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 06:03:26.07 ID:VvHiX3CCi

ガチャッ

純一「美也やっと来たか、美也の分も食べちゃうところだったぞ」

美也「ふふーん、みゃーの分食べたらにぃにまんまにくまん奢ってもらうつもりだったよ」

純一「みゃーは食べ物にはうるさいからな」

美也「…」チラッ

美也「(まだ返信来ないな…)」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 06:06:41.45 ID:VvHiX3CCi

10分後

美也「…」チラッ

20分後

美也「…」チラッ

純一「美也どうした?さっきから携帯ばっかり気にして?」

美也「べ、別ににぃにには関係ないでしょ」

純一「もしかして美也あけおめメールが来てないのか?それで携帯ばっかり気にしてるのか^^」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 06:08:58.07 ID:VvHiX3CCi

美也「に、にぃにのバカ…」

バタン
ダッダッダ

純一「クックックッ不安でしかたない美也可愛いな」

純一「もっと精神的に追い込みたいな、そうだ」

ポチポチ


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 06:13:17.55 ID:VvHiX3CCi

純一「七咲と中多さんに受信拒否にしてもらったからな美也」

純一「どんな顔してくれるのかな」クックックッ

美也部屋

美也「なんで返信来ないんだろ?」

美也「寝ちゃったのかな?…でも大晦日にそんなはずない」

美也「もしかしたら届いてないのかも、もう一回送ってみよう」

ポチポチ

美也「送信と」

ブーブー

美也「返信来た早い」wktk


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 06:17:13.00 ID:VvHiX3CCi

美也「送信エラー…何で?アドレス間違ってませんか?ってそんな…はずない」

美也「…どういうことだろ?」

コンコン

純一「美也、どうしたんだ?なんかあったのか?」

美也「うるさい!!うるさい!!にぃにには関係ないでしょ!!」グスッ

純一「美也…泣いてるのか?(美也のメンタルは相変わらず弱いなクックックッ)」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 06:21:36.40 ID:VvHiX3CCi

純一「美也…にぃにが話聞いてやるから…部屋に入れてくれないか?」

美也「…話せるわけないよ」

純一「どうしてだよ?」

美也「だって…」

美也(友達に受信拒否されてるなんて言えるわけないよ)

美也「…べ、別に大丈夫…なんでもなかったみたい」

美也「ごめんね.にぃに心配かけて」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 06:25:10.03 ID:VvHiX3CCi

純一「そうか。なら良かった(強がる美也可愛い)」

純一(なら追い討ちをかけるか)

純一「美也、初日の出見に行くんだろ、七咲と中多さんと」

美也「う、うん」

純一「なら早く寝ろよ」

美也(そうだ、その時に会えるからメールの事とかきける)


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 06:28:28.62 ID:VvHiX3CCi

純一(クックックッもちろん七咲と中多さんは初日の出には来ないけどなwww)

純一(寒い中待ち続けてる美也…冬場に捨てられた子猫の様なんだろうな)

純一(想像しただけで抱きしめたくなる)wktk




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 06:33:40.06 ID:VvHiX3CCi

待ち合わせ場所

美也「…さむ(みんな遅いな)」

10分後

美也(…遅いな…もしかして嫌われてるのかなぁ)

20分後

美也(…相変わらずメールはエラーになるし)

30分後

美也(初日の出出ちゃうよ)

一時間後

美也(はあ…来なかった…嫌われてたんだな)グスッ


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 06:40:22.24 ID:VvHiX3CCi

ガチャッ

美也「…ただいま」

純一「おかえり、美也初日の出どうだった?」

美也「…(にぃにのバカ)」

純一「おい、やっぱり何かあったんだろ!?」

美也「ち、違うよ、みんな来たし、あっ、綺麗だったよ」

美也「そ、それに中多さんがお弁当持ってきてれてハハッ…」

純一「そ、そうか、良かったな美也」

純一(辛い顔を実の兄に見せないように懸命な美也…抱きしめたい…だが、まだ我慢だぞ)


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 06:47:55.13 ID:VvHiX3CCi

学校

美也「あ、あのさあ逢ちゃん中多さん」

七咲「」ギロッ

中多「」チラッ

七咲「ひどいよ橘さん、私たちずっと待ち合わせ場所で待ってたんだよ!!」

美也「えっ?みゃーも待ち合わせ場所に」

七咲「何言ってるの?来なかったのはあなたでしょ!!ねえ中多さん」

中多「…はい(やべーww橘泣きそうwww)」

美也「みゃーはちゃんと時間通りに」

七咲「はあ?寒い中人待たせて謝りもしないで言い訳?」

七咲「それにその自分の事みゃーって呼ぶのやめてよ、凄く腹立つ」

中多(もっと言ってやれwww)


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 06:53:03.42 ID:VvHiX3CCi

橘母「美也ちゃん今日遅いわね?純一知らない?」

純一「知らないけど、友達と遊んでるんだろ」

橘母「それにしても遅いわよ、知らない探しに行って来てくれない」

純一「はいはい」

純一(確かに少し心配だな…ショックで吊ってないよな…www)




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 06:58:39.34 ID:VvHiX3CCi

純一「電話してみるか」

プルプル

ガチャッ

美也「…にぃに」

純一「どうしたんだよ美也?こんな遅くまで、遊んでくるなら連絡入れろよ」

美也「…違うんだよ」

純一「何が違うんだ?」

美也「…」

純一「おい!!美也!!」

美也「にぃに…みんなから嫌われちゃった」グスッ

純一「えっ?(七咲達上手くやったみたいだな…こんなにショック受けてる美也はじめてだw)」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 07:01:06.18 ID:VvHiX3CCi

純一「み、みんなって?七咲や中多さんか?」

美也「…うん」

純一「どうしてだよ?」

美也「ぶりっこで自己中だから疲れるんだって…」

純一「あいつら許さない」

美也「やめてにぃに!!!」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 07:04:35.37 ID:VvHiX3CCi

純一「でも美也は悔しくないのかよ?」

美也「いいんだよ、美也は…美也が悪いんだし…」

美也「…それに美也にはにぃにがいるから」

純一「…美也(これを待っていたんだよwww)」

美也「にぃに後ろ向いて」

ガチャッ
ツーツー


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 07:08:20.45 ID:VvHiX3CCi

純一「美也…心配させやがって」

美也「…にぃにはみゃーを裏切らないでね」

ダキッ

純一「ああ(やべえ、感動的になってるよwww)」

美也「にぃに、あったかい」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 07:14:30.33 ID:VvHiX3CCi

純一「…美也お前に友達なんていらない…にぃにだけ見てれば良いよ」

美也「うん」

純一「にぃには美也を傷つけないよ…実の兄妹なんだからな」

美也「うん」

純一「よし、にぃにがまんま肉まん買ってやるからな」

美也「ヤッター」

純一(七咲達とパーティーあるんだよな…間に合うかな)


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 07:23:57.26 ID:VvHiX3CCi

美也「あれ寝ちゃった」

美也「にぃにがいないな…どこ行ったんだろ?」

美也「心配だな」

美也「お母さん、にぃには?」

橘母「純一なら遊びに行ったわよ、今晩は帰らないらしいよ」

美也「…そうなんだ」

美也(にぃにがいないと不安だよぉ…)

美也「ジッとしてると不安だし…コンビニでも行こうと」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 07:25:54.79 ID:VvHiX3CCi

橘母「美也ちゃんどこ行くの?」

美也「ちょっとコンビニ」

橘母「こんなに遅いのに…?」

美也「すぐ戻るから心配しないでよね」

橘母「まったく」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 07:29:25.67 ID:VvHiX3CCi

七咲「遅いですよ先輩」

純一「悪い悪い…で…中多さんは?」

七咲「今日来れないみたいですよ」

純一「そうなのか…でパーティーは?」

七咲「それが中多さんがお菓子とか飲み物用意するはずだったんですけど…」

純一「そうか、じゃあ買いに行くか」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 07:33:14.84 ID:VvHiX3CCi

プルプル

美也「もしもし」

中多「…美也ちゃんですか?」

美也「…」

中多「…ごめんなさい…今日のこと…私は何とも思ってなくて」

美也「信じない…みゃーはにぃにしか信じない」

中多「そ、そうですか…でも、教官は本当は美也ちゃんのことキライかもしれませんよ」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 07:37:22.41 ID:VvHiX3CCi

美也「はっ!?何言ってるのあんた!!」

中多「耳が痛いから怒鳴らないで、じゃあ駅前のコンビニ行ってみてください美也ちゃん」

美也「意味わからないから、お願いだからもうみゃーとにぃにに関わらないで!!」

ガチャッ

美也(…駅前のコンビニ?)

美也(…そんなわけないよねハハッ)



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 07:42:55.87 ID:VvHiX3CCi

コンビニ

純一「七咲、これ美味しそうじゃないか」

七咲「そうですね、じゃあこれも買いましょう」

七咲「あとこれも、これも」

純一「おいおい、七咲払うの誰かわかってるよな?」

七咲「はい、先輩です」

純一「わかってるなら、自重してくれよ」

七咲「美也ちゃんハブるの大変だったんですからねw」

純一「仕方ないな」


美也(…………………プツッ)


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 07:53:53.75 ID:VvHiX3CCi

翌日

ニュースキャスター「えー只今入りましたニュースです。
女子高生と男子高校生と思われる遺体が発見されました。
遺体には数十箇所に及ぶ刺し傷があり?身元は未だ不明」

橘母「え?怖いわね、ん?美也ちゃん寝坊かしら」

橘母「美也ちゃん起きなさい」

ガタッ

橘母「…え」

美也「…」プラーンプラーン



中多「3人死んじゃったかwwwもう少し楽しみたかったな…つうか橘美也首吊って逃げるなよwww」





どうしてこうなったか、自分でも分かりません


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 08:06:02.71 ID:DQMYNhH90

マジキチ



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/01(日) 09:07:30.60 ID:gjdwCbRC0

俺の知ってるアマガミじゃねぇ・・・






スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

こんがり

Author:こんがり
2chSSのサイト。
色々と模索中です。
古いSSも随時追加していきます



2ch SSサイトの相互リンク、RSS歓迎です。

連絡はメール又はコメントに連絡ください。

 kongari.ss.0123★gmail.com

★部分を@に変えてください

ss読むついでに更新する感じなので、自分用に近いですが……

To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス) ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣 シナリオの基礎技術
サイト内検索フォーム
Twitter
 
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス) 百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
スポンサードリンク
カウンタ
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。