HOME 全てのSS RSS   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  アマガミSS  »  純一「高橋先生と付き合い始めて二ヶ月目かぁ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純一「高橋先生と付き合い始めて二ヶ月目かぁ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 13:42:46.79 ID:w8UgoeTq0

純一「なんだか感慨深く感じるよ」

純一「そんでもって、明日は念願の遊園地デートだ!」

純一「よ、よーし…大人の女性と行くデートだ、ちゃんとお洒落して行かないとな…」

当日

純一「……」ドキドキ

純一(先生はまだかな…ちょっと早く来すぎちゃったかな…)

「あ、橘くーん」たったった

純一「えっ? あっ! おはようございます!」

高橋「おはよう、橘くん。もしかして待たせてしまったかしら」

純一「い、いえいえ! そんなことありませんって! 大丈夫です! 今来たところですから!」

高橋「そお? ふふふ、だったらいいのだけど。それじゃあ行きましょうか」すっ

ぎゅっ

高橋「ね、橘くん」

純一「は、はいっ」
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 13:52:00.39 ID:w8UgoeTq0

純一(ふ、ふぉお! せ、先生が僕の腕に手を絡めてくれて…!)

純一(柔らかい! なにがって全てかが柔らかいよ! …これは幸せすぎて大変だ…)チラ

高橋「ん、どーしたの橘くん。私の顔に何かついてる?」

純一「い、いや! なんでもないです! た、ただちょっと…その…緊張してしまって…」

高橋「緊張?」

純一「は、はい。こうやって二人で出掛けることって、そうあまりなかったですし」

高橋「ふーん」じっ

純一(うっ、すっごく見られてる…)

高橋「…くす、貴方もこういった時は緊張するのね、意外だわ」

純一「あ、あったりまえですよ! ……え、貴方も?」

高橋「うん? …うふふ、そうです」

純一「先生も緊張してるんですか?」

高橋「……ま、まあ。それなりにってことしからね」ぎゅっ

純一(頬が真っ赤に…うぐぐ、可愛いな本当にこの人は…)



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 13:57:47.80 ID:w8UgoeTq0

高橋「あ、橘くん? あと先生はやめなさいよ? もし誰かに聞かれたら確実に変に思われますからね」

純一「すみません! えっと、そしたら僕は先生の事を…」じっ

高橋「…先生の事、を?」じっ

純一「……」

高橋「……」

純一「…麻耶ちゃん、みたいな…?」

高橋「ま、麻耶ちゃん…」

純一「…駄目ですか?」

高橋「っ! そ、それぐらい……い、良いんじゃないかしらっ?」

純一「な、なるほど…そ、そうですよね! 僕らって付き合ってるわけですし!」

高橋「う、うんっ」

純一「………」

高橋「………」

純一「えっと…麻耶ちゃん、そろそろ行こうと思うんですかが…」

高橋「は、はいぃ! そ、そうね! こんな所でボーっとしてちゃ、時間がもったいないものね!」



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 14:06:10.97 ID:w8UgoeTq0

純一「それじゃあ行きましょうか」ぐっ

高橋「あっ…」

純一「あれ、どうかしましたか?」

高橋「う、ううん。なんでもないわ…うん、行きましょうか」

純一「はい!」

高橋「……」ドキドキ

高橋(橘くんが腕を引いてくれて、とっても力強くて…ああ! だめ、凄く私ってば緊張してる!)

高橋(なんなのよこれ…あれだけ昨日の夜に大人の女性としての品格を出来るよう、練習したっていうのに…ううっ)

高橋(今日は念願の…で、デートなのよ…彼をエスコート出来る年上として頑張らないとっ…!)

高橋(物凄く頑張るのよ、麻耶!)

三日前

きーんこーんかーんこーん

純一「ふぅ…今日も学校は終わりか」

高橋「あ、橘くん。ちょっといいかしら」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 14:14:11.35 ID:w8UgoeTq0

純一「高橋先生? なんですか?」

高橋「ご、ごほん! んんっ!」

純一「?」

高橋「……」チラ

純一「な、なんでしょうか?」

高橋「むー」

純一「??」

高橋「っ…ちょっとこっちに来なさい!」ぐいぐいっ

純一「えっ? ちょ、なんですか急に…!」

廊下

高橋「そのね…えっと…先生ね…」もじもじ

純一(突然廊下に引っ張ってどうしたんだろう、しかも人気の少ない北校舎まで)

高橋「っ…こ、これ! 橘くんに! 渡そうと思って先生は!」ばっ

純一「えっ? これって遊園地の…チケット?」

高橋「そうです! こ、こここれっ…! 先生と……行きません、か?」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 14:20:37.02 ID:w8UgoeTq0

純一「……。ええっ! こ、これを!? 僕とですか!?」

高橋「うん…」もじもじ

純一「え、あ、あのっ! えーっと……いいんですか僕となんかで?」

高橋「えっ!? どうして!」

純一「だ、だってその…色々と人目につく場所ですし…」ポリポリ

高橋「うっ…」びく

純一「あ、もちろん! 高橋先生と行きたいですよ! 遊園地! だけどやっぱり…」

高橋「…そ、そうよね…」すっ

純一「……」

高橋「やっぱりこういう関係だと、こういった娯楽施設なんて気軽に行けないものね…うん、わかってるのよ…」

高橋(友達から無理言って貰ったモノだったけど、仕方ないわ…友達と行こうかしら…うん…)

純一「先生」ぎゅっ

高橋「えっ、あ、はいっ!」

高橋(手を掴まれたっ?)



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 15:27:49.14 ID:w8UgoeTq0

純一「……えーと」

高橋「っ…??」ドキドキ

純一(勢いで掴んでしまったけれど、どうしようか…)

高橋「た、橘くん…?」

純一「そ、そのですね! 先生、あんまり悲しそうな顔をしないでください」

高橋「あ、うん…ごめんなさい…顔に出てたかしら…」

純一「まぁ…僕だってその気持ちがわからないでもないです。きっと楽しいですよね、遊園地に二人でいったら」

高橋「…うん」コク…

純一(かわいい)

純一「…楽しいなら、絶対に行きたいですよね」

高橋「うん」

純一「なら、行きましょうかやっぱり」

高橋「…え? ほ、本当にっ?」ぱぁああ



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 15:32:51.70 ID:w8UgoeTq0

純一「ええ、行きましょう高橋先生。大丈夫ですよきっと、そんな気がしますから」

高橋「そんな気がするって…」

純一「平気です。だから…」ぎゅっ

高橋「う、うん」

純一「一緒に遊園地、行きましょう高橋先生」ニコ

回想終わり

高橋「……」

高橋(あの時の橘くん…少し大人びて…うん、見間違いじゃなかったらカッコいい部類に入るんじゃないかしら…?)

高橋(ふふ、って違う違う! そういうことじゃなくて! 私がきっちり年上としてリードしないと駄目じゃない!)

高橋「しっかりしないと…っ」

純一「ん、何か言いました?」

高橋「えっ? あ、ううん! なんでもないのよっ」

高橋(が、頑張れ麻耶! 目指せ感動のフィナーレを!)



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 15:44:25.05 ID:w8UgoeTq0

純一「せん、麻耶ちゃん!」

高橋「うん? なにかしら橘くん」

純一「麻耶ちゃんって苦手な乗り物があったりしますか?」

高橋「苦手な乗り物? うーんと、そうねぇ特に無いけど、橘くんは?」

純一「ぼ、僕ですか? えっと、無いですよ」

高橋「そうなの?」

純一「も、もちろんです!」

高橋「それじゃあ気にせず色んなモノに乗れるわね、うふふ」

純一「は、はい…」

純一(見栄を張ってしまった…ううっ、本当は高所恐怖症なんだけどな…)

高橋「でもね、橘くん」すっ

純一「え、あ、はい…?」

高橋「きっと私は、橘くんと一緒に此処に来れた時点で…楽しい事何だと思ってるわ」

高橋「だから橘くんも。無理なんてしないで、素直に楽しんでくれたら…私も嬉しいと思うから」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 16:14:39.79 ID:w8UgoeTq0

純一「麻耶ちゃん…」

高橋「ね?」

純一「っ……」じーん

純一(なんて…なんて…この人は大人なんだろう。僕が見栄を張っている事を感付いて、遠まわしに気遣ってくれたんだ…)

純一「は、はい! 麻耶ちゃん!」

高橋「うふふ」

高橋(来たわね! やった…これこそ大人としての対応よ! うふふ、やっと年上らしい態度を見せる事が出来た)

高橋(事前に桜井さんに、彼の苦手な事とか嫌いな事とか散々聞いて置いてよかったわ…)

高橋(…というか桜井さんって、本当にご飯を奢ってあげただけで、根掘り葉掘り聞いてしまったけど)

梨穂子『えへへ~純一のことなら何だって聞いてくださいねぇ』

高橋(…ま、いいかしら。桜井さんも嬉しそうだったし)

高橋(とにかく今は今! 橘くんが高所恐怖症だと言う事は理解済み!)




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 16:36:21.00 ID:w8UgoeTq0

高橋(ともかくそれを隠そうと言う素振りが見当たった場合、私は年上としての余裕なる態度を見せつけるべき…)

高橋(完璧よ麻耶。なんて素晴らしいのかしら)

純一「じゃあ麻耶ちゃん! あれに乗りましょうよ!」びしっ

高橋「あ、はい。なにかしら?」

コーヒーカップ

純一「僕、これに乗るのって初めてなんですよね」

高橋「……………」

純一「ほら、公園にとか同じような奴あるじゃないですか。あれの上位互換みたいなもんなのかなって」

高橋「……………」

純一「…えっと麻耶ちゃん? どうかしましたか?」

高橋「えっ!? あ、ううん! なんでもないのよ! あは、あはは…!」

高橋(どうしよう、私、これ苦手だった)



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 16:45:06.92 ID:w8UgoeTq0

高橋(学生だったころに、友達とふざけて回しまくっちゃって、酷い目に会った事を忘れてた…!)

高橋「う、ううっ…」

純一「ま、麻耶ちゃん? 大丈夫ですか…?」

高橋「だ、大丈夫よ…? へ、平気に決まってるじゃない…っ」

純一「そ、そうですよね。すみません、変に気をつかってしまって」

『それでは夢のコーヒーカップ、スタートです!』ウィーン!

高橋「ひっ」ビクッ

純一「うおお! 動いてる!」

高橋「そ、そうね」

純一「んー、後はこの中央の円盤をまわせばいいのかな」ぐいっ

高橋「…」がしっ

純一「……ま、麻耶ちゃん?」

高橋「…」

純一「えっと…そうやって腕を掴まれると、回せないんですけど…」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 16:50:12.97 ID:w8UgoeTq0

高橋「…橘くん」

純一「あ、はい。なんでしょうか?」

高橋「…本当に、回すの?」

純一「ま、回しますけど?」

高橋「…本当に?」

純一「で、できれば」

高橋「……」

純一「も、もしかして麻耶ちゃん。これ苦手なんじゃ」

高橋「っ…」ビク

純一「…苦手なんですね」

高橋「ち、違うのよ! 苦手っていうか、その、あんまり良い思い出がないというか…!」ばっ

高橋「……その、ごめんないさい…」

純一「あはは、どうして謝るんですか。いいですよ、苦手なら苦手で」

高橋「ううっ…」

純一「麻耶ちゃんも、苦手な乗り物があったんですね。それが知れて僕は…ちょっと嬉しいですよ」



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 16:54:50.75 ID:zsm8AIuf0

高橋「う、嬉しい?」

純一「は、はい。だってあれだけ学校では完璧なのに、こういった乗り物が苦手なんて…」

純一「その、可愛いなって思ったりして、その、あはは」

高橋「か、かわいい…」カァ

純一「う、うん。えっと麻耶ちゃん!」

高橋「は、はい!」

純一「ゆっくりと回すぐらいなら平気ですか?」

高橋「そ、それぐらいなら…多分、大丈夫だと思うわ」

純一「わかりました。それじゃあ、一緒に回しましょう、ね?」

高橋「う、うん…」

ぐいっ…

純一「そうです、そんな感じで…おおっ」

高橋「きゃあ! えっ? どんな感じ? こんな感じでいいのかしらっ?!」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 16:59:40.60 ID:zsm8AIuf0

純一「そんな感じで! うぉお! 早い!」

高橋「た、橘くん! 今どんな感じ!? 良い速さかしら!?」

純一「良い感じですけど! ちょ、ちょっと速過ぎるような…っ!」

高橋「えっ? 何て言ってるの!?」

ゴォオオオオオ

純一「はやいって思う、です、けど、麻耶ちゃん!? 目をつぶってません!?」

高橋「もうちょっと速くした方がいいかしら!?」

純一「今の速度ホントに分かってますか!? 速過ぎて──」

グォングォングォン!

高橋「きゃああああ!!」
純一「うぁああああ!!」

数分後

純一「…す、凄かったですね…」

高橋「…な、何が何だか分からなかったわ…」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 17:04:30.06 ID:zsm8AIuf0

純一「うっ…」ぐら

高橋「え、大丈夫!? 橘くん…具合悪いの…?」

純一「だ、大丈夫ですよ…ちょっとふらついただけなんで…」

高橋「ご、ごめんなさいっ…私のせいよね。ううっ」

純一「あはは、大丈夫ですって。しかも、ほら。麻耶ちゃん」

高橋「うん?」

純一「乗れましたよ。ちゃんと最後まで楽しんで」

高橋「え…?」

純一「麻耶ちゃんが苦手だった乗り物が楽しく乗れたから、良かったじゃないですか」

高橋「あ…うん…」

高橋「…その、ありがと」

純一「いえいえ、でもちょっと…飲み物買いに行っても良いですか…?」

高橋「ど、どうぞ!」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 17:10:13.94 ID:zsm8AIuf0

純一「ちょっと行ってきまーす」たったった

高橋「……」フリフリ

高橋「…はぁ」

高橋「やっちゃった…私ってば本当に…」

高橋(焦って何が何だが分からなくなって…橘くんに迷惑を…)

高橋(し、しっかりしないとっ! だめよ、こんなことで挫けちゃ、まだ始まったばかりじゃないっ)

高橋(…でも、彼もあんな風に気を使ってくれるのね)

高橋「今度こそ、ちゃんと最後まで…!」メラメラ!

チョンチョン

高橋「…あら?」

きびにゃん「!」ピース

高橋「きびにゃん…?」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 17:14:41.82 ID:zsm8AIuf0

きびにゃん「…!」コクコク

高橋「どうしてここにきびにゃんが…って、当たり前よね。ここ遊園地だもの」

きびにゃん「…」

高橋「…?」

きびにゃん「…」じっ

高橋「な、なにかしら? きびゃん…何か私に用、なのかしら?」

きびにゃん「…」すっ…

きびにゃん「!」グッ

高橋「…ガッツポーズ?」

きびにゃん「!!」びしっ

くる… ぎゅぴ ぎゅぴ ぎゅぴ

高橋「行っちゃった…」

高橋(一体なんだったのかしら…)

純一「麻耶ちゃん? どうかしたんですか?」

高橋「ひゃあ!?」びく



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 17:19:07.12 ID:zsm8AIuf0

純一「うわぁ! びっくりした…」

高橋「えっ、あっ、ごめんなさいね! えっともう体調は大丈夫かしら?」

純一「だいぶ良くなってきましたよ。あと、これ麻耶ちゃんの分です」すっ

高橋「これ? 私のって…うん、ありがとう。あ、お金渡さないといけないわね」

純一「いいですって、お金なんて」

高橋「でも…」

純一「是非奢らせてください、それが男ってもんですよ」

高橋「…くす」

純一「ど、どうして笑うんですか!?」

高橋「なんでもないわよ。ちょっと橘くんって…ううん、やっぱりなんでも無いわ」

純一「…からかってますか、もしかして」

高橋「そんなことないわよ? ほんとーに、本当よ」

純一「なら、いいですけど…」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 17:25:54.16 ID:zsm8AIuf0

高橋「ごく…あ、これって…」

純一「うん? あ、麻耶ちゃんってリンゴジュース好きですよね?」

高橋「そうよ、あれ、君にこのこと言ってたかしら?」

純一「あはは。憶えてませんか? 前に販売機前で何が美味しいか話し合った事」

高橋「その時に?」

純一「ええ、言ってましたよ。『私はリンゴジュースが好きなのよ』って」

高橋(私だって憶えてない事を…憶えててくれたんだ)

純一「あ、もしかして口にあいませんでした…?」

高橋「そんなことないわ! ぜんぜん!」ブンブン

純一「それは良かったです」ニコニコ

高橋「……」ちゅるるる

高橋(何だか彼のペースに乗っけられているような気がするのは気のせいかしら…)じゅるる…



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 17:31:48.60 ID:zsm8AIuf0

純一「……」チラ

高橋「……」ジュルル…

純一(よ、よし! 麻耶ちゃんが好きなものを抑えてて良かったぞ!)

純一(実は販売機の前で、先生の好きな飲み物を聞く事が出来なかった)

純一(しかし! 全生徒の好き嫌い(食べ物部門)を把握している梨穂子によってそれは解消されている!)

梨穂子『えへへ~昨日と今日で良い日がいっぱいだよぉ!』

純一(お礼にご飯を奢ったら、なんて言ってたけどどういう意味だったのかな…)

純一(まあ気にしたってしょうがないよ。ここは成功したんだ、やったぞ僕! やれば出来るじゃないか!)

純一「…だが、ここからが僕が頑張るべき…」ボソボソ

高橋「…? どうかしたの、橘くん?」

純一「えっ!? えっとー…あはは」

高橋「?」

純一(よ、よし。頑張るんだ、舞台は整っている…後は口にするだけだ…)ドキドキ



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 17:33:03.66 ID:qYNfrO6z0

梨穂子優秀過ぎワロタww





56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 17:40:33.78 ID:zsm8AIuf0

純一「ま、麻耶ちゃんっ?」

高橋「なにかしら?」

純一「えっと、その、あのですね…」

純一(言うんだ橘純一! 男を見せろ!)キリッ

純一「そのりんごジュース、どんな味なのかなぁって…気になったりするんですけどー…」

高橋「えっ?」びくっ

純一「…少し、僕にくれたり出来ませんか?」

高橋「こ、これを…?」

純一「は、はい」

高橋「で、でも…私が口をつけて…」

純一「むしろ全然大丈夫です!」

高橋「…むしろ?」

純一「い、いえ…気になるんです! どんな味なのかすっごく気になるんです僕は! お願いします!」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 17:47:10.90 ID:zsm8AIuf0

高橋「ええっ、そんなに気になってるの…?」

純一「ものすごく! これでもかってぐらいに!」フンス

高橋「えっ…あっ…」

高橋「……それじゃあ、交換条件です!」

純一「え? 交換条件?」

高橋「え、ええ。私のをあげますから、君のを…私に渡しなさい」

純一「で、でも…これもリンゴジュースですけど…?」

高橋「えっ…?」カァアア

純一「い、いや! 嘘です! リンゴジュースらしき、りんごの飲み物です!」

高橋「そ、そうなのね! じゃあ大丈夫ね、一緒に飲み比べしましょう!」

純一「は、はい!」

高橋「じゃ、じゃあ…ど、どうぞ…」すっ…

純一「ありがとうございます!」

高橋「う、うん…」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 18:02:41.68 ID:zsm8AIuf0

純一(来た! これぞ僕が待ち望んでいた瞬間だ…!)

純一「頂きます」

高橋「……っ…」ドキドキ

すっ

純一「……」ちゅるるる

高橋「っ…!」

純一「ごくん」

高橋「……」

純一「美味しいですね、本当に美味しかったです!」つややか

高橋「…そ、そう」

純一「ええ! じゃあ麻耶ちゃんも…」

高橋「えっ?! あ、そう、よね…うん…交換条件だものね…」すっ

純一(本当に飲んでくれるのだろうか)じっ

高橋「そ、そんなに見るんじゃありません!」

純一「すみませんっ」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 18:07:11.14 ID:zsm8AIuf0

高橋「…これを、飲むのよね…」

純一「……」チラ

高橋「…っ~~~!」そぉー…

ぱくっ

高橋「ちゅる…ちゅる…」

純一(うぉお! 飲んでる! 僕が口を付けたジュースに、ストローに…!)

高橋「…ごくん」

純一「ど、どうでしたか?」

高橋「…お、美味しかったわよ…うん」カァアア

純一「そ、それは良かったですね!」

高橋「………」

純一(顔が真っ赤でいらっしゃる…多分、僕も同じように真っ赤なんだろうな…うう、気恥ずかしい)

純一(って、あれ? あれは…)

きびにゃん「!」びく



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 18:11:46.91 ID:zsm8AIuf0

純一(あの植木の陰から覗いてるの…きびにゃん?)

きびにゃん「っっ」そそくさ!

純一「…?」

高橋「た、橘くんっ!」

純一「は、はいィ! なんでしょうか!?」

高橋「も、もう飲み比べはいいんじゃないかしらっ? ね、というか良いと言いなさい!」

純一「はい! もう大丈夫です! ありがとうございました!」

高橋「じゃあ、これは返すわよっ」ぐいっ

純一「はいっ」すっ

高橋「もうっ…」

純一(あれ? これで返しあったらまた間接キスなんじゃ…)

高橋「っ…ぱく、じゅるる」

純一(あ、麻耶ちゃんは飲んでるや。じゃあ僕も…)じゅるる

高橋「じゅるる」ドキドキ

純一「じゅるるる」ドキドキ



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 18:17:37.54 ID:zsm8AIuf0

高橋「次は…何処行こうかしら」

純一「えっと、けっこう乗り物あるみたいですけど。麻耶ちゃんは何が乗りたいですか?」

高橋「私は…」チラ

高橋「…そうね、あれなんてどうかしら」

ゴォオオオオ!! キャアアアア!!

純一「ジェットコースター……ですか…?」

高橋「うん」

純一「麻耶ちゃん…」

高橋「行きますよ」ぐいっ

純一「えっとですね、まだ言って無かったですけど僕が苦手な乗り物が」

高橋「大丈夫よ、先生がついてるもの」

純一「ここぞとばかりに!」

高橋「ええ、人生と先輩として教えてあげますけどね。橘くん?」

高橋「──苦手な事は乗り越えてこそ、成功に近づく一歩となるのよ」

純一(確実に飲み比べの仕返しだよこれ! 顔がにやにやしてるし!)



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 18:21:14.51 ID:zsm8AIuf0

ガタンコトン…

純一「………」ガクガク

高橋「きゃ~! 高いわねぇ!」

純一「まままままま、まやっ…まやちゃっ!」

高橋「んー? どうしたの? たっちばなくん?」

純一「ど、どなって、どなっていますか、今…っ?」

高橋「えっとねぇ、今は頂上付近まで登り切るかしらって所よー」

純一「ぐぉおおっ…」

高橋「くすくす。怖がりすぎよ君は、もっと楽しみなさい! 今のスリルを!」

純一「た、楽しんでる暇なんてありませんよ! 怖すぎてっ…! 目が開けられませんって!」

高橋「橘くん」

純一「な、なんですか」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 18:30:00.34 ID:zsm8AIuf0

高橋「…私はもっと君にね、色んな可能性を見て欲しいと思ってるの」

純一「なんですか急に…! 大事な話ですか!?」

高橋「黙って聞いてなさい。だからね、橘君にはもっともっと視野を広げて沢山の景色を見てくれたらって思う」

純一「…は、はい」

高橋「橘くん、今、ちょっとだけ勇気を出して目を開けてごらんなさい」

純一「……」

高橋「その閉じた瞼を開けて、目の前に広がる景色を目に納めるの。これが今いる自分の場所だと言う事を」

高橋「──今の君が選んだ場所だと言う事を、自分の目で確認するのよ」

高橋「──そしてこれから、君が大切に思うべき景色があるのかを見定めるの」

純一「…麻耶ちゃん」

高橋「さあ勇気を出して。君になら出来るわ、きっと橘くんになら…」すっ…ぎゅっ

純一「っ……わかりました、僕にだって乗り越えるべき問題はたくさんあるんです…!」すっ

純一「だから! 僕は怖がらない!」カッ!

高橋「あ、もう落ちるわよ」

純一「えっ──うわぁああああああああああああああああ!!!」



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 18:36:17.59 ID:zsm8AIuf0

高橋「きゃああああああああ!! あははは!!」

純一「うぁああああああああ!!!!!!」

ゴォオオオオオオ!! グォォォォォ!!

~~~

高橋「くすくす、いやー凄かったわねぇ! 久しぶりに大声をあげちゃったわ!」

純一「」

高橋「コラ。橘くん、なにをへばってるの」

純一「…だってですね…酷いですよ…」

高橋「どうして?」

純一「どうしてって…麻耶ちゃん…」

高橋「ふふ、冗談よ。ごめんなさい、だって君が怖がりすぎなんだもの。悪戯だってしたくなるじゃない」

純一「ううっ…」

高橋「ん。そうね、そろそろお昼にしましょうか」

純一「…え、もうそんな時間ですか? あ、本当だ」

高橋「待ち時間が長かったもの。それじゃあ何処かで食べましょう」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 18:44:12.97 ID:zsm8AIuf0

フード店

純一「何にしますか?」

高橋「うーん…」

純一「あ、これなんて美味しそうですね」

高橋「ん、どれどれ…うっ、これは…」

純一「駄目ですか?」

高橋「それは、私にはちょっと~」

高橋(やっぱりこういった場所はカロリーが凄いのが多いわ…うう、駄目よ、食べたいのは山々だけど…)

高橋「…それじゃあこの、サラダセットで」

純一「これでいいんですか? すぐにお腹が減っちゃうんじゃあ」

高橋「い、良いんですっ」

純一「わ、わかりました。じゃあ僕はこの手羽先セットで。あ、あとその唐揚げもひとつ」

高橋「おお、若いわねぇチョイスが」

純一「あはは」

高橋(…なにかこう、年の差を感じちゃうわ…こういうのって)



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 18:51:16.07 ID:zsm8AIuf0

高橋(気にしちゃ駄目だって思うのだけれど、やっぱりねぇ…
    彼と付き合い始めて二カ月ちょい…色々と慣れてきた所あるけど、まだまだ頑張らないと…)

純一「麻耶ちゃん」

高橋「あ、うん。どうかしたの?」

純一「……」じっ

高橋「な、なに?」

純一「…なにか変な事考えてませんか?」

高橋「えっ!?」

純一「…なんかそんな気がして」

高橋「そ、そんなことなわよっ…? どうしたのよ急に、変な橘くんね」

純一「そう、ですよね。ごめんなさい」

高橋「う、うん」

高橋(びっくりした…もしかして顔に出てたのかしら、気を付けないと…)

純一「……」

パンパカパーン!!

高橋&純一「えっ?」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 18:58:29.94 ID:zsm8AIuf0

園内アナウンス『おめでとーうございま~す! なんと、お客様が当店御来客数二万人目の方でっーす!』

純一「お、おおっ?」

『なので何と! 何と! 豪華賞品『きびにゃんランチセット』のプレゼントー! にししし!』

『あ、駄目だよ。声拾っちゃうから笑っちゃ』

『あ、そうなの~? ごめんねぇ逢ちゃん』

『あの、この声を入ってると思うよ…?』

『あ、本当! 消して消して美也ちゃん!』

『わぁ! どれどれ!? ボタンどれ紗江ちゃん!』

『えぇー! こ、これじゃないの…? えいっ』プチン

純一「………」

高橋「………」

店員「…というらしいので、待ってください。持ってきますので」

高橋「あ、はい。お願いしますね…」

純一「…今の声って、どう考えても…」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 19:04:41.14 ID:zsm8AIuf0

純一(あ、そういえば…バイトを始めたとか何とか言ってた気がするな。ここだったのか)

高橋「えっと、橘くん? なんだか聞き覚えのあるような声が、聞こえた、気がするのだけど」

純一「そ、そうですね」

高橋「……」

純一「大丈夫ですって! こう、きっと大丈夫だと思います。聞き覚えのある声の人たちと…出会うことなんてないですって!」

高橋「そ、そうかしら…?」

純一「は、はい!」

店員「おまたせしましたー、手羽先セット。サラダセット、あと豪華賞品きびにゃんランチセットです」

純一「お? 来ましたよ麻耶ちゃん!」

高橋「は、はい」

きびにゃん「!」ピース

純一「って、あれ? きびにゃんじゃないか」

店員「豪華賞品きびにゃんランチセットは、きびにゃんから祝福を受けながら食べるというものなので」

高橋(商品じゃないわよねこれって…)



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 19:08:07.37 ID:zsm8AIuf0

~~~

きびにゃん「…」

純一「そ、それじゃあ頂きましょうか」

高橋「そ、そうね」

きびにゃん「…」

純一「…」もぐもぐ

高橋「…」サクサク

きびにゃん「…」じっ

純一&高橋(物凄く食べにくい…)

純一(というか、きびにゃんの所為で周りから注目浴びてるし…)

高橋(そもそも、きびにゃん自体が凄く見つめてくるから…)

純一「えっとぉ、麻耶ちゃんっ?」

高橋「な、なにかしらっ? 橘くん?」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 19:12:58.36 ID:zsm8AIuf0

純一「ここの手羽先って、凄く味付けが凝ってて美味しいです」

高橋「そうなの? あ、そういえばこのドレッシングも中々に美味しいわね」

純一「本当ですか? ちょっと貰っても…」

高橋「……」

純一「じょ、冗談ですって! 違います、さっきとは違いますから!」

高橋「もうっ…」

くいっ

純一「…え?」

高橋「ほら、はやくしなさいっ…ただえさえ注目を浴びてるんですから…」

純一「い、いいんですか?」

高橋「こ、これはお詫びです…さっき君をいじめたから、その、お返しよ」

純一「…ありがとうございます」

高橋「ど、どうして君が感謝するのっ」

純一「あはは、そうですよね。では…あーん」ぱく



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 19:17:57.85 ID:zsm8AIuf0

高橋「ど、どお?」

純一「もぐもぐ、確かに…今まで食べた事のない味です。美味しい」

高橋「でしょ! ふふ、こういうのって意外と好みが分かれたりするものなのよ?」

純一「ドレッシングが、ですか?」

高橋「ええ、マヨネーズが良いとか、ゴマドレが良いとか、紫蘇が良いとか」

純一「ほうほう」

高橋「だから人それぞれに合った味があると、私の経験で語れるわねぇ」もぐもぐ

純一(あ、間接キス…)

高橋「だから、ね…その、きっと…橘くんは~」チラ

純一「あ、はい」

高橋「もし…仮にもし…い、一緒に住むことになったら…その、相性が良いわねってことで…うん…」もぐもぐ…

純一「え、ええっ! えっと、あ、はい! そうですね! 確かにそうだ!」

高橋「…う、うん」

純一「あはは…」


きびにゃん「…」



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 19:26:08.32 ID:zsm8AIuf0

純一「えっと、その…麻耶ちゃん」

高橋「…な、なにかしら?」

純一「これからもっと…こうやって色々な事、話せていけたら僕は嬉しいなって思います」

高橋「どうしたの、急に?」

純一「あはは。今もそうですけど、麻耶ちゃんの事を僕はまだまだ知らなくて」

純一「また麻耶ちゃんも僕の事を良く知らないと思います」

高橋「……」

純一「これがもし、もっと普通の関係なら…早くにお互いの事を知れるんだと思うんですけど」

純一「僕と麻耶ちゃんは、そう簡単に行かないって事はわかってるから…」

高橋「橘くん…」

純一「だ、だからですね! もっともっと会話して、好きな事とか嫌いな事とか!
    一緒に知って理解して、経験していけたらいいなって思うんです!」

高橋「…うん」

純一「…なので、なんていうか、頑張りましょう。一緒に」

高橋「…ありがと、橘くん」

きびにゃん「…」



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 19:32:00.11 ID:zsm8AIuf0

高橋「…そうね、そうよね。私もそう思うわ」

高橋「橘くんと一緒に遊園地だなんて、二か月前の私は想像にもしてなかったともうわ」

高橋「…だけど私は今、橘くんと…」

純一「……」

高橋「…うん、色々と大変な事が沢山あると思います。しかし、私は決して諦めないわ」

高橋「頑張りましょう。ね?」

純一「はい!」

きびにゃん「っ」ガッタ!

高橋&純一「うわぁ!?」

きびにゃん「…」

純一「な、なんだ?」

高橋「っ…っ…?」ドキドキ

きびにゃん「…」くる…ぎゅぴぎゅぴぎゅぴ

純一「どっかに行ってしまった…」

高橋「な、なんだったのかしら…?」



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 20:23:00.54 ID:zsm8AIuf0

純一「そうえいば、さっきいもきびにゃんを見たなぁ…」

高橋「え、橘くんも? 私もさっき一人の時に見たのよ」

純一「…なんかきびにゃんにつけられてる、とか無いですよね?」

高橋「どうして私たちがつけられなきゃいけないの」

純一「うーん…」

ぎゅぴ!

高橋「あ、あれ?」

純一「え、どうかしましたか?」くるっ

きびにゃん「!」ピース

純一「きびにゃん! もう戻ってきたんだ」

きびにゃん「?」

高橋「あっちに走って行ったのに、また店から出てきたような…」

きびにゃん「…」

きびにゃん「!」



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 20:26:12.45 ID:zsm8AIuf0

きびにゃん「!!」びしっびしっ

純一「えっ? あ、うん。あっちに…そうそう、きびにゃんが歩いて行ったよ?」

きびにゃん「…」くる

だだだだだ!!

高橋「…行ってわね」

純一「…行きましたね」

高橋「こう、突っ込むのも野暮だとは分かってるのだけれど。何人もいるのね、きびにゃんって」

純一「そ、そうですね。大変だなぁこういう仕事って言うのも」

高橋「とりあえず、食べましょう橘くん」

純一「あ、はい」

~~~~

きびにゃん「……」たったった

きびにゃん「!」ずさぁあ…


きびにゃん2「……」



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 20:33:28.06 ID:zsm8AIuf0

きびにゃん「…」

きびにゃん2「…」


すたすた…ぴた


きびにゃん「…タイムシフト的には、ここの区域にはきびにゃんは居ない筈なんだけど」

きびにゃん2「…」

きびにゃん「アンタ、ここの従業員じゃないわね。それぐらいのシフト理解してないと見ると」

きびにゃん2「…」

きびにゃん「答えなさい、何物よアンタ!」

きびにゃん2「──くっく」

きびにゃん「っ!?」

きびにゃん2「…何を語るのかと思えば、シフトだなんて。笑っちゃうわ」

きびにゃん「アンタ…」

きびにゃん2「だって、そうでしょう? 同じ穴のムジナのくせに、そうも仕事熱心アピールをされちゃうと、ね」ぐいっ

「──ねぇ、棚町さん?」



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 20:39:19.78 ID:zsm8AIuf0

きびにゃん「アンタはっ…!?」

「そうそう、言いたい事が幾つかあるのだけれど。まあ気にしなくたっていいわ、私だって気にはしてないし」

「──ここの遊園地、彼の知り合いが全て居るわよ?」

きびにゃん「なっ!?」

「あはは。なぜかしら、どうしてかしら、不思議ねぇ」

きびにゃん「なにをっ…なにをしたのよアンタはぁ!」

「何もしてないわよ。変な疑いをかけないでくれる? これは彼が引き起こした問題であって、私には関係のない事」

「…そして、貴女にも関係の無い事よ」

きびにゃん「くっ…」

「ふふ、どうしたの? なんだかちょっと哀れねぇ…何を一人で頑張っていたのかは知らないけれど、私は貴女に憐みをかけてあげるわ」

「あと最後に一つだけ、貴女に言っておくことがあるけどいいかしら」

きびにゃん「…」

「あのね、棚町さん。秘密とは、暴かれるまでが重要なのよ」

「暴かれた秘密など、もうそこには重要性ない」



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 20:47:30.56 ID:zsm8AIuf0

きびにゃん「どういう意味よ…?」

「こういう意味よ」バッ

きびにゃん「!」

「…ここにあるのはカメラ、ふふ、どういう意味なのかは分かるわよね?」

きびにゃん「アンタァ…ッ!」

「私が学級委員長である限り、問題は起こさせはしないのよ」

きびにゃん「っ…!」

「後悔も、未練も、心残りも、全て最初から無かった事にする」

「──止めるのよ、彼の想いを完璧に」

きびにゃん「っ……させるかぁあああああああああ!!」ババッ

「!」

ずさぁあ…

きびにゃん「アンタは分かって無いわ! アイツがどれだけの努力を重ねて、今を維持しているかを!」

「…」

きびにゃん「させるもんですか! アイツのっ…純一の想いを守るって決めたんだから!」



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 20:59:06.23 ID:zsm8AIuf0

きびにゃん「アイツの努力はハンパなものじゃないってこの!私が! ちゃんと分かってる!」

「はっ、笑わせないで」

きびにゃん「何が何でも止めるわよ、アンタの思惑なんて。ふざけるんじゃないわよ、絶対に止めてやるんだから!」

「…私は思うのよ棚町さん? こうやって身内に知られ、断念する方がよっぽど安心だって」

「貴女もそう思うでしょう? だから、ね?」

きびにゃん「馬鹿言わないでよ、アンタは何もわかっちゃーいないわ」

きびにゃん「アイツに断念だって言う言葉は、相に合わないったらしょうがないわよ」

「……」

きびにゃん「後悔しないさい。アンタがアタシに見つかった事は、運命よ」スポ!

棚町「──その企み、根本からぶっつぶしてやんわ」

「…くす、あまり強い言葉は吐かない事ね。棚町さん、とってもとても、弱く見えちゃうわ」すっ

絢辻「──これだから恋愛脳は馬鹿なのよ、現実を見せてあげるわ」

だだだだだ!! ガッキィイイイイイ!!
~~~

純一「アイス美味しいですね~」

高橋「ね~」



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 21:06:17.42 ID:zsm8AIuf0

純一「あ、そうだ麻耶ちゃん」

高橋「なにかしら?」

純一「あれ、入ってみませんか? ここで有名なアトラクションらしいですよ」

高橋「あれって…」

高橋「ああ、お化け屋敷?」

純一(あれ? 反応が薄い?)

高橋「…ふふ、橘くん。私が苦手だと思ってた?」

純一「じ、実は…」

高橋「ぶっぶー、残念だったわねぇ。流石にこの年になって、ああいったのは体制ついてるわよ?」

純一(ぐっ…情報収集を怠ったか…!)

高橋「でもせっかくだし、入りましょうか」

純一「…そうですね、入りましょう」



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 21:09:53.80 ID:zsm8AIuf0

~~~

高橋「け、けっこう雰囲気あるわね…」

純一「そうですね…」

高橋「むぅ…ちょっと油断し過ぎたかも…」ボソ

純一「あれ? もしかして麻耶ちゃん、怖いんですか?」

高橋「……」ボス!

純一「痛っ」

高橋「…からかうんじゃありません、あのですね、こう言った時に君がすることは…!」

純一「あはは、そうですよね。わかってます」

ぎゅっ

高橋「あ…」

純一「じゃあ行きましょう、麻耶ちゃん」



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 21:14:49.87 ID:zsm8AIuf0

高橋「え、ええ…」

純一「暗いので足下とか気を付けてくださいね」

高橋「あ、うん。って、きゃああ!?」ズルッ

純一「ちょっ!」ぐい

ズッターン!

純一「いたた…だ、大丈夫ですか?」

高橋「へ、平気よ…だけど、んっ!」

純一「へっ?」もにゅ

高橋「その手を…どけてくれたら、もっと平気かと思うわ…」

純一「うわぁああ! すみません! 違うんです! これはっ…!」ばばっ

高橋「そ、そんなに慌てなくてもわかってます! …私が引っ張ったから…その…」

純一「あ、はい…そうなんですけど、その…」

純一(うぉお…柔らかかった…なんていう弾力…)



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 21:19:44.99 ID:zsm8AIuf0

高橋「…橘くん?」

純一「は、はい! なんでしょうか先生!」

高橋「先生はやめて。そしてさっきからどーして、右手をじっくりと眺めてるのかしら?」

純一「な、なんでもないですよ! あは、あはは!」

高橋「っ…もう…!」

高橋(び、びっくりした…力強く、に、にぎ、ううっ…やっぱり若い子って、こういったことの方が好きなのかしら…?)チラ

純一「…っ?」

高橋(って、ダメダメダメ! 友達にも言われたけど、若い子って直ぐにそう求めてくるそうじゃない!
    気安くこういったことを許しちゃあ後にどんどんとエスカレートしていくに違いないわ…きっと、そうよ!)

純一「麻耶ちゃん…?」

高橋「っ……橘くん!」

純一「は、はい!」

高橋「ま、前を向いて歩きないさい!」

純一「え、ええ?」

高橋「…その後ろを私がついていきますから、いいですね!」



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 21:23:24.89 ID:zsm8AIuf0

~~~

純一「……」すたすた

高橋「……」すたすた

純一「…麻耶ちゃん、その~」

高橋「なにかしらっ?」

純一「えっと、どうしてこう…離れて歩かないと駄目なんですか…?」

高橋「とうぜんの事です、黙って歩きなさい」

純一「は、はいっ」

高橋「……」

すたすた

純一(なにか見覚えがあると思えば、これパーティが歩いた時と似てるんだ)

純一(うう、やっぱり怒ってるのかな。思いっきりもんじゃったし…)ニギニギ

純一(にしても柔らかかったなぁ。麻耶ちゃんの、今日の日記に書いておこう)



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 21:29:22.55 ID:zsm8AIuf0

高橋(ちょっとやりすぎかしら。で、でも! そうじゃないと何だか面目がつかなくて…)

高橋(だけど、そういうのはキチンと話しておかないと駄目、なのかしら)

高橋「…橘くん」

純一「こう形はどうだったとか、手に残った感触とか……は、はいぃ! なんですか!?」

高橋「その、ね…ちょっと訊きたい事があるのだけど…」もじもじ

純一「は、はい」

高橋「私たちがつ、付き合い始めて……二ヶ月経つじゃない?」

純一「そうですね…」

高橋「そ、それでそのっ……色々とその、恋人? らしいこってあの、あんまりーかなぁって思うわけです…けど」

純一「……」

高橋「橘君的に…今の関係は、大丈夫なのかなって思ったりするわけで…」

純一「えっと、つまり今の関係は僕にとって最高なのかってことですか? 僕は全然良いですよ?」

高橋「…本当に?」



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 21:34:41.55 ID:zsm8AIuf0

純一「当たり前じゃないですか。僕はこれ以上のことなんて、求めてませんし」

高橋「……」

純一「勿論、麻耶ちゃんとはもっと仲良くなりたいって思ってます。けれど、それがまだ出来るような関係じゃないって事もわかってます」

高橋「そ、そうなのね…」

高橋(なんだか私よりしっかりした考えをもってるじゃない…ううっ、年上失格ね…)

純一「…だけど」くる

高橋「え…?」

純一「僕はやっぱり、何があっても麻耶ちゃんと近くに居たいです」

高橋「……」

純一「どんな壁があっても、こうやって想いを伝えて、受け取ってもらえる関係になれたのなら」

純一「麻耶ちゃん、僕は貴女を幸せにさせ続けたい」

高橋「っ……」ババッ

高橋(ひゃー)



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 21:39:13.12 ID:zsm8AIuf0

高橋(にゃにそれ、にゃー! 卑怯、卑怯じゃないそれって!)

高橋(すっごくきちゃうじゃないの! …ああ、本当に私ってばっ!)

高橋「…あ、ありがとう…本当に嬉しい…から、うん…」もじ

純一「そ、そうですか? よかった~…引かれたらどうしようかと」

高橋「っ……」

純一「あはは…」

すっ…ぎゅっ

高橋「…その、行きましょう…橘くん」

純一「え、あっ、はい! 行きましょうか!」

すたすた

~~~

純一「ふぅ、なかなか怖かったですね」

高橋「そ、そうね。うん…」

純一(噂されるほど怖くなかったけど、あれかな、何か問題でもあったのかな?)

高橋「……」ドキドキ



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 21:44:32.08 ID:zsm8AIuf0

純一「えっと、大丈夫ですか? なんだか顔が赤いような気がするんですけど」

高橋「だ、ダイジョブデス! ヘイキデス!」

純一(なぜかロボットが喋ってるように聞こえる)

純一「…ちょっと休憩しますか?」

高橋「へ、平気よ! う、うん…」

純一「そうですか、あ、でもちょっとお手洗い行っても良いですか?」

高橋「ど、どうぞ」

純一「あはは、すみません」

たったった

高橋「……っはぁ~~~~!!」

高橋「だめね、本当にダメ、ものすごく意識しまくっちゃってる…」

高橋(こういった感情も大分慣れてきたと思ってたのに、せめて学校では出さない様にしてきたのに)

高橋(…にしても、本当に彼は…なんていうか…ぎゅにゅー!)



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 21:50:32.93 ID:zsm8AIuf0

高橋「もう…年上とか、年下とか…関係ないって思った方がいいのかしら」

高橋「あの子はあの子で、私は私。一人の人間で、男と女…」

高橋(ここまで深く関係を強めてしまって、流石に生徒だからなんて思わないけれど)

高橋(あの子のことを、彼の事を、私は本当に本当に…)

高橋「好──」

チャラチャチャー! チャチャ!

イナゴマスク「こんにちわ」

高橋「……」

イナゴマスク「弱気を助け、愛と正義を守る! そう、イナゴマスクよ!」ババーン!

高橋「……」

イナゴマスク「……お隣良いですか」

高橋「……ど、どうぞ…?」

~~~

純一「ふぅ。あとは先生の所に…」たたっ

「むむむ。待ちなさい、そこの少年ボーイ!」



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 21:58:20.41 ID:zsm8AIuf0

純一「えっ!?」

「ふふーふ! こんにちわ少年! 私は怪人イカ女!」

純一「い、イカ女!?」

「驚いたっ? 驚いたでしょ! わおわお!」

純一(な、なんだか何処かで聞いたことのあるような口調だけど…変声機つかってるせいでどうも…)

イカ女「そんなこんなで、お隣良いかしら?」

純一「ど、どうぞ…?」

~~~

高橋「…てなわけでして…」

イナゴマスク「なるほど。それは大変ですね」

高橋「はい…」

イナゴ「ふむ、生徒と先生での恋愛は難しいモノだと思います」

高橋「それは…そうなんでしょうけど」

イナゴ「今は違った問題でも?」

高橋「……」



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 22:08:25.88 ID:zsm8AIuf0

高橋「彼と付き合い始めて二か月…大変な事はあったけれど、なんとか此処まで乗り越えてきて」

高橋「色々と互いに知って行けれたと思うんです」

イナゴ「……」

高橋「生徒と先生。そんな感情の壁は抜け出されたと、自分自身でもそう思えていて…」

高橋「…それが最大の壁だって思っていれば、そうでもなくて…」

イナゴ「…年の差、ということですか?」

高橋「……言ってしまえば、そうなんですけどね、ふふ」

イナゴ「……」

高橋「彼とは十歳以上はなれてて、それがまさか…こうも自分を抑えつけてくると思ってなかった…」

高橋「ある意味自分の欲求というのか、そういうのに素直な性格だと思ってたのに」

高橋「いざ経験してみると、後悔する事ばかりで」

イナゴ「後悔?」

高橋「…本当に私が彼と付き合ってよかったのかと。一人の男性と女性として、良い関係を結べるかと」

高橋「本気で……彼を好きになっても良いのかな、なんて思ったりするんです」



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 22:14:03.06 ID:zsm8AIuf0

イナゴ「…駄目なんでしょうか、好きなっては」

高橋「…どうなんでしょうか、私には、わかりません」

イナゴ「…なんていうか、その、急にこんな事言ってしまうのもあれだと思われますけど」

高橋「はい?」

イナゴ「──案外弱いんですね、貴女って」

高橋「…え?」

~~~

イカ女「ふーん、そうなのねぇ。前途多難ねぇ」

純一「はい…」

イカ女「でも大好きなんでしょ? そしたらもーグッ!っとグッ! っと男らしく押し倒しちゃえば?」

純一「押し倒し?!」

イカ女「イエス!」

純一「…それもありなのか、イカ女さん的にもありなんですか!?」

イカ女「あ、それはないわ。やられたら絶交するわねー」



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 22:18:46.97 ID:zsm8AIuf0

純一「ええー…」

イカ女「そりゃそうよ? そんなオオカミな男の子は、彼女から嫌われちゃうぞ~?」

純一「……」

イカ女「んん~! このイカ焼き美味しいぃ~! …あ、でもね? 好きな男の子からってのは別かも」

純一「好きな?」

イカ女「うんうん」

純一「それは…」

イカ女「わかるのかな? ううん、きっと君は分かってないと思うよ、本当の意味をね」

純一「えっ?」

イカ女「君はきっと、好きだから許してくれる! なんて思っちゃったりしたかもしれないけれど、そうじゃないの」

イカ女「好きな男の子から押し倒される。それを許してくれる、なんて──君だけの問題じゃない?」

純一「……」

イカ女「そうじゃなくって、君だけの問題で捉えるんじゃなくって、相手の事をよーくよーく考えてあげるの」

イカ女「どうして押し倒しちゃったか、どうしてそこまでなっちゃったかを、考えてね」



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 22:26:14.63 ID:zsm8AIuf0

純一「つまり、どういうことなんですか?」

イカ女「うふふ! 想いよ、少年ボーイ!」

純一「想い?」

イカ女「そう! 女の子がほんとーに欲しいのは行動力じゃないの、何よりも強い相手からの想い!」

イカ女「好きだって想い、抱きしめたいって想い、押したおしちゃいたいって想い!」

イカ女「──女の子が欲しがってるは、その想い!」

純一「……」

イカ女「そして女の子はその想いを受け止めるの。彼氏から送ってもらえる想いを、全てちゃんと受け止める」

イカ女「だからこそ、好きな男の子から押し倒されても、許してくれる」

イカ女「だって、強い想いを受け取ったんだもの」

純一「……」

イカ女「君は凄い子よ、だって年上の人を自分に恋させたんだから」

イカ女「私はまーだわからないけれど、きっと、その人は……」

イカ女「…そうやって悩む君の想いを、きちんと理解していると思うけどなぁ~ふふふ!」



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 22:34:20.98 ID:zsm8AIuf0

~~~
高橋「…どういう意味ですか、それ」

イナゴ「そのままの意味です、貴女は弱いです」

高橋「……」

イナゴ「何を勘違いされているか、よく分からないですけれど」

イナゴ「…人から好きになってもらえておいて、好きになっても良いかだなんて」

イナゴ「都合が良すぎると思います」

高橋「っ……」

イナゴ「結局は自分のことしか考えてない。自分の感情の都合でしか物事を捉えてない」

イナゴ「…それでいて、他人からの感情を抑えつけている」

イナゴ「自分勝手すぎですよ、貴女」

高橋「だけどっ…!」

イナゴ「素直になったらいいじゃないですか」

高橋「……」

イナゴ「何を意固地になってるんですか。弱いなら弱いと、自己評価をきちんとすべきです」

高橋「…私は…」



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 22:38:23.60 ID:zsm8AIuf0

イナゴ「はぁ~…また悪い癖だわ、本当に…」ぼそ

高橋「えっ…?」

イナゴ「……よく聞いててください、一回しか言いませんから」

高橋「…?」

イナゴ「あのですね、人は好きになったのなら弱くなるものです!」

イナゴ「他人からのストレートな想いをぶつけられる関係になったのだから当たり前です!」

イナゴ「それに悩み、考え、苦悩するのは人それぞれ! やり方も人それぞれ!」

イナゴ「貴女もまた解決の方法を、自分にあった関係性を見つけるしかない!」

イナゴ「以上!」

高橋「は、はい…」

イナゴ「…ううっ…何を本当に上から目線に…私だって経験の一つもしてないくせに…」

高橋「あの~…」

イナゴ「な、なにかなっ?」



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 22:43:36.52 ID:zsm8AIuf0

高橋「えっと、ありがとう…なんていうか、その…すっきりとはいかないけれど…」

高橋「…頑張ろうって思える気が、してきたわ」

イナゴ「……」

イナゴ「そ、そうかね! それは良かったぞー!」

高橋(なぜか声が裏返ってる…?)

イナゴ「ご、ごほん。ともかく! さっき弱いと行ったけれど…貴女はきっとそうじゃないと思うわ」

高橋「……」

イナゴ「そういった弱みを自覚出来ている。それこそが強者よりも真なる強者なのよ!」

高橋「勉強になるわ」

イナゴ「ううっ…」びくっ

高橋「…?」

イナゴ(い、言いきってしまったわ…年下のクセして、わかったようなことを言ってしまった…)

イナゴ「と、とにかく! 幸せになりたまえっ~! 愛と正義を守るイナゴライダーはいつも君の傍いに居るよ~っ?」



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 22:48:09.54 ID:zsm8AIuf0

イナゴ「で、ではっ!」シュババ!

高橋「あっ…」

高橋「行ってしまったわ…お礼をまだ言って無かったのに…」

高橋(…弱みを自覚してこそ、真なる強者…ね)

高橋「…うん、そうよね」

高橋「って、あれ?」

イナゴ「はぁっ…はぁっ…」

高橋「また戻ってきたの?」

イナゴ「そのっ…はぁ…えっと、多分、だけど…貴女の恋人が…ふぅ…」

高橋「私のっ?」

イナゴ「か、怪人イカ女につ、捕まってまして…!」

高橋「…え?」



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 22:51:47.47 ID:zsm8AIuf0

~~~

イカ女「ふふーふ! どうだどうだー! この人質をとった怪人イカ女に弱点はないぞー!」

純一「うわぁああー」

イカ女「あ、コラ! もっと迫真の演技をするのよ!」

純一「…いや、無理ですよ…こんな雰囲気じゃ…」

子供「やめろー! イカ女ー!」

子供「はなせー! やめろー!」

イカ女「だめよー! 絶対に離さないんだから! それならあなた達も触手でぬるっぬるに…」

「やめろー! 怪人イカ女!」

イカ女「こ、この声は! ひび──」

イナゴ「ちがーう! イナゴマスクよ! イナゴマスクッ!」

イカ女「うん! そうだったわね!」



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 22:55:13.27 ID:6RxNwzrM0

純一「おお、イナゴマスクだ。こんな所にも表れるんだなぁって、麻耶ちゃん!?」

高橋「橘くん!?」

イカ女「むむむ? もしかして、彼女が君の?」

純一「そ、そうです!」

イカ女「そうなのね…ふふふ!」

純一(なんだろう、その不敵な笑みは…)

イカ女「そこのひび、じゃなかった…イナゴマスクの隣に居る女の人!」

イナゴ「…?」

高橋「わ、わたし?」

イカ女「貴女はこの少年……の、恋人らしいわねぇ!」

高橋「っ…!」

イカ女「むーむーむー? あれあれ、どうかしたのかしら? …恋人じゃないのかしら?」

高橋「それは…」



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 22:59:07.47 ID:6RxNwzrM0

純一「麻耶ちゃん…」

イカ女「ね、ねえねえ君! 本当に彼女なのっ?」

純一「そう、ですけど…」

純一(これだけ人目がつく場所でその発言は…)

高橋「……」

純一「っ…いいですよ! 無理しなくても! 所詮はイベントですし!」

イカ女「むっ」

高橋「橘くん…」

純一「僕は平気なので! 後は僕がなんとかするので、どこか行っててくれたら嬉しいです!」

高橋「……」

イナゴ「彼の言う通りだと思うわ」

高橋「えっ…」

イナゴ「ここは何もしなくていい。あの子が、いや、怪人イカ女が勝手にしちゃったことだから」



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 23:03:20.40 ID:6RxNwzrM0

イナゴ「貴女がなにかするべき問題じゃないの。ここは私が、イナゴマスクがやるべき場所」

高橋「……」

イナゴ「大丈夫、ちゃんんと人質の子は取り返すわ。…じゃあ、それでは」だだっ

高橋「あっ…」

イカ女「ふぅん、イナゴマスクがきちゃんうだ。それもよーし!」

イナゴ「少しお痛が過ぎるわよ──イカ女」ばばっ

イカ女「そーかしら? ふふふ、ジャンケンに負けてこっちの役になったのは残念だったけれど…」

イカ女「…こうやって面白い事に立ち会えた事に感謝しなくちゃね」

イナゴ「……覚悟!」だっ

イカ女「わお! わおわお!」

「──待って!」

純一「…!」



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 23:07:03.67 ID:6RxNwzrM0

イナゴ「…」

イカ女「む~?」

高橋「待って! その、えっと…何て言えば良いのかは分からないけど…」

純一「麻耶ちゃん…?」

高橋「その子は…ううん、そうじゃなくって…ああ、もう!」

高橋「その人は離して戦いなさい! 私の──」


高橋「──私の彼氏で、恋人なんだから! 怪我させたら承知しないわよ!」


イナゴ「あ、ごめんなさいっ…」

イカ女「わぉー…そーり…」

純一「……」

高橋「はぁっ…はぁっ…え、あっ、うん……」

子供「すげー! 怪人とイナゴに謝らさせたー!」

子供「ねえちゃんすげー!」

高橋「えっ? えっ? そ、そお?」



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 23:10:38.49 ID:6RxNwzrM0

イナゴ「…離しなさい、イカ女」

イカ女「わかってるわよ…それじゃあ行きないさい、少年ボーイ」とん

純一「わわっ」

イカ女「お幸せにね、うふふ」フリフリジュルジュル

イナゴ「幸せに」グッ!

純一「……はい!」

くるっ たったった

高橋「え、サイン? それはちょっと…」

純一「麻耶ちゃん!」

高橋「あ、橘くん! 怪我は無い…?」

純一「ええ、大丈夫です。麻耶ちゃんが…声をはって止めてくれたから」

高橋「そ、そうなの…えっと、うん…あのね橘くん…」

純一「ありがとうございます」

高橋「……お礼なんて、言わないでよ…っ」



157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 23:15:11.11 ID:6RxNwzrM0

純一「言わせてください。だって、その……恋人ですし、ね」

高橋「………」カァアア


イナゴ「さて、どうするのはるか」

イカ女「んー? どうしよっかひびきちゃん」

イナゴ「どうもしようもないわよ。だって、ちゃんと確かめたんでしょ」

イカ女「そうねー、ラブラブだったわねー」

イナゴ「嫉妬でもしてるの?」

イカ女「まさか」

イナゴ「ふふ、そうね。嫉妬しようにも、あれだけ人前でイチャイチャされれば」

イカ女「…そういえばひびきちゃん、そのイナゴマスクの衣装ってちょっと透けてるよ」

イナゴ「えっ!?」

イカ女「ブラがって、ああ待ってひびきちゃん! カムヒァー!」たたたた

~~~

高橋「色々とあったけれど、もう夕方になるわね」



158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 23:19:06.80 ID:6RxNwzrM0

純一「そうですね、もう夜になりかけの時間だ…」

高橋「うん…」

純一「…今日は、その楽しかったです」

高橋「私もよ。その…新鮮で楽しかったわ」

純一「あはは。いつもは麻耶ちゃんの家とかに遊びに行くぐらいでしたし」

高橋「ど、ドライブもやったでしょう! それだけ言うと…ちょっとやらしいじゃない…」

純一「え、でも普通にお泊まりしただけで、特にそんなこと…」

高橋「い、いいから黙ってなさい!」

純一「す、すみません」

高橋「…とりあえず、最後にアレ乗る?」

純一「…えっと」

高橋「…やっぱり、駄目?」

純一「ううっ…頑張ります!」



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 23:22:58.75 ID:6RxNwzrM0

観覧車

純一「………」

高橋「だ、大丈夫なの? さっきから全身が震えてるけど…」

純一「だっだだだっだだいじょうぶです!」

高橋「…しょうがないわねぇ」すっ

ぎゅっ

純一「えっ…」

高橋「これでどうかしら、ふふ、落ちついた?」

純一「えっと…はい…」

純一(麻耶ちゃんが僕を横から抱きしめてくれて…あ、でも本当に落ちついてきたかもしれない)

高橋「ゆっくりでいいから、周りの景色もみてみなさい」

純一「はい…」すっ

純一「おおっ…」

高橋「綺麗よね、すっごく」



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 23:28:50.53 ID:6RxNwzrM0

純一「あ。あれって僕らが乗ったジェットコースターですよね?」

高橋「そうね、また帰りに乗ってみる?」

純一「…勘弁してください」

高橋「じょーだんよ、えっと、その隣は…コーヒーカップ。また嫌な思い出が一つ増えたわ…」

純一「楽しかったからいいじゃないですか、あはは」

高橋「…うん、まあ、本当に楽しかったわ。他のアトラクションも全部…楽しかった」

純一「僕も楽しかったです、麻耶ちゃん」

高橋「……橘くん」

純一「はい?」

高橋「私は今まで…こういった楽しみ方って言うのかしら、男の人と…遊園地だなんて、経験が無くて」

純一「……」

高橋「そもそも付き合いって言う経験がね…まったくないって、言うのかしら…うん」



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 23:34:19.05 ID:6RxNwzrM0

純一「…」

高橋「だからどんなに年上として頑張ったとしても、人生の先輩として見栄を張ったとしても…」

高橋「…結局はたかが知れてるものなのよ、そんなのは」

純一「そんなことなんて、ないですよ。僕にとって麻耶ちゃんは…大人の女性で…」

純一「とっても頼りなるカッコいい女性です」

高橋「…ありがと、君にそう言ってもらえて本当にうれしい」

純一「…」

高橋「私はきっと気負いすぎだと思ってるの。君と付き合って、恋人としての責任というのかしら…」

高橋「…こういった関係を認めて行くために、自分がしっかりしなくちゃって」

高橋「君もキチンと考えてると思うし、頼りにならないと思っても無いわ」

高橋「…むしろ私が助けてもらってばっかりな気がしないでもないのよ」

純一「僕はいつだって麻耶ちゃんの助けになりますよ」

高橋「…かっこいいわね、橘くんって」



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 23:41:09.05 ID:6RxNwzrM0

純一「かっこいいんだんて、そんなことは。僕だって麻耶ちゃんにいつも助けてもらってばっかりですし」

高橋「…お互いに持ちつ持たれず、ってことかしら」

純一「あはは、そうですよ」

高橋「うふふ…でもね、私はその関係をどうにかしたいって思ってた」

高橋「君に頼ってる時点で、自分という存在がどれだけ弱いのかと知ってしまう」

高橋「自分が望んだ関係なのに、それを補うための技量が自分には持ってないと…理解してしまう」

高橋「それが…とてつもなく怖くて、嫌で、だから…」

純一「麻耶ちゃん…」

高橋「……私は君を心から好きになっていいのか、なんて、思ってしまったの」

高橋「君を一度、生徒という目線から外してから…ドロドロ出てくる不安と後悔」

純一「……」

高橋「私はきっと、まだ外れ切れてないんだと思う…」



167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 23:46:37.81 ID:6RxNwzrM0

高橋「こうやって気を張って、背負い続けてるって事は…」


『自分勝手すぎですよ、貴女』


高橋「私は貴方を、きちんと恋人として見てはないのよ」


『何を意固地になってるんですか。弱いなら弱いと、自己評価をきちんとすべきです』


高橋「まだ、まだ自分の弱さを理解できてない」


『そういった弱みを自覚出来ている。それこそが強者よりも真なる強者なのよ!』


高橋「だから私に、橘くん……もう一度だけ、チャンスを頂戴」

純一「…はい」

高橋「…ありがとう、本当に」



168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 23:52:50.84 ID:6RxNwzrM0

高橋「ふぅー……えっとね、橘くん」

純一「はい」

高橋「先生は、あなたの事がとても大切に思ってる」

純一「…はい」

高橋「だけどね、私は年上であって。君は年下なの」

高橋「私は…それがとても怖い」

高橋「先生はいつかはあなたよりも早く年を取ります」

高橋「先生は…あなたよりも、責任を問われます」

高橋「…先生は、もしかしたらあなたよりも先に亡くなるかもしれない」

純一「……」

高橋「この問題は全部私の問題。だけど、一人じゃどうしようもなくて…出来る自身もこれっぽっちもなくて…」

高橋「君に大きく迷惑をかけてしますかも、しれません」

高橋「だけど、先生は……君を、橘くんを…」

高橋「──心から、大好きだと思ってもいいかしら」



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 23:59:24.89 ID:6RxNwzrM0

純一「……」

高橋「……」

純一「……」すっ


『うふふ! 想いよ、少年ボーイ!』


純一「…先生、僕はいつだって覚悟をしています」


『好きだって想い、抱きしめたいって想い、押したおしちゃいたいって想い!』


純一「貴女に告白したときだって、今の関係を作り上げたときだって、どんなときだって僕は覚悟している」


『君は凄い子よ、だって年上の人を自分に恋させたんだから』


純一「──先生、僕はその想いはきちんと受け止めます」

純一「だからこそ、僕は貴女の問題も全て受け止めます」

純一「…好きだって思ってください、僕は先生の事が全力で大好きです!」



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 00:03:42.39 ID:6RxNwzrM0

高橋「っ…橘くん…!」

純一「これからが、本当の頑張りですよ先生」

高橋「うん…うん…!」

純一「なんだって頼ってください、僕は絶対に逃げませんから」

高橋「ありがとう…」

ドンドーン! パチパチ!

純一「…あ、先生! ほら! 花火ですよ!」

高橋「え、あ、本当ね…」

純一「凄い綺麗だ…特等席ですね!」

高橋「ふふ、そうねっ」

ひゅ~ドドン!

純一「頑張りましょう、先生」

純一「…いつだって僕がついてますから」ぎゅっ

高橋「……」ぎゅっ



172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 00:06:56.19 ID:1EfaakL30

高橋「…橘くん」くいくいっ

純一「なんですか、先生?」

高橋「っ……」くいっ…

純一「おっとと」

ポス

純一「むぐっ!」

高橋「……」ぎゅう…

純一「ふぇんふぇい? なんれふか、ひゅうにはひふいへ…?」

高橋「…最後に最後ぐらい、大人として…」

純一「ふぇ…?」

高橋「かっこいい大人として、見栄を張りたいじゃないの…」くいっ

純一「え、あっ、せんせ──」

高橋「…目を閉じなさい」

純一「うっ」

ちゅっ



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 00:12:11.94 ID:1EfaakL30

純一「…ぷはぁ」

高橋「……」すっ

純一「せ、先生っ…今のって、その、大人の…っ」

高橋「…こ、これで終わりですっ、先生が大人としての見栄はっ…これでオシマイ!」

高橋「あ、あとは……君の好き勝手にしないさいっ」

純一「す、好き勝手って…え? いいんですかっ?」

高橋「……いいわよ、なんでもしても」ぷいっ

純一「じゃ、じゃあ…その…」

高橋「……っ…」ドキドキ

純一「えっと……」すっ

ちゅっ

高橋「……え?」

純一「…これぐらいが、僕の頑張りですかね、あはは」

高橋「あ……瞼にキスって、あなたねぇ…!」



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 00:16:39.18 ID:1EfaakL30

純一「先生の目元ってキリリっとしてて、僕好きなんです」

高橋「そ、そうなの?」

純一「はい! あとは、そうだなぁ…足首から太もものラインとか、あ! 今度膝の裏を見せてください!」

高橋「ひ、ひざ?」

純一「そうです! 是非、どうかお願──いや、違うな。もう尾根がしなくてもいいのか、ふむ」

高橋「っ…っ…」フルフル

純一「しかしここは変に強制的にやらせるよりも、日々の努力を重ね、ついに許され膝の裏を拝める日の方が重要…?」

高橋「…橘くん」

純一「はい! なんですか麻耶ちゃん!」

高橋「やっぱり当分は、年上として責任を取らせていただきます!」

純一「ええっ!? どうしてっ!?」

高橋「どうしてもこうもありません! 君はっ、大人としてというか、人として…その! 駄目だからです!」



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 00:22:08.10 ID:1EfaakL30

純一「人として駄目!? それは流石に酷くないですか!?」

高橋「酷くないです、全くもって酷くないわ」

純一「じゃ、じゃあ僕だって考えがありますよ!」

高橋「…え、まさか…やっぱり好きになっちゃ駄目…とか?」ふるふる…

純一「えっ、いや! 違いますよ? そんなことないです! 全然好きなってください!」

高橋「そ、そう? 大丈夫? 本当に…?」

純一「うっ…なんだかそれ卑怯じゃありませんか!?」

高橋「ひ、卑怯ってなんですか! 私は本当に悩んで悩んで…!」

純一「僕だってですね、いつまでも何時までも、キスのひとつも軽くできなくて悶々と…!」

高橋「じゃあしたらいいじゃないの! なのに、瞼とか膝の裏とか…!」

純一「だって綺麗だからしかたないじゃないですか! 実際の所、ぺろぺろしたい所を我慢してますからね!」

高橋「にゃー!」



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 00:26:31.43 ID:1EfaakL30

~~~

学校

純一「……」

梅原「おいおい。今朝からえらいお疲れさんモードだな、大将」

純一「…寝てないんだ、昨日は」

梅原「ふむ、それはどうしてだ」

純一「…夢のある話じゃないよ、ただ、一緒におしゃべりしてただけなんだ」

梅原「それは夢のある話だな、俺にとっては」

純一「…わかるさ、経験をすれば梅原にだってわかる」

梅原「実に経験してみたいものだねぇ、ほんっと」

棚町「ぐんもー」

梅原「よう棚町。お前さんも疲れてんな一段と」

棚町「…そそそ、疲れてるから保健室行ってくるわ~」

梅原「いってら~」



179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 00:32:21.83 ID:1EfaakL30

ガラ

梅原「お。絢辻さん、おはよーさん」

絢辻「おはようございます。突然だけど、棚町さんみかけなかったかしら?」

梅原「おー、保健室じゃねえかなぁっと」

絢辻「そう、ありがと。あとそこで伸びてる幸せモノにこれ渡して置いてくれないかしら?」すっ

梅原「これは? 封筒?」

絢辻「中身は見ない事ね、あと、一枚千円だとも伝えて置いて。交渉の余地ありよ、ではこれで」すたすた

梅原「いってら~」

純一「ぐぅー」

梅原「はは、なんつぅーかほんと、お前さんは幸せモンだよ、大将」つんつん

純一「やめてよ…あはは…ぐぅーすぴー」

~~~

純一「薫、バイト紹介して!」

棚町「良いわよ?」



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 00:37:26.37 ID:1EfaakL30

梅原「大将ぉ、お客さんだぜー」

純一「一カ月で二万ぐらい稼げる奴…お、今行くー!」

棚町「余裕ね。アンタのやる気次第じゃないの?」

純一「よし! 頼んだぞ今日の放課後に! はいはーい!」

森島「やっほー! たっちばなくーん!」

純一「も、森島先輩っ?」

森島「そうだよ森島はるかだよー、どうして私がここに来たかわかるかなっ?」

純一「…すみません、わからないです」

森島「うんうん、だと思ったわ。だけど、気にしなくっても良いのよ、これを受け取ってくれるだけでね~」すっ

純一「これって…なんですか、これ?」

森島「写真よ写真。ここに映ってるの…わかるかしら?」

純一「イナゴマスクと…怪人イカ女?」

森島「ビンゴー! あと注目すべきなのは~…このイナゴマスクの衣装のところ! なんだかちょっとエキサイティングよ~! くぅー!」



184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 00:41:48.62 ID:1EfaakL30

純一「え、イナゴマスク…む! むむむ!」

森島「流石ね橘くん、見えるかしら? その生地の向こう側を! この淡いピンクの───」がしっ

純一「あっ」ぱしっ

塚原「──此処に居たのね、はるか」

森島「ひびきちゃん…」サァア…

純一「えっと塚原先輩、その写真は…」

塚原「気にしたら、駄目よ橘くん。というか記憶から消しなさい」

純一「わかりました!」

森島「そ、そのね~えっとね~ひびきちゃ~ん…?」

塚原「わかってるわ。はるか、貴方は凄い子、賢い子」

塚原「だからこれから起きる事は全て、黙っててくれるってね」ずりずり

森島「へるぷみー! へるぷみー!」



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 00:45:51.07 ID:1EfaakL30

純一「……なんだってんだ、一体…」

純一「というかどうしてあの写真を、先輩たちが」

純一「…ま、いっか」ポリポリ

純一「あ、そういえば梨穂子にご飯おごってあげる約束があったんだ…」

~~~

棚町「…」

絢辻「…これでいいのかしら、貴女は」

棚町「いいのよ。ばっちしじゃない」

絢辻「そう、ならいいけど。ほんっと大変な目に合う事をわかってるのに、馬鹿よね」

棚町「それがアイツらしいんでしょ」

絢辻「…まあね」

棚町「この写真も、そしてあの時の遊園地も…みんなみんなアイツの所為」

棚町&絢辻(女の子と遊園地行くためにはどうしたらいいのかって、周りに聞きまくってたらねぇ…)



187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 00:50:47.61 ID:1EfaakL30

棚町「勘のいい人たち、または楽しみたい人たちはここぞと向かうはよね、そりゃあ」

絢辻「特に彼を大切に思う人たちはね」

棚町「……それ、アンタも含まれるわよ」

絢辻「一緒にしないで」

棚町「なーにがよ。聞いてるわよ、色々と情報を拡散させて、あの馬鹿が付き合ってる噂を書き消してるって」

絢辻「……」

棚町「よくやるわね、あたしよりもよく、現実を見えてないじゃない。無駄な努力しちゃってさ~」

絢辻「…そうね、きっとこれは無駄な努力」

棚町「……」

絢辻「でも、無駄だと分かっても。やると思った想いは大切よ、棚町さん」

棚町「それは? どうして?」

絢辻「……」

棚町「……」

絢辻&棚町「──いいバイト紹介が出来るから、よね? あはは」



188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 00:56:30.65 ID:1EfaakL30

絢辻「きちんと紹介した? バイトの件は」

棚町「勿論。アタシは手を抜かないわ~」

絢辻「結構、写真の為に馬車馬のように働くでしょうね、彼」

棚町「だーいじょーぶよ、アタシも手伝ってあげるんだから。後ろからバンバン尻叩いてやるわよ」

絢辻「もちろんよ、それが今回の対価なんだから」

棚町「ふふっ、アンタには最後の最後まで抵抗してやるわよ。行っちゃえば卒業までかしら?」

絢辻「せいぜいがんばりなさい。無駄な努力を重ねて、無駄な想いを強めて…じゃあね」

棚町「…アンタもね、絢辻さん」

放課後

純一「はぁっ…はぁっ…あ、先生!」

高橋「あら、橘くん。どうかしたの」キリ

純一「す、すごいですね…なんでそうも元気なんですか…?」



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 01:01:18.19 ID:1EfaakL30

高橋「大人を舐めちゃ駄目よ、それで? 用件は何かしら?」

純一「あ、はい! えっとですね~…」こそこそ

高橋「うん? あ、大事な話…?」ぼそぼそ

純一「は、はい! 実は今日、両親が返ってこなくて…妹の美也も友達の所に泊まるらいしんです!」

高橋「……ほ、ほお~」

純一「……来ますか?」

高橋「……で、出来れば?」

純一「わかりました!」

高橋「……」

純一「お仕事が終わり次第、いつだって来ていいので…あれ、先生?」

高橋「その…橘くん、なんていうか…着替えとか…その…」

純一「もちろん持ってきてください!」



194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 01:05:08.62 ID:1EfaakL30

高橋「そ、そうよね……ふぅ」

純一 ニコニコ

高橋「…だけどね、橘くん? 私は年上です、貴方は年下で、これだけでも責任を問われます」

純一「は、はい」

高橋「生徒と教師、これはもういいです。良くは無いですけど、今は置いておきます」

高橋「こうやって付き合いを深めて行くにつれて、いずれは…どうにかなる問題かもしれません」

高橋「けれど! 先生はきっと、君をまともな人へと更生させてみせますらか! 覚悟しておくように!」

純一「はいっ!」

高橋「…えらく嬉しそうね」

純一「勿論です、先生。先生が僕を更生してくれると言うんだったら…」

純一「僕だって、先生を変えて見せますよ。僕を許してくれるような……」

純一「…麻耶ちゃんに、です!」



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 01:09:06.44 ID:1EfaakL30

高橋「うっ…」

純一「これが昨日、僕らが話し合った結果だったはずですよ? 忘れてませんよね?」

高橋「わ、忘れてなんかいないわよ…うん」

純一「それじゃあ先生、いや…麻耶ちゃん」すっ

ちゅっ

高橋「きゃあ!」

純一「今晩、会いましょう」たたっ

高橋「っ…また、瞼にキスをっ…!」

高橋「ううっ…」ドキドキ

高橋(これってもう、あれよね、多分…私はもう彼に…)

高橋「い、いえ! そんなことないわ麻耶! これから、これからよ!」

高橋「……」

高橋「…スカートをはいた方が良いのかしら、足が見える様な感じの」スタスタ…



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 01:17:07.31 ID:1EfaakL30

高橋「……」

高橋(またこうやって振り出しに戻ってしまったかもしれない)

高橋(私はまだ本当に素直に慣れなくて、彼に対して責任を持ち続けてる)

高橋「……だけど、もう」

高橋「──好きになっても良いのかなんて、考えたりはしない」

高橋(責任はある。負い目もある。だけど、それを覆いつぶすほどの想いを彼から貰えた)

高橋(私はそれを一生、例えどんな事があっても忘れることはできないだろう)

高橋「よしっ! ぱぱっとお仕事終わらせちゃいますか!」すたすた

高橋(ふふ、見てなさいよ橘くん! …今晩はこう、大人らしい対応を見せてあげるんだから!)


 ──今日は、彼と付き合い始めて二カ月ちょいの更新だ。

 ──いつまでもいつまでも、きっと私は彼が好きだろう。

 ──そして彼から貰ったこの想いを手に、今日も私は大人となる。


終わり



198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 01:18:13.68 ID:1EfaakL30

くぅ疲!
なんでこんなの書いたかは、先生が可愛かったからだ許してくれ

支援ありがと、もう寝るノシ


転載元 http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362199366/l50 
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

こんがり

Author:こんがり
2chSSのサイト。
色々と模索中です。
古いSSも随時追加していきます



2ch SSサイトの相互リンク、RSS歓迎です。

連絡はメール又はコメントに連絡ください。

 kongari.ss.0123★gmail.com

★部分を@に変えてください

ss読むついでに更新する感じなので、自分用に近いですが……

To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス) ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣 シナリオの基礎技術
サイト内検索フォーム
Twitter
 
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス) 百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
スポンサードリンク
カウンタ
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。