HOME 全てのSS RSS   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ゆるゆりSS  »  櫻子「お悩み相談室!」 ひまさくSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻子「お悩み相談室!」 ひまさくSS


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 15:58:03.61
生徒会室

櫻子「よし、飾り付け終わり!」

櫻子「私がどんな悩みでも解決してやる!」

子「…っとその前に…」

櫻子「助手が欲しい!」

櫻子「誰にしようかなー…」

櫻子「>>4がいいな」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 16:01:25.48 ID:06CPMuCk0
向日葵

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 16:09:26.93 ID:eh5T0kHR0
櫻子「向日葵がいいな」

櫻子「……」

櫻子「来てくれないかな…」

ガチャ

向日葵「ちょっと櫻子!」

櫻子「向日葵っ!」

向日葵「この紙はいったい何ですの!?」

『櫻子のおなやみ相だん室

 おなやみがある人は生走会室まで!』

櫻子「何って…みればわかるじゃん」

向日葵「お悩み相談室って…許可は取ってありますの?」

櫻子「取ってあるよ!」

向日葵「な、ならいいんですけど…」

櫻子「そうだ! 、特別に向日葵を助手にしてやろう!」

向日葵「助手?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 16:14:03.47 ID:eh5T0kHR0
櫻子「そう! 私の助手だ!」

向日葵(助手…)

向日葵「ま、まぁいいですわよ」

櫻子「やったー!」

向日葵「そんなに喜ぶ事でもないでしょうに…」

向日葵「…ところで、誰が相談に来ますの?」

櫻子「わかんない」

向日葵「わかんないって…」

櫻子「いっぱい紙まいたからね」

向日葵「いっぱい? これ手書きですわよね?」

櫻子「そうだよ! 頑張ってたくさん書いた!」

向日葵「そ、そうなんですの…」

向日葵(まったく、こういう事には全力で取り組むなんて…櫻子らしいですわね…)



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 16:18:26.19 ID:eh5T0kHR0
ガチャ

櫻子「おっ!」

京子「やっほー!」

櫻子「歳納先輩!」

京子「暇だったから来たよー」

向日葵「歳納先輩が来るとは思いませんでしたわ…」

京子「ん? なんで?」

向日葵「歳納先輩、悩み事とか無さそうですし…」

京子「……」

京子「考えてなかった…」

向日葵「やっぱり無いんですか…」

櫻子「えー、それじゃあ意味ないじゃないですか!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 16:20:31.40 ID:eh5T0kHR0
京子「ただ遊びに来ただけだからね」

櫻子「なんかないんですかー?」

京子「悩み事かー…」

櫻子「どんな小さい事でも大丈夫ですよ!」

京子「そうだなー…じゃあ」

京子「>>12」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 16:22:18.19 ID:bVJRgFwpi
最近、結衣が怖い


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 16:27:07.73 ID:eh5T0kHR0
京子「最近、結衣が怖いんだ」

櫻子「船見先輩がですか?」

京子「うん」

京子「そりゃもうね…」

京子「なんていうか…怖い」

櫻子「そ、そんなに怖いんですか…」

京子「すごい怖いよ…」

櫻子「それは怖いですね…」

向日葵「…って歳納先輩…」

京子「どしたのひまっちゃん」

向日葵「怖いって言っても、具体的に言って頂けないと解決のしようがないのですが…」

京子「あ、そうだったね」

櫻子「そういえばそうだった」

向日葵「はぁ…」

京子「実は結衣が>>19」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 16:28:13.56 ID:06CPMuCk0
ロリコンみたいで

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 16:34:49.38 ID:eh5T0kHR0
京子「実は結衣がロリコンみたいなんだよ」

向日葵「ろっ…!?」

櫻子「こ、怖いですね!」

向日葵(……)

京子「怖いでしょ?」

向日葵「どうして船見先輩が、その…ロリコンだと思うんですか?」

櫻子「あ、ちょっと待って!」

櫻子「歳納先輩、あの…」

櫻子「ロリコンって…何ですか?」

向日葵(やっぱり知らなかったんですのね…)



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 16:42:05.49 ID:eh5T0kHR0
京子「ちっぱいちゃん、ロリコンっていうのはね…」

櫻子「は、はい…」

京子「子供が大好きっていう事だ!」

櫻子「……え?」

京子「怖いだろー」

櫻子「子供好きって事ですよね?」

櫻子「全然怖くないと思いますけど…」

向日葵「櫻子、そういう事じゃなくて…」

向日葵「えーっと…どう説明すればいいかしら…」

向日葵「……」

向日葵「と、とにかくロリコンは怖いんですわ!」

櫻子「怖くないと思うけどなー」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 16:46:55.47 ID:eh5T0kHR0
京子「私の悩みはそういう事だ!」

櫻子「船見先輩が子供好きって事はわかったんですけど…」

櫻子「結局どうすればいいんですか?」

向日葵「それもそうですわね…」

向日葵「歳納先輩、それは私達には手の付けようがありませんわ」

京子「大丈夫だって、私に考えがある!」

櫻子「考え…ですか?」

京子「>>28」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 16:48:18.56 ID:PVkpHVPoP
楓ちゃんに会わせる

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 16:53:12.38 ID:eh5T0kHR0
京子「ひまっちゃん、たしか妹がいるって言ってたよね?」

向日葵「いますけど…」

京子「なんて名前だっけ?」

向日葵「楓ですわ」

京子「その楓ちゃんを結衣に会わせてあげればいいんだよ!」

向日葵「なっ!?」

櫻子「子供好きだからって事ですか?」

京子「そうそう」

向日葵「そ、それはだめですわ!」

向日葵(もし本当に船見先輩がロリコンだとしたら…)

向日葵(楓がめちゃくちゃにされてしまいますわ!)

京子「えー、いい案だと思ったんだけどなー…」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 17:00:28.94 ID:eh5T0kHR0
京子「じゃあちっぱいちゃんの妹は?」

向日葵(花子ちゃんが危ない!)

櫻子「花子ですか? いいで…」

向日葵「それも絶対にだめですわーっ!」

櫻子「うおっ!? べ、別に向日葵には関係ないだろ!?」

向日葵「だめったらだめですわ!」

京子「むー、仕方ないなー…じゃあ」

ガチャ

結衣「あれ? 京子いたの?」

京子「ゆ、結衣!? ごめんちっぱいちゃん、私用事出来た!」ダッ

結衣「京子!?」

京子「私の悩み事は秘密にしといてねー!」

結衣「お、おい…」

櫻子「行っちゃった…」

向日葵「なんだったんですの…」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 17:04:37.40 ID:eh5T0kHR0
櫻子「船見先輩って子供好きなんですか?」

向日葵(櫻子!?)

結衣「え? まぁ…好きだよ」

櫻子「って事はやっぱり船見先輩はロリコンなんですね!」

向日葵「ちょ…櫻子!」

結衣「大室さん…? 今なんて…?」

櫻子「だから、船見先輩はロリコンなんですねって!」

向日葵「櫻子! ストップですわ!」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 17:08:09.84 ID:eh5T0kHR0
結衣「私が…ロリ…コン?」

櫻子「はい! 歳納先輩が言ってました!」

結衣「そっか、ありがとう大室さん」

結衣「ちょっと用事が出来たから行ってくるね」

櫻子「えー、悩み事とかないんですか?」

結衣「ごめんね、気が向いたらまた来るよ」

櫻子「わかりました!」

結衣「じゃあね、大室さん、古谷さん」

櫻子「はい!」

向日葵「さ、さようなら…」

向日葵(何だか船見先輩が怖いですわ…)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 17:12:53.02 ID:eh5T0kHR0


櫻子「退屈だよー」

櫻子「暇だよー」

向日葵「うるさいですわよ、櫻子」

櫻子「だって全然人が来ないんだもん!」

櫻子「私の相談室だぞ! もっと来るはずだ!」

向日葵「なんですの…その考えは…」

ガチャ

綾乃「大室さん…?」

櫻子「あ、杉浦先輩! いらっしゃーい!」

向日葵「こんにちは、杉浦先輩」

綾乃「あら、古谷さんもいたのね」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 17:17:12.14 ID:eh5T0kHR0

櫻子「向日葵は私の助手なんです!」

綾乃「助手?」

向日葵「はい…」

櫻子「全く役に立ちませんけどね!」

向日葵「その言葉、そっくりそのまま返しますわ」

櫻子「なんだとー! このおっぱい魔神!」

綾乃「ま、まぁまぁ…」

向日葵「ところで杉浦先輩、何か悩み事ですか?」

綾乃「うん…それなんだけど…」

綾乃「>>41」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 17:18:34.60 ID:bVJRgFwpi


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 17:18:45.91 ID:x/vXjQ+i0
学校が全壊した



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 17:22:56.90 ID:eh5T0kHR0
綾乃「学校が全壊したの…」

向日葵「え…?」

櫻子「何言ってるんですか?」

櫻子「全壊なんてしてないですし、私達だって今生徒会室にいるじゃないですか」

向日葵(櫻子がまともに!? これこそ学校が全壊するよりあり得ませんわ!)

綾乃「あ、えっと…違うの! そうじゃなくて…」

綾乃「学校が…全壊する夢を見たんだけど…」

櫻子「夢ですか?」

綾乃「ええ…それで、何か悪い事が起きないか不安で…」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 17:30:58.34 ID:eh5T0kHR0
櫻子「大丈夫ですよ! 学校なんて壊れません!」

綾乃「大室さん…」

櫻子「それに、そんなのただの夢じゃないですか!」

櫻子「私だってたまに悪い夢見ますけど…」

櫻子「でも悪い事、なんて起きませんよ! だから心配しないで下さい!」

向日葵(……)

綾乃「……そうよね…」

綾乃「ありがとう、大室さん…そんな事心配してた自分が情けなく思えて来たわ!」

綾乃「…冷蔵庫にプリンがあるから、良かったら食べていいわ」

櫻子「本当ですか!?」

綾乃「ええ、私のお礼…みたいな感じよ」

櫻子「ありがとーございます!」

綾乃「じゃあ、私はそろそろ退室するわね」

櫻子「はい、また来て下さい!」

向日葵「さようなら、杉浦先輩」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 17:35:45.67 ID:eh5T0kHR0


櫻子「プリンおいしー!」

向日葵「…櫻子」

櫻子「ん?」

向日葵「その…さっきの…」

向日葵「なかなか…かっこ良かった、ですわよ」

櫻子「…!」

櫻子「そうだろー! これで私の凄さがわかっただろ!」

向日葵「はいはい、そうやってすぐ調子に乗らないの」

ガチャ

西垣「いるかー? 大室ー」

櫻子「西垣先生!」

西垣「あと松本も連れてきたぞ」

松本「……」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 17:40:05.99 ID:eh5T0kHR0
西垣「なんだ、古谷もいたのか」

向日葵「はい」

櫻子「先生も悩み事あるんですか?」

西垣「いや、松本が少しあるらしくてな」

向日葵「会長が…?」

櫻子「悩み事ってなんですか?」

松本「……」

向日葵「え、えーっと…何て言ってるんですか?」

西垣「ああ、それはな…」
西垣「>>52、と言っている」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 17:43:42.31 ID:06CPMuCk0
先生の子を身ごもった

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 17:48:18.65 ID:eh5T0kHR0
西垣「私の子供を身籠った、と言っている」

向日葵「えっ!?」

松本「……」

櫻子「みご…? なんですかそれ?」

向日葵「お、お腹に子供がいるって事ですわ…!」

櫻子「えぇー!? って事は…」

向日葵「会長のお腹には赤ちゃんが…」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 17:54:04.58 ID:eh5T0kHR0
松本「……!」

西垣「すまん松本…ちょっとしたジョークだ」

松本「……」

櫻子「ジョーク?」

向日葵「う、嘘だったのですね…」

西垣「いや、まさか信じるとは思わなくてな」

向日葵「びっくりさせないで下さい!」

櫻子「それで、本当はなんて言ってたんですか?」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 17:59:33.97 ID:eh5T0kHR0

西垣「悩み事があるのは私じゃない、と言っていた」

櫻子「会長じゃないんですか?」

西垣「そうだ、私が用があって来た」

向日葵「先生が悩み事…」

西垣「む、何か不満か?」

向日葵「い、いえ…なんでも…」

向日葵(不満というより、不安ですわ…!)

櫻子「先生の悩み事ってなんですか?」

西垣「悩んでる、という程でもないんだが…」

西垣「>>59」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 18:00:50.48 ID:2xsbL3TN0
この世界がループしていることに気づいてしまった



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 18:05:34.31 ID:eh5T0kHR0
西垣「この世界がループしていることに気づいてしまったんだ」

櫻子・向日葵(今さら!?)

西垣「だいぶ驚いているようだな…」

西垣「これは最近気付いたんだが…年を取っても4月に入ると元に戻るみたいだ」

櫻子「そ、そうですか…」

西垣「大発見だと思わんか?」

向日葵「そ、そうですわね…」

西垣「はっはっは、そうだろう」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 18:11:29.32 ID:eh5T0kHR0
向日葵「それで…私達は何をすればいいんでしょうか?」

西垣「特にないな」

櫻子「えっ」

西垣「まぁ、限りない青春を謳歌したまえ、若者よ!」

西垣「それじゃあ行こうか、松本」ヒョイ

松本「……」

西垣「では、さらばだ」


向日葵「何だったんですの…」

櫻子「何だったんだろうね…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 18:15:49.94 ID:eh5T0kHR0


櫻子「……」ウトウト

向日葵「櫻子」

櫻子「…はっ!」

向日葵「今寝てましたわね?」

櫻子「ね、ねてねーし! ぷりん! ぷりんどこ!?」

向日葵「さっき食べたでしょう…寝ぼけてないで、しゃきっとしなさい」

櫻子「んー…」

ガチャ

あかり「し、失礼します」

櫻子「なんだ、あかりちゃんかー」

あかり「えぇ!? ひどいよ櫻子ちゃん!」

向日葵「櫻子、お客さんですわよ…」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 18:19:15.10 ID:eh5T0kHR0
櫻子「何か悩み事?」

あかり「そうだよぉ」

櫻子「影が薄い、ってのはどうしようもないからだめだよ?」

向日葵「櫻子…お悩み相談室なんだから何でもいいでしょう?」

櫻子「わかったよー…」

あかり「えっとね、あかりの悩み事っていうのは…」

あかり「>>68」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 18:21:05.22 ID:uUHovh5D0
腰のあたりまで体が消えかかってる

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 18:25:55.60 ID:eh5T0kHR0
あかり「影が薄すぎて…足から腰のあたりまでが消えかかってるの…」

櫻子「やっぱり影が薄い関連じゃねーか!」

向日葵「櫻子、お悩み相談室ですわよ」

櫻子「ぐっ…」

あかり「どうしたら…どうしたらいいのかな…?」

向日葵「結構深刻な悩み…なんですわね…」

櫻子「……」

櫻子「わかった…なんとか頑張ってみる」


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 18:36:29.06 ID:eh5T0kHR0
櫻子「えー、まず、あかりちゃんのこの現象を…」

櫻子「半アッカリーン現象と名付ける!」

あかり「半アッカリーン現象!?」

櫻子「あかりちゃんが消えていくのは影が薄いからだよね?」

あかり「うん…そうだよぉ」

櫻子「つまり…目立てばいいんだよ!」

あかり「そっかぁ!」

向日葵「赤座さん…そっかぁ、って言っても何か考えとかありますの?」

あかり「うーん…」

櫻子「それも私が考えてある!」

あかり「ほんとっ!?」

櫻子「うん!」

向日葵(嫌な予感しかしませんわ…)

櫻子「私の考えた目立つ方法は…」

櫻子「>>74!」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 18:40:12.43 ID:OENdEF9B0
デコる

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 18:40:16.25 ID:1EIarYbIP
制服の胸の部分だけ切っておっぱいだけ露出する



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 18:46:48.11 ID:eh5T0kHR0
櫻子「デコる!」

あかり「デコる!?」

櫻子「この部屋の飾り付けみたいに!」

あかり「えぇー…?」

櫻子「シールもあるよ!」

あかり「いらないよぉ…」

向日葵「デコレーション…」

向日葵「リボンを付ける…とかはどうでしょう?」

あかり「あっ、それなら可愛いし目立てるかも!」

櫻子「それじゃ面白くないじゃん!」

向日葵「今は面白さは求めてませんわ…」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 18:50:06.53 ID:eh5T0kHR0
櫻子「リボンかー…」

櫻子「探してみる」

あかり「うん、お願い!」

櫻子「リボンリボン…」ガサガサ

櫻子「…あっ!」

向日葵「ありましたの?」

櫻子「荒縄ならあったけどこれでもいいかな?」

あかり「荒縄!? なんであるの!?」

向日葵「いいわけないでしょう!」

櫻子「ちぇー、はいリボン」

向日葵「持ってるなら早く出しなさいよ…」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 19:20:45.07 ID:eh5T0kHR0


あかり「どう…かな? 変じゃない?」

向日葵「ええ、とっても可愛くて似合ってますわ」

櫻子「……」

あかり「えへへ、あかりもこれで目立てるかなぁ?」

向日葵「もちろん! 絶対に目立てますわよ」

櫻子「…面白くない」

向日葵「だから面白さは求めてな…」

櫻子「面白くない!」

あかり「櫻子ちゃん…?」

櫻子「もう解決した! 終わり!」

あかり「う、うん…ありがとね、櫻子ちゃん、向日葵ちゃん」

向日葵「ええ、また何かあったらいらしてくださいね」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 19:25:07.19 ID:eh5T0kHR0


向日葵「櫻子」

櫻子「……」

向日葵「あなた、何怒ってますの?」

櫻子「別に怒ってねーし」

向日葵「怒ってるじゃありませんの」

櫻子「うるさいな! 怒ってないって言ってるだろ!」

向日葵「なっ…! そんな言い方する事ないじゃない!」

櫻子「向日葵がしつこいからだろ!」

向日葵「そうですかわかりました! じゃあ助手なんてやめてやりますわ!」

櫻子「勝手にやめてろ! 出てけ! どっかいってろ!」

向日葵「言われなくても出ていきますわ! さようなら!」

ガチャ

バタン

櫻子「……」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 19:31:32.50 ID:eh5T0kHR0
櫻子「向日葵なんかいなくても…」

櫻子「一人でできるし…」

櫻子「ぐすっ…」

櫻子「……一人で…」

櫻子「……」

櫻子「向日葵…」

ガチャ

櫻子「! ひまわ…」

ちなつ「こんにちは、櫻子ちゃん」

櫻子「あ…ちなつちゃん…」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 19:35:04.47 ID:eh5T0kHR0
ちなつ「どうしたの? 櫻子ちゃん、目が少し赤いけど…」

櫻子「な、なんでもないよ! なんでもない!」

ちなつ「それならいいんだけど…」

櫻子「それより、何か悩み事だよね?」

ちなつ「うん、そうなの」

櫻子「なんでも解決するよ!」

ちなつ「えっとね、私の悩み事っていうのは…」

ちなつ「>>90」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 19:36:18.10 ID:QuocwRMe0
結衣に振り向いてもらえない

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 19:43:10.46 ID:eh5T0kHR0

ちなつ「結衣先輩に振り向いてもらいたいんだけど…」

ちなつ「どうしたら私に振り向いてもらえるかな?」

櫻子「振り向くか…恋の相談だね!」

ちなつ「そうよ」

櫻子「でも私はこういうの苦手だからなー…」

櫻子「向日葵はなんかいい考えとかない?」

ちなつ「え?」

櫻子「あ…」

櫻子「いや、違くて…」

櫻子「えっと…」

ちなつ「櫻子ちゃん?」

櫻子「……」

櫻子「ごめん…私には…わかんないよ…」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 19:46:19.65 ID:eh5T0kHR0


櫻子「……」

櫻子「はぁ…」

櫻子「何やってんだろ…」

櫻子「…ちなつちゃん、残念そうにしてたなぁ…」

櫻子「……」

櫻子「戻ってきてよ…」

櫻子「向日葵…」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 19:57:03.43 ID:eh5T0kHR0
ガチャ

京子「ちっぱいちゃん!」

櫻子「歳納先輩…」

京子「結衣がお怒りなんだけど!」

京子「もしかして言っちゃった!?」

櫻子「えっと…ロリコンなんですねって言っただけですけど…」

京子「だめだよ! ただのきょっぴージョークなんだから!」

櫻子「すいません…」

京子「…あれ? ちっぱいちゃん…もしかして泣いてた?」

櫻子「な、泣いてないですよ!」

京子「そう?」

京子「ところで、ひまっちゃんはどこ行ったの?」

櫻子「あ、向日葵は…」

櫻子「……」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 20:02:27.84 ID:eh5T0kHR0
京子「……」

京子「はい、相談!」

櫻子「えっ?」

京子「お悩み相談室でしょ?」

櫻子「はい…そうですけど…」

京子「じゃあ私からの相談!」

京子「あのさ、友達が喧嘩しちゃったみたいなんだけど…」

京子「仲直りさせたいんだけど、どうしたらいいと思う?」

櫻子「仲直りさせる方法ですか…?」

京子「そう!」

櫻子「えっと…」

櫻子「>>97」



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 20:06:15.01 ID:jiRliA/d0
お金!


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 20:15:45.52 ID:eh5T0kHR0
櫻子「お金!」

京子「えっ…」

櫻子「お金をあげれば仲直りできると思います!」

京子「ちっぱいちゃん…」

京子「お金じゃないんだよなぁー…」

櫻子「結衣先輩と仲直りする方法ですよね?」

京子「そっちで捕らえちゃったかー」

京子「…はっきり言うとね、喧嘩してるのは…」

京子「っ! まずい!」

京子「ごめん! 窓から出てくね!」

櫻子「歳納先輩!?」

京子「とうっ!」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 20:18:49.13 ID:eh5T0kHR0
ガチャ

結衣「大室さん! 京子見なかった!?」

櫻子「み、見てないです…」

結衣「そっか、ありがとう!」

バタン

櫻子「えぇー…?」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 20:26:37.40 ID:eh5T0kHR0


櫻子「向日葵のやつ…」

櫻子「助手なんだから早く戻って来いよ…」

櫻子「……」

櫻子「戻って来てよ…」

ガチャ

あかり「失礼しますっ」

櫻子「あかりちゃん…」

あかり「えへへ、また来たよぉ」

櫻子(リボン…)

櫻子「……」

櫻子「…今は相談する気分じゃない…」

あかり「えっ?」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 20:30:53.89 ID:eh5T0kHR0
櫻子「だから、悩みなんて聞く気分じゃ…」

『櫻子、お悩み相談室ですわよ』

櫻子「……」

あかり「櫻子ちゃん?」

櫻子「ごめん、なんでもないから…」

櫻子「……」

櫻子「……よし! あかりちゃん、悩みっていうのは何?」

あかり「うん、えっとね…」

あかり「>>105」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 20:39:37.24 ID:1k5AQ3ms0
私の大切な友達がいつも元気一杯なのに今は元気ないの




110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 20:40:41.86 ID:x9EYJ9QxO
さすが天使やでぇ

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 20:48:01.18 ID:eh5T0kHR0
あかり「あかりの大切な友達がいつも元気一杯なんだけど…」

あかり「今は元気ないみたいなの…」

あかり「どうしたら、いつもみたいに元気になってくれるかなぁ?」

櫻子「うーん…」

櫻子「その友達は何で元気ないの?」

あかり「それはわからないけど…」

あかり「あかりは、きっと何か嫌な事があったんだなって思うの」

櫻子「そうかー…難しいなー…」


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 20:53:22.36 ID:eh5T0kHR0

櫻子「あ! もしかしてそれって京子先輩の事?」

あかり「京子ちゃんの事じゃないよぉ」

櫻子「違うのか…」

櫻子「あかりちゃん、その友達って誰?」

あかり「えっと…」

あかり「ごめんね、それは言えないよぉ…」

櫻子「それなら別にいいけど…」

櫻子「その人を元気付けたいんだよね?」

あかり「うんっ! 何かないかな?」

櫻子「>>115」



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 20:54:14.50 ID:jKGz8o9Y0
ほっぺにチューとかすればいいんじゃない?



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 20:59:32.09 ID:eh5T0kHR0

櫻子「とりあえず、ほっぺにチューとかすればいいんじゃない?」

あかり「ええっ!? 櫻子ちゃんに!?」

櫻子「ん? どうして私になるの?」

あかり「あっ…えっと…」

あかり「……」

あかり「ごめんね、その友達っていうのは…櫻子ちゃんの事なんだ…」

櫻子「私の事?」

あかり「うん…なんか櫻子ちゃん、元気ないみたいだったから…」



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 21:03:47.69 ID:eh5T0kHR0

櫻子「私が元気ない…?」

櫻子「いやいや、私は元気だよ!」

あかり「ほんとに?」

櫻子「本当!」

あかり「本当に嫌な事とか、何もなかったの?」

櫻子「本当だってば…!」

櫻子「嫌な事なんて…」

『出てけ! どっかいってろ!』

櫻子「何も…」

『言われなくても出ていきますわ! さようなら!』
櫻子「何も…」

櫻子「……」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 21:10:47.73 ID:eh5T0kHR0
櫻子「…あかりちゃん…」

櫻子「私…向日葵と喧嘩しちゃった…」

櫻子「悪いのは私なのに…!」

あかり「櫻子ちゃん…」

櫻子「どうしたら向日葵は許してくれるかな…?」

櫻子「もし…許してくれなかったら…」

あかり「櫻子ちゃん、大丈夫!」

あかり「ちゃんと謝れば、向日葵ちゃんも許してくれるよ!」

櫻子「…そう…だよね…」

櫻子「…私、向日葵に謝ってくる!」

あかり「うんっ! 頑張ってね!」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 21:19:49.89 ID:eh5T0kHR0

-廊下-

タッタッ

櫻子(向日葵っ…どこにいるんだよ…!)

櫻子(教室にもいなかったし…)

櫻子「はぁっ…はぁっ…」

櫻子(…あんな事…言わなきゃよかった…)

櫻子(…いや、今さらそんな事思っても意味ない!)

櫻子(今は向日葵を見つけて…)

櫻子(謝るんだ! ちゃんと!)タッ

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 21:24:51.23 ID:eh5T0kHR0

-生徒会室、前-

櫻子(結局見つからなかった…)

櫻子(もう帰ったのかな…)

櫻子(…そうだよね…)

櫻子(ひどい事言っちゃったもんね…)

櫻子(……)

櫻子(生徒会室…戻ろう…)

ガチャ

向日葵「おかえり、櫻子」

櫻子「…え?」



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 21:30:31.21 ID:eh5T0kHR0

向日葵「まったく…どこに行ってましたの?」

向日葵「『櫻子の』お悩み相談室なんでしょう?」

櫻子「な、なんでここに…」

向日葵「当たり前じゃない…だって…」

向日葵「私はあなたの助手、ですわよ?」

櫻子「…ぐすっ」

櫻子「うぇーん!」ダッ

向日葵「ちょっと櫻子!?」

櫻子「ごめん! 本当にごめんなさい!」

向日葵「櫻子…」

向日葵「私も言い過ぎましたわ、ごめんなさい」ギュッ

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 21:37:10.68 ID:eh5T0kHR0


櫻子「人…来ないね」

向日葵「そうですわね」

櫻子「……」

櫻子「どうだったかな…?」

向日葵「何がですの?」

櫻子「私…みんなの悩み事、解決できてたかな…?」

向日葵「…良く出来てたと思いますわ」

櫻子「えへへ…」

向日葵「吉川さんを除けば、ですけどね」

櫻子「なっ…! 聞いてたのかよ!」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 21:43:33.11 ID:eh5T0kHR0
向日葵「部屋の外で聞いてましたわ」

向日葵「…私を頼ってくれた事も、ね」

櫻子「あ、あれは間違えて呼んだだけだし!」

向日葵「はいはい、そういう事にしておいてあげますわ」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「…そろそろ終わろっか」

向日葵「そうですわね…」

櫻子「じゃあ、櫻子のお悩み相談室、これにて…」

向日葵「櫻子、ちょっと待って」

櫻子「何?」

向日葵「最後に一つだけ…私からお悩み相談、いいかしら?」

櫻子「…うん、いいよ!」

向日葵「…私の相談、それは…」

向日葵「>>133」



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 21:45:32.78 ID:2xsbL3TN0
いえ……やはりなんでもありませんわ



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/14(日) 21:54:12.98 ID:eh5T0kHR0
向日葵「それは…」

向日葵「……」

向日葵「…いえ、やっぱりなんでもありませんわ」

櫻子「なんでもないって事ないだろー」

向日葵「私の悩み事はついさっき無くなったんでしたわ」

櫻子「…そっか」

櫻子「あ、聞いて! 私の悩み事もさっき無くなったんだ!」

向日葵「あら、櫻子もですの?」

櫻子「うん!」


終わり

136 名前: ◆Tina2b6i.2 :2013/07/14(日) 21:55:47.08 ID:eh5T0kHR0
ありがとでした

終わりに納得できなかったらごめんね

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

こんがり

Author:こんがり
2chSSのサイト。
色々と模索中です。
古いSSも随時追加していきます



2ch SSサイトの相互リンク、RSS歓迎です。

連絡はメール又はコメントに連絡ください。

 kongari.ss.0123★gmail.com

★部分を@に変えてください

ss読むついでに更新する感じなので、自分用に近いですが……

To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス) ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣 シナリオの基礎技術
サイト内検索フォーム
Twitter
 
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス) 百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
スポンサードリンク
カウンタ
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。