HOME 全てのSS RSS   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ゆるゆりSS  »  櫻子「やい向日葵!パイズリしろー!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻子「やい向日葵!パイズリしろー!」




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 18:56:40.04 ID:cbE3YEa50
櫻子「やい向日葵!パイズリしろー!」

向日葵「はぁ?いきなり何を言ってますの?暑さで頭をやられたの?」

櫻子「違うし!私は本気で言ってんの!」

向日葵「ちょ・・・はぁ・・・意味がわかりませんわ。新しい遊びかなにか?」

櫻子「むきー!本気だって言ってるだろー!証拠を見せてやる!」ボロン

向日葵「・・・え?」

向日葵「(い、意味がわかりませんわ・・・櫻子は確か私と同じ女の子だったはず・・・しかしアレは・・・・)」

櫻子「どうだ!これで信じたか!」




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 20:29:15.19 ID:cbE3YEa50

櫻子「どうだ!これでわかったか!だから早くパイズリして!」ズイ

向日葵「ちょ・・・ちょっと待って!(こ・・・これオ、オチン○ンって奴ですわよね)」

櫻子「?どうしたの?」

向日葵「あ、あの・・・は、初めて・・・その・・・・・・・」

櫻子「え?聞こえない?もう一回言って?」

向日葵「初めて見・・・」

櫻子「だから聞こえないってば!」

向日葵「オ、オ○ンチンを初めて見て驚いてるといってるんです!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 20:36:18.83 ID:cbE3YEa50
櫻子「えー?じゃあパイズリも初めてー?」

向日葵「あたりまえです!お、男の人のなんてお父さん以外見た事もないんですから!」

櫻子「じゃあパイズリの意味もわかってないのー?」

向日葵「・・・は、はい」

櫻子「もー!本当に使えないなぁ!このおっぱいオバケ!」

向日葵「それは関係ないでしょう!」

櫻子「あるし!もーパイズリなんてあかりちゃんでも知ってるよー?」

向日葵「え・・・?(赤座さんでも知ってる?)」

櫻子「ちょっと考えて見なさいよー」

向日葵「ちょ・・・ちょっと時間をください。考えますから。」

櫻子「ぶー!じゃあ30秒ね」

向日葵「ちょ・・・短すぎますわ!5分くらいくださいな」

櫻子「そんなに待ちきれないよぅ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 20:42:01.44 ID:cbE3YEa50
向日葵「(パイズリ・・・いったい何ですの?)」

向日葵「(パイは櫻子の発言から考えるにおっぱいのことですわよね)」

向日葵「(問題はズリの部分ですわ・・・)」

向日葵「!・・・わ、わかりましたわ!」

櫻子「おー!わかったかー!」

向日葵「こ、こういうことですわよね!」自分のおっぱいもみもみ

櫻子「は?」

向日葵「で、ですから今こうしてパイズリを・・・!」

櫻子「ブブー!ぜんっぜん違うし!」

櫻子「何で私がオチ○チンを出したか考えてないし!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 20:48:51.11 ID:cbE3YEa50
櫻子「もうー!5分待った意味ないじゃん!」

櫻子「もうちょっと頭も使えー!このおっぱいオバケ!」

櫻子「しょうがないなーじゃあ他の人に聞くチャンスタイムをやろう!」

向日葵「ほ、本当ですの?じゃあ赤座さんに電話してきますわ!」

向日葵「櫻子はここから動かないでくださいね!」

櫻子「別に邪魔する気もないし」

向日葵電話をとりに移動

向日葵「・・・」プルル

あかり「はい。もしもし赤座です。」

向日葵「あ、もしもし?赤座さん?私ですけどわかります?」

あかり「あー向日葵ちゃん。どーしたのー?」

向日葵「あ、あの突然で悪いんですけどパイズリって何か教えてくれないかしら?」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 20:58:34.76 ID:cbE3YEa50

あかり「え・・・?パイなに?」

向日葵「パイズリですわ。櫻子が赤座さんもご存知だと言ってたので」

あかり「えー?あかり知らないよぅ」

向日葵「そ、そんな・・・だって櫻子が・・・」

あかり「それってなんなの?食べ物の名前?」

向日葵「え・・・いや・・・そ、その・・・(櫻子ったら嘘つきましたわねー!)」

あかり「向日葵ちゃん?」

向日葵「い、いえ。食べ物ではないらしいんです。で、でもいいですわ思い出したので。」

あかり「?そうなの?で、そのパイズリってなんだったの?」

向日葵「い、いえたいしたものではありませんわ。確か美味しいものを食べれるお店の名前でしたわ」

あかり「へーそうなんだぁ。あかりも行ってみたいなぁ」

向日葵「で、ではまた明日学校でお会いしましょう」

あかり「うん。美味しいお店なら今度あかりも一緒に連れて行ってねぇ。ばいばーい」ガチャ・・・ツーツー

向日葵「・・・(赤座さんは知りませんでしたわ)」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 21:10:53.15 ID:cbE3YEa50
向日葵「櫻子ー!!赤座さんは知りませんでしたわよ!!」

櫻子「あれー?じゃあ、ちなつちゃんだったかなぁ?」

向日葵「吉川さんですわね?今度間違えてたら怒りますわよ!」

櫻子「だってよく覚えてないしー」

向日葵「はぁ・・・まぁいいですわ。今度は吉川さんに聞いてみますから」

再び電話のある部屋へ移動

向日葵「・・・」プルル

ちなつ「はーい。吉川でーす」

向日葵「あ、吉川さん?」

ちなつ「あ、その声は向日葵ちゃん?どうしたのー?」

向日葵「ええ・・・実は相談がありまして・・・」

ちなつ「どうしたの?なんか元気ないみたいだけど」

向日葵「その・・・櫻子が言うには吉川さんがパイズリというものをご存知だと聞いたので・・・」

ちなつ「・・・・は?」

向日葵「ですから、そのパイズ・・・」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 21:20:05.56 ID:cbE3YEa50
ちなつ「だ、大丈夫。ちゃんと聞こえてるから(向日葵ちゃんが壊れた!?)」

向日葵「あぁ良かったですわ。これでパイズ・・・」

ちなつ「わかったから、ちょっと待って」

向日葵「はい?」

ちなつ「・・・(えー!?向日葵ちゃんの口からパ、パイズリ!?」

向日葵「あの・・・?吉川さん?」

ちなつ「え!?」

向日葵「!?」ビク

向日葵「ど、どうしましたの?急に大きな声をあげて」

ちなつ「え・・・あ・・・いや・・・ほら・・・向日葵ちゃんの口からパイズリなんて言葉が出てくるとは思ってなかったもんだから」

向日葵「そうでしたの。ということは、やはり吉川さんはパイズリがなんなのかご存知なんですね?」

ちなつ「え”!?」

向日葵「え、あ、あのですからご存知なんでしょう?パイズリというものが何か」

ちなつ「・・・あー・・・えーっと(や、やばい知ってるけど。知ってるってことはエッチな女の子だとばれちゃうってことだよね)」

向日葵「あの、吉川さん?」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 21:32:58.83 ID:cbE3YEa50
ちなつ「(どうしよう。言ったら学園のアイドルちーなの名が・・・)」

ちなつ「(・・・!そうだ!こんな時は!)」

ちなつ「あ、あのね!向日葵ちゃん確か京子先輩が言ってた気がするわ」

向日葵「歳納先輩が?」

ちなつ「そ、そう!京子先輩が前に言ってたのよ!パイズリしちゃったーって」

向日葵「そうでしたの。で、そのパイズリというのはどういうものなんですの?」

向日葵「私も考えて櫻子の前でおっぱいを揉んでみたんですが違うらしくて・・・」

ちなつ「いやー実は私はあんまり詳しくないから経験のある京子先輩から直接聞いたほうがいいと思うなぁ」

向日葵「そうでしたか。大体で構わないので教えていただけないでしょうか?」

ちなつ「あーちょ、ちょっと今忙しいから!今度ね!いま呼ばれたし」

向日葵「そうでしたか。忙しいところを申し訳ありませんでした」

ちなつ「ううん。いいの、じゃあ明日学校でね!」ガチャツーツー

向日葵「やっぱり櫻子のいうことはあんまり信用なりませんわね」

向日葵「このまま櫻子を怒りに行っても無駄でしょうし歳納先輩に電話してみましょう」プルル

向日葵「・・・誰も出ませんわね。もしかして船見先輩のお宅に行っているのでしょうか?」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 21:43:24.96 ID:cbE3YEa50
向日葵「・・・」プルル

結衣「はい。船見ですけど」

向日葵「あ、船見先輩ですか?私、古谷ですけど」

結衣「あー向日葵ちゃんか。珍しいね。どうしたの?」

向日葵「いえ、歳納先輩に用があって歳納先輩のお宅に電話したのですが誰もお出にならなかったので、もしかしたらと思いまして」

結衣「京子ならここにいるよ?代わろうか?」

向日葵「あ、やっぱり船見先輩のお宅にいってらしたんですね」

向日葵「じゃあ代わっていただいてよろしいですか?」

結衣「おっけー。ちょっと待っててね・・・」

結衣「おーい京子ー向日葵ちゃんが、お前になんか用があるんだってさ」

京子「え?私?」

京子「はい、もしもーし京子だよーん」

向日葵「良かったですわ。これでやっとわかるんですのね」

京子「え?何が?」

向日葵「ええ実はパイズリというものについて・・・」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 21:50:18.05 ID:cbE3YEa50
京子「ブッ!!」

向日葵「!?・・え!?歳納先輩!?」

京子「ちょ・・・!?はぁ!?」

向日葵「ですからパイズリについて・・・」

京子「いやいやいや・・・急にどうしたの?」

向日葵「それが・・・その・・・櫻子がパイズリしろと言って来たもんですから」

京子「そ、それで何で私のところに来るの?」

向日葵「いえ、吉川さんが歳納先輩は経験者だと言っていたものですから・・・」

京子「(ちなつちゃーん!なんで私に振るのー!)」

京子「(いや待てよ・・・これは・・・)」

向日葵「歳納先輩?」

京子「うん。ちょっと待ってねー?」

向日葵「はい?」

京子「おーい!結衣ー!パイズリって知ってるかー?」

結衣「なっ!!」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 21:56:59.52 ID:cbE3YEa50
京子「だからパイズリって知ってるかー?パイズリ!」

結衣「2回も言うな!何で急にそんな話、私に振るんだよ!」

京子「いや~向日葵ちゃんが知りたいんだってさぁパイズリ」

結衣「だから何度も言うな!!」

向日葵「あ、あの歳納先輩・・・?」

京子「ちょっと待ってねー結衣の奴が暴れててさぁ」

向日葵「は、はぁ・・・」

結衣「何でそんな話してるんだよ!」

京子「だって向日葵ちゃんが聞いてきたんだもん」

結衣「いい加減なこと言うな!向日葵ちゃんがそんなこと言うはずないだろ!!」

結衣「ちょっと代われ!」

結衣「もしもし向日葵ちゃん?ごめんね?京子の奴が急に変なこと言い出して」

向日葵「え?あ、はぁ・・・」

結衣「びっくりしたでしょ?急にパイズリなんて言われたから」

向日葵「いえ。私から聞いたことですので」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 22:07:07.66 ID:cbE3YEa50
結衣「は!?ちょ・・・意味わかってて聞いてるの?」

向日葵「いえそれがわからないので経験者である歳納先輩に聞こうと・・・」

結衣「え!?京子が経験者!?」

向日葵「はい。吉川さんがそうおっしゃってましたのですが・・・もしかて違いましたか?」

結衣「ないない!京子にパイズリできるほどの胸は・・・」

向日葵「その口ぶりですと船見先輩もご存知なんですか?パイズリ」

結衣「・・・え・・・あ・・・(ど、どうしよう・・・向日葵ちゃん本気だ)」

結衣「あー・・・うん(やっぱりこういうことは京子に全部任せよう)」

結衣「ごめん向日葵ちゃん。私知らないから京子と代わるね」

向日葵「え?あ、はい(答えてくれなかった)」

京子「もしもーしわったっしだよん」

向日葵「パイズリ教えていただけるんですか?」

京子「教えても良いんだけどな~どうしようかな~」

向日葵「是非教えてください!!」

京子「私より適任の人物を私は知っているのだー!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 22:14:39.10 ID:cbE3YEa50
向日葵「え?経験者の歳納先輩よりも詳しい方が?」

京子「そう」

向日葵「そ、それは誰ですの?」

京子「そーれーはー・・・・・・・・・綾乃だー!」

向日葵「え?杉浦先輩ですか?」

京子「そうだー綾乃ほど詳しい人物を私は知らないねー」

向日葵「杉浦先輩も経験者なんですか?」

京子「うん!大丈夫!!」

向日葵「え?どっちなんですか?」

京子「いいからいいから!綾乃に聞いてみなって」

向日葵「は、はぁ」

京子「じゃあ健闘を祈る!!」ブチ!ツーツー

向日葵「どんなものかも聞く暇もありませんでしたわ・・・」

向日葵「どんどん流されてる気もしますが仕方ありませんわね杉浦先輩に電話してみましょう」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 22:22:47.89 ID:cbE3YEa50
向日葵「・・・」プルル

綾乃「はいもしもし杉浦ですけど」

向日葵「もしもし?杉浦先輩ですか?」

綾乃「その声は向日葵じゃない。どうしたの?」

向日葵「歳納先輩から伺ったんですが先輩はパイズリのスペシャリストだとか・・・」

綾乃「は・・・?」

向日葵「ですからパイズリのスペシャリストだと伺ったので・・・」

綾乃「歳納京子ーーーーーーーー!!!!!!!!」

向日葵「!?」ビク

向日葵「え?あ、あの。杉浦先輩?」

綾乃「えーと・・・なんだったかしら・・・私の聞き間違いじゃなければパ・・・パパ・・・パ」

向日葵「パイズリです」

綾乃「ちょっと!意味わかってそんなこと言ってるの?」

向日葵「いえそれが・・・おっぱいを使った何かだということまではわかっているのですが・・・」

綾乃「そ、そう・・・で、なんでそんな話になっているのかしら?」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 22:33:50.74 ID:cbE3YEa50
向日葵「それが・・・櫻子に・・・オ・・・」

綾乃「オ?」

向日葵「オ○ンチンが・・・」

綾乃「・・・ちょっと意味がわからないわ?ちゃんと説明してもらえるかしら?」

向日葵「私にもよくわからないのですが・・・オチン○ンが生えてまして・・・」

綾乃「・・・やっぱりよくわからないわ?もう一度お願いできるかしら」

向日葵「ですから櫻子にオ○ンチンが生えてパイズリしろとせがんできまして・・・」

綾乃「・・・(私をからかっているのかしら?)」

綾乃「(でも向日葵はと歳納京子と違って嘘を言うような子でもないし・・・)」

向日葵「杉浦先輩?」

綾乃「ひょっとしたら何か別の言葉と聞き違えてるんじゃないかしら?」

向日葵「え・・・でも歳納先輩も船見先輩も吉川さんも櫻子も確かにパイズリと」

綾乃「・・・・・そもそも大室さんにオチ○チンが本当に生えていたのかしら?」

向日葵「はい。お父さんのしか見た事ありませんが。あれは確かにオチン○ンでした」

綾乃「もう一度確認して来てもらっていいかしら?」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 22:42:08.07 ID:cbE3YEa50
向日葵「え・・・?で、でも・・・」

綾乃「何かで作ってそういうものをくっ付けてるだけかもしれないわよ?」

向日葵「!た、確かに!」

綾乃「そうと決まったら大室さんのところに行ってもう一度確認よ!」

向日葵「はい!ありがとうございます!」

綾乃「じゃあまたね」ガチャプープー

向日葵「あ、肝心のパイズリについて聞くのを忘れていましたわ」

向日葵「まぁいいですわ。櫻子の嘘を暴いて見せますわ!」

向日葵「櫻子ーーーーーーーー!!」

櫻子「遅い!何やってたんだよう!!おかげで萎えちゃったじゃん!!」

向日葵「そんなこと知りませんわ!どうでもいいからそれ取りなさい!!」

櫻子「え?取れって何を?」

向日葵「そ、そんなのオチ○チンに決まっています!」

櫻子「取れるわけないじゃん」

向日葵「わかっていますのよ!そのオチン○ンは偽物だっていうこと!!」


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 22:50:36.89 ID:cbE3YEa50
櫻子「ちょ!!引っ張るなし!!痛いーーー!!!」

向日葵「(あれ?取れない!?)」

櫻子「痛いーーーーーーーーーーーーーー!!」

向日葵「お、おかしいですわ。接着剤でくっ付けてるにしてもこれは・・・」ぎゅー

櫻子「あーーーーーーーー!!!!!!」

向日葵「こ、これは・・・やっぱり生えてますわ・・・」

櫻子「もー!!なにすんのよー!!死ぬかと思ったじゃないかーーーーー!!」ぽかぽか

向日葵「ご、ごめんなさい・・・(おかしいですわ。やっぱり本当に生えていますわ)」

櫻子「もう!なんでパイズリしてって頼んだら引きちぎられそうになるんだよ!!!」

向日葵「本当にごめんなさい。杉浦先輩が偽物ではないかっておっしゃっていたから・・・」

櫻子「ちゃんと生えてるってわかったんなら!今度こそパイズリしろ!!!!」

向日葵「そ・・・それが・・・」

櫻子「もー!なんだよう!!!!」

向日葵「肝心のパイズリがなんなのかまだ聞いてなくて・・・」

櫻子「本当に役に立たないおっぱいおばけだなー!!」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 22:59:00.34 ID:cbE3YEa50
向日葵「ちょ・・・ちょっとまって。もう一度電話でちゃんと聞いてくるから」

櫻子「もー待ちたくないー!!!」

向日葵「パイズリのスペシャルストの所までは辿りついているんですの」

向日葵「だからもう一度チャンスを・・・!!」

櫻子「スペシャリスト?」

向日葵「そう!スペシャリストですわ!」

櫻子「う~ん・・・確かに上手い人と下手な人がいるって聞くしなぁ・・・」

櫻子「わかった。待ったげる」

向日葵「ありがとう櫻子!ちょっと待っててください」

向日葵電話のある部屋へ移動

向日葵「・・・さっきは聞き忘れましたけど今度こそちゃんと」プルル

杉浦母「はいもしもし。杉浦です。」

向日葵「私、古谷と申しますけど・・・綾乃先輩はいらっしゃいますでしょうか?」

杉浦母「ごめんなさいね。綾乃ちゃんさっき出かけちゃったのよ」

向日葵「そ、そんな・・・」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 23:09:53.22 ID:cbE3YEa50
杉浦母「あ、でも古谷さんといったわよね?綾乃ちゃんから伝言があるの」

向日葵「え?」

杉浦母「もし古谷という子から電話があったら池田さんに電話しなさいって」

向日葵「池田先輩にですか?」

杉浦母「ええ。それでわかるって言ってたけど大丈夫かしら?」

向日葵「・・・はい。わかりました。ありがとうございました。」ガチャプープー

向日葵「スペシャリストである杉浦先輩が外出してしまいましたわ・・・」

向日葵「でも杉浦先輩がお勧めしてくるほどなのだから、きっと池田先輩もスペシャリストに違いありませんわ」

向日葵「・・・」プルル

???「はい。池田です」

向日葵「もしもし。私、古谷と申しますが千歳先輩はいらっしゃるでしょうか?」

千鶴「古谷?確か姉さんと同じ生徒会の」

向日葵「はい、そうです」

千鶴「姉さんに何か用?」

向日葵「はい。・・・たいしたことではないのですが」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 23:18:31.54 ID:cbE3YEa50
千鶴「今、間があったよね?」

向日葵「え!?い、いえそんなことはありませんわ!」

千鶴「怪しい・・・なんで姉さんに?」

向日葵「そ、それは話せば長くなるのですが歳納先p・・・」

千鶴「は?」

向日葵「え?」

千鶴「何でそこで歳納なんとかが出てくるの?」

向日葵「で、ですから話せば長いのですが歳納先輩から杉浦先輩に電話するように言われて電話したのですが」

千鶴「が、何?」

向日葵「(何だかわからないですが凄く怒ってらっしゃいますわ)」

向日葵「その杉浦先輩が外出してしまって池田先輩に頼れと言われましたので・・・それで・・・」

千鶴「それで何で姉さんなの?」

???「千鶴ー?誰とお喋りしとるん?」

千鶴「姉さん。古谷さんという方からなんですけど・・・」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 23:27:51.81 ID:cbE3YEa50
千歳「え~?向日葵ちゃんとお喋りしとったん?」

千歳「えらいイライラしとるように見えたけど?」

千鶴「違うんです姉さん。歳納何とかと杉浦先輩がでんわイチャコラしてたらしく・・・」

千歳「歳納さんと綾乃ちゃんが・・・!?」眼鏡はずし

京子「綾乃・・・今日も可愛いよ」

綾乃「やだ・・・てれるじゃない・・・」

千歳「ええーなー」鼻血

千鶴「ね、姉さん!!眼鏡つけて!!古谷さんは姉さんに用があるらしいから!!」

千歳「え?古谷さんが?」

千歳「ほな代わって~」

千歳「もしもし古谷さ~ん?ウチやけど~」

向日葵「(やっと代わってもらえましたわ)」

向日葵「ええ・・・実は杉浦先輩から池田先輩もスペシャリストだとおうかがいして・・・」

千歳「スペシャリスト~?なんの~?」

向日葵「ええ、それがパイズリなんですけど」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 23:38:02.18 ID:cbE3YEa50
千歳「え?今なんて?」

向日葵「ですからパイズリのスペシャリストとうかがったのですが・・・」

千歳「ウチ、スペシャリストと違うよ~?」

向日葵「え!?そんなはずは!確かに杉浦先輩から・・・」

千歳「何でウチのところにきたんやろ?」

向日葵「パイズリ経験者の歳納先輩から杉浦先輩はパイズリのスペシャリストだとうかがっていたのですが私が聞きそびれてしまって・・・」

向日葵「そうして詳しくうかがおうと思ってもう一度お電話したのですが今度は杉浦先輩が外出してしまって」

千鶴「(あ~綾乃ちゃん逃げてもうたんやな・・・)」

千鶴「(でも古谷さんなんか必死そうやしなぁ・・・)」

千鶴「(そうや)」

千鶴「やっぱそういうのはウチみたいなどんくさい人間に聞いたらあかん」

向日葵「そんな・・・」

千鶴「やからな~やっぱ経験豊富な歳納さんに聞いたほうがええと思うんよ」

向日葵「はぁ」

千鶴「やからもういっぺん歳納さんに聞いてみぃ~?」


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 23:47:37.85 ID:cbE3YEa50
向日葵「わかりました。もう一度歳納先輩に聞いてみます!」

千鶴「うん。それがええ」

向日葵「ところで池田先輩はパイズリがどんなものなのかご存知なんですよね?」

千鶴「うん。しっとるよ~」

向日葵「でしたらやり方だけでも教えていただけないでしょうか?」

千鶴「え~?それはあかんよ~?ところでなんでパイズリについてそんな知りたいん?」

向日葵「それが・・・信じてはもらえないと思うんですが櫻子に・・・オ○ンチンが生えてしまって」

千鶴「へ~」

向日葵「それで櫻子がパイズリというのをしろと五月蝿くて・・・」

千鶴「古谷さんはええ人やな~」

向日葵「え?信じてもらえるんですか?」

千鶴「もちろんや~ウチは古谷さんが嘘つくような子やと思ってへんもん」

向日葵「池田先輩・・・」

千歳「姉さんパイズリって何!?どういうこと!?」

千鶴「ごめんな~?千歳が暴れとるからウチはこの辺で~」ガチャプープー



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 23:55:09.34 ID:cbE3YEa50
向日葵「歳納先輩のところに戻ってしまった・・・仕方がない・・・」プルル

京子「わははは~向日葵ちゃんだろう!!」

結衣「おい、別の人からの電話だったらどうするんだよ」

京子「絶対向日葵ちゃんだって!だよねー?」

向日葵「はい」

京子「ほーら当たった!!あたしの感は鋭いんだよー」

結衣「ずっと電話の前で正座して待ってたくせに」

向日葵「あの、杉浦先輩に電話したんですが」

京子「おー!本当に電話するとは!!凄いなー!!」

向日葵「え?だって歳納先輩が・・・」

京子「あっはっは~アレは適当に言っただけだから」

向日葵「そ・・・そんな。勇気出して電話したのに・・・」

京子「だが次のヒントは確実!!」

向日葵「本当ですの!?」

京子「・・・のはずだ!!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 00:03:19.52 ID:u3b/FVQT0
向日葵「次もヒントで答えではないんですね・・・」

京子「パイズリを舐めるなー!舐めていいのは・・・!!」

結衣「おい!京子!!!!」

京子「もごもご・・・!!」

向日葵「え?よく聞こえませんわ?」

京子「あかりの姉ちゃんに聞けー!!!」ブチツーツー

向日葵「赤座さんのお姉さん・・・話したことないけれど大丈夫なのかしら・・・」

向日葵「いいえ・・・ここまできたら最後まで行くしかありませんわ」

向日葵「もう一度赤座さんのお宅に・・・」プルル

あかり「はい赤座です」

向日葵「赤座さん?たびたび申し訳ないのですけれど・・・」

あかり「ううん別に気にしなくてもいいよう。私たちお友達なんだから」

向日葵「ごめんなさい。今回は赤座さんのお姉さんに用があってお電話したんですの」

あかり「え?お姉ちゃんに?向日葵ちゃんお姉ちゃんともお友達だったの?」

向日葵「い、いえそういうわけではないんですけど相談したいことが・・・




69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 00:13:33.97 ID:u3b/FVQT0
あかり「?わかったよぅ。とっと待ってね?今呼んでくるから」

向日葵「はい。お願いしますわ」

あかり「お姉ちゃーん!向日葵ちゃんからお電話だよぅ?」

あかね「向日葵ちゃん?誰かしら?」

あかり「え~?向日葵ちゃんとお姉ちゃんってお友達じゃなかったの?」

あかね「さぁ?誰なの?」

あかり「あかりのお友達で古谷向日葵ちゃんっていう子なんだけど知らないの?」

あかね「ちょっと覚えてないわね・・・でもあかりのお友達なんでしょう?」

あかり「そうだよぅすっごく仲良しなの」

あかね「・・・へぇ、その子がどうしたの?」

あかり「何だかお姉ちゃんに大事な用があるみたい」

あかね「あかりの友達は私の友達みたいなものだものね。わかったわ」

あかね「(あかりと仲のいい友達が私に一体どんなようかしら)」ワクワク

あかね「お待たせしてごめんなさい。あかりの姉のあかねですけど」

向日葵「あ、私、赤座さんのお友達の古谷向日葵といいます」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 00:23:55.93 ID:u3b/FVQT0
あかね「やっぱり聞いたことのない声だわ・・・ごめんなさい」

あかね「どこかでお会いしたことあるかしら?」

向日葵「いえ、こうしてお話しするのは初めてです。唐突に申し訳ありません」

あかね「いいのよ。あかりのお友達は私のお友達も同然なんだから」

あかね「で、私に用って何かしら?あかりちゃんのプライベートのことだったらあんまり詳しく話せないけれど・・・」

向日葵「いえ、そうではないんです」

あかね「そうなの?私に用ってどんなことかしら。ウフフ」

向日葵「実はパイズリについて詳しくお聞きしたくて・・・」

あかね「え?・・・私聞き間違えちゃったかしら。もう一度お願いできる?」

向日葵「パイズリについて詳しく教えてください」

あかね「あなた本当にあかりちゃんのお友達?」

向日葵「は、はい」

あかね「・・・もうあかりちゃんに係わらないで」ブチッツーツー

向日葵「そ・・・そんな・・・」

向日葵「こ、これは歳納先輩に相談するしかないですわ」プルル



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 00:33:21.29 ID:u3b/FVQT0
京子「向日葵ちゃーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!」

向日葵「はい」

京子「どうだった?どうだった?」

向日葵「あかりちゃんに係わるなと言われてしまいましたわ」

京子「あ~!やっぱりか~~!!!」

向日葵「やっぱりってどういうことですか!」

京子「あかりの姉ちゃんあかりのこと大好きなんだよ~」

京子「だから絶対駄目だろうなと思ってた!!」

向日葵「ひどいじゃないですか!!私、明日から赤座さんどう接したらいいのか・・・」

京子「どんまい!学校で会う分には問題ないって」

向日葵「・・・その件は、もういいですから、そろそろ本題のパイズリについて教えていただけないでしょうか」

京子「今度こそ最後だ!大人である西垣ちゃんに聞け!」

向日葵「はぁわかりましたわ。これで最後ですよね?」

京子「おう!ラムレーズン賭けてもいいよ」

京子「じゃあ健闘を祈る!!」ガチャツーツー

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 00:39:52.33 ID:/uZ+zfXV0
この間櫻子は股間丸出しなのか…

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 00:40:22.65 ID:u3b/FVQT0
向日葵「今度こそ最後ですわ・・・これ以上待たせたら櫻子が大暴れしてしまいます・・・」プルル

???「・・・」ガチャ

向日葵「もしもし私、古谷向向日葵ですけれど」

???「・・・」

向日葵「?・・・あの?もしもし?先生?」

???「・・・」

向日葵「もしもーし」

???「・・・」

西垣「何?古谷が私に用があるだと?」

松本「・・・」

西垣「そうかそうか松本を呼んどいて正解だったな。私一人だったら研究で電話に気がつかないことがあるからな」

松本「・・・」

西垣「おお!それもそうだな!あまり人を待たせるものではないな。ありがとう松本」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 00:49:24.24 ID:u3b/FVQT0
西垣「もしもし古谷か?休日にいったい何の用だ?」

向日葵「それがですね・・・先生・・・」

西垣「おーなんだ?悩み事か?悩み事なら私が乗ってやるぞ!」

向日葵「・・・パイズリについて教えてください!!」

西垣「え・・・?」

向日葵「大人な西垣先生ならパイズリについて詳しく聞かせてくれると歳納先輩に言われて!!」

西垣「古谷。お前意味わかって聞いているのか?」

向日葵「おっぱいを使った何かだということまで分っているんです。でもそこから先を誰も教えてくれなくて!」

西垣「・・・はぁ。真剣に聞いてるのは分った」

向日葵「じゃあ教えていただけるんですか?」

西垣「・・・うーん。教師としてこういうことを生徒に教えるべきか教えないべきか・・・」

松本「・・・」

西垣「なに?女子として知識として持つ分には問題ないんじゃないかだって?」

松本「・・・」

西垣「松本にそこまで言われてはな・・・しかたない」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 00:57:38.63 ID:u3b/FVQT0
向日葵「つ、ついに教えていただけるんですね?」

西垣「あぁ、ただし条件が一つある」

向日葵「なんでしょうか」

西垣「今度、私の実験に付き合ってもらう!」

向日葵「え・・・」

西垣「なに爆発するようなものではないから安心しろ」

向日葵「・・・わかりましたわ」

西垣「よし!じゃあパイズリとは何か教えてやろう!」

西垣「おっぱいを使うということは分っているんだな?」

向日葵「は、はい」

向日葵「問題はズリの部分なんです」

向日葵「おっぱいをこすり合わせたり揉んだりしても違うと言われたんです」

西垣「ズリの部分でするのはな。」

西垣「おっぱいではなくおっぱいを使って男の性器。すなわちオチン○ンをこすることだ」

向日葵「!・・・やっと、やっとですわ。これでパイズリが何か理解できましたわ」


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 01:08:41.85 ID:u3b/FVQT0
西垣「でもただ擦り付ければいいだけではないぞ?」

西垣「前もって準備しておかねばならない物がある」

向日葵「それは何ですか?」

西垣「ローションというものだ」

向日葵「ローション?」

西垣「薬局なんかで買えるから探すといい」

向日葵「わかりましたわ!では今すぐ買いに」

西垣「まぁ待て。そのローションにもちゃんとした使い方がある」

向日葵「ちゃんとした使い方ですか?」

西垣「そうだ。ローションをそのままかけてもいいのだが人肌程度に温めておいたほうがいい」

向日葵「人肌程度ですか」

西垣「使う側も使われる側も冷たいと気分が萎えてしまうからな」

向日葵「な、なるほど気分は確かに大事かもしれませんわね」

西垣「あと場所を選べ。布団の上で使うと大変なことになるからな。風呂場が丁度いいだろう」

向日葵「分りました。いろいろありがとうございます」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 01:19:14.32 ID:u3b/FVQT0
西垣「古谷はおっぱいが大きいからな」

西垣「やってもらえる奴は幸せ者だろうな」

向日葵「そ、そうでしょうか」

西垣「小さいのがステータスだとか抜かす輩が最近増えているようだが大きいは正義だ。胸をはれ!」

向日葵「ありがとうございます。なんだか自信がわいてきましたわ」

松本「・・・」

西垣「え?私はどうなのかだって?」

西垣「何、気にするな!松本はまだ成長期だ。それに大きくならなかったら私の発明で大きくしてやるさ」

松本「・・・」

西垣「おお、そうだった。まだ実験の途中だったな」

西垣「というわけだ古谷。私は実験に戻らねばならないからこれで切るぞ」

向日葵「はい!ありがとうございました!」ガチャプープー

向日葵「(ついに、ついに来ましたわ!パイズリの真髄に)」

向日葵「櫻子ーーーーーーー!!」

櫻子「うわ!電話終わるたびにいちいち大きい声出すなよ!大きいのはおっぱいだけでいいんだよ!」ブーブー

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 01:26:36.17 ID:u3b/FVQT0
向日葵「やってあげるわ!パイズリってやつを!!」

櫻子「うわ・・・なんかテンション高っ!」

向日葵「じゃあまずは薬局に行きますわよ!」

櫻子「はぁ?なんで薬局行くんだよう。パイズリしてくれるんじゃなかったのかよぅ」ブーブー

向日葵「櫻子は本当に馬鹿ですわね!」

櫻子「なんだとー!むきー!!」

向日葵「パイズリをするには薬局でローションを買ってくるところから始まるんですのよ!」

櫻子「え?何で?」

向日葵「そっちの方が気持ちいいからに決まっていますわ!」

櫻子「お、おぅ・・・し、知ってたし」

向日葵「じゃあ行きますわよ」

櫻子「えー外暑いから一人で行けよー」

向日葵「そんなこと言うんだったらパイズリしてあげませんわよ」

櫻子「ちぇ・・・わかったよぅ」

向日葵「じゃあ早く行くわよ」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 01:35:58.76 ID:u3b/FVQT0
マツモト○ヨシ

向日葵「ローション・・・どこですの?」

櫻子「ローションどこにあるんだよぅ」

櫻子「店員に聞こうよー」

向日葵「そんなの恥ずかしいじゃない自力で探しますわよ」

10分経過

向日葵「あ、ありましたわ!これですわね?ローションって書いてある」

櫻子「おーコンドーム?なんだこれ?こんなのと同じコーナーにおいてあんのか」

向日葵「そんな訳の分らないものはいらないでしょう」

櫻子「それもそうか」

向日葵「では買いに行きますわよ」

櫻子「で・・・・なんで手つなぐの?」

向日葵「き、緊張してるからに決まっているでしょう」

レジ

店員「ッシャーセー・・・1300円ニナリャース」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 01:43:05.21 ID:u3b/FVQT0
櫻子「うえ!結構高いな!」

向日葵「半分ずつ出し合いましょう」

櫻子「うーしょうがないなぁ・・・はい」

店員「アリャーシター」

向日葵「か、買えましたわ」

櫻子「こんだけ払ったんだからちゃんとしたパイズリしろよー」

向日葵「私だって払ってるんですから当然ですわ」

櫻子「ホントかよー」

帰宅

向日葵「櫻子は風呂場で服脱いで待ってて」

櫻子「えーふかふかベッドの上がいいー!」

向日葵「あとで処理が大変になるんだから我慢しなさい」

櫻子「ちぇーなんだよ仕切っちゃって」

向日葵「大事なこと何だからそれくらい我慢しなさいな」

櫻子「はーい」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 01:53:04.84 ID:u3b/FVQT0
向日葵「(先生が言ってたましたわね。ローションは人肌くらいと・・・こんなもんかしら・・・)」

向日葵「うん。熱くも冷たくもない」

向日葵「櫻子ーーーーーーーーー!!」

櫻子「うわ!だからいちいち大きい声出すなし!!」

向日葵「じゃ・・・じゃあ・・・・脱ぎますわね・・・」

櫻子「(・・・ゴクリ・・・なんか興奮してきたし)」

向日葵「あ、あんまりじろじろ・・・は!」

西垣「(大きいは正義だ。胸をはれ!)」

向日葵「(そうですわ。こんなところで恥ずかしがっていてはいけませんわ)」

櫻子「(改めて生で見るとブラしてるときと全然違うな・・・興奮してきた)」ムクムク

向日葵「(!?オ、オチ○チンが大きくなった!?)」

櫻子「(やばい。なんだろう。向日葵なんて見慣れてるはずなのに・・・ハァハァ)」

向日葵「じゃ、じゃあ始めますわよ?」

櫻子「!う、うん!」

向日葵「(まずは自分の胸に塗って・・・次は・・・櫻子のオチ○チン・・・)」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 02:01:02.78 ID:u3b/FVQT0
向日葵「じゃ、じゃあかけますわね?」

櫻子「う、うん」

櫻子「き、気持ちいい・・・まだ何もしてないのにちょっと気持ちいいかも」

向日葵「そ、そう?(西垣先生の言ってたとおりにやっておいて良かったですわ)」

向日葵「じゃあはさみますわね」パフ

櫻子「ん・・・はぁ・・・」

向日葵「(気持ちいいのかしら?次はゆっくりこすって・・・)」

櫻子「んぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・」

向日葵「(やっぱり気持ちいいんだ)」

向日葵「(櫻子のをはさんでいるだけなのにこっちも何だか気持ちよくなってきた・・・)」

櫻子「だ、駄目!!」

向日葵「え?」

櫻子「なんかくる!」ビュル

向日葵「きゃっ・・・!?」

向日葵「(こ、これ精子ってやつ?何だか臭い・・・けど櫻子の・・・)」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 02:08:48.66 ID:u3b/FVQT0
向日葵「あら・・・オチン○ンが萎んでいく・・・」

櫻子「はぁ・・・はぁ・・・」

向日葵「も、もう終わりですの?意外とたいしたことなのね」

櫻子「ち、違うし!ちょっと初めてでビックリしただけだし!」

櫻子「(もっと気持ちいいの味わってたいんだから、また大きくなってよー)」

向日葵「ほら、もう終わりみたいじゃないですの」

櫻子「ちょ、ちょっと待って!もうちょっと待ってくれたら大丈夫な気がする!」

向日葵「・・・本当ですの?」

向日葵「(私も気持ちよかったし)もう少しだけ待ってあげてもいいわよ」

10分後

向日葵「ほら、やっぱり駄目じゃない」

櫻子「ちょっと待って!向日葵のおっぱいもませて!」

向日葵「あなたいつもはおっぱい禁止って言って叩いてくるじゃない」

櫻子「今日はなんか違うの!いいからもませて!!」

向日葵「わ、わかりましたわ・・・」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 02:14:06.19 ID:u3b/FVQT0
櫻子「(やっぱり大きいおっぱい気持ちいい・・・乳首も可愛い・・・)」

向日葵「ひゃ!」

櫻子「うわ!なんだよぅ!」

向日葵「な、何だか乳首触られたらむずむずして、つい声が・・・」

櫻子「(ほう・・・向日葵は乳首が弱いと・・・)」

向日葵「も、もういいでしょう?・・・!?(また櫻子の大きくなってる)」

向日葵「回復したの?」

櫻子「ほら!時間が経てば何とかなるんだよ!」

櫻子「続きやろう続き!」

向日葵「わ、わかりましたわ」

て見てる人いるのか?



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 02:27:20.32 ID:u3b/FVQT0
いるのかじゃあ続けよう

向日葵「じゃ、じゃあまたローションを・・・」

櫻子「うん・・・」

向日葵「(やっぱり、温かくて気持ちいい)」

櫻子「ハァハァ・・・」

向日葵「(今度は自分から腰を振ってきている)」

櫻子「向日葵・・・向日葵ぃ・・・」

向日葵「(何だか可愛い・・・普段の憎たらしい櫻子とは何かが違いますわ)」

向日葵「櫻子・・・またいっぱい出して」

櫻子「う、うん」

櫻子「(向日葵がなんだか別人に見える。普段は顔見たら文句しか出てこないのに)」

櫻子「向日葵・・・その・・・」

向日葵「何ですの?」

櫻子「次は・・・顔・・・顔にかけてもいい?」

向日葵「・・・うん。いいですわよ」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 02:33:59.19 ID:u3b/FVQT0
櫻子「じゃ、じゃあそろそろ出そうだから!」

向日葵「え?ど、どうすればよろしいんですの?」

櫻子「目を閉じてこっち向いてて!」

向日葵「わ、わかりましたわ」

櫻子「だ、駄目!もう出ちゃう!!」ビュルル

向日葵「んー!!・・・はぁはぁ・・・何だかネバネバしてる」

櫻子「も、もう一回!もう一回したい!」

向日葵「でも・・・」

櫻子「何だかわからないけど次は向日葵に飲ませたいの」

向日葵「え?飲む?いまのネバネを・・・?」

櫻子「そ、そう。」

櫻子「・・・嫌?」

向日葵「しかたありませんわね。櫻子の我侭を今日は聞いてあげますわ」

櫻子「やった!」

向日葵「でも何で飲ませたいの?」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 02:39:34.26 ID:u3b/FVQT0
櫻子「うー自分でも良くわかんない!顔にかけたいって思ったときと感覚が似てるんだけどなんか違うんだよ」

向日葵「よくわからないけれど、そういうものなのかしら?」

櫻子「そうなんだよ」

向日葵「じゃあ次は口に出すんですわね?」

櫻子「うん」

向日葵「じゃあまた回復まで待たないといけませんわね」

櫻子「うん・・・」

櫻子「あのさぁ向日葵・・・」

向日葵「何ですの?」

櫻子「その・・・あそこ・・・舐めてもいい?」

向日葵「はぁ!?な、なんで急にそんなことになりますの?」

櫻子「よくわかんない!でも舐めたいの!」

向日葵「じゃ・・・じゃあ・・・」

櫻子「?」

向日葵「櫻子のも舐めていい?」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 02:47:49.76 ID:u3b/FVQT0
櫻子「え?オチ○チンだよ?汚いよ」

向日葵「それはこっちも一緒です」

櫻子「・・・わかった。じゃあ一緒に舐めあいっこしよう」

向日葵「・・・わかりましたわ」

櫻子「じゃあ舐めるね?」

向日葵「は、はい」

向日葵「ひゃ!うー」

櫻子「ご、ごめん!気持ちよくなかった?」

向日葵「ぎゃ、逆です」

向日葵「じゃあ私もお返しに舐めますわね?」

櫻子「うん・・・!(パイズリと全然違う!?なにこの気持ちよさ!?温かくて向日葵の舌が絡みついてくる)」

向日葵「(舐めるのに集中できませんわ)」

櫻子「(舐めるのに集中できない・・・気持ちいい)」

向日葵「わ、私もなんかく・・・来る・・・!!」プシャー

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 02:54:28.88 ID:u3b/FVQT0
櫻子「(・・・向日葵がお漏らしした!?しかも痙攣してる)」

櫻子「お、おい向日葵大丈夫か!?」

向日葵「だ、大丈夫ですわ。ちょっとなんか凄いのが来ただけです」

向日葵「(私がお漏らししてしまうなんて・・・恥ずかしい・・・)」

櫻子「・・・向日葵!」

向日葵「!・・・ご、ごめんなさい!」

櫻子「いや気持ちよくなってもらえて嬉しかった」

向日葵「櫻子・・・」

櫻子「じゃあ飲んでもらう約束守ってもらうかんなー」

向日葵「え?・・・あ、ええ」

櫻子「口あけて」

向日葵「こ、こうですの?」

櫻子「じゃあ入れるね」

向日葵「え?それってどういう・・・」

向日葵「むぐ!」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 03:01:05.29 ID:u3b/FVQT0
向日葵「(く、苦しい!櫻子は必死で腰をふってる)」

櫻子「はぁはぁ気持ちいい・・・向日葵の口の中温かくて気持ちいい」

向日葵「(あ、顎が疲れてきましたわ)」

櫻子「向日葵もうちょっと!もうちょっとだから我慢して!」

向日葵「んーんー!」

櫻子「出る!飲んで!」ビュルル

向日葵「んぐ・・・ゴク・・・はぁはぁ・・・」

櫻子「はぁはぁ・・・」

櫻子「駄目だ・・・」

向日葵「え・・・?」

櫻子「もう最後までしたい」

向日葵「さ、最後って?」

櫻子「エッチしたい!」

向日葵「さ、さすがにそれは・・・」

櫻子「私、向日葵の全部がほしいの!」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 03:08:33.74 ID:u3b/FVQT0
櫻子「私の全部もあげるから向日葵の全部も頂戴!」

向日葵「だ、だめ・・・それだけは・・・」

櫻子「もう止められないの!」

向日葵「ちょ、櫻子!まって!」

櫻子「入れるよ!」ズブ

向日葵「いっ!痛ああああああああい!!うー・・・ふぅふぅ・・・」

櫻子「動くね」

向日葵「ま、まって痛いの!本当に痛いの!!」

櫻子「大丈夫!そのうち気持ちよくなるって聞いたから!」

向日葵「いやー・・・いや・・・いや・・・痛い・・・」

櫻子「ゆっくり動くから」

向日葵「ぐす・・・ぐす・・・」

櫻子「向日葵・・・キスするね・・・」

向日葵「うぅ・・・」

櫻子「痛い思いさせてごめんねごめんね」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 10:09:33.27 ID:u3b/FVQT0
櫻子「(向日葵のあそこから血が出てる・・・本当に痛いんだ)」

櫻子「(でも、おっぱいなんかよりキツくて温かくて気持ちいい)」

向日葵「うぅ・・・桜子ぉ桜子ぉ」

櫻子「もうちょっと・・・もうちょっとだけ我慢して?」

向日葵「うぅ・・・・・・・うん」

櫻子「じゃあもう少しだけ激しく動くね?」

向日葵「え・・・でも・・・」

櫻子「向日葵が泣いてる所あんまり見てたくないし」

櫻子「そのほうが早く出ると思うんだよね」

向日葵「・・・わ、わかりましたわ・・・ぐす」

櫻子「じゃあ激しく動くね?」

向日葵「いっ!あ・・あぁ・・はぁ・・・はぁ・・・」

向日葵「(おかしいですわ・・・痛いはずなのにムズムズするような感覚も・・・)」

櫻子「向日葵・・・向日葵・・・・」

向日葵「う・・・んぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・あ・・・あ・・・」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 10:19:50.92 ID:u3b/FVQT0
櫻子「き、気持ちいい!向日葵の中もこすれるおっぱいも!」

櫻子「(背中に爪たてられてるのが少し痛いけど向日葵も痛いっていってたもん我慢しなくちゃ)」

向日葵「はぁ・・・はぁ・・・あ・・・・あ・・・あ・・・」

櫻子「(あれ?なんか痛がってたのが変わった?)」

櫻子「向日葵?」

向日葵「あん・・・あん・・・!」

櫻子「(ダメだし。なんか夢中になってて聞こえてない)」

櫻子「ひ、向日葵」

櫻子「(!?向日葵の奴なんか自分から腰動かしてないか?)」

櫻子「ちょ、向日葵!」

向日葵「気持ちいい!」

櫻子「え?ちょ、そ、そうなの?」

向日葵「あん!あん!あん!」

櫻子「(向日葵の奴なんかすごいエキサイトしてるしいいか続けよう)」パンパン

向日葵「あ、あ、あ、さ、櫻子!」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 10:25:29.27 ID:u3b/FVQT0
櫻子「な、何?」

向日葵「な、なんか変ですわ!」

櫻子「変って何が?」

向日葵「わかりません!わかりませんが・・・ダメ!」

櫻子「(!?向日葵のあそこがもっと締まった)」

向日葵「櫻子ーーーー!!」

櫻子「な、なに!?」

向日葵「はぁはぁ・・・」ビクッビク

櫻子「ちょ、ちょっと一回抜くね?」

向日葵「はぁはぁ」ビクッビク

櫻子「(なんか向日葵が痙攣してる)」

向日葵「はぁ・・・はぁ・・・」

櫻子「お、おい向日葵大丈夫か!?」

向日葵「はぁ・・・はぁ・・・だ、大丈夫ですわ」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 10:33:11.06 ID:u3b/FVQT0
向日葵「私は大丈夫ですから・・・」

櫻子「で、でも今すっごく痙攣してたよ?」

向日葵「よくはわかりませんが何だかすごい波みたいなものが来て」

櫻子「波ー?ここは海じゃないんだぞ?本当に大丈夫なのか?」

向日葵「そういうことを言ってるんじゃありませんわ」

向日葵「何だか頭がボーっとしてきて何だからからない感覚が一気に来たんです」

櫻子「なんだ。そういうことなら私がさっきからしてる感覚と一緒だし」

向日葵「え・・・?そ、そうなのですか?」

櫻子「うん。なんか頭がボーっとするなぁって思ったらなんか出たの」

向日葵「そうでしたの。じゃあ私も同じような感覚だったんですわね」

櫻子「きっとそうだよ」

向日葵「そんなことより櫻子」

櫻子「え?」

向日葵「そんなことを言っている間に、また小さくなっていますわよ?」

櫻子「あ、本当だ」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 10:40:53.71 ID:u3b/FVQT0
向日葵「・・・ちょっと櫻子。もう一度オチン○ン口の中に入れても構いませんこと?」

櫻子「え、それはいいけど血とかついちゃってるよ?」

向日葵「ちょっとシャワーで流せば大丈夫ですわ」

櫻子「う、うんわかった」

向日葵「じゃあちょっとシャワー当てますわね?」

櫻子「うん」

シャワータイム

向日葵「(こんな大きなものがさっきまで私の口やあそこに入っていたんですわね・・・)」スリスリ

櫻子「ちょ!?」

向日葵「どうしたんですの?」

櫻子「いやなんかおっぱいとも口ともあそことも違う感覚がしてビックリした」

向日葵「へぇ・・・そうですの」スリスリ

櫻子「う・・・」ムクムク

向日葵「(手でこすっただけでも大きくなった・・・ということは)」スリスリ

櫻子「ちょっと向日葵!そんなにこすらなくても汚れは・・・!」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 10:48:02.06 ID:u3b/FVQT0
向日葵「(私が考えてることが正しければきっと)」スリスリ

櫻子「うー!で、出る!」ビュル

向日葵「や、やっぱり出た!」

櫻子「はぁはぁ・・・」

向日葵「(やっぱりオチン○ンは刺激を与えればいいんですわ)」

向日葵「(でもさっきみたいに入れてもらったほうが私も気持ちよかったですし)」

向日葵「櫻子?」

櫻子「・・・え?あ、何?」

向日葵「もう一度元気にして私のあそこにオ○ンチンを入れてみてください」

櫻子「え、でもまだ痛いんじゃ」

向日葵「それは・・・多少は痛いですけど」

向日葵「櫻子は私のあそこで出してませんし」

櫻子「で、でも」

向日葵「私が良いと言ってるんだからいいんですのよ」

櫻子「・・・う、うんわかった」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 10:56:49.21 ID:u3b/FVQT0
向日葵「じゃあまずは、また大きくするところから始めませんといけませんわね」

櫻子「う、うん。でもまだちょっと時間がかかるかも・・・」

向日葵「じゃあ・・・回復するまで舐めててもいいですか?」

櫻子「まぁいいけど。小さいよ?」

向日葵「いいんです」

向日葵「ほら、始めますわよ」

櫻子「うん」

向日葵「じゃ、じゃあ」パク

櫻子「ぅんっ!」

向日葵「(こすったら出たということはこういう風に口で前後に動かせばきっと)」

向日葵「(さっきも櫻子自ら腰を前後に振ってましたし)」チロチロ

櫻子「はぁん!」

向日葵「(!やっぱり、ちょっと大きくなってきましたわ!)」ジュプジュプ

櫻子「あ、あ、あんん・・・んはぁ!」

櫻子「(なんだろう。さっき無理やり口の中に入れてたのと少し違う!向日葵が舌を動かしたりしてるせいか!?)」



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 11:03:09.04 ID:u3b/FVQT0
向日葵「(やはり!大きくなりましたわ!)」

向日葵「ぷはぁ・・・!」

櫻子「え!?な、なんで離すの!?」

向日葵「大きくなったんだから、もう一度入れてもらいますわよ」

櫻子「え・・・あ、そっか」

櫻子「じゃあ入れるね?」

向日葵「はい櫻子」

櫻子「ん・・・」ぬるん

櫻子「(ん?さっきよりは入りやすかったな)」

櫻子「(まぁいいか)」

向日葵「あ、あの・・・」

櫻子「ほえ?」

向日葵「は、早く動いて・・・」

櫻子「(ドッキーン!なんだいまの!?凄く興奮した!)」

櫻子「(しかも自分のおっぱい腕で寄せてるから大きいのがさらに大きく見える)」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 11:10:47.20 ID:u3b/FVQT0
櫻子「わ、わかってるてーの!」

櫻子「あ、あのさ向日葵」

向日葵「何ですの?」

櫻子「おっぱいよく見えるように私の上にまたがってくれない?」

向日葵「え?な、何でですの?」

櫻子「だからー!向日葵の大きいおっぱいが揺れてるとことか見たいし揉んだりしたいの!」

向日葵「は、はぁわかりましたわ」

向日葵「こ、こうでいいのかしら?」

櫻子「(おお・・・下から見上げると迫力凄いな)」

向日葵「なんだかちょっと痛いですわね」

櫻子「大丈夫!きっとさっきみたいにすぐ良くなるはずだし」

向日葵「・・・そうですわね」

櫻子「じゃあ向日葵も腰動かして?私も動かすから」

櫻子「痛くない範囲でいいから」


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 11:17:37.41 ID:u3b/FVQT0
向日葵「じゃ、じゃあ動きますわね」

櫻子「うん」

櫻子・向日葵「はぁはぁ・・・」

櫻子「(向日葵のおっぱいの揺れがすごい)」

櫻子「(乳首もなんだか立ってる?)」

櫻子「(ちょっとつまんでみるか)」キュ

向日葵「ひゃあ!」

向日葵「ち、乳首は今・・・」

櫻子「知ってるしー向日葵は乳首弱いんだよなぁ」

向日葵「知ってるんでしたらやめてくださいな」

櫻子「生意気だぞー!じゃあこうだ!」もみもみ

向日葵「やぁ・・・乳首じゃなくても、い、今おっぱいは・・・」

櫻子「なに言ってるんだよぅ揉むためにこの体勢になったんだろー」

向日葵「そ、そうでしたわね・・・ん・・・」

櫻子「(おっぱい柔らかくて気持ちいいーずっと揉んでいたい)」


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 11:25:44.09 ID:u3b/FVQT0
向日葵「はぁはぁ・・・」

櫻子「(向日葵のやつも凄く気持ちよさそうだし私ももっと動いてみるか)」ズン

向日葵「きゃあ!」

櫻子「はぁはぁ」ズンズン

向日葵「ちょ・・・櫻子!激しすぎる・・・!このままじゃまた私・・・」

櫻子「だ、大丈夫!私ももうすぐ出そうだし!」

向日葵「は、はい」

櫻子「はぁはぁ」

向日葵「あ、あ、あ、あん・・・」

櫻子「向日葵!も、もう!」

向日葵「は、はひ・・・・私も・・・」

櫻子・向日葵「あああああぁ!!」ビュルビュルビクビク

櫻子・向日葵「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

櫻子「す、すごかった。なんか向日葵の全部を感じた気がする」

向日葵「私も櫻子を感じましたわ」



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 11:33:55.93 ID:u3b/FVQT0
ガチャ

???「・・・」

向日葵「か、楓!」

櫻子「うぇ!楓ちゃん!」

向日葵「い、いつ帰ってきましたの?」

楓「さっきだけど」

向日葵「そ、そうでしたの」

楓「お姉ちゃんたち何してるの?」

向日葵「(ま、まずいですわ)」

向日葵「しゃ、シャワーを櫻子と一緒にしてたの!」

楓「そうなの?なんかプールの臭いがする」

楓「それになんかお姉ちゃんのおっぱいテカテカしてる」

向日葵「え”!こ、これは・・・そう!パックですわ!」

楓「パック?」

向日葵「これを体に塗るとお肌がすべすべになると聞いたので櫻子と二人で試していたんですの」


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 11:39:32.56 ID:u3b/FVQT0
櫻子「そう!パックだよ楓ちゃん!」

楓「そうなんだ」

楓「私もしてみたいなぁパック」

向日葵「馬鹿!あなた今オチン・・・あれ?」

櫻子「え?」

向日葵「な、なくなっていますわ・・・」

櫻子「本当だ!ない!」

楓「何がないの?」

向日葵「い、いえ何でもありませんの」

櫻子「そ、そうそう!なんでもないし!」

楓「ふーん」

向日葵「私たちもパックを洗い流したら出ますから楓は部屋に入ってなさい?」

楓「・・・うん。わかった」すたた

櫻子「はあ!ビックリしたし!」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 11:48:55.56 ID:u3b/FVQT0
向日葵「私もビックリしましたわよ!」

向日葵「でも何でオチン○ンなくなってしまったのかしら?」

櫻子「さぁ?私が知るわけないじゃん」

向日葵「・・・」

向日葵「そういえば、そもそもあなたなんで急にオ○ンチン生やせてパイズリしろなんて言ってきましたの?」

櫻子「ああ、それは西垣先生が」

向日葵「え?」

櫻子「いやーテストで赤点取っちゃってさぁ?追試か実験に付き合うかって話になって・・・」

向日葵「・・・へぇそれで?」

櫻子「薬飲むだけでいいって言うから飲んだ時は何ともなかったんだけど今日起きたら生えてた」

向日葵「・・・」

櫻子「それで西垣先生に相談してたらパイズリって言うのが効果的だって言われたからさぁ」

櫻子「それでパイズリって何ですかー?って聞いたら大きいおっぱいですることだって聞いたから向日葵に頼んだんだよ」

向日葵「・・・そ、そうだったんですの」

向日葵「すぐシャワー浴びて電話してきますわ」


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 11:56:37.00 ID:u3b/FVQT0
向日葵「・・・」プルル

???「・・・」

向日葵「松本先輩ですね?西垣先輩に変わっていただけないでしょうか?」

松本「・・・」

西垣「もしもし私だ」

向日葵「櫻子から全部聞きました。櫻子にパイズリのことを教えたのは先生だったんですね?」

西垣「ん?大室?確かにそうだが?」

向日葵「それと櫻子にオチ○チンが生えたのも先生の実験のせいだとか」

西垣「そうだ!我ながら素晴らしい薬を作ってしまった!はっはっは!」

向日葵「笑っている場合ではありませんわ!」

西垣「おう、すまんすまん」

西垣「ん?ひょっとして古谷がパイズリしたがってた相手って大室のことだったのか?」

向日葵「べ、別にしたがってた訳じゃありません!」

西垣「でもしたんだろ?」

向日葵「・・・は、はい」



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 12:02:50.33 ID:u3b/FVQT0
西垣「どうだった?上手くいったか?」

向日葵「・・・はい」

西垣「じゃあ良かったじゃないか!はっはっはっ!」

向日葵「良くありませんわ!パイズリだけじゃなく・・・は!」

西垣「ん?パイズリだけじゃなく?」

西垣「まさかセックスまでしてしまったのか?」

向日葵「セッ!・・・はい」

西垣「あちゃーそれは計算外だったなぁ」

向日葵「他人事みたいに言わないでください!」

西垣「あぁすまんすまん。生徒のことだったな」

西垣「まさかとは思うが中だししてないだろうな?」

向日葵「え?中だし?」

西垣「パイズリしたらなんかネバネバした液体が出てきただろう?」

向日葵「は、はい」

西垣「それが精子だ」


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 12:11:46.38 ID:u3b/FVQT0
向日葵「え・・・せ、精子ってあの赤ちゃん作るときの・・・」

西垣「そうだ」

向日葵「だ、出してしまいましたわ・・・」

西垣「何!?それはまずいな」

向日葵「わ、私、赤ちゃんが出来てしまうのでしょうか?」

西垣「うーん・・・私の薬がどの程度の効果があるかわからんからなぁ」

向日葵「そ、そんな・・・」

西垣「なーにきっと大丈夫だ。所詮薬で一時的に作られた性器だからな」

西垣「それほどの再現度を持っているとも思えん」

向日葵「そ、そうですか!」

西垣「とりあえず様子を見ろ。それから考えよう」

向日葵「わ、わかりました・・・いつくらいにわかるんでしょうか?」

西垣「生理が遅れているだけの可能性も考えて2ヶ月だな」

向日葵「2ヶ月・・・結構長いですね」

西垣「なーに学生の2ヶ月なんてあっという間だ」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 12:19:52.74 ID:u3b/FVQT0
1ヶ月目

向日葵「・・・生理がきませんわ」

櫻子「おはよー向日葵ー!」

向日葵「あ、おはよう櫻子」

あかり「おはよう向日葵ちゃん!・・・あれ?なんか元気ないね?朝ごはんちゃんと食べてこなかったとか?」

あかり「ダメだよぅ?御飯はちゃんと食べないと」

向日葵「だ、大丈夫ですわ。ちょっと考え事をしてただけですので」

ちなつ「みんな、おはよー向日葵ちゃんの周りに集まって何してんの?」

あかり「向日葵ちゃんの調子が何だか悪そうだねってお話してたの」

ちなつ「そうなんだ。向日葵ちゃん調子悪いの?」

向日葵「いえ、ちょっと考え事をしてボーっとしていただけですわ」

ちなつ「なーんだ。あかりちゃんが大げさに驚いてるから何かあったのかと思った」

向日葵「皆さんホームルームが始まりますから席に戻ったほうがいいと思いますわよ」

向日葵「ほら櫻子も」

櫻子「え?う、うん」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 12:27:27.12 ID:u3b/FVQT0
あかり「(向日葵ちゃんやっぱり元気がないように見えるなぁ)」

ちなつ「(向日葵ちゃん、あんなに慌ててどうしたんだろう?・・・ま、いっか)」

向日葵「(大丈夫。これはきっと生理が遅れているだけ。)」

向日葵「(こんな風に悩んでるからストレスで遅れているだけですわ)」

櫻子「(なんか向日葵の調子がおかしい気がする)」

櫻子「(真面目なのはいつものことだけど雰囲気がおかしい)」

櫻子「(そうだ。ホームルームが終わったら聞いてみよう)」

ホームルーム後

櫻子「ちょっと向日葵!」

向日葵「な、なんですの?」

櫻子「なんかあたしたちに隠し事してるだろ!」

あかり「そうなの?向日葵ちゃん?」

ちなつ「私もちょっと気になってたのよね」

向日葵「そ、そんな隠し事だなんて」

櫻子「嘘だね!私にはわかる!向日葵はなんか隠し事してる!」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 12:34:35.92 ID:u3b/FVQT0
向日葵「そ、そんなことは・・・」

櫻子「もーはっきりしろよー!」

あかり「向日葵ちゃん私たちお友達なんだから悩み事があるなら何でも言っていいんだよ?」

ちなつ「そうだよ友達なんだから」

向日葵「・・・それは・・・やっぱり言えませんわ!」ダッ

櫻子「こらー!逃げるなー!」

向日葵「私気分が優れないので保健室に行ってきますわ」

あかり「・・・行っちゃった」

ちなつ「どうしちゃったのかしら」

櫻子「なんだよアイツ!」ブーブー

保健室

向日葵「・・・櫻子の子供を妊娠してるかもしれないなんて誰にも言えませんわ」

向日葵「・・・どうしたらいいのかしら・・・グス」

向日葵「そうだ!西垣先生!今日は早退させてもらって明日西垣先生に相談に行きましょう」

向日葵「いまはそれしかありませんわ」



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 12:41:06.30 ID:u3b/FVQT0
翌日ホームルーム前
職員室

向日葵「失礼します。西垣先生はいらっしゃいますでしょうか?」

教師A「西垣先生だったら職員会議が終わってすぐに理科準備室に行ったぞ?」

向日葵「ありがとうございました」

向日葵「では失礼いたします」ガラガラ

向日葵「(先生は理科準備室でしたわよね)」

向日葵「(行くしかありませんわ)」

理科準備室

コンコン

向日葵「失礼します」ガララ

向日葵「西垣先生?・・・いないのかしら?」

向日葵「西垣先生ー」

西垣「おー!古谷じゃないか!」

西垣「どうした?昨日は早退したって聞いたぞ?もう大丈夫なのか?」

向日葵「はい。ですが・・・」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 12:48:00.54 ID:u3b/FVQT0
西垣「んー?どうした?」

向日葵「その・・・悩みからかもしれないんですが・・・こないんです・・・」

西垣「こないって何の話だ?」

向日葵「その・・・以前櫻子とエッチなことをしたことは覚えてらっしゃいますよね?」

西垣「ふむ・・・なるほど・・・生理がこないのか」

向日葵「は、はい・・・」

西垣「ストレスで遅れてるだけじゃないのか?」

向日葵「私もそう考えているんですが何だか不安で・・・」

西垣「そうやって悩むと余計ストレスになるぞ?」

向日葵「わかってはいるんですけど・・・」

西垣「ふーしょうがない」

西垣「じゃあ古谷が本当に妊娠しているのか検査する機械を作ってやろう!」

向日葵「本当ですか!」

西垣「あぁ明日までには完成させておくから明日もう一度来い」

向日葵「はい!わかりました!」



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 12:56:32.37 ID:u3b/FVQT0
教室

向日葵「皆さんあはようございます」

あかり「あ、向日葵ちゃん!昨日も早退したし遅かったから風邪でお休みかと思ったよう」

向日葵「いえ、ちょっと風邪気味で早退させてもらっただけですし今日は大丈夫ですわ」

ちなつ「でも確かに、こんなに遅くに登校なんて向日葵ちゃんにしてはめずらしいわよね」

櫻子「私より先に行っといてなんで遅れてくるんだよー!」

向日葵「ちょっと西垣先生に用事があったのでそちらに行ってたんです」

ちなつ「そうだったんだ」

あかり「へー?もう用事は済んだの?」

向日葵「はい。もう大丈夫です」

あかり「昨日より元気そうであかり安心したよぅ」

向日葵「さ、ホームルームが始まりますわよ。皆さん席に」

あかり「うん!そうだね」

ちなつ「うん」

櫻子「なんだよ!元気になった途端仕切りやおっぱいおばけも復活かよ!」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 13:03:22.69 ID:u3b/FVQT0
向日葵「殴りますわよ」

櫻子「ホームルーム始まるんだから静かにしろよー」

向日葵「言われなくてもわかってますわよ」

向日葵「あとで殴りますからね」

ホームルーム終了

ゴンッ!

櫻子「いたー!急に何するんだよ!!」

向日葵「ホームルーム終わったら殴ると言っておいたでしょう」

櫻子「そんなの知らないし!」

向日葵「忘れた櫻子が悪いんですわ」

櫻子「ちくしょー!」

あかり「まぁまぁ喧嘩は良くないよぅ」

ちなつ「何?今日は喧嘩してるの?」

向日葵「違いますわ。ホームルーム前に殴ると約束していたので殴っただけですので喧嘩ではありません」

櫻子「暴力反対ーーー!!このおっぱいおばけ!」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 13:10:57.04 ID:u3b/FVQT0
あかり「でも本当に良かったよぅ」

向日葵「え?何がですの?」

あかり「昨日は凄く辛そうだったから」

向日葵「ええ。悩み事がひとつ解消されそうですので」

あかり「やっぱり悩み事があったんあだぁ」

向日葵「ごめんなさい」

あかり「ううん。別にいいの。向日葵ちゃんが元気になったんだから」

あかり「あかりはそれだけで幸せだよう」

ちなつ「(あかりちゃんウザ・・・)」

ちなつ「悩み事って結局なんだったの?」

向日葵「それは秘密ですわ」

櫻子「なんだよーもったいぶっといて教えてくれないのかよー」

向日葵「別にいいでしょう?誰だって友達には相談し辛いことだってあるんです」

櫻子「ちぇーなんだよ、それ・・・親友の私にも言えない事を他の人に言ったってことかよ・・・」

向日葵「櫻子?」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 13:15:18.32 ID:u3b/FVQT0
櫻子「なんでもないし!」

向日葵「???・・・え、ええ、ならいいんですけど」

向日葵「さぁ皆さん今日も勉強頑張りましょう!」

あかり「うん!」

ちなつ「そうだね」

櫻子「はー・・・勉強とかホント意味わかんないし・・・一時間目はなんだっけ?」

向日葵「数学ですわ」

向日葵「早く準備なさい」

櫻子「はーい」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 13:20:54.45 ID:u3b/FVQT0
翌日

向日葵「(今日わかるんだわ。これで私のストレスも解消して生理もくるはず!)」

理科準備室

コンコン

向日葵「失礼します」

西垣「おお!早いな!」

向日葵「で、あの検査する機械は?」

西垣「完璧だ!すぐにでも始められるぞ!」

向日葵「で、どれですか?」

西垣「これだ!!」ババーン

向日葵「おまる・・・?」

西垣「ただのおまるじゃないぞ?これでおしっこすれば、この白鳥の目の色が変わる!」

向日葵「え・・・おしっこですか?」

西垣「そうだ」

向日葵「・・・」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 13:26:46.50 ID:u3b/FVQT0
西垣「ん?どうした?おしっこしないと検査できないぞ?」

向日葵「わ、わかっています」

西垣「ならどうした?早く始めろ」

向日葵「・・・そ、その人に見られているとやりにくいというか・・・」

西垣「おー!そういうことだったか!すまんすまん」

西垣「じゃあ私は一旦外に出るから終わったら呼べ」

向日葵「はい。わかりました」

ガララ

向日葵「ト、トイレじゃないから変な気分ですわ・・・」

向日葵「(でもこれでわかるんだから・・・)」

チョロ・・・ジョボボボボボ・・・・・・

向日葵「・・・ふ、ふぅ・・・これで良かったのかしら」

向日葵「白鳥の目の色が変わってる!」

向日葵「西垣先生!終わりました!」

ガララ



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 13:31:20.73 ID:u3b/FVQT0
西垣「おう終わったか」

向日葵「白鳥の目の色が変わりましたわ」

西垣「おー!ちゃんと出来ていたか!さすが私だな!うむうむ!」

向日葵「感心してないで結果を教えてください!」

西垣「すまんすまん!」

西垣「・・・青いな」

向日葵「はい」

西垣「・・・」

向日葵「あの?先生?」

西垣「・・・うーむ」

向日葵「ど、どうしたんですか?」

西垣「あー・・・結果を言おう!」

向日葵「はい」

西垣「古谷。お前妊娠してるぞ」

向日葵「」




176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 13:39:25.40 ID:u3b/FVQT0
向日葵「ちょ!待ってください!前にそんな機能はないはずだって!」

西垣「私が天才過ぎたか・・・」

向日葵「えー!ど、どうすればいいんですか!?」

西垣「うーむ・・・中学生で母親になるのか・・・しかも親は両方女」

西垣「これは法律的に考えてどうなるんだろうな」

向日葵「そういうことではなく!」

西垣「うーん・・・中絶するしかないか」

向日葵「ちゅ、中絶?」

西垣「そうだ」

向日葵「(中絶ってことは赤ちゃんを・・・殺す・・・)」

向日葵「(私と櫻子の子供を殺す・・・)」

西垣「おい古谷、大丈夫か?」

向日葵「・・・は、はい」

西垣「とりあえず中絶するにはお金と時間が・・・」

向日葵「だ、大丈夫です・・・」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 13:46:07.80 ID:u3b/FVQT0
西垣「・・・このことは大室にも話したほうがいいだろう」

向日葵「・・・はい」

西垣「何なら私から話してやろうか?」

向日葵「・・・いえ・・・大丈夫です」

西垣「・・・そうか」

向日葵「では、そろそろ教室に戻らないとホームルームが始まってしまいますので・・・」

向日葵「失礼します」

ガララ

西垣「ふぅ・・・本当に大丈夫だろうか。」

西垣「しかしあの薬にそこまでの力があったとはなぁ」

西垣「まだ改良を加えてもいいかもしれないな」

教室

あかり「向日葵ちゃんおあはよー!」

向日葵「・・・」

あかり「あ、あれ?聞こえてなかったのかな?向日葵ちゃんおはよー!!」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 13:52:59.95 ID:u3b/FVQT0
向日葵「!」ビク

あかり「!?」ビク

向日葵「え?あ、赤座さん・・・」

あかり「どうしたの?何だか顔色が悪いよ?風邪ぶり返したんじゃない?」

向日葵「・・・そう・・・かもしれませんわね・・・」

あかり「大丈夫?保健室に行ったら?」

向日葵「い、いえ大丈夫ですので・・・」

あかり「そ、そう・・・?」

櫻子「おはよー!!!」

向日葵「!」ビクッ

櫻子「あれー?向日葵なんか顔真っ青だよー?」

向日葵「な、何でもありませんわ・・・昨日本を読んでいて少し夜更かししてしまっただけです」

あかり「そうかー夜更かしは良くないってお姉ちゃんが言ってたよー?」

あかり「あかりは、いっつも9時には寝ちゃうんだぁ」

ちなつ「あかりちゃんは寝るの早いもんね」



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 14:00:48.75 ID:u3b/FVQT0
あかり「えへへ。だから見たい番組があったら録画しなきゃいけなくて大変なんだぁ」

あかり「この前録画しようと思ってた番組と違うのが入ってて残念だったよう」

あかり「でも、その番組も面白くって最後まで見ちゃったんだぁ」

ちなつ「へー?どんなのが映ってたの?」

あかり「14歳でお母さんになっちゃった人の話だったんだけど・・・」

向日葵「!」ガタッ

あかり・ちなつ「!?」ビク

あかり「ひ、向日葵ちゃん?急にどうしたの?」

ちなつ「私もちょっとビックリしちゃった」

向日葵「・・・す、すみません」

あかり「本当に大丈夫?」

あかり「眠いんだったら保健室に行って少し眠らせてもらえばいいんじゃないかな?」

あかり「顔色も良くないしそうしたほうがいいよぅ」

櫻子「あっかりちゃーん!なんの話してるの?」

あかり「向日葵ちゃんの具合が悪そうだから保健室にいったらって話してたの」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 14:08:27.84 ID:u3b/FVQT0
櫻子「うわ!本当に真っ青だし!」

櫻子「そんなに体調悪いなら保健室に行けよ!」

向日葵「・・・」ジワ

櫻子「え!?ちょ!泣くなし!!」

櫻子「そんなに体調悪いのかよ・・・」

櫻子「しかたがねーなぁ・・・私が連れて行ってやるから泣くのやめろ!」

向日葵「・・・グス・・・うん」

櫻子「じゃあ、あかりちゃん、ちなつちゃん。私はちょっと向日葵を保健室に連れて行くから」

櫻子「授業が始まったら先生にサボりじゃないって言っといてね」

あかり「うん!」

ちなつ「わかった。気をつけてね?」

櫻子「ほら!馬鹿向日葵!この櫻子様が肩かしてやるから保健室まで行くぞ!」

向日葵「・・・うん」

櫻子「あ、でも吐きそうになったら離れろよ!臭くなったら嫌だし!」

向日葵「・・・大丈夫。そういうのではないから・・・」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 14:14:09.51 ID:u3b/FVQT0
廊下

櫻子「もーホント向日葵は手がかかるなー」

櫻子「最近体調管理がなってないんじゃないか?」

櫻子「前も風邪なんて引いてたし」

向日葵「・・・ねえ櫻子?」

櫻子「ん?なに?」

向日葵「あのね・・・・・・やっぱいい」

櫻子「なんだよー!前もそうだった!!何で私に隠し事しようとするんだよう!!」

櫻子「私たちは・・・その・・・・幼馴染で・・・・・し、親友じゃんか・・・」

向日葵「櫻子・・・」

櫻子「だから言いたい事があるんなら全部言え!」

向日葵「・・・でも」

櫻子「いいから全部言えーーーーーーーーーー!!!!!!」

向日葵「・・・わかりましたわ」

向日葵「私・・・妊娠してしまいましたの・・・」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 14:18:55.53 ID:u3b/FVQT0
櫻子「・・・え?妊娠?」

向日葵「そうですわ」

櫻子「だ、誰とそんなことしたの!!」

櫻子「向日葵をよくも・・・!!!」

向日葵「違うのよ櫻子・・・」

向日葵「櫻子との子供なの・・・」

櫻子「え・・・?」

櫻子「私たち女の子同士だよ?何言ってるの?」

向日葵「先月のこと・・・忘れてしまったの?」

櫻子「あ・・・」

向日葵「つまりそういうことですわ・・・」

櫻子「そ、そうか・・・」

櫻子「親は私か・・・」

向日葵「・・・」

櫻子「それで最近おかしかったのか・・・」



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 14:23:31.52 ID:u3b/FVQT0
櫻子「妊娠してるっていつわかったんだ?」

向日葵「今朝ですわ・・・西垣先生の作った機械で判明しましたの・・・」

櫻子「・・・」

向日葵「・・・でも安心して?」

向日葵「ちゃんと中絶するから」

櫻子「?・・・ごめん。中絶ってなに?」

向日葵「・・・赤ちゃんを殺すってことですわ」

櫻子「・・・」

向日葵「だから安心してください」

櫻子「・・・やだし」

向日葵「櫻子?」

櫻子「そんなの絶対嫌だし!!!」

向日葵「でも他に道が・・・」

櫻子「私が育てる!!」

向日葵「ちょ・・・櫻子なにを言ってますの?今は真面目な・・・」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 14:30:32.55 ID:u3b/FVQT0
櫻子「私はいつだって真面目だー!!!!!!!このおっぱいおばけ!!!!」

向日葵「で、でも・・・」

櫻子「私と向日葵の子供なんでしょ!?殺すなんて絶対嫌だ!!!」

櫻子「向日葵が育てるの嫌でも私は殺しちゃうほうが、もっと嫌なの!!!」

向日葵「櫻子・・・」

櫻子「向日葵だって本当は殺したくないんだろう!?」

櫻子「素直になれよ!おっぱい大魔神!!!!」

向日葵「・・・私だって・・・私だって本当は嫌ですわ!」

向日葵「櫻子との子供なんですもの!!殺しちゃうなんて・・・」

向日葵「殺しちゃうなんて出来るはずない!!!!!」

向日葵「はぁはぁ・・・」

櫻子「よし!じゃあ一緒に育てようぜ!」

向日葵「櫻子・・・」ジワ

櫻子「ちょ!何でまた泣くし!!!?」

向日葵「嬉しいからに決まっているからでしょう。本当に馬鹿ね・・・」



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 14:34:53.54 ID:u3b/FVQT0
櫻子「だから馬鹿じゃないしー!!!」ムキー

向日葵「そうね」

向日葵「こんないい旦那さん他にいないかもしれませんわね」

櫻子「ちょっとまって!私もお母さんだし!」

向日葵「そうでしたわね。うふふ」

櫻子「あれ?向日葵?顔色良くなってるぞ?」

向日葵「え?そ、そう?」

櫻子「まぁいいや途中で授業参加するのもだるいし保健室にさっさと行こうぜ」

向日葵「ウフフ。そうですわね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 14:40:12.79 ID:u3b/FVQT0
保健室

櫻子「あれ?先生がいない」

櫻子「まぁサボるには丁度いいか」

向日葵「ところで櫻子?」

櫻子「なんだよーせっかくサボってるんだからゴロゴロしてようぜー」

向日葵「育てるのはいいとしてお金はどうするの?」

櫻子「え?そんなの働いて稼ぐに決まってるじゃん」

向日葵「私たちまだ中学生ですのよ?」

櫻子「あー・・・中学で雇ってくれるところは・・・ないかなぁ・・・」

向日葵「はぁ・・・やっぱりその場のノリで言ってましたのね」

櫻子「ち、違うしー!ちゃんと考えてたしー!!!!」

向日葵「じゃあどうやって稼ぐのよ」

櫻子「うーん・・・ひとつ宛がないこともない」

向日葵「あて?」

櫻子「そう」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 14:47:27.08 ID:u3b/FVQT0
櫻子「西垣ちゃんの実験モルモットになる!」

向日葵「そ、そんな危ないことしなくても・・・」

向日葵「それに先生には松本先輩という助手もいますし」

櫻子「大丈夫!前に西垣ちゃんが命にかかわるような実験に参加させたことはないって言ってたし」

向日葵「そ・・・そんな。そこまでして稼がなくても・・・」

櫻子「うるさーい!それでいいの!!」

櫻子「だから向日葵はお金の心配すんな!」

向日葵「櫻子・・・」

櫻子「いざとなったら他のバイト掛け持ちしちゃったりもするもん!」

向日葵「・・・でしたら私も働きますわ」

櫻子「ブブー!ダメ!赤ちゃんいるんだから」

向日葵「ある程度お腹が大きくなるまでは大丈夫ですわ」

櫻子「え?そうなの?」

向日葵「だから一緒にバイト探ししましょう」

櫻子「うーん!それでは一家の大黒柱としての威厳が!!!!」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 14:52:50.93 ID:u3b/FVQT0
向日葵「櫻子に大黒柱なんて言葉は似合いませんわ。フフフ」

櫻子「う、うるさいし!」

櫻子「まぁとりあえず後で西垣ちゃんにどれぐらいもらえるか聞いてみよう」

向日葵「あの人が本当にお金を払ってくれるのかしら」

櫻子「大丈夫だって」

キーンコーンカーンコーン

櫻子「あ、授業終わった」

櫻子「私はちょっと西垣ちゃんのところに交渉しに行ってくるから向日葵はサボってろ!」

向日葵「櫻子!」

ガララ

向日葵「行ってしまいましたわ」

向日葵「櫻子があんなに真剣に考えてくれてるだなんて・・・ふふ・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 16:28:24.09 ID:u3b/FVQT0
櫻子「西垣ちゃんはきっと理科準備室にいるはずだ」

櫻子「まずは理科準備室に行ってみよう」

理科準備室

ガララ

櫻子「たのもー!!!」

西垣「おお、大室。どうした?」

櫻子「実は相談がありまして」

西垣「まぁだいたい察しはつく。古谷のことだろう?」

櫻子「そう!」

西垣「それで私に何を聞きに来たんだ?」

櫻子「先生の実験に付き合うので給料をください!!」

西垣「それは松本で足りてるしなぁ」

櫻子「もっと危険なことでも私はします!」

西垣「・・・ほぅ。本気か?」

櫻子「本気です!」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 16:39:51.17 ID:u3b/FVQT0
西垣「(うーむ・・・とは言ったものの危険な実験は、まず自分で試してるからなぁ)」

西垣「(だが大室の事情もわかるし無下には出来ん・・・)」

西垣「(仕方がない・・・もとはといえば私の作った薬が引き起こしてしまったことだ)」

西垣「(少ない給料だが最低限の分だけ確保して残りは全て大室たちに渡そう)」

櫻子「お願いします!!先生!!!」

西垣「よし!わかった!だが出せるのはたいした額じゃないからあんまり期待するなよ?」

櫻子「ほ、本当ですか?やったー!!!」

櫻子「100万くらいくれるの?」

西垣「・・・ひゃ、100万は無理だな。0がひとつ少ないくらいだ」

櫻子「えー?10万ー!?」

西垣「1ヶ月で10万円だな」

櫻子「10万・・・」

櫻子「(先生の実験に付き合って毎月10万もらえたとして)」

櫻子「(それ以外の時間はハンバーガー屋さんとかコンビニで働かしてもらうとして20万円くらいになるかな・・・)」

櫻子「・・・」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 16:47:38.87 ID:u3b/FVQT0
西垣「どうする?10万じゃ命はかけられないか?」

櫻子「!(命・・・そうだ。私の命じゃなくて赤ちゃんの命もかかってるんだ・・・)」

櫻子「(私と向日葵の子供のためだもん!)」

櫻子「やる!」

西垣「おーよく言ったぞ大室ー」

西垣「先生は、お前のことを見直したぞ」

櫻子「だってお金が必要だから。私勉強も出来ないしお仕事もちゃんとできるかわからないから・・・」

櫻子「でも、私に出来ることは赤ちゃんのためにお金を少しでも用意してあげることだけだから・・・だから・・・」

櫻子「だから・・・だから・・・うー上手く言葉に出来ないー!」ボロボロ

西垣「よーしよし、泣くな大室。先生にはちゃんと伝わったぞ」

櫻子「ううー」ボロボロ

松本「・・・」

櫻子「うわ!松本先輩!!い、いつからそこに!!」

松本「・・・」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 16:54:00.95 ID:u3b/FVQT0
西垣「何を言ってるんだ?ずっといただろう?」

櫻子「き・・気がつかなかった」グズ

松本「・・・」

西垣「ははは、そんなのじゃないさ。可愛い生徒の頼みだ教師として聞くのが当然だろう?」

松本「・・・」

西垣「違う違う!お前を捨てるとかそういう話じゃないから安心しろ」

松本「・・・」

西垣「そうかわかってくれたか。流石は松本だな」よしよし

櫻子「あ、あの・・・」

西垣「ん?ああ、すまんすまん」

西垣「お金の話だったよな。先生に任せておけ」

櫻子「ありがとうございます」

西垣「ちゃんと大事に育てるんだぞ?困ったことがあったらいつでも先生のところに来るといい」

櫻子「せんせー!!うわーん!!」

西垣「こらこら、また泣くんじゃない」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 17:02:49.70 ID:u3b/FVQT0
1年後

西垣「おー!大室に古谷じゃないか!」

西垣「赤ちゃんは元気か?」

櫻子「もちろんです!」

向日葵「櫻子は、ほとんど何もしてないじゃない」

櫻子「うるさーい!学校とバイトと先生の実験で私だって毎日忙しいんだよぅ!!」

向日葵「そうだったわね。」

西垣「しかし学校も辞めず子育てもちゃんとやるなんて二人とも偉いなぁ」

向日葵「最初はクラスの子や親にいろいろ言われましたがクラスの皆は途中から応援してくれてましたし」

向日葵「親も最初は文句ばかり言ってましたが、この子が生まれてからベタベタで」

櫻子「うちの親も何ですよー最初は意味がわからないって言われて怒鳴られてましたけど」

櫻子「生まれてDNC鑑定とか言うのをしたら納得したらしくて毎日会いたい会いたいってうるさくて」

向日葵「DNA鑑定ですわ」

櫻子「え?私そう言ったじゃん」

向日葵「言ってませんわよ。もう本当に馬鹿は治らないのね・・・」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 17:10:29.43 ID:u3b/FVQT0
櫻子「もー!なんで向日葵は私のこと馬鹿っていう癖直さないのー!このおっぱいおばけー!!!」

向日葵「おっぱいは関係ないでしょう!!」

櫻子「うるさーい!」

西垣「まぁまぁ喧嘩はするな」

西垣「そうだ古谷。約束覚えてるか?」

向日葵「?・・・約束?」

西垣「そうだ1年位前にした約束だ」

向日葵「・・・?・・・すみませんよく覚えていないのですが。何でしたっけ?」

西垣「パイズリについて教えたら一つ実験に付き合ってもらうという約束だ!」

向日葵「は!た、確かに、そんな約束をした覚えが・・・」

西垣「そこでだ!今から実験に付き合ってもらう!」

向日葵「じ、実験ですか・・・」

櫻子「実験なら毎日私と松本先輩が付き合ってるじゃないですかー!」

西垣「それはそれ。これはこれだ」

櫻子「先生ずるい!!!」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 17:16:19.13 ID:u3b/FVQT0
向日葵「で、実験とは・・・」

西垣「これを飲んでくれるだけでいい」

向日葵「透明ですね・・・匂いもない・・・」

西垣「さぁぐいっと行け!」

櫻子「わ、私が飲むし!」

西垣「あーそれでも別に構わんのだが面白くない」

櫻子「面白くないってどういうことですか!?」

西垣「さあ大室早く飲め!」

櫻子「わ、私が飲むってば!!」

向日葵「いいえ。きっと先生にも何か考えがあってのことなのでしょう」

向日葵「私が飲みますわ」

櫻子「えー!?」

向日葵「・・・(えーい!)」ごくっごくっ

櫻子「あわわ・・・の、飲んじゃんった・・・」

向日葵「・・・あれ?」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 17:22:04.57 ID:u3b/FVQT0
櫻子「毒かー!毒だなー!うわー先生でも許さないんだからー!!!!」

向日葵「落ち着きなさいな。」

向日葵「別に特に変化は・・・」

西垣「んー?おかしいなぁ。そんなはずは・・・」

向日葵「!」ビク

櫻子「ど、どうした!?」

向日葵「な、なんだか・・・パ・・・」

櫻子「パ?」

西垣「おー成功したかー!」

向日葵「パンツが苦しいですわ?」

櫻子「え?」

向日葵「何ですの?」

櫻子「急に太る薬でも飲まされたのか!?」

向日葵「ち、違いますの・・・なんだか変な感覚が・・・」

櫻子「何言ってるんだよー!もーわけわかんないから、ちょっと見せろ!」



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 17:27:17.29 ID:u3b/FVQT0
櫻子「おりゃ!」メクリ

櫻子「」

西垣「おーやはり私は天才だったな!完璧じゃないか!」

向日葵「ちょ、櫻子!スカート下ろしてください!」

向日葵「先生までなんなんですか?」

櫻子「・・・」

向日葵「櫻子?」

櫻子「・・・生えてる」

向日葵「え?」

櫻子「向日葵にオ○ンチンが生えてるー!!!!!」

向日葵「そ、そんなまさか!」

向日葵「」

向日葵「生えてますわ」

西垣「これで二人の夜のたしなみに困ることはないだろう?」

西垣「我ながら自分の天才ぶりが恐ろしい」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 17:33:53.01 ID:u3b/FVQT0
向日葵「・・・あ、あの別になくても困らなかったのですが・・・」

向日葵「これはどれぐらいしたらなくなるんですか?」

西垣「何を言っている!それは完全版だぞ?」

西垣「一生なくならないに決まっているだろう」

向日葵「」

櫻子「」

西垣「なに気にするな。金は取ったりしない」

西垣「先生からの二人へのささやかな贈り物だ」

向日葵「・・・一生」

櫻子「なくならない・・・・」

西垣「どうした二人とも?」

西垣「お前らだって子供の沢山いる家庭のほうが楽しいだろう」

西垣「これからは作りたい放題だ」

西垣「あーでも学生のうちはダメだぞ?今の子だけでも大変だろう?」

向日葵・櫻子「・・・」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 17:43:11.29 ID:u3b/FVQT0
京子「おーっす!」

結衣「こんにちは」

あかり「先生こんにちはー」

あかり「あーそれに向日葵ちゃんと櫻子ちゃんもー」

ちなつ「こんにちはー」

櫻子・向日葵「・・・」

京子「んー?なんか二人が変だけど西垣ちゃんなんか言ったの?」

西垣「失礼なことを言うな私は善意ある行動を取っただけだ」

西垣「二人は今感動してる最中なんだ」

綾乃「歳納京子ー!!と櫻子と向日葵じゃない。こんなところで何しているの?」

千歳「綾乃ちゃ~ん、ちょっと待って~」

千歳「あ~先生に大室さんと古谷さんや~何してんの~?」

綾乃「さぁ?」

西垣「今、私が二人にビッグサプライズでビッグなプレゼントをして盛り上がっていたところだ」

西垣「見るか?私の最高傑作」



218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 17:51:36.09 ID:u3b/FVQT0
京子「え~?何なに?」

綾乃「ちょっと気になるわね」

あかり「わーなんだろぅ」

結衣「どうせろくでもないって・・・」

京子「そんなこと言って本当は結衣も気になってるくせにー」

結衣「う、うるさいな!(まぁ確かにちょっと気になるけど)」

ちなつ「ちょっと京子先輩!結衣先輩をいじめて遊ぶのやめてください!」

京子「え~?ちなつちゃん今のひょっとしてジェラシー?」

京子「ちなちゅちゃーん!!愛してるよー!!ちゅっちゅー!!」

ちなつ「だからって私に引っ付いてこないでください!!」

綾乃「歳納京子!ちょっと黙りなさい!!」

千歳「(綾乃ちゃん必死でかわええなぁ・・・)」めがね外し

綾乃「そんな吉川さんばかり見てないで私をもっと見て」

京子「そんなに自分だけを見つめていてほしいのかい?綾乃・・・」

千歳「・・・ブ」鼻血ダラダラ

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 17:59:02.22 ID:u3b/FVQT0
あかり「わ!池田先輩!ティッシュティッシュ!!」

綾乃「千歳!?」

千歳「あ~・・・極楽や~」

綾乃「だ、ダメだわ・・・」

綾乃「千歳は放っておきましょう・・・」

あかり「えー!?いいんですか!?」

綾乃「いつものことだから大丈夫よ」

あかり「はぁ」

京子「で、西垣ちゃん!プレゼントって何あげたの?」

西垣「薬だ」

綾乃「まさか飲んだら爆発するとか・・・」

西垣「おいおい私がそんな危ないもの造るわけないだろう?」

一同「(いつも爆発させてる気が・・・)」

西垣「今回のものは私の最高傑作だ!大室!古谷!みんなに見せてやってくれ!!」

櫻子・向日葵「・・・」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 18:06:03.10 ID:u3b/FVQT0
あかり「あれ?二人ともどうしたの?」

京子「もったいぶるなよー!」

結衣「(そんなに凄いものなのか)」

ちなつ「(なんだろう?)」

綾乃「?どうしたの二人とも?」

櫻子・向日葵「・・・」

西垣「感動しているのはわかるが客をあまり待たせるものではないぞ?」

千歳「は・・・!な、なんや?いつの間にか気ぃ失ってもうてた!」

綾乃「あ、気がついたわね」

千歳「今どうなってるん?」

綾乃「さぁ大室さんと古谷さんが西垣先生に凄いプレゼントをもらって今から見せてくれるらしいんだけど」

千歳「けど?・・・なんもおこっとらんで~?」

綾乃「そうなのよ。二人とも黙ったままだし」

千歳「動く様子もないな~」

京子「ちょっとー西垣ちゃーん!何もおこらないじゃーん」



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 19:08:19.79 ID:u3b/FVQT0
西垣「二人ともどうした?」

櫻子・向日葵「・・・」

西垣「なんだ?・・・おーい二人ともー!」

櫻子・向日葵「・・・」

西垣「仕方がない。私が見せてやろう!」

西垣「私が二人に送ったプレゼントはこれだ!!」ぐい

一同「(・・・?)」

西垣「おいおい、何でわからないんだ?」

西垣「あーそうか!パンツがあるからわからなかったんだな?」

西垣「はい」ズル

あかり「」

ちなつ「な!」

京子「え”!」

結衣「は!?」

綾乃「えー!!!?」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 19:16:56.07 ID:u3b/FVQT0
千鶴「あら~」

西垣「どうだ?素晴らしいだろう?」

京子「ちょ・・・西垣ちゃん・・・それ・・・」

あかり「」

ちなつ「あ!あかりちゃんが白目むいてる!!」

ちなつ「じゃない!きゃー結衣先ぱーい!!」だき

結衣「み、見てない!私は何も見てない!!」

綾乃「そ・・・そんな・・・あ、あれって・・・」

千鶴「立派なオチン○ンやな~」

西垣「そうだろう?以前作った薬を改良して大きなオチ○チンを生やすことに成功したのだ!」

西垣「前に作ったのは一定時間しか保つことができなかったんだが、それも改善することができた!」

西垣「これは、そんな欠陥を解消した一生消えないオチ○チンを生えさせる薬だったのだ!」

西垣「素晴らしいだろう?」

一同「・・・」

西垣「ん?どうした?拍手くらいしてもいいんだぞ?」


230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 19:23:52.17 ID:cCdHP7t9P
千鶴じゃなくて千歳じゃないのか

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 19:24:04.63 ID:u3b/FVQT0
京子「・・・す、凄いかもしれない」

綾乃「ちょっと!歳納京子ーーー!!」

結衣「おい!京子空気読め!」

ちなつ「きゃー結衣せんぱーい!!こわーい!!」抱き

結衣「だ、だからちなつちゃんも落ち着いて!」

綾乃「古谷さん大丈夫!?」

千鶴「大室さんもいつもの元気が感じられへん」

西垣「みんなどうしたって言うんだ?」

松本「・・・」

西垣「え?みんなドン引きしている?」

西垣「いやいや、そんなはずはないだろう」

松本「・・・」

西垣「ふむ・・・確かに中学生に生のオ○ンチンを見せるのは少し刺激が強かったかもしれないな」

西垣「でもこれは二人の為の発明なのだからなー」

松本「・・・」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 19:24:38.85 ID:u3b/FVQT0
>>230
すまん
すぐ間違える


234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 19:31:55.13 ID:u3b/FVQT0
西垣「え・・・?二人が喜んでない?」

西垣「そんなまさか・・・喜んで声も出せないくらいだぞ?」

松本「・・・」

西垣「なに!?絶句している!?」

西垣「そんな馬鹿な!?おい二人とも、ちゃんと答えてくれ!?何が悪かったんだ?」

櫻子「・・・らなかった」

西垣「ん?すまん。よく聞こえなかった」

櫻子「オチン○ンなんていらなかったのにー!!!」

西垣「ちょ・・・なんで怒ってるんだ!?私は二人の将来のために・・・」

櫻子「もー!今大変なのは先生の薬のせいだったのにーーーー!!!」

西垣「た・・・確かにそうだが・・・将来的には・・・」

西垣「お、おい古谷も何とか言ってやってくれ?」

向日葵「・・・」

西垣「・・・え?・・・そ、そうなのか?」

松本「・・・」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 19:39:01.45 ID:u3b/FVQT0
西垣「し、しかし将来子作りするいざと言う時になければ・・・」

松本「・・・」

西垣「え?それはその時渡せばよかったんじゃないかって?」

西垣「・・・ふむ・・・あー・・・なるほどな・・・・確かにそういう考え方もあるかもしれないな」

西垣「こ、これは私が失敗してしまったのか・・・?」

松本「・・・」

西垣「・・・そ、そうか・・・」

西垣「二人ともすまない!そんな考え方があるなんて思いもしなくて」

櫻子「うー!!」

向日葵「・・・」

西垣「わ、私に出来ることがあったら何でも言ってくれ!!」

松本「・・・」

西垣「え?生える薬が作れたんだからなくす薬も作れるんじゃないかだって?」

西垣「はっはっは!馬鹿なことをいうな私の作った薬は完璧なんだぞ?」

西垣「それに作り方も忘れてしまったしな」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 19:45:34.00 ID:j2n6OjHYO


237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 19:47:02.05 ID:u3b/FVQT0
松本「・・・」

西垣「え・・・それじゃダメ?何がだ」

松本「・・・」

西垣「あ、そうか。いま二人がほしいのはなくす薬だからか」

西垣「これは困ったなぁ・・・もう生えてしまっているし」

京子「ちょっと西垣ちゃん向日葵ちゃんが可哀想だから何とかしてあげれないの?」

綾乃「わ、私も何とかしてあげてほしいです」

西垣「うーむ・・・そうは言われてもなぁ」

西垣「うーん・・・やったことはないが手術か・・・」

京子「手術?」

西垣「うむ。性同一性障害という病気を聞いたことはないか?」

京子「ちょっと聞いたことないなぁ」

結衣「体と精神が合致しなくて困ってる人たちの病気だよ」

京子「へーそうなんだ」

西垣「そこで私が手術して古谷に生えてるオチ○チンを切り落とす!」



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 19:55:29.16 ID:u3b/FVQT0
綾乃「・・・うわぁ」

西垣「そして人工的に女性の性器を作り出す!」

京子「な、なるほど」

京子「で、西垣ちゃんにはそんなこと出来るの?」

西垣「なに、前に本で読んだしテレビでも見た事がある」

結衣「それって違法なんじゃ・・・」

西垣「む・・・確かに私は医師の免許持っていないからなぁ」

西垣「でも大丈夫だ!ここにいる全員が黙っていてくれれば何とかなる」

綾乃「どこからそんな自信が出てきているのかしら・・・」

千歳「まぁ先生はいつもこんな感じやし」

西垣「機械を修理するようなものだろう?私は天才だから大丈夫だ!」

櫻子「ちょっと先生!黙って聞いてたら酷いじゃないかよー!!」

櫻子「向日葵の体のことなんだぞー!」キー

西垣「わかっている。だから先生の腕を信用しろ」

櫻子「今までの流れでどこに信用する要素があったんだー!!!!」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 20:01:59.45 ID:u3b/FVQT0
西垣「お前らだって知ってるだろう?私の腕を」

櫻子「知ってるから言ってるんだよー!!」

向日葵「・・・いいですわ」

櫻子「え!?で、でも!!」

櫻子「向日葵の体改造されちゃうんだぞ!?」

向日葵「・・・」

櫻子「医者に行きたいんだったら私もっと頑張って働いてお金稼ぐから!!」

綾乃「そ、そうよ。大室さんの言うとおりだと思うわ」

結衣「私も、ちゃんとしたお医者さんに見てもらおう?」

千歳「せやで~お医者さんやない人に手術なんてさせたらあかんとウチも思うわ~」

向日葵「・・・違うんです」

櫻子・京子・綾乃・千歳「え?」

向日葵「・・・私・・・その・・・」

向日葵「・・・いいかと」

一同「え?」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 20:08:42.39 ID:u3b/FVQT0
綾乃「ちょ、そんなダメよ!ちゃんとしたお医者さんに・・・」

京子「そ、そうだぞ?爆弾仕掛けられたりしたらどうするんだ?」

結衣「違うだろ!あのね向日葵ちゃん、そういう手術って凄く血が出るらしいんだ」

結衣「だからこんな学校なんかで出来るものじゃないんだよ?」

千歳「せやで~」

向日葵「ち、違うんです」

京子「え?違うって何が?」

向日葵「その・・・」

綾乃「ど、どうしたのよ?何をそんなに悩んでいるの?」

向日葵「別に付いたままでもいいかなぁって・・・」

一同「え!?えええええええええええええ!?」

京子「女の子じゃないままでも良いってこと?」

綾乃「な?何で?意味が・・・」

結衣「ちょ、ちょっと向日葵ちゃん落ち着こう?」

向日葵「だ、だって・・・」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 20:14:02.04 ID:u3b/FVQT0
千歳「何で女の子に戻りたくないん?」

向日葵「その・・・」

櫻子「そうだよ向日葵!なんで拒否ってるんだよー!!」

向日葵「あ、あなたならわかるでしょう?」

櫻子「え?私?」

向日葵「そうですわ」

櫻子「ど、どうして私なの?」

向日葵「前に・・・その・・・いろいろしたじゃない?」

櫻子「いろいろってなんだよ?」

向日葵「い、いろいろは、いろいろですわ!」

櫻子「だからいろいろじゃわからないし!」

向日葵「パ、パイズリとかセックスのことです!!」

櫻子「」

京子「ん?どういうことだ?」

結衣「うるさい。今向日葵ちゃんが一生懸命喋ってるんだから黙ってろ」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 20:19:42.55 ID:u3b/FVQT0
櫻子「そ、それと手術受けたくないこととどう繋がるの・・・???」

向日葵「あ、あの時の櫻子・・・凄く・・・良さそうだったから」

櫻子「え?良さそうって何?」

向日葵「気持ち良さそうだったってことです!!」

櫻子「」

京子「おーなるほど」

櫻子「た、確かに気持ちよかったけど」

向日葵「だから良いんです」

櫻子「えー・・・いや・・・でも・・・」

向日葵「・・・」

櫻子「つまり向日葵は同じようなことを私でやりたいってこと?」

向日葵「・・・そうです」

京子「おいおい櫻子ちゃん!向日葵ちゃんにどんなことさせたんだよ」

櫻子「それはおっぱいではさんですりすりしてもらったり」

櫻子「お口に入れてみたり」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 20:26:54.52 ID:u3b/FVQT0
櫻子「最後はあそこに入れたんですけど・・・」

京子「おおー!!結構いろんなことしてたんだなぁ」

綾乃「ちょっと歳納京子うるさいわよ!」

ちなつ「(ゴクリ)」

櫻子「本当に・・・いいの?」

向日葵「・・・・」コクリ

櫻子「一生オチ○チンついたままなんだぞ?」

向日葵「・・・」コクリ

櫻子「と、トイレに行くときはどうするんだ?」

向日葵「もちろん女子用に行きますわよ!馬鹿!」

西垣「よーしよしよし!何だかんだで私の研究結果は間違っていなかったんじゃないか!」

松本「・・・」

西垣「結果を残したものが偉いんだからいいんだよ今は」

西垣「じゃあ古谷はオチン○ンが付いたままで問題ないと!はっはっは!!」

綾乃「まぁ・・・本人が良いっていうなら・・・」



246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 20:34:29.21 ID:u3b/FVQT0
千歳「せやな~本人の意思も大事やし」

結衣「うーん・・・真面目だと思っていた向日葵ちゃんがまさか・・・」

ちなつ「私は最初から賛成でしたよ!」

結衣「え!?」

松本「・・・」

西垣「そうかそうか。よし!あとは二人の気持ちの問題だな!」

西垣「いや後は大室の気持ちの問題か」

櫻子「え!?私!?」

西垣「それはそうだろう。だって古谷は大室とえっちなことがしたいから今のままで良いといってるんだぞ?」

櫻子「そ、そうか・・・あわわ・・・で、でも向日葵・・・」

向日葵「・・・何?」

櫻子「私・・・挟めるほど大きいおっぱい持ってない・・・」

西垣「問題ない!」

櫻子「え!?だってないとパイズリできないじゃん!」

西垣「お前のようにおっぱいが小さくても擦り付けてるだけでも気持ちよくなるもんだから安心しろ!」

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 20:40:38.54 ID:u3b/FVQT0
櫻子「そ、そうなのか・・・」

櫻子「向日葵・・・いいの?」

向日葵「うん・・・」

櫻子「・・・」

向日葵「櫻子・・・?」

櫻子「わかった!」

向日葵「!」ビク

櫻子「私、向日葵に気持ち良いこといっぱいしてあげる!」

西垣「よく言ったぞ大室!」

向日葵「さ、櫻子・・・」

京子「いやーやっぱ子供生んでる人は決断も大胆だねー」

結衣「まぁ・・・いいのかな」

ちなつ「私は凄くいいと思いますー!!キャー結衣先輩!!」ダキ

結衣「な、なんで今、私に抱きついてくるの・・・?」

綾乃「古谷さんは一度決めたらぶれないものね・・・仕方がないわね」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 20:49:53.50 ID:u3b/FVQT0
千歳「まぁ本人が幸せならそれでええんと違うかなぁ」

松本「・・・」

西垣「やっと松本も納得してくれたか」

西垣「じゃあ改めて二人のことを茶道部で祝ってやろうじゃないか!」

西垣「杉浦と池田、二人でジュースとお菓子を適当に買ってきてくれないか?」

千歳「!・・・ウチはちょっと鼻血出しすぎて貧血気味なんで代わりに歳納さんに行ってもらってもいいですか?」

京子「え?私?いいよ」

綾乃「ちょ!千歳!」

千歳「綾乃ちゃん歳納さんと二人っきりになるチャンスやで」(小声)

綾乃「な、なんで私が・・・」

京子「おーい綾乃ー早く行こうぜー」

西垣「じゃあ5000円渡しておくから好きなものを買って来い」

結衣「おい京子!ラムレーズン5000円分買ってきたりしたらぶっ飛ばすからな!」

京子「(チ・・・)わかったよーん」

結衣「杉浦さんごめんね?なんか悪さしたら容赦なく殴って良いから」



250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 20:55:18.24 ID:u3b/FVQT0
30分後

綾乃「お待たせしましたー」

京子「なんだよラムレーズン一個くらい買ってもよかったじゃないかよー私が食べるんだから」

結衣「うるさい」

ちなつ「じゃあ始めましょうか」

千歳「せやね」

西垣「うむ全員そろったな」

松本「・・・」

西垣「わかったわかった、そう急かすな」

西垣「じゃあ二人の更なる愛にかんぱーい!」

櫻子「向日葵・・・・」(小声)

向日葵「?・・・なんですの?」(小声)

櫻子「帰ったらえっちなこといっぱいしてやるからな」(小声)

向日葵「・・・馬鹿」(顔真っ赤)

おしまい


253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 20:57:52.72 ID:u3b/FVQT0
???「は!気を失ってた!!」

???「あ、あれ!?皆は!?」

???「なんか凄いものを見たような気がするんだけど・・・思い出せない・・・」

???「えーん!みんなどこー!?」アッカリーン

本当におしまい



256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 21:20:16.97 ID:w7O8vZsq0
向日葵ちゃんは淫乱

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

こんがり

Author:こんがり
2chSSのサイト。
色々と模索中です。
古いSSも随時追加していきます



2ch SSサイトの相互リンク、RSS歓迎です。

連絡はメール又はコメントに連絡ください。

 kongari.ss.0123★gmail.com

★部分を@に変えてください

ss読むついでに更新する感じなので、自分用に近いですが……

To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス) ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣 シナリオの基礎技術
サイト内検索フォーム
Twitter
 
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス) 百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
スポンサードリンク
カウンタ
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。