HOME 全てのSS RSS   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ゆるゆりSS  »  向日葵「さ、櫻子!き、き、キスの練習しませんか?」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向日葵「さ、櫻子!き、き、キスの練習しませんか?」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/01(火) 22:11:14.81 ID:+1ISGSE+P

櫻子「えっ…」

向日葵(言ったー!言いましたわー!吉川さーーーん!言いましたわよー!)

ちなつ(よし!よくやった!向日葵ちゃん!)コソッ

あかり(す、すごいよぉ///)コソッ

櫻子「…」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/01(火) 22:14:11.33 ID:+1ISGSE+P

~昨日の放課後~


櫻子「おい、向日葵!生徒会いくぞ!」

向日葵「わたくしは用事があるので、先に行っててください」

櫻子「えー…いいよ、一人で行くもん」シュン

向日葵「ご、ごめんなさい…」

櫻子「ふーんだ、ばーかばーか!」ダッ

向日葵「」イラッ

ちなつ「ふふっ、面白いもの見たね」

ちなつ「じゃあ、わたしたちも部室行こっか」

あかり「そうだね」

向日葵「あっ、お二人とも時間ありますか?」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/01(火) 22:16:32.27 ID:+1ISGSE+P

あかり「えっ?いいけど、用事は?」

向日葵「あれは嘘ですわ」

ちなつ「で、どうしたの?」

向日葵「そ、その…相談があって」

あかり「相談?なんでもきくよ!」

ちなつ「まぁ、暇だしね」

向日葵「ありがとうごさいます」

ちなつ「で、相談って?」

向日葵「じ、実はわたくし…」

あかり「う、うん…」ゴクリ…


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/01(火) 22:20:48.01 ID:+1ISGSE+P

向日葵「さ、櫻子が好きなんですの///」

あかり「え、うん」

ちなつ「うん」

向日葵「えっ?」

あかり「えっ?」

ちなつ「えっ?」

向日葵「は、反応がうすいですわね…」

ちなつ「まぁ、ねぇ?」

あかり「えっと…うん」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/01(火) 22:38:50.51 ID:+1ISGSE+P

向日葵「…まぁ、いいですわ」

向日葵「それで、その…櫻子と距離を縮めたいのですが…」

あかり「今のままでいいんじゃない?」

向日葵「今のままって…仲が悪いまま?」

ちなつ「あー…そっか」

向日葵「?」

ちなつ「他人から見たら夫婦だけど、本人たちはそーじゃないってこと」

向日葵「ふ、夫婦!?」カアアッ///


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/01(火) 22:59:06.81 ID:+1ISGSE+P

あかり「うーん、あれ以上距離を縮めるのかぁ…」

ちなつ「キスしちゃいなよ」

あかり「き…」

向日葵「キスぅ!?」カアアッ///

ちなつ「そーそー、キ・ス」

向日葵「で、でも…」

ちなつ「でもじゃない!」バンッ

向日葵「」ビクッ


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/01(火) 23:09:25.20 ID:+1ISGSE+P

ちなつ「あれ以上距離を縮めるにはそのぐらいしなきゃ!」

向日葵「よ、吉川さん…」

ちなつ「よし!そうと決まったら作戦を練ろう!」

向日葵「おー!」

あかり「お、おー」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/01(火) 23:19:44.43 ID:+1ISGSE+P

ちなつ「あれ以上距離を縮めるにはそのぐらいしなきゃ!」

向日葵「よ、吉川さん…」

ちなつ「よし!そうと決まったら作戦を練ろう!」

向日葵「おー!」

あかり「お、おー」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/01(火) 23:34:00.37 ID:+1ISGSE+P

ちなつ「とは言ってもなぁ…」

向日葵「うーん…」

あかり「キスの練習とか…」

ちなつ「それよ!」

向日葵「えっ?」

ちなつ「よし、作戦はこうよ」

あかり「うん」

ちなつ「向日葵ちゃんが櫻子ちゃんにキスの練習してと言います」

向日葵「いきなりハードル高いですわ!?」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/01(火) 23:42:57.38 ID:+1ISGSE+P

ちなつ「で、櫻子ちゃんとキスしていい雰囲気になるから告白して今度は練習じゃないよ、とか言えばいいんじゃない?」

あかり「さすがちなつちゃんだよぉ!」

向日葵「これでいけますでしょうか…」

ちなつ「いけるって!よし、明日の放課後、決行ね!」

あかり「おー!」

向日葵「お、おー!」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 00:04:30.47 ID:jn0bJ7hGP

~そして今~


向日葵「へ、返事をはやくしてほしいですわ」ドキドキ

櫻子「…」

あかり「櫻子ちゃん驚いてるよぉ」ヒソヒソ

ちなつ「そりゃそうでしょ、好きな人にキスしてって言われてんだもん」ヒソヒソ

櫻子「…」

向日葵(間が長いですわ…)ドキドキ


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 00:08:07.09 ID:jn0bJ7hGP

櫻子「やだ」

向日葵「えっ…」

ちなつ「えっ?」

あかり「えっ?」

櫻子「じゃあ、わたし帰るね」

ガララ

あかり「ひ、向日葵ちゃん…」

ちなつ「あの、ごめんなさい…」

向日葵「なんで謝るんですの?」ニコッ

ちなつ「」ゾクッ

向日葵「わたくしも帰らないと、さよなら」

ガララ

あかり「ちなつちゃん…」

ちなつ「どうしよう…」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 00:22:46.12 ID:jn0bJ7hGP

~古谷家~


楓(今朝、お姉ちゃんいつもより機嫌よかったの!)

楓(櫻子お姉ちゃんとなにかあったのかな?)

楓(お姉ちゃんが嬉しいと楓も嬉しいの!)

ガチャッ

楓「あっ、お姉ちゃんおかえ…」

向日葵「ヒック…ただいま…ヒックですの…」グスッ

楓「ど、どうしたのお姉ちゃん!?」

向日葵「なんでもないですわ…今日はもう寝ますわね」

楓「お姉ちゃん…」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 00:26:20.45 ID:jn0bJ7hGP

~次の日~


楓「学校、今日は休んだら?」

向日葵「いえ、もう大丈夫ですわ」

楓(まぶたが腫れてるの…)

向日葵「それでは、いってきますわ」

楓「いってらっしゃい…」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 00:37:10.41 ID:jn0bJ7hGP

~教室~


ちなつ「どうしよう…向日葵ちゃんに顔向けできない…」

あかり「あかりもだよぉ…」

ガララ

ちなつ「」ビクッ

あかり「」ビクッ

向日葵「おはようございます、お二人とも」

ちなつ「おはよう…」

あかり「お、おはよう向日葵ちゃん」

ちなつ「あ、あの向日葵ちゃん昨日は…」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 00:42:01.99 ID:jn0bJ7hGP

ガララ

櫻子「おはよーあかりちゃん、ちなつちゃん」

ちなつ「…おはよう」

あかり「おはよう櫻子ちゃん」

櫻子「…向日葵もおはよう」

向日葵「おはようごさいます」

櫻子「…」

向日葵「…」

ちなつ「あかりちゃん、どうしよう」ヒソヒソ

あかり「あかりもわかんないよぉ」ヒソヒソ


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 00:50:06.89 ID:jn0bJ7hGP

櫻子「…」

向日葵「…」

あかり「…」

ちなつ「…」

ガララ

先生「はい、席につけー。つかないなら京ちな書けよ」

櫻子「わたし、席につかなきゃ」

向日葵「わたくしも」

あかり「うん…」

ちなつ(ほんとにどーしよう…)


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 01:03:00.50 ID:jn0bJ7hGP

~放課後~


櫻子「じゃあ、わたし生徒会に行くね」

向日葵「わたくしも行きますわ」

ガララ

ちなつ「考えてるうちに学校、終わっちゃった…」

あかり「京子ちゃんたちに相談する?」

ちなつ「でも…」

あかり「あかりたちじゃ、いい案うかばないよぉ」

ちなつ「…そうだね、結衣先輩ならきっといい案だしてくれるよね」

あかり「よし!じゃあ、ごらく部に行こっか!」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 01:06:24.54 ID:jn0bJ7hGP

~生徒会室~


櫻子「…」カリカリ

向日葵「…」カリカリ

綾乃「…」

千歳「…」

櫻子「これ終わりました」

綾乃「え、あ、次はこれお願い」

櫻子「わかりましたー」

向日葵「…」カリカリ


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 01:17:40.54 ID:jn0bJ7hGP

綾乃「なにかあったのかしら…まだ一言も話してないわ」ヒソヒソ

千歳「喧嘩でもしたんとちゃう?」ヒソヒソ

綾乃「喧嘩ならいつもしてるじゃない」ヒソヒソ

千歳「せやなぁ」ヒソヒソ

綾乃「静かすぎて気が滅入るわ…」ヒソヒソ

千歳「確かになぁ、あの騒がしいのもないとさみしいなぁ」ヒソヒソ


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 01:27:28.18 ID:jn0bJ7hGP

綾乃「…」

千歳「…」

向日葵「…」カリカリ

櫻子「…」カリカリ

綾乃「あっ!歳納京子のプリントがあるわ!」ヒソヒソ

千歳「とりあえずごらく部に避難するかぁ」ヒソヒソ

綾乃「ちょ、ちょっとごらく部に行ってくるわね」

千歳「二人で留守番しとってなぁ」

櫻子「はい」カリカリ

向日葵「はい」カリカリ

ガララ

櫻子「…」カリカリ

向日葵「…」カリカリ


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 01:34:25.05 ID:jn0bJ7hGP

~ごらく部~


京子「なるほど、ちなつちゃんは自分のアドバイスのせいでちっぱいちゃんとひまっちゃんの仲が悪くなったのでどうにかしたいと」

ちなつ「はい…そうです」

京子「ちなちゅはやさしいな~」ガバッ

ちなつ「ちょ、ちょっと京子先輩!」

結衣「おいコラ」バシッ

京子「いてっ!」

結衣「それにしても大室さんが断るなんて意外だな…古谷さんのこと好きだと思ってたのに」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 01:44:03.36 ID:jn0bJ7hGP

あかり「うん…どうすればいいんだろう」

京子「多分、大丈夫だよ」

ちなつ「えっ?」

京子「二人っきりにすれば解決するって」

ちなつ「二人きりにしたらより気まずく…」

京子「わたしを信じなさいって!まずは二人っきりにさせないと…」

綾乃「歳納京子ーッ!」バンッ

千歳「こんにちは~」

京子「よし!ナイスタイミング!」

綾乃「えっ?」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 01:47:09.15 ID:jn0bJ7hGP

京子「みんなで生徒会室に行くぞー」

結衣「行ってどうすんだよ」

京子「の・ぞ・き・み☆」

ちなつ「趣味悪っ…でも、先輩の言うとおりなら見ないと…」

京子「ほらほら行くよっ!」

綾乃「えっ?なにがなんなの?」

結衣「ごめん綾乃、あとで説明するよ」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 01:50:30.83 ID:jn0bJ7hGP

~生徒会室~


向日葵(気まずいですわ…)

櫻子「…」カリカリ

向日葵(やっぱり櫻子はわたくしのことなんて嫌いなんですわ…)

櫻子「…」カリカリ

向日葵(わたしくしのことなんて…)グスッ

櫻子「」ビクッ

向日葵「うわーーん」

櫻子「ど、どうしたんだよ!?」

向日葵「わたくしのこと…ヒック嫌いにならないでください…ヒック」

櫻子「はぁ?」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 01:57:40.17 ID:jn0bJ7hGP

向日葵「もう、キスなんかねだりませんからぁ…ヒック」

櫻子「べ、別にきらいじゃないし…」

向日葵「櫻子ぉ…」

櫻子「ああ、もお!うるさい!」

向日葵「」ビクッ

櫻子「泣くんだったら、どっか行け!」

向日葵「うぅ…」

櫻子「好きな人のところにでも行けよ!」

向日葵「…は?」

櫻子「だから!お前の好きな人のところにでも行って慰めてもらえよ!」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 02:02:06.47 ID:jn0bJ7hGP

向日葵「わたくしの好きな人?」

櫻子「そーだよ!」

向日葵「あなた、わたくしの好きな人知ってますの?」

櫻子「知らないけど…とにかく最近好きな人できたんだろ?」

向日葵「…どこからそんな話がでてきましたの?」

櫻子「だって…キスの練習でしょ?ちなつちゃんみたいに好きな人のための…」

向日葵「いや、それは…」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 02:07:49.19 ID:jn0bJ7hGP

櫻子「うるさいうるさい!わたしは向日葵のことが大好きなの!練習なんかじゃいやなの!」

向日葵「なっ///」

櫻子「なのに…なのにっ!」

櫻子「うわーーん」

向日葵「櫻子…」

向日葵「ごめんなさい、櫻子」ギュッ

櫻子「なんだよぉ…ヒック」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 02:12:17.69 ID:jn0bJ7hGP

向日葵「わたくしも大好ですわ」

櫻子「はっ?」

櫻子「だ、だって…」

向日葵「あれはあなたとキスしたかったから言っただけですわ」

櫻子「じゃあ…」

向日葵「あなたの勘違いですの」

櫻子「はあああああ?」

向日葵「まったくもう…」

櫻子「まったくって、お前が勘違いさせること言うからだろ!」

向日葵「あなたがバカなだけですわ!」

櫻子「なんだとー!」

向日葵「なんですの!?」

櫻子「むー」

向日葵「むー」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 02:16:22.71 ID:jn0bJ7hGP

櫻子「…」

向日葵「…」

向日葵「櫻子」

櫻子「なんだよ」

向日葵「大好きですわ」

櫻子「わたしもだー!」ダキッ


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 02:24:29.90 ID:jn0bJ7hGP

~廊下~


あかり「あわわわ///」

綾乃「あわわわわ///」

京子「ほーらねっ!」

ちなつ「す、すごい」

千歳「なんでこうなるって分かったん?」

京子「勘かな?」

綾乃「は?」

結衣「こいつ、大室さんとちょっと似てるからな」

綾乃「あー、なるほど」

京子「こっからがいいところだよん」

あかり「?」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 02:30:38.68 ID:jn0bJ7hGP

~生徒会室~


櫻子「はぁ、向日葵あったかい…」ギュッ

向日葵「もう、抱きつきすぎですわ」

櫻子「いいじゃん!わたしたち恋人だよ?」

向日葵「そうですわね…」

向日葵「…」

櫻子「…」

向日葵「櫻子」

櫻子「なに?」

向日葵「キスの練習しませんか?」

楓「おわりなのっ!」



転載元 http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357045643/
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

こんがり

Author:こんがり
2chSSのサイト。
色々と模索中です。
古いSSも随時追加していきます



2ch SSサイトの相互リンク、RSS歓迎です。

連絡はメール又はコメントに連絡ください。

 kongari.ss.0123★gmail.com

★部分を@に変えてください

ss読むついでに更新する感じなので、自分用に近いですが……

To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス) ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣 シナリオの基礎技術
サイト内検索フォーム
Twitter
 
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス) 百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
スポンサードリンク
カウンタ
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。