HOME 全てのSS RSS   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ゆるゆりSS  »  花子「ひま姉、それ櫻子の下着だし」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花子「ひま姉、それ櫻子の下着だし」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/25(金) 23:25:53.96 ID:zuBe7iVP0

~大室家~


向日葵「また宿題を忘れて課題を出されたなんて、本当に櫻子は……」ブツブツ

櫻子「いいから手伝って! じゃよろしく」ゴロン

向日葵「それは手伝うって言いませんわ!」ベシ

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/25(金) 23:31:25.74 ID:zuBe7iVP0

向日葵「このwillが『~するつもり』という意味の……」

櫻子「ううむ……」

>ピーピーピー

向日葵「? 何の音ですの?」

櫻子「あ、ストーブの灯油が切れてしまった! 寒くて課題できない向日葵あとはよろしく……」ゴロリン

向日葵「どさくさにまぎれて寝るんじゃないですの!」ベシン


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/25(金) 23:36:41.94 ID:zuBe7iVP0

櫻子「灯油入れるのめんどくさい……」グテー

向日葵「はぁ……じゃあ私が入れてきますわ……」

櫻子「さっすが向日葵!」パチパチパチ

向日葵「そのかわり、真面目に課題をやりますわね?」

櫻子「……それはどうだか……」フフン

向日葵「……怒りますわよ?」ゴゴゴ

櫻子「ごめんなさい真面目にやります!!」ドゲザ


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/25(金) 23:43:40.07 ID:zuBe7iVP0

櫻子「灯油は下の階の押入れの中だぞー」

向日葵「分かりましたわ」バタン

櫻子「……」

櫻子「さすがにちょっと悪いかな……」

櫻子「課題を教えてもらっている上に、ストーブの灯油を入れるという面倒な作業まで……」

櫻子「いや、向日葵は私専用の家庭教師! これぐらいしてもらってもいいだろう……」

櫻子「でも家庭教師とこれは全く別だし……」

櫻子「……」ムムム

櫻子「ミルクティーでも入れてくるか。あとお茶菓子とか……」ガチャ


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/25(金) 23:48:04.06 ID:zuBe7iVP0

向日葵「櫻子、入れてきましたわ」ガチャ

部屋「」ガラン

向日葵「あら? 櫻子……?」

向日葵「……」チラッ

向日葵「」バタン!

向日葵「」サッ

向日葵「押入れの中にもベッドの下にもいない……」

向日葵「ふざけてどこかに隠れている、という訳ではなさそうですわ」

向日葵「トイレにでも行ったのかしら……」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/25(金) 23:53:31.80 ID:zuBe7iVP0

向日葵「よその家で一人というのは、何とも落ち着かないものですわ」ソワソワ

向日葵「櫻子のベッド……」チラ

向日葵「座るだけなら……」ポスン

向日葵「ここに毎晩、櫻子が寝て……」ナデナデ

向日葵「っ……///」バタッ

向日葵「はぁ……///」ゾクゾク

向日葵「……///」ポワー


向日葵「ってダメダメ! ダメですわ! いくら櫻子がいないからって、こんな事をしてしまうなんて!!」ガバッ


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/25(金) 23:57:55.38 ID:zuBe7iVP0

向日葵「……」チラ

向日葵「櫻子のタンス……」

向日葵「……///」フラフラ

向日葵「ダ、ダメ!! いくら何でもそんなことしたらダメですわ!」

向日葵「もし誰かに見られでもしたら収拾がつきませんわ!」

向日葵「でも……あの中には櫻子の服とか、靴下とか」

向日葵「下着とか……」

向日葵「っ……///」ソーッ


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 00:06:02.37 ID:GHD1qtH/0

櫻子「あっれー? おっかしいなー」ゴソゴソ

花子「櫻子? 何してるし」

櫻子「この棚に入ってたビスケット知らない?」

花子「それなら、昨日撫子お姉ちゃんがお茶菓子に持って行ったし」

櫻子「こ、これは想定外……! あとはこれといったお茶菓子が無いし……」

櫻子「かといってミルクティーだけはさすがに……」

花子「何かあったし?」

櫻子「いや、向日葵をたまにはオモテナシしてやろうかと……」

花子(ど、どういう風の吹き回しだし……!?)


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 00:11:42.17 ID:GHD1qtH/0

櫻子「そうだ!」ピーン

櫻子「花子! ちょっとミルクティー淹れて向日葵に出してやって!」

花子「な、なんで花子が!?」

櫻子「もう8歳なんだからそれくらい出来るだろ! 私はコンビニ行って何か買ってくるから!」

花子「あっ! ちょっと待つし!!」

櫻子「すぐに戻るから!!」ダダダ

花子「行っちゃったし……」

花子「もう、しょうがないし」コポコポ


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 00:19:18.92 ID:GHD1qtH/0

向日葵「櫻子のブラ……」ゴソ

向日葵「やっぱり入りませんわ」

向日葵「どうして同い年なのにこんなに違うのかしら……」

向日葵「……これは、私があげたマフラーですわ」ゴソ

向日葵「毛玉だらけですわ」プチプチ


向日葵「! これはパンツ……!!」ゴソッ

>ガチャ


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 00:23:44.51 ID:GHD1qtH/0

花子「んしょ、よいしょっ……」ソロソロ

花子「こぼしたらまずいし……」ソロソロ

花子「ふう……着いたし」ハァー

>ガチャ

花子「ひま姉、お茶だし」

向日葵「」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 00:30:08.79 ID:GHD1qtH/0

向日葵「あ……あわわ……」ガタガタ

花子「? 何してるし?」キョトン

向日葵「こ、これはその」アセアセ

花子「ひま姉、それ櫻子の下着だし」

向日葵「……!!」ハッ

向日葵(ま、まずいですわ!! 右手には櫻子のパンツを持ったまま!)

向日葵「で、ですのであの、あの、これは、その、えっと」アワアワ

花子(ひま姉は何してるし……? その前に、何をそんなに焦ってるし……?)


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 00:35:28.34 ID:GHD1qtH/0

櫻子「うおー! ケーキ買って来たぞ向日葵ー!」ダダダ

花子「あ、櫻子だし」

向日葵「」

櫻子「何だ、ちょうど良かったんじゃん。やはりどこかのおっぱい女と違って私は運動神経抜群だから……」

>いくつか引き出しが開いたタンスの前で、パンツ片手に立ちすくむ向日葵の図

櫻子「」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 00:45:36.35 ID:GHD1qtH/0

櫻子「……な……!?」

向日葵「」ヘタ

花子「……どうしたし?」

櫻子「は、花子。ケーキ食べていいよ」

花子「えっ? 急にどうしたし?」

櫻子「それどころじゃ無くな……あ、いや、それ向日葵が苦手なケーキだって思い出した」

花子「でも、本当にいいし?」

櫻子「いーから。ほら勉強するから、出てった出てった」

花子「わ、分かったし……」バタン


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 00:54:13.99 ID:GHD1qtH/0

櫻子「……ひ、向日葵?」クル

向日葵「櫻子ぉ……」ウルウル

櫻子「わぁ! な、何泣いてんだ!?」

向日葵「だって、私……ごめんなさい……」グスグス

櫻子「う、うぅ……」

櫻子(どうすればいいんだこれは……!?)

櫻子(昔からの幼馴染がタンスをあさってきて、しかもパンツまで……)

櫻子(これは、単刀直入に聞いたほうが……)

櫻子「向日葵……どうして私のパンツを、その……///」

向日葵「そ、それは……///」ウルウル


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 01:05:23.41 ID:GHD1qtH/0

向日葵「それは……」

櫻子「それは……?」

向日葵「櫻子、あなたの事が好きで、だからつい、抑えられなくて……」

櫻子「す、好きっていうのは、友達としてじゃなくて……?」

向日葵「……恋人としてですわ」

向日葵「でも、ごめんなさい。その気持ちが強くて、そしてあなたがいない隙に、こんなことしてしまって……」

櫻子「……」

向日葵(もう、どうしようもありませんわ。櫻子と一緒に勉強したり、遊んだり、学校に行ったり……)

向日葵(そんな事も、もう……)


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 01:10:35.29 ID:GHD1qtH/0

櫻子「向日葵!!」

向日葵「ひっ!」ビクッ

櫻子「ほれ」コト

つミルクティー

向日葵「……?」

向日葵「これは……?」

櫻子「こういう時に温かい物を飲むと、気分が落ち着くってねーちゃんが言ってた!」

向日葵「あ、ありがとう……」スッ

櫻子「……」

向日葵「……冷めてますわ」

櫻子「あ、ホントだ。こりゃー一本取られた!!」アッハッハ

向日葵「意味が違いますわ!」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 01:22:31.56 ID:GHD1qtH/0

櫻子「ほれ、いつも通り」

向日葵「……あ」

櫻子「」ドヤァ

向日葵「……///」クスッ


櫻子「いつから、私のことそういう風に思ってた?」

向日葵「……物心ついたころからですわ」

櫻子「そりゃ偶然」

向日葵「?」

櫻子「私と同じだ」

向日葵「えっ……?」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 01:29:44.09 ID:GHD1qtH/0

櫻子「私もまだ、これからも向日葵と一緒に勉強したり、遊んだり、学校に行ったりとかしたいし」

向日葵「さ、櫻子っ……!」

櫻子「向日葵のこと、そういう意味でアレだって、ずっと思ってたし……!」

向日葵「わ、私だって……!!///」

櫻子「だから! 私も、そ、そういう意味でっ……!!///」

ひまさく『好き!!』


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 01:34:18.53 ID:GHD1qtH/0

向日葵「……///」ハァハァ

櫻子「……///」ハァハァ

向日葵「言えた……言えましたわ……!///」

櫻子「私のほうが早かったな!」フハハ

向日葵「わ、私のほうが早かったですわ!」

櫻子「なんだと! このおっぱい魔人めー!」モミッ

向日葵「ひゃあっ! 誰ががおっぱい魔人ですの!!///」サワッ

ひまさく『……』

向日葵「……やっぱり、成長してませんわね」ツルペタ

櫻子「う、うるさーい! このこの!///」モミモミ

向日葵「や、やめっ……///」

櫻子「私にひれ伏すがいい向日葵!!」ハハハハハ

向日葵「くっ……ま、負けませんわ!」ガバッ


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 01:38:32.37 ID:GHD1qtH/0

~20分後~


向日葵「つ、疲れましたわ……」グッタリ

櫻子「うう……今回は引き分けという事にしてやる」グッタリ

向日葵「ふぅ……」コテン

櫻子「向日葵。腕枕して」チョコン

向日葵「もうしてますわ」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 01:43:56.71 ID:GHD1qtH/0

櫻子「ね。眠い……」ウトウト

向日葵「寝るならちゃんとベッドで。ほら」

櫻子「起こしてー」

向日葵「しょうがありませんわね……///」グイ

櫻子「えへへ……///」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 01:47:57.61 ID:GHD1qtH/0

向日葵「課題はまた、明日やりましょう」

櫻子「ん……」ムニャムニャ

向日葵「じゃあ私は帰りますわ。何かあったら、電話なり何なりして来て……」

櫻子「……ねぇ」グイ

向日葵「?」

櫻子「おやすみ、ひまちゃん」

向日葵「……!///」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 01:53:19.80 ID:GHD1qtH/0

向日葵「……///」チュッ

櫻子「ん……///」

向日葵「おやすみさーちゃん。また明日、来るからね……///」

櫻子「うん……///」


~廊下~

向日葵(櫻子と恋人……櫻子と両想い……///)

向日葵(ああ……夢じゃありませんわ……///)ポー

撫子「おーい、ひま子?」

向日葵「あわっ!? な、撫子さん!?」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 02:00:46.50 ID:GHD1qtH/0

向日葵「今お帰りですか?」

撫子「まぁ、そんなとこ」

向日葵「お邪魔しました。また明日もお伺いしますので……」

撫子「また櫻子の課題?」

向日葵「ま、まあそんなところで……///」モジモジ

撫子(なぜ顔を赤らめる……?)

撫子「悪いねいつも。あの子がしっかりしないばっかりに」

向日葵「いえ、とんでもありません。櫻子と課題をするのはもう日課のようなもので……」

撫子「まあひま子がいいならいいけどね……」

向日葵「では、お邪魔しました」

撫子「うん。気をつけて」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 02:07:52.62 ID:GHD1qtH/0

撫子「ただいまー」

花子「あ、撫子お姉ちゃんお帰りだし」モグモグ

撫子「花子? どうしたのそのケーキ」

花子「なんか、櫻子がくれたし」

撫子「……花子、嘘をつくならもっとまともな……」

花子「嘘じゃないし! 実は……」

かくかくしかじか

花子「結局ひま姉が何してたか分からないし……」モグモグ

撫子(ひま子がタンスをあさってた……? でも、ひま子のあの様子……)

撫子(そっか。ようやくか)


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 02:10:22.91 ID:GHD1qtH/0

花子「ケーキもう1個冷蔵庫にあるから、撫子お姉ちゃん食べてもいいし」

撫子「ありがと。あ、花子」

花子「なんだし?」

撫子「今の話、もっと大人になったら分かるよ」

花子「……?」

>ダダダダダダダ

櫻子「花子!!」バターン

花子「わっ!? な、なんだし!」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 02:14:03.72 ID:GHD1qtH/0

櫻子「け、ケーキはどこへやった!? 夢ですっごくでかいケーキを向日葵と切り分ける夢を見て思い出した!!」

花子「え? もう食べちゃったし」

櫻子「何!? よ、よくも私たちのケーキを! 金払えー!!」

花子「何言ってるし!! くれるって言ったのは櫻子だし!!」

撫子「まぁまぁ。ほら、櫻子」

つ5000円


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2013/01/26(土) 02:19:41.99 ID:GHD1qtH/0

櫻子「え? ねーちゃん?」

撫子「これでケーキ買ってきな。明日また、ひま子も来るんでしょ?」

櫻子「えー!? いいの!?」

撫子「その代わり、ちょっと高いのを買ってきな。いつもひま子に迷惑かけてんだから」

櫻子「おー! やったー1ホール買えるぞー!!」ヒャッホー


撫子(ウェディングケーキ代ね。結婚おめでとう)




終わりだし

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

こんがり

Author:こんがり
2chSSのサイト。
色々と模索中です。
古いSSも随時追加していきます



2ch SSサイトの相互リンク、RSS歓迎です。

連絡はメール又はコメントに連絡ください。

 kongari.ss.0123★gmail.com

★部分を@に変えてください

ss読むついでに更新する感じなので、自分用に近いですが……

To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス) ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣 シナリオの基礎技術
サイト内検索フォーム
Twitter
 
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス) 百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
スポンサードリンク
カウンタ
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。