HOME 全てのSS RSS   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  みなみけSS  »   夏奈「そろそろチアキに『おかしなこと』について教えないとダメだ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏奈「そろそろチアキに『おかしなこと』について教えないとダメだ」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 10:50:07.19 ID:jq4PvLob0


夏奈「ハルカ、おかわり」

春香「はいはい。チアキは?」

千秋「いえ、大丈夫です」

夏奈「チアキ、いっぱい食べないと大きくなれないぞ?」

千秋「……」

夏奈(あ、あれ? てっきり大きくなっても頭の中が空っぽなら意味がないとか言われると思っていったのに)

夏奈(なんか言ってくれないと、ケンカができないじゃないか。もう)

春香「はい、カナ。おまたせ」

夏奈「ありがとー」

千秋「カナ。大きくなれば『おかしなこと』ができるのか?」

夏奈「え?」

春香「チ、チアキ!!」ガタッ

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 10:55:02.04 ID:jq4PvLob0


千秋「どうなんだ?」

夏奈「な、なんで、そう思うの?」

千秋「以前、ハルカ姉さまがまだ早いと言っていたから。ですよね、ハルカ姉さま?」

春香「あ、ああ。うん……。そうよ、チアキ。まだ早すぎるわ」

千秋「それはつまり、大人になればいいってことですよね?」

春香「う、うん……。そうかなぁ……?」

千秋「と、いうわけだカナ。大きくなれば『おかしなこと』ができるようになる。少なくともカナぐらい大きくなれば問題はないのだろう?」

夏奈「そ、それは……えっと……。まぁ、そうかもしれないけど……」

千秋「そうか。ハルカ姉さま、やっぱり私もおかわりを」

春香「だ、だめよ!! おかわりなんて!!」

千秋「え……。何故ですか……」

春香「チアキは大きくならなくていいのっ!!」

千秋「そ、そんな……ハルカ姉さま……」

夏奈「ハルカ、それは言いすぎじゃないか?」



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 10:58:22.59 ID:jq4PvLob0


千秋「ごちそうさまでした」

夏奈「ごちそうさまー」

春香「カナ、洗い物手伝って」

夏奈「えー? 今からドラマが始まるから」

春香「カナ」

夏奈「……はい」

春香「チアキはお風呂掃除してくれる?」

千秋「わかりました。やってきます」

春香「……ねえ、カナ? さっきの話なんだけど」

夏奈「ハルカが男欲しいって話か?」

春香「そんな話してないでしょー!!」

夏奈「じょ、冗談だよぉ」

春香「チアキのことなんだけど……」

夏奈「おかしな話か」

春香「やっぱり、きちんと話したほうがいいと思う?」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 11:03:41.47 ID:jq4PvLob0


夏奈「まぁ、言ってもチアキも小学五年生だしなぁ……」

春香「カナはそう言う話ってどこで知ったの?」

夏奈「え? まぁ、私は漫画とかよく見るからね」

春香「カナ!! おかしな漫画持ってるの!? そんな風に育てた覚えはないけど!!」

夏奈「ち、ちがうよぉ。ハルカ、最近の漫画はおかしな話ぐらい平気ででてくるぞ?」

春香「それはカナがおかしな話が載っている漫画を読んでいるからじゃないの?」

夏奈「違う違う!! 普通の少女マンガだよぉ」

春香「……」

夏奈「本当だって!! ハルカも読んでみたらわかるよ!!」

春香「わかりました。でも、それをチアキには見せないでね」

夏奈「見せようと思っても、チアキは「バカが移るから見ない」って一蹴するんだもの」

春香「みせたことがあるの!?」

夏奈「あ、だから、結果的に見なかったんだよ」

春香「カナー!!! チアキにおかしなこと教えないでって言ってるでしょー!!!」

夏奈「だから、見なかったんだってばぁー!!」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 11:10:14.52 ID:jq4PvLob0


春香「ごめんなさいはぁー!?」グリグリ

夏奈「いたたたた!!! ごめんなさい!! ごめんなさいっ!! もうしないからぁー!! チアキに漫画は勧めないからゆるしてー!!」

春香「もう……」

夏奈「ひどい……」

春香「でも、いつかはチアキにもきちんと教えないといけないわよね……」

夏奈「というか、ハルカはどこでおかしなことについて学んだんだ?」

春香「わ、私……? 私は……その……」モジモジ

夏奈「やはり、実演か?」

春香「そんなわけないでしょー!!!」グリグリ

夏奈「あたたた!! こめかみをグリグリしないでよぉー!!!」

春香「おかしなことばかり言わないで」

夏奈「……で、どこでおかしなことを知ったんだ?」

春香「それは……あの……」モジモジ

夏奈「どうした?」

春香「ほ、保健体育の時間……に……」モジモジ



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 11:16:00.71 ID:jq4PvLob0


夏奈「そうなのか。随分と遅咲きなんだな」

春香「ふ、普通でしょ!?」

夏奈「なら、チアキもその時間に学べばいいだけじゃないか」

春香「そうかもしれないけど……」

夏奈「でも、内田とかはおかしなことについて知っているしなぁ……」

春香「そうなの!? は、はやくないかしら!?」

夏奈「内田も漫画を読んでるからなぁ」

春香「カナ……」

夏奈「私じゃないよぉー!! 内田は元々読んでたんだよぉ!!!」

春香「最近の小学生は進んでるのね……はぁ……」

夏奈「そこまで年齢離れてないけど」

春香「けど、チアキの友達はどれぐらいそういうことを知っているのかしら。もし、チアキが珍しい部類だったら……」

夏奈「何か困るのか?」

春香「色々困るわよ。カナだってそういう話を全くしないわけじゃないでしょ? 急に話を振られたときに知らないと返事ができずに困ったことになるのよ」

夏奈「ああ。確かにおかしな目で見られるかもしれないな」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 11:23:47.18 ID:jq4PvLob0


春香「チアキはカナが読むようなおかしな漫画には興味がないみたいだし……」

夏奈「あれ? バカにされてる?」

春香「チアキと同学年ならそういう漫画を読んでいる子も多そうだし。このままじゃ、チアキは孤立しちゃうんじゃ……」

夏奈「それは無いと思うぞ」

春香「それだけじゃないわ! チアキが何も知らないのをいいことに、おかしなことを勧めてくる子もいるかもしれない!!」

夏奈「考えすぎだろ……。だが、そう言う話が漫画にあったな……」

春香「でしょ!? やっぱり、早めにこういうことは教えておかないとダメだと思うの」

夏奈「うん。そうだね。別に悪いことではないし、そろそろチアキに『おかしなこと』について教えないとダメだ」

春香「よし。私が教えてみる」

夏奈「無理するな、ハルカ。ここは私がやろう」

春香「カナは絶対にダメ!!」

夏奈「なんでだよぉー?」

春香「だって、余計なことまで教えそうだから」

夏奈「チアキの姉を10年以上務めてきた妹を信用してみてもいいんじゃないか、ハルカ?」

春香「とにかく、こういうことは私の役目だと思うから。カナは見守っててちょうだい」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 11:28:33.55 ID:jq4PvLob0


千秋「――ハルカ姉さま、お風呂掃除終わりました」

春香「ありがとう、チアキ。とりあえず、ここに座って」

千秋「え? わかりました」

春香「……これ、お茶だから」スッ

千秋「は、はい……」

春香「……」

千秋「あ、あの……ハルカ姉さま……?」

春香「なに?」

千秋「わ、わたし……何か粗相をして、しまったでしょうか……」ウルウル

春香「え? チ、チアキ?」

千秋「ご、ごめんなさい……ハルカねえ、さま……ごめんなさい……」

春香「えぇ!?」オロオロ

夏奈「ハルカ、鏡を見てくるんだ。ものすごく怖い顔になっていたから。あれは私でも泣く」

春香「どーしてそれを先にいわないのー!!!」

夏奈「見守っててって言ったのはハルカだろぉー!?」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 11:33:35.13 ID:jq4PvLob0


春香「チアキ!! 別に怒ってるわけじゃないのよ!! ホントに!!」

千秋「うっく……ぐすっ……」

春香「よしよし。そうよね、急にこんな感じだと不安になっちゃうよね」ナデナデ

千秋「ハルカ姉さま……おこって……ないのですね……?」ギュッ

春香「うん、全然。チアキはいい子だもの」

千秋「ハルカ姉さま……」

春香「ごめんね。さ、チアキ。お風呂に入ってもう寝ましょう?」

千秋「でも、ハルカ姉さまが一番風呂に」

春香「いいの。チアキを怖がらしてしまったんだから、チアキが一番に入って」

千秋「ハルカ姉さま、ありがとうございます」

春香「うん。しっかり温まるのよ?」

千秋「分かりました。お風呂の準備をしてきます」

春香「ええ」

夏奈「……おい、ハルカ」

春香「……なにも言わないで」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 11:38:15.10 ID:jq4PvLob0


夏奈「もしかして何も伝わってないんじゃないか?」

春香「もしかしなくても何も伝わってないわ」

夏奈「だめでしょー!?」

春香「だって、チアキが泣いちゃったんだもん!! なんていえばいいか教えてください!!!」

夏奈「見守っててって言ったのハルカだろぉー!?」

春香「だって!! だって!!」

夏奈「なにやってんだぁー!?」

春香「しかたないでしょー!?」

夏奈「どうする?」ギュッ

春香「どうしよう?」ギュッ

夏奈「私が教えようか?」

春香「ダメ」

夏奈「私も泣くぞ」

春香「なんとかして伝えないとダメよね……」

夏奈「そうだな。このままってわけにもな」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 11:44:41.76 ID:jq4PvLob0


夏奈「そうだ。マキちゃんは?」

春香「もっとダメ。マキはカナ以上に余計なこと言いそうだし」

夏奈「なら、アツコだ」

春香「アツコにそんなこと説明させるのはかわいそうよ。ただでさえ、そう言う話はあまりしないんだから」

夏奈「まぁ、そうか……」

春香「カナの友達にいないの?」

夏奈「藤岡にさせるか?」

春香「男にさせておかしなことになったらどうするの!!!」

夏奈「藤岡とチアキがおかしなことになるのか!?」

春香「ならないけど!! 藤岡くんに限ってそんなことはないけど!! 万が一ってこともあるでしょー!?」

夏奈(藤岡って意外と信頼されてないんだな……)

春香「そうだ。ケイコちゃんはどうかしら?」

夏奈「ケイコだと?」

春香「うん。あの子なら上手く伝えてくれそうだけど……」

夏奈「そうだな。ケイコなら上手くやってくれるかもしれない。頼んでみるか」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 11:50:41.41 ID:jq4PvLob0


翌日 中学校

夏奈「ケイコ、おはよう」

ケイコ「おはよう、カナ」

藤岡(あ、南だ。あいさつしよう)

夏奈「なあ、ケイコ。朝から突然だけど、おかしなことについてどこまで説明できる?」

ケイコ「お、おかしなこと?」

夏奈「ああ、おかしなことだ」

藤岡「……!!」

藤岡(南が突然、朝からおかしなことについて語ろうとしている!?)

リコ(あ! 藤岡くんのレア顔!!)

夏奈「どうなんだ、ケイコ? ケイコは保健体育のテストも100点なんだろう?」

ケイコ「そ、そうだけど……」

夏奈「そんなに保健体育が好きならおかしなことになればいい!!!」

ケイコ「な、何の話なの?」

夏奈「で、ケイコ。何も知らない無垢な小学生に対して綺麗な言葉でおかしなことを伝えられるかい?」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 11:57:50.17 ID:jq4PvLob0


ケイコ「カナ、何が言いたいのかよく分からないけど……?」

夏奈「いや、分かるだろ。おかしなことはおかしなことだよ」

ケイコ「そのおかしなことって、保健体育の話なの?」

夏奈「それもある」

ケイコ「その他には何かあるの?」

夏奈「いや、授業で教えてくれないこともあるでしょう?」

ケイコ「教科書に載ってないことまでは知らないけど……」

夏奈「ケイコ!! 100点を取るんじゃないのか!?」

ケイコ「カナの思い描いている問題には答えられそうにないけど」

夏奈「なんだと!? ケイコ!! 100点マシーンのお前がそんなことでどうする!!」

ケイコ「えぇ?」

夏奈「いいだろう!! 私がお前におかしなこととは何かみっちり教えてやるっ!!」

ケイコ「どういうこと……?」

藤岡(南があんなことを語りだすなんて……どういうことだ……?)

リコ(藤岡くん、今日もかっこいい……)



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 12:03:45.16 ID:jq4PvLob0


廊下

アキラ(彼女欲しいなぁ……。美人な子からいきなり声をかけられて、そのまま付き合うような展開にならないかなぁ……)

藤岡「――アキラ」

アキラ「え?! ふ、藤岡さん!!!」

藤岡「ちょっと付き合ってくれるか?」

アキラ「あ、は、はい……」

アキラ(正反対の展開になっちゃった!!!)

藤岡「ときにアキラ。教室で朝からおかしなことについて語りだすってどういうことだと思う?」

アキラ「え? それは女の子ですか?」

藤岡「……」

アキラ「す、すいません!! いきなり馴れ馴れしいことを言ってしまって!!」

藤岡「で、どう思う?」

アキラ「か、仮に女の子だとしたら、あれですね……。きっと、求めるんだと思います」

藤岡「も、もも、求めてるだって!?」

アキラ「女の子が突然そんな話題を持ち出してくるときは9割そうですからね」



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 12:10:38.26 ID:jq4PvLob0


藤岡(そんな、あの南が……。そんな……。でも、そういう南も嫌いじゃない……!!)

アキラ「そういう女の子がいたらちょっと甘い言葉をかけるだけでコロっと落ちちゃいますよね」

藤岡「落ちるのか!?」

アキラ「もう8割方落ちますね。だって、向こうはそういうことを望んでいるわけですから」

藤岡「なんだってぇ!?」

藤岡(ま、まずい……!! このままじゃ南が……カナが……誰かに……!!!)

藤岡「あぁー!!! そんなぁー!!!」

アキラ(藤岡さん……。もしかして好きでもない人にそう言う話を持ち出されたのかな……)

藤岡「アキラ!! オレはどうしたらいいと思う!?」

アキラ「仮にその話を持ち出した人が女の子だとして、藤岡さんはどうしたいんですか?」

藤岡「オ、オレが……どうしたいか……?」

アキラ「ええ。どうしたいですか?」

藤岡「どう……したい……」

アキラ「したいんですか!?」

藤岡「いや、でも……それは……気が早い……というか……段階ってものが……」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 12:20:27.02 ID:jq4PvLob0


アキラ(藤岡さん……モテるんだな……いいなぁ……)

藤岡(今のカナはオフェンスのみでサッカーをしているようなものなのか……? いや、そんな例えはどうでもいいんだ。問題はオレが何をしたいかだ)

アキラ「どうしますか?」

藤岡「アキラ、そういう場合、どう声をかけるのが正解なんだ?」

アキラ「やっぱり、泊まるのが一番いいんじゃないですか?」

藤岡「泊まる!? どうやってそんな展開に持っていくんだ!?」

アキラ「例えば、今日勉強会を開こうとか誘うじゃないですか。そうしたら、思いのほか勉強が捗って晩御飯はどうするって話になるじゃないですか」

藤岡「勉強会……晩御飯……」

アキラ「晩御飯を食べたあとは少しまったりするじゃないですか、その内夜も更けて、風呂にも入っていけってばと言っても不自然じゃないじゃないですか」

藤岡「……」

アキラ「で、風呂から上がったら相手もなんか火照っていて、今日は帰りたくないって言うじゃないですか。絶対。その後は、なら泊まっていけよって言っても自然な流れじゃないですか」

藤岡「すごい!! 完璧な流れじゃないか!!!」

アキラ「ええ。自然な流れです。いやらしくは聞こえません」

藤岡「よし……。ありがとう、アキラ。いい話を聞けた」

アキラ「がんばってください。藤岡さん」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 12:27:09.41 ID:jq4PvLob0


教室

ケイコ「それで、カナ。その泊まったあとはどうなるの?」

夏奈「泊まったらもう自然と同じベッドに入るだろ?」

ケイコ「え? 普通は別の布団を用意しない?」

夏奈「しないよ!! 何いってんだ!!」

ケイコ「カナもそうするの?」

夏奈「……時と場合による」

ケイコ「だよね」

藤岡(よし……。まずは南を勉強会に誘うしかない……。誘うぞ……。誘うんだ……)

夏奈「だが、ケイコ。9割方は同じベッドに潜り込んでおかしことを始めるだろ?」

ケイコ「そんなことないと思うけど……」

夏奈「ケイコは全然だめだな!! もっと勉強をしたほうがいい!!」

ケイコ「いや……おかしなことについて勉強しても……」

藤岡「み、みなみぃ!」

夏奈「どうした、藤岡。私の苗字を半音上げて呼ぶんじゃないよ」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 12:32:40.56 ID:jq4PvLob0


藤岡「あ、あのさ……。勉強会を開こうって思うんだけど……」

夏奈「勉強会?」

藤岡「ああ……。一緒に……その……やらないか?」

夏奈「勉強会か……。そうだな、それはいい考えだ、藤岡」

藤岡「え? 本当に!?」

藤岡(アキラの言ったとおりあっさり落ちた……!! そんな南はそんな……。そんな南も悪くないけど……)

夏奈「ケイコも来るよな?」

ケイコ「え? 私も」

藤岡「え?」

夏奈「ケイコにも勉強が必要だ!!」

ケイコ「いや……私は……」

夏奈「ダメだ!! ケイコもこい!! 藤岡もだ!!」

藤岡「あ、ああ!! もちろん!!」

夏奈「よーし。週末は私の家で勉強会だからな!!」

藤岡「み、南の家で!?」



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 12:38:30.32 ID:jq4PvLob0


夏奈「なんだ、藤岡。私の家では不満か?」

藤岡「いや、いいの? その……汚してしまうかもしれないのに……」

夏奈「汚すんじゃないよ」

藤岡「だったら、そのオレの家のほうが」

夏奈「藤岡の家だと?」

藤岡「あ、ああ」

ケイコ(あ、これ。私が邪魔な感じだ……)

夏奈「ダメだ。チアキとハルカがいたほうがいいしな」

藤岡「ハルカさんとチアキちゃんも!?」

夏奈「当然だ」

藤岡(そ、そんな……。ハルカさんとチアキちゃんまで……。いやいや……オレは何を考えているんだ!!!)

ケイコ「カナ、やっぱり私は……」

夏奈「ダメだ!! ケイコにもきっちり教えてやる!! そしてチアキにおかしなことを上手く綺麗に教えてやってくれ!!」

ケイコ「それはカナかハルカさんが教えてあげれば……」

藤岡(体力には自信があるけ……バカな!!! オレは何を言ってるんだ!! カナがいればそれだけで……!! 違う!! そうじゃない!!!)



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 12:45:12.58 ID:jq4PvLob0


南家

夏奈「ハルカぁ。喜べ。協力な助っ人が来てくれることになったぞ」

春香「え? 誰?」

夏奈「ケイコと藤岡だ」

春香「ちょっとカナ? 藤岡くんはダメでしょ?」

夏奈「男がいかに狼なのかも同時に教えるべきだろ?」

春香「藤岡くんはそんなことしないでしょ?」

夏奈「まぁ、男の意見も欲しいだけだが」

春香「それは、重要かもしれないけど……。藤岡くんが困るんじゃないの?」

夏奈「大丈夫だ。なんかやる気満々だったからな」

春香「そうなの? いや、そういうことでやる気満々ってどうなんだろう」

夏奈「これでチアキに正しくおかしなことを伝えられるね!」

春香「だといいんだけど……」

夏奈「心配するなって。ケイコなら大丈夫だ。私がレクチャーしといたし」

千秋「――ハルカ姉さま、お風呂掃除完了しました」



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 12:51:15.36 ID:jq4PvLob0


数日後 土曜日

藤岡「お、お邪魔しますっ!!」

ケイコ「お邪魔します」

夏奈「おー。よく来たな。座れ座れ」

千秋「おい、カナ。今日は誰とも遊ぶなと言っていたが、お前はきっちり友人を呼んでいるじゃないか」

夏奈「今日のケイコと藤岡は友人ではない」

千秋「なんだと? ならなんだ?」

夏奈「チアキの特別講師だ」

千秋「特別講師だと?」

夏奈「ああ。しっかり学べよ?」

千秋「何をだ?」

ケイコ「えっと……それは……」

藤岡「な、なんて言ったら……いいかな……」

千秋「ん?」

春香「い、いらっしゃい、二人とも。今、お茶でも淹れるからね」



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 12:56:47.79 ID:jq4PvLob0


千秋「で、私は何を学べばいいんだ? 中学受験の話か?」

夏奈「それよりももっと大事なことだよ、チアキ?」

千秋「しかし、この面子なら主に勉強の話にならないか?」

夏奈「勘がさえてるね、チアキ。その通り、これは勉強会なんだよ」

千秋「そうか。では、算数でわからないところが……」

ケイコ「え? ああ、うん……」

夏奈「違う!! 計算は計算でも大人の計算をするんだ、チアキ!!」

千秋「大人の計算?」

夏奈「そうだ。チアキは今日、大人の方程式を知り、女の子から女へと羽化するんだよ!!」

千秋「この問題なんだが」

ケイコ「ああ、これはね」

夏奈「違うっていってるでしょー!!!」バンバンッ

千秋「ちょっと黙ってろ。大事なことなんだ」

夏奈「あ、そうなの?」

春香「はい、お茶どうぞ」



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 13:01:19.82 ID:jq4PvLob0


藤岡「すいません、頂きます……」

春香「どうしたの、藤岡くん。汗かいてるけど……」

藤岡「い、いえ……。ちょっと、走ってきたんで……」

春香「そうなの?」

夏奈「……」

ケイコ「ここを……こうして……」

千秋「ほうほう……。なるほど、こんなにすっきりと書けるものなのか」

夏奈「終わったか?」

千秋「次はこの問題もいいか?」

ケイコ「うん。いいよ」

千秋「ありがとう」

夏奈「おい、チアキ!! 普通の勉強会になってるよ!!」

千秋「黙ってろ」

夏奈「違うんだ!! これはおか――」

春香「カナ!! まぁまぁ!! いいじゃない!! 今はチアキの算数を優先しましょう!! ね?」



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 13:06:15.41 ID:jq4PvLob0


千秋「――なら、これはこうすればいいんだろうか?」

ケイコ「うん。そうそう。なんだ、チアキちゃんできるじゃない」

千秋「いや。丁寧に分かりやすく教えてくれたからだよ。本当にありがとう」

ケイコ「ううん。全然いいよ」

藤岡「えっと……。じゃあ、ここ……」

夏奈「そこじゃないって!! こっちだってばぁー!!」

藤岡「でも、ここだろ?」

夏奈「あっ」

藤岡「ほら。もうこんなに……」

夏奈「あぁ……」

藤岡「よし。オレの勝ちだね、南」

夏奈「くそぉー!!! どうして内田以外のやつにはオセロ勝てないんだぁー!!!」ガシャーン

春香「二人とも、そろそろ晩御飯だけど、食べていく?」

ケイコ「えっと……私は……」

千秋「明日は休日だ。ゆっくりしていけばいいじゃないか」



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 13:11:21.81 ID:jq4PvLob0


春香「はい、召し上がれ」

ケイコ「頂きます」

藤岡「すいません、オレまでご馳走になって」

春香「ううん。いいのよ。気にしないで」

夏奈「そーだ、味わって食べろよ」

千秋「お前は何もしてないだろーが、バカ野郎」

夏奈「皿を出したのは誰と思ってるんだ!!」

千秋「ケイコだ」

夏奈「それが今、重要か?」

千秋「重要だ」

夏奈「ケイコめ……!! 私の仕事を奪いやがって……!!」

ケイコ「どうして私が恨まれるの……?」

夏奈「自分の仕事もこなしてないくせに」

ケイコ「し、仕事って?」

夏奈「今日は何のためにケイコと藤岡を呼んだと思っているんだ!?」



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 13:36:54.62 ID:jq4PvLob0


千秋「そういえば、二人は私の特別講師だといっていたな。ケイコはいいとして、藤岡は何の講師だ?」

藤岡「え? あ、えっと……オレは……なんだろう……?」

夏奈「だから、おかしな――」

春香「カナ? 別に食事中にする話じゃないでしょ?」

夏奈「あ、うん……そうだね……」

千秋「食事中にはできないことなのですか?」

春香「そうよ。黙って食べましょうね?」

千秋「わかりました。黙々と食べます」

夏奈「(私が怒られちゃったじゃないか!)」

ケイコ「(私に言われても……。でも、これからやるの?)」

夏奈「(やるに決まってるだろ!?)」

藤岡(や、やるのか……南……!!)

ケイコ「(今日はまだ帰れないの?)」

夏奈「(もう泊まっていけよ、ケイコ)」

ケイコ「(えぇ……)」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 13:41:10.17 ID:jq4PvLob0


千秋「――ここは、こうしてもいいんだろ?」

ケイコ「うん。いいよ。そのほうが綺麗な式と答えになるしね」

千秋「そうかそうか」

夏奈「どうだ、藤岡? これがいいんだろう?」

藤岡「……」

夏奈「そんな我慢するな。もう分かっているんだ。ここなんだろぉ?」

藤岡「……」

夏奈「おりゃー!!」

藤岡「くっ……」

夏奈「あぁー!! ババひいちゃったぁー!!!」

藤岡「あはは」

夏奈「笑うなぁー!!」

春香「お風呂の準備できたけど、お客様からどうぞ」

藤岡(お風呂!!!)

夏奈「藤岡、入っていくか?」



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 13:45:20.40 ID:jq4PvLob0


藤岡「え? いいの?」

夏奈「別にいいけど?」

藤岡「えっと……」

ケイコ「ど、どうぞ、藤岡くん」

藤岡「じゃあ……お借りします……」

春香「ゆっくり温まってね」

藤岡「はい」

夏奈「なぁ、チアキ。そろそろ勉強はおしまいにしよう。本来の目的を既に見失ってるんだ」

千秋「本来の目的ってなんだよ」

春香「カ、カナ!!」

夏奈「ハルカは黙ってろ。もうこれ以上、私は待てないんだ!!」

春香「で、でも、心の準備が……!!」

夏奈「今日一日、なにしてたんだ!!」

千秋「こら、カナ。ハルカ姉さまになんてことを言うんだ。で、結局カナは私に何を教えたいんだよ」

ケイコ「はぁ……」



89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 13:50:59.06 ID:jq4PvLob0


夏奈「ケイコ!! さぁ、勉強の時間だ!!」

ケイコ「えっと……。チアキちゃん、いいかな?」

千秋「うむ」

春香「あぁ……あぁ……」オロオロ

ケイコ「例えばの話なんだけど、チアキちゃんと藤岡くんが同じ場所でお泊りするとして」

千秋「私と藤岡が?」

春香「藤岡くんはそんな人じゃありませんっ!!」

夏奈「ハルカ、例え話だから」

春香「でもぉ……」

ケイコ「そうなったら、チアキちゃんはどうする?」

千秋「え? うーん……どうするっていわれてもなぁ……。毛布をわけてやろうかな」

ケイコ「うん。そうだよね。それが正しい行動なんだけど、でもね、稀に違うことも起こったりするの」

千秋「違うことって?」

ケイコ「一緒のベッドで寝ることだってあるかもしれないの」

春香「えぇ!? チアキと藤岡くんが?!」



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 13:58:39.81 ID:jq4PvLob0


夏奈「ハルカ、うるさいぞ。例え話だって言ってるだろ?」

春香「リアリティがありすぎるから、困ってるのっ!!」

夏奈「リアリティがあるのか?」

春香「あるわよぉ」

千秋「一緒のベッドで寝ることがあるのか? どうやったらそんな流れになるんだ?」

ケイコ「えっと。例えばだけど、藤岡くんが遊びにきて、夕食も済ませて、食後にトランプとかオセロとかしている間に夜が更けちゃって、そのままお風呂に入ることもあるかもしれない」

千秋「ああ。あるかもな」

ケイコ「その後、藤岡くんが今日は帰りたくないって言い出して、優しいチアキちゃんは泊まっていってもいいよって言うでしょ?」

千秋「藤岡にならそう言うかもしれないな」

ケイコ「そうなったとき、藤岡くんがチアキちゃんに添い寝したいって言い出すこともあるかもしれないの」

千秋「なんだと? まぁ、藤岡ならいいけど」

春香「な、なにいってるの!!! チアキ!!! そんな風に育てた覚えはありません!!」

夏奈「ハルカ!! 例え話だ!!」

春香「だから、例え話にしてはリアリティがあるの!!」

夏奈「落ち着けって。おかしなことを教えるってこういうことだろ?」



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 14:04:33.61 ID:jq4PvLob0


ケイコ「添い寝する流れになったとき、チアキちゃんはどうする?」

千秋「うーん。いや、寝るだけだろう?」

春香「ねちゃだめー!!!」

夏奈「ハルカ、もう出て行けよ」

ケイコ「チアキちゃん、もうそれがおかしなことなの」

千秋「おかしなことってそれだけのことなのか?」

ケイコ「カナから聞いたのはそうみたいだけど」

千秋「そうなのか。キスとかはしないのか?」

ケイコ「どうだろう……。でも、そういうことって恋人になってからだと思う」

千秋「そうか。なら、藤岡とはキスしない流れだな」

ケイコ「そうじゃないかな」

春香「チアキが私の目の前で大人の階段を昇っている……」

夏奈「ハルカ……。ちょっと大げさすぎるぞ」

春香「チアキが私の手を離れていく……」

夏奈「ハルカ……。私たちはそれを望んでいたはずだぞ」



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 14:11:22.37 ID:jq4PvLob0


藤岡「――いいお湯でした」

夏奈「藤岡、もう出てきたか。しっかり温まったのか?」

藤岡「うん、しっかり温まったよ」

藤岡(シャワーだけで済ませたけど)

夏奈「そうか。じゃあ、また学校でな」

藤岡「え?」

夏奈「え?」

藤岡(あ、あれ……。この流れはおかしい……!! こんなはずじゃ……!! 何をオレは間違えたんだ……!?)

夏奈「ケイコー、先に入ったらどうだ?」

ケイコ「うん。ありがとう」

ケイコ(やっぱり、泊まることになってる……。まぁ、いいか。久々だし)

藤岡(どうしてオレが帰る流れになってるんだ……!? どうして……どうして……!! アキラ!! オレの何が間違っていたんだ!!)

夏奈「藤岡、どうした? 早く帰らないと湯冷めするぞ?」

藤岡(そうだ!! あれだ!! あれがまだだった!!! これで泊まる流れに戻せるはずだ!!)

藤岡「み、南……その、体が火照って、今日は帰りたくないな……」



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 14:16:42.99 ID:jq4PvLob0


春香「なっ……!!?!」

夏奈「なんだと?」

千秋「火照ったのか、藤岡」

藤岡「う、うん……」

千秋「それは大変だな。おい、カナ。泊まらせてやれば?」

夏奈「そんな急に言われても……。ハルカ、いいか?」

春香「だ、だめにきまってるでしょー!!!」

藤岡「えぇ……!?」

春香「藤岡くん!! 何時だと思ってるの!!! 早く帰りなさい!!!」

藤岡「そ、そんな……!! どうしてこんな流れに……!!」

夏奈「待て待て、ハルカ。藤岡から泊まりたいって言ってるんだし、許してやれよ。一晩ぐらい」

千秋「ハルカ姉さま、私からもお願いします」

春香「だめったらだめぇ!! チアキと藤岡くんがおかしなことになるからぁー!!」

藤岡「チアキちゃんとですか?!」

夏奈「ハルカ!! いつまで例え話を引き摺るんだ!?」



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 14:23:09.03 ID:jq4PvLob0


春香「例え話が実現しようとしているから困ってるの!!」

夏奈「なら、チアキと寝かせなければいいだけの話だろ?」

春香「でも……寝込みを襲うかも……」

藤岡「そ、そんなことしません!!」

夏奈「ハルカ。藤岡にそんな度胸があると思うのか?」

春香「だって……」

千秋「ハルカ姉さま、藤岡からおかしなことをするとは思えませんが」

春香「チ、チアキ!! 私がいいたいのはそういうことじゃなくて!!!」

千秋「なぁ、藤岡? 藤岡は私と添い寝したいのか?」

藤岡「え? いや、そんなことないよ」

千秋「だ、そうです」

春香「……ほんとぉ?」

藤岡「はい! そんなつもりはありませんから!!」

春香「なら、いいけど……」

夏奈「よかったな、藤岡! よし、泊まってけ!」



111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 14:27:34.19 ID:jq4PvLob0


藤岡「よっしゃ!!!」

夏奈「うおっ!! びっくりした」

藤岡「よしっ!! よしっ!! いけた!! いけたぞ!!」

夏奈(嬉しそうだな……)

千秋「藤岡、これを使え。私がいつも使っている毛布だ」

藤岡「あ、ありがとう。チアキちゃん」

夏奈「藤岡はリビングな」

藤岡「うん! 分かったよ!」

春香「藤岡くんを信頼してないわけじゃないけど、一応私が一緒に寝るからね」

藤岡「え? ハルカさんとですか?」

春香「藤岡くんに拒否権はありません」

藤岡「は、はい……!」

藤岡(あれ、なんだこの流れは……!?)

夏奈「ケイコが出てきたら、次は私が風呂に入ろーっと」

千秋「早くでてこいよ」



115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 14:34:00.50 ID:jq4PvLob0


夏奈「――それじゃあ、ケイコは私と一緒に寝よう」

ケイコ「カ、カナと?」

夏奈「なんだ、いやなのか?」

ケイコ「だ、だって……カナはいつもおかしなところを触ってくるから……」

夏奈「おかしなところ? それはここか?」コチョコチョ

ケイコ「きゃぁ?! あはははは!! や、やめて!! カナ!! そこはだめぇ!!」

夏奈「おらおらー」

ケイコ「あはははは!!! だめ、だめだったらぁ! カナぁ!! あははは!!」

千秋「ふわぁ……。お休みなさい、ハルカ姉さま」

春香「うん。おやすみ、チアキ」

藤岡(カナが遠ざかっていく……。いや、これでいい。今日はカナの家に泊まれただけで十分だ!!)

春香「さ、藤岡くん。電気消すわね」

藤岡「はい。お願いします」

春香「おやすみ」パチンッ

藤岡「おやすみなさい、ハルカさん」



121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 14:38:24.57 ID:jq4PvLob0


春香「……」

藤岡「……」

春香(これ、私がおかしなことしてない!?)

藤岡(この毛布、チアキちゃんの匂いがする……)

春香「藤岡くん!!」

藤岡「は、はい? なんですか!?」

春香「この流れはどう思う!?」

藤岡「え? この流れですか? いいと思います」

春香「いいわけないでしょー!!!」

藤岡「ハ、ハルカさん!?」

春香「藤岡くんは一人で寝てなさい!!」ダダダッ

藤岡「ハルカさん! こんな真っ暗なところで走らないほうが!!」

春香「きゃぁ!!」ドタッ!!

藤岡「ハルカさん!! 大丈夫ですか?!」

春香「いたい……」



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 14:42:42.87 ID:jq4PvLob0


藤岡「ハルカさん、どこですか?」

春香「こ、ここ……」

藤岡「ああ、ここですか。怪我はないですか?」ギュッ

春香「わからない……。とりあえず、明かりを……」

夏奈「なんだ? どうした? すごい音がしたけど?」

ケイコ「どうかしたんですか?」

千秋「ハルカ姉さま、何があったのですか?」パチンッ

春香「あ……」ウルウル

藤岡「あ……」

夏奈「お、おま……ハルカを押し倒して……なにを……!!」

ケイコ「藤岡くん……!!」

藤岡「ち、違う!! 誤解だ!! みなみぃ!!」

夏奈「ハルカとおかしなことをするつもりだったのかぁー!?」

藤岡「誤解だぁ!!!」

千秋「おかしなことって押し倒すことも含まれているのか?」



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 14:48:59.37 ID:jq4PvLob0


春香「カナ、私が悪いの。藤岡くんは……」

夏奈「ハルカ、本当に藤岡に非は一切ないのか?」

春香「えっと……それは……」

夏奈「藤岡ぁ!!」

藤岡「は、はい」

夏奈「お前は帰れ」

藤岡「そ、そんなぁ……!!」

夏奈「そして出入り禁止だ!!」

藤岡「待ってくれ!! これは事故なんだ!!」

夏奈「事故で押し倒したの?! 事故でおかしなことになるのか!?」

藤岡「そうなんだ!!」

夏奈「信じるかぁー!!」

ケイコ「実際のところ、どうなんですか?」

春香「私が躓いちゃって、藤岡くんが心配して駆け寄ってくれて……」

ケイコ「そうですよね。藤岡くんがハルカさんを押し倒すなんてありえないし……」



136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 14:55:34.39 ID:jq4PvLob0


千秋「まて、カナ。藤岡がハルカ姉さまに対し、おかしなことをする流れにはならない」

夏奈「何故そういいきれる!?」

千秋「藤岡がリビングで寝ることになった際、藤岡は何も言わず快諾した。ハルカ姉さまとはたまたま一緒に寝ることになったに過ぎないだろ?」

夏奈「む……」

千秋「ハルカ姉さまを狙ったにしては運任せすぎる。そうだろう?」

夏奈「まぁ、そうだが……」

千秋「藤岡もおかしなことをしようとしたんだじゃないんだろ?」

藤岡「そんなの思ってないよ!!」

夏奈「本当にか? これっぽっちも思わなかったのか?」

藤岡「……正直に言うと、南が5人一緒に寝ようって言い出す流れも期待していた」

夏奈「……」

藤岡「ごめん!! みなみぃ!! オレは最低だ!!」

夏奈「お、おい、藤岡……。何も頭を下げなくても」

藤岡「やっぱり、帰ることにするよ。悪かった。本当にごめん、南」

夏奈「あ、ちょっと、待ちなさいよ」



143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 15:01:55.66 ID:jq4PvLob0


藤岡「え?」

夏奈「なんだ、5人一緒がよかったのか? なら、そういえばいいのに」

春香「え? カ、カナ?」

夏奈「ケイコも別にいいよな?」

ケイコ「う、うん。別にいいけど。藤岡くんが困らない?」

藤岡「南……え? でも……」

夏奈「5人一緒なら互いを監視しつつ身も守れる。そして修学旅行気分も味わえる。一石二鳥じゃないか!!」

千秋「なぁ、5人一緒はおかしなことにはならないのか?」

ケイコ「え? カナはそんなこと言ってなかったし、ならないと思うよ」

千秋「そうか。なら、藤岡。一緒に寝るぞ」

藤岡「え?! い、いいの!?」

千秋「いいですか、ハルカ姉さま?」

春香「そ、そうね。藤岡くんは疑っていた私が恥ずかしいほどに、いい子だってことはよく分かったし」

夏奈「よーし!! 身を寄せ合ってみんなでねるぞー!!!」

藤岡(この流れは……!! この流れはぁ……!!)



151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 15:07:36.82 ID:jq4PvLob0


夏奈「ケイコ、もっとこっち寄れよぉ」

ケイコ「い、いや……だって……」

夏奈「おらぁー!!」

ケイコ「あーん!!」

千秋「ハルカ姉さまの隣、よろしいですか?」

春香「ええ、いいわよ。藤岡くんはどうする?」

藤岡「オ、オレは……!」

藤岡(南の隣で寝る流れになるか……!?)

千秋「藤岡はここだ」

藤岡「え? 千秋ちゃんの隣?」

千秋「うむ」

夏奈「なんだ、チアキ。ハルカと藤岡にサンドされるのか? どこの姫だ」

千秋「姫っていうな、バカ野郎」

春香「じゃあ、藤岡くんはここね」

藤岡「は、はい……」



153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 15:11:33.92 ID:jq4PvLob0


夏奈「電気けすよー」

春香「おねがーい」

夏奈「あいよー」パチンッ

ケイコ「ふぅ……。きゃぁ!?」

夏奈「ケイコの好きな人はだーれだ?」コチョコチョ

ケイコ「あはははは!! やめて!! やめてぇ!!」

夏奈「好きな人をいいなさいよぉー!!」

ケイコ「いな、い!! いないから!! あはははは!!!」

春香「そういうカナはどうなの?」

夏奈「私?」

藤岡「……」ピクッ

千秋「今、藤岡がピクってなった」

春香「あ、そっか。こんな話できないわよね。ごめんなさい」

藤岡「い、いえ……」

夏奈「そういえば藤岡の好きな奴って誰だ?」



159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 15:18:52.24 ID:jq4PvLob0


ケイコ「カ、カナ!! それを訊くとおかしなことになるから!!」

夏奈「え? おかしなことになるかい?」

ケイコ「なると思うよ。確実に」

千秋「好きな人を言い合うのもおかしなことに含まれるのか」

夏奈「なるのか? なら、試しに言ってみようか、藤岡」

藤岡「そ、それは……」

春香「藤岡くん、無理しなくていいからね?」

夏奈「この4人の中で好きなタイプを選ぶのもアリだけどね」

藤岡「……」

千秋「藤岡の心臓がすごくドキドキしている」

夏奈「おい、藤岡。チアキが隣にいるからっておかしなことになってるんじゃないだろうな?」

春香「そんな!! 藤岡くん?!」

千秋「いえ、藤岡は私と添い寝しているのですでにおかしなことになってますが」

ケイコ「藤岡くんがおかしなことになったのはカナの所為じゃ……」

夏奈「なんでだよぉ。私じゃねーよぉ。藤岡がおかしいだけだろ」



162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 15:26:08.93 ID:jq4PvLob0


藤岡「オ、オレの好きな人は……」

夏奈「うん、誰だ?」

ケイコ(えぇ……言っちゃうの……!? 絶対におかしなことになるのに……!)

春香「藤岡くん……無理はしないでね……」

千秋「藤岡の体温がぐんぐん上がっている」

夏奈「おい、チアキ。おまえ、藤岡の隣にいるにしては色んなことを知っているな。まるで密着しているようだぞ」

千秋「まぁ、抱きついてるしな」

夏奈「おかしなことしてんじゃないよー!!!」

千秋「うわぁ!? なにをする?!」

藤岡「カナだ!!!」

夏奈「え?」

千秋「ぁえ?」

春香「わぁ……」

ケイコ(言っちゃった……)

千秋「今、藤岡の胸がとてつもなくドキドキしているぞ」



170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 15:34:10.95 ID:jq4PvLob0


藤岡「はぁ……はぁ……」

夏奈「藤岡……お前……」

春香(カナ……どうするの……?)

千秋「汗もすごいな。藤岡、大丈夫か?」

ケイコ(カナ、そろそろ藤岡くんの想いに応えてあげないと)

夏奈「そうか。私か」

藤岡「ああ……」

夏奈「……ケイコ」

ケイコ「ど、どうしたの?」

夏奈「こんなとき、私はどんな反応を見せるのが正しい流れなんだ?」

ケイコ「え、ええと……。うーん……。と、隣で寝てあげるとか?」

夏奈「その流れか? 本当にその流れか?」

ケイコ「そうじゃないかなぁ……。少なくとも、今は」

夏奈「なら、移動するか」モゾモゾ

ケイコ(よかった。これで眠れる……。藤岡くん、あとはお願い)



178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 15:40:36.53 ID:jq4PvLob0


夏奈「よし。これでいいのか」

ケイコ(ねよっと)モゾモゾ

夏奈「まぁ、私のことを好きだと言ってくれた手前、これぐらいのことはしないとな」

春香「カナ!! おかしなことしちゃだめだからね!!」

夏奈「なんでそんな流れになるんだ!!」

千秋「いえ、隣で寝ているので、既に私とカナはおかしなことをしています、ハルカ姉さま」

春香「あ、うん……。でも、もっとおかしなことになるかもしれないから」

千秋「もっと、おかしことがあるんですか?」

春香「あ。えっと……それはね……」

夏奈「さてと、今から何しようか」

千秋「もう寝ろよ」

夏奈「えー? まだ眠くないよー。なぁ、藤岡? あれ、藤岡?」

千秋「もう寝たんだろ。寝かせてやれよ」

夏奈「でも、これから夜のおかしなこと談義が始まるんだろ?」

春香「始まらないから」



189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 15:49:13.34 ID:jq4PvLob0


ケイコ「すぅ……すぅ……」

夏奈「そもそも、今日はチアキに『おかしなこと』は何かを教えるためのものだったんだぞ、ハルカ」

春香「いや、そうだけど。もういいでしょって言ってるの」

千秋「そうだ。もう十分におかしなことは何かを私は知った」

夏奈「ほほぅ? では、良い子のチアキさん。男女が一緒にいるとおこるおかしなこととはなんですか?」

千秋「とにかくドタバタするんだろ? 先ほどのハルカ姉さまと藤岡の一件や今のやりとりのように」

夏奈「まぁ、ドタバタするのは間違ってはいないが」

春香「もう、カナ!!」

夏奈「藤岡もなにかいってやれよぉ」ユサユサ

千秋「カナ、藤岡は寝たんだから起こしてやるな」

夏奈「そうなのか? ハァハァ言ってるけど」

春香「藤岡くん? 起きてるの?」

千秋「反応はありませんね。もしかしたら悪い夢でも見ているのかもしれません。なにせカナが隣にいますし」

夏奈「どーいういみだよぉ!!!」

千秋「うるさいよ。早く寝ろよ」



198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 16:01:16.58 ID:jq4PvLob0


夏奈「藤岡? 寝たのか?」ユサユサ

夏奈「おーい」スリスリ

夏奈「胴絞めをくらえー」ギュゥゥゥ

夏奈「ダメだな……。ハァハァ言うだけで、反応が――」

藤岡「……」ガバッ!!!

夏奈「おぉぅ!? 起きたのか?」

藤岡「と、トイレ……」

夏奈「そうか。暗いから気をつけてくれ」

藤岡「うん……」

夏奈「チアキ? 起きてるかー?」

夏奈「む……。ハルカぁ?」

夏奈「ケイコは起きてるよな?」

夏奈「なんだよぉ。みんな寝たのかよぉ……。つまらん。藤岡を待つか」

夏奈「……」

夏奈「……すぅ……すぅ……」



201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 16:07:48.11 ID:jq4PvLob0


ケイコ「……ん?」

ケイコ(トイレ……)

ケイコ「……えーと……たしか……」フラフラ

ケイコ「ここ、だったはず」ガチャ

藤岡「うわぁ!!!」

ケイコ「え? あ、藤岡くん!? ごめんなさいっ!!」バタンッ

ケイコ(よかった。眼鏡かけてなくて……。ぼやっとしか見えなかったし、藤岡くんに説明しなきゃ)

藤岡「……」ガチャ

ケイコ「あ、藤岡くん。私、眼鏡かけてないから、何も見えなくて――」

藤岡「オレは最低だぁー!!!!」

ケイコ「ふ、藤岡くん?! だから、私なにも見てないの!!」

ケイコ「……」

ケイコ(とりあえず済ませよう……)ガチャ

ケイコ(藤岡くん、何かしてたのかなぁ……?)

ケイコ(まぁ、いいか)



208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 16:16:22.06 ID:jq4PvLob0


翌朝

春香「ん……」

千秋「すぅ……すぅ……」

夏奈「んんっ……すぅ……すぅ……」

春香(朝か……。朝ごはん作らないと……)

ケイコ「ん……? あ、おはようございます」

春香「まだ、寝てていいからね」

ケイコ「いえ、お手伝いします」

春香「そんな、ゆっくりしてて」

ケイコ「でも、悪いですし」

春香「いいから。――あら? 藤岡くんは?」

ケイコ「え? いないんですか?」

春香「うん……」

ケイコ「うーん……。あ、ハルカさん。テーブルに置手紙がありますよ」

春香「え? もしかして藤岡くん、帰っちゃったの?」



213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 16:21:37.21 ID:jq4PvLob0


ケイコ「えーと……。オレはやってはいけないことをしてしまいました。だから、帰ります。本当に申し訳ありません。藤岡。って書いてますね」

春香「えー? どうしちゃったのかしら?」

ケイコ「やってはいけないこと……」

春香「……」

ケイコ「……」

春香「まさか……」

ケイコ「いや、藤岡くんに限って……」

春香「カナっ!!! カナ!! カナってば!!」ユサユサ

夏奈「え? な、なに、ハルカぁ?」

春香「昨日、藤岡くんとおかしなことしたの!?」

夏奈「はぇ? なにが?」

春香「私たちが寝ている隣でおかしなことしてたの!? そのほうがおかしなことが盛り上がるの?! どーなの!! カナ!!!」

夏奈「な、なんのことだよぉ」

春香「なんのことなの!?」

夏奈「わかんないよぉー」



219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 16:29:27.28 ID:jq4PvLob0


千秋「ハルカ姉さま……おはようございます……」

春香「チアキ!! 藤岡くんとおかしなことになってない!?」

千秋「え? いえ、ですから昨日の夜は私とカナでおかしなことを……」

春香「3人で!? いきなり3人なのぉー?! あぁー!! 私のとなりでおかしなことがぁー!!!」

千秋「ハ、ハルカ姉さま……落ち着いてください……」オロオロ

夏奈「ケイコー? 早朝からハルカに何があったんだ?」

ケイコ「いや……何もないと思うよ……。試しにカナ、中を見てみたら?」

夏奈「中って? どこの?」

ケイコ「ここ」

夏奈「え? ここか? 別になんともなってないけど」

ケイコ「だよね」

夏奈「……?」

春香「あぁー!! 妹たちが私よりも数歩先を歩いてるぅー!!!」

千秋「ハルカ姉さま、どうしたのですか? しっかりしてください」オロオロ

ケイコ(藤岡くんがおかしなことをするから、朝からおかしなことに……)



222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 16:36:58.82 ID:jq4PvLob0


翌日 小学校

内田「チアキー、おはよー」

吉野「おはよう、チアキ」

千秋「おはよう」

シュウイチ「南ー、おはよう。ちょっと、いいかな?」

千秋「どうした?」

シュウイチ「ほら、先週出た宿題あるだろ? あれ結構難しいから、久しぶりに南の家でやろうかなって思ったんだけど」

千秋「ああ。あれか。いいぞ。私はもう終わったけど」

吉野「そうなの? 私もチアキと一緒にやろうかなって思ってたんだけど」

千秋「ああ。土曜日にいい特別講師が来てくれたからな」

内田「そうなんだ!! なら、私にも見せてー!!」

千秋「少しは自分で考えろ、バカ野郎」

内田「ちょっとぐらいいいでしょー?」

シュウイチ「なら、みんなでやろうか」

千秋「シュウイチ。私の家にくるのは構わないが、このままではおかしなことになるぞ?」



225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 16:38:03.99 ID:SNzC7jjM0


シュウイチ……はて……



227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 16:38:55.17 ID:5eGdiPRy0


聞いた事のない名だ
だけど、涙が止まらないんだ…



234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 16:45:21.62 ID:jq4PvLob0


シュウイチ「え?」

吉野「おかしなこと?」

内田「えぇぇ!? なんでぇ!?」

千秋「男一人で女が複数人いれば、確実におかしなことになる。私はそれを実体験した」

内田「じ、じじ、実体験!? チアキ、しちゃったのぉ?!」

千秋「ああ。したな」

内田「だれとぉ!? ねぇ!! 誰としちゃったのぉ!?」

千秋「藤岡だ」

内田「藤岡くんとぉぉ!? えぇぇ!? やだぁー!!! きゃぁー!!」

シュウイチ「えっと、都合が悪いってことかな?」

千秋「いや、大丈夫だ。ただ、おかしなことになるのは間違いない。それでもよければ来ていいぞ」

吉野「チアキ、おかしなことってどんなこと?」

内田「よしのぉー!! それきいちゃだめだってぇ!!」バンッバンッ!!

吉野「いたっ。いたいよ。内田」

千秋「内田、どうした? おかしなことになってるな」



244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 16:52:50.91 ID:jq4PvLob0


マコト「シュウイチー!! 何話してるんだぁー?!」

シュウイチ「マコト。おはよう。いや、南の家で宿題をしようと思ったんだけど……」

マコト「先週出たやつか!? オレも参加させてくれ!!」

千秋「……男が二人でもおかしなことになるのか?」

マコト「え!? お、おかしなことだってぇ!? チ、チアキ!! なにいってるんだぁ!!!」

内田「そうだよぉ!! マコトくんとおかしなことになんて、ぜぇーったい、ならないよぉ!!」

マコト「なんだと、内田!! こっちだって内田とおかしなことには絶対にならないからな!!!」

内田「そんな保障がどこにあるのぉー?!」

マコト「よく考えろ。オレが内田におかしなことをして、どこにメリットがある?」

内田「なによぉー!!! 私でもおかしなことになるかもしれないじゃない!!」

マコト「なるかぁー!!!」

千秋「なんの話だ。朝からうるさいな」

シュウイチ「えっと。とにかく、チアキ。お邪魔してもいいかな?」

千秋「おかしなことになってもいいなら、いいぞー」

内田「ならないって!! ならないからぁ!! チアキぃ!!」



248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 17:00:57.58 ID:jq4PvLob0


高校

春香「はぁ……」

マキ「ハルカ、朝からため息ばっかりだけど、幸せが逃げちゃうよ?」

アツコ「何かあったの? 元気ないけど」

春香「マキ……アツコ……。はぁ……」

マキ「ハルカ? ホント、どうしたの?」

春香「カナとチアキに先を越されちゃった……かもしれない……」

アツコ「先を越された? なんのこと?」

マキ「まさか、ハルカ……。カナちゃんとチアキちゃん……大人の階段を昇りきったの……?」

アツコ「えぇっ!?」

春香「……うん。かもしれない」

アツコ「えぇー!?」

マキ「うわぁーん!!! 私もまだなのにぃー!!!」

春香「最近の小学生と中学生は……早い……みたい……」

アツコ(そうなんだ……。チアキちゃんもカナちゃんもすごいんだ……。はぁ……そんな人も勇気も私にはないから、羨ましい……)



252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 17:07:03.19 ID:jq4PvLob0


春香「どうしたら、いいと思う!? このままじゃ姉としての威厳が……威厳がぁ……」

アツコ「ハルカ、別に焦ることはないと思うよ?」

マキ「というか、カナちゃんとチアキちゃんを奪ったやつはどこのどいつだ!!」

アツコ(もしかして、トウマくんとか……?)

春香「藤岡くん……」

マキ「あのやろー!!! ちょっとカッコイイからって、がっつきすぎだろー!!!」

アツコ(あれ、なんで私、ちょっと安心してるんだろう……)

春香「こんなことなら、私も一緒におかしなことに巻き込まれていれば……」

マキ「ハルカぁー!!」

春香「あ、いや……そういうことじゃなくて……」

マキ「そのときは私も呼んで。一緒に。一緒にだよ!!」

春香「マ、マキ……」

マキ「抜け駆けはダメだからね!! アツコも!!」

アツコ「え? あ、うん……」

マキ「卒業するときはみんな一緒だからねー!!!」



264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 17:16:50.03 ID:jq4PvLob0


速水「おはよー。なにしてんのー? 面白い話?」

マキ「速水先輩!! 全然、面白くないですよ!!」

速水「今日もマキはご機嫌斜めだね。なにかあったの?」

マキ「年下たちに軒並み抜かれちゃったんですよ……」

速水「背が?」

マキ「経験ですよぉ!!!」

アツコ「マキ、声が大きい」オロオロ

速水「マキ、もっと詳しく」

マキ「藤岡って知ってますか?」

速水「ああ。カナちゃんに惚れこんでるサッカー少年かぁ。その子がどうかしたの?」

マキ「カナちゃんとチアキちゃんを同時に奪っちゃったんですよ」

速水「なにを?」

マキ「あれをです」

速水「ほー。中学生にしては活きがいいわねー」

マキ「で、そのことでみんな一緒に落ち込んでたところです」



270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 17:21:56.54 ID:jq4PvLob0


アツコ「私は別に……」

速水「なるほど。妹たちに一歩先に行かれて……」

春香「はぁ……」

マキ「ハルカも朝からため息吐きっぱなしですよ」

速水「ふぅーん……そうなんだぁ……。わかった」

マキ「何がわかったんですか?」

速水「マキ。焦って、お金で解決しちゃだめよ?」

マキ「しませんよぉ!!!」

速水「アツコも」

アツコ「しませんっ!!」

速水「さーてと、教室にもーどろっ」

マキ「速水先輩? なんでちょっと楽しそうなんですか?」

速水「全然、楽しくないよ? さー、遅刻するから教室に戻らないとねー」

マキ「……」

アツコ「マキ、席にすわろ」



276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 17:28:00.43 ID:jq4PvLob0


保坂「さて、今日こそは南ハルカにこの弁当を……」

速水「保坂ー。ちょっと小耳に挟んだんだけどー」

保坂「速水かどうした?」

速水「ハルカちゃんは今、経験したくてたまらないらしいよ?」

保坂「……なに?」

速水「どうしてかなぁ? 欲求不満?」

保坂「何をバカなことを。あの南ハルカがそのような行為を求めているわけがない」

速水「女神も女になるときがある」

保坂「な……!!」

速水「で、マキとアツコにもそれが感染しちゃってるみたい」

保坂「マキとアツコにも……?」

速水「三人で卒業しようとかも言ってたから……マキとアツコを説得すれば……ハルカちゃんももれなく……」

保坂「何をいう。南ハルカに近づく為に二人を利用するなどできん」

速水「前にも言ったでしょう? 将を射るには馬からだって。――話は変わるけど、やっぱり部員と仲良くしたほうがいいと思うのよね」

保坂「そうか……。そうだな。まずはマキだ……マキだな……」



281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 17:32:05.67 ID:jq4PvLob0


中学校

藤岡「……」

夏奈「おーっす、藤岡」

藤岡「……み、南……」

夏奈「お前、何置手紙だけ残して帰ってんだよ。お前のせいでおかしなことに……」

藤岡「うわぁぁ!!!」

夏奈「ふ、藤岡……? どうしたんだよぉ?」

藤岡「南!! オレは最低なんだぁー!!!」ダダダッ

夏奈「あ、おーい!!」

ケイコ(藤岡くん……)

リコ(藤岡くんのレア顔!!!)

夏奈「なぁ、ケイコ。藤岡になにがったんだよぉ」

ケイコ「それは知らない」

夏奈「本当か? 本当になにもしらないのか?」

ケイコ「夜中にトイレに行ったら、藤岡くんと鉢合わせたぐらいだから……」



283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 17:36:57.40 ID:jq4PvLob0


リコ「ケイコ?」

ケイコ「あ!? 聞こえた……?」

リコ「藤岡くんとトイレでなにしてたの!?」

ケイコ「いや、私は何も……。藤岡くんが何かしていたかもって話で……」

リコ「何してたの!? ねえ!! ケイコ!! 藤岡くんはトイレで何してたの?!」

夏奈「リコ、それは重要なのか?」

リコ「重要でしょ!?」

ケイコ「でも、トイレですることって2種類ぐらいしかないと思うけど……」

リコ「場合によってはもう1種類あるでしょ!? なにいってるのよぉ!?」

ケイコ「え?」

夏奈「なんだ、それ?」

リコ「え……」

夏奈「リコ。藤岡はトイレで何してたと思っているんだ?」

リコ「あ……それは……えっと……あの……」モジモジ

夏奈「言いなさいよ。そこに藤岡がおかしなことになった理由があるような気がする」



288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 17:41:15.46 ID:jq4PvLob0


廊下

藤岡(もうダメだ……。オレはもうカナと喋る資格なんてない……)

アキラ「藤岡さん。どうも」

藤岡「アキラ……」

アキラ「お泊りはどうなったんですか?」

藤岡「……」

アキラ「ああ!! すいません!! 不躾な質問をしてしまって!!」

藤岡「失敗だ……」

アキラ「失敗? どうしてですか?」

藤岡「オレは間違いを犯してしまった……」

アキラ「犯しちゃったんですか!? それはダメですよ!!! 何やってるんですか!?」

藤岡「……」

アキラ「ああ、ごめんなさい。言い過ぎました……」

藤岡「いや、その通りだ……。オレはダメなんだよ……」

アキラ「藤岡さん……」



293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 17:48:58.24 ID:jq4PvLob0


藤岡「もう……オレの人生は終わったんだ……」

アキラ(そこまで……!? ここはオレがどうにかしないと!!)

アキラ「ふ、藤岡さん!! まだ諦めるのは早いですよ!! 気をしっかりもってください!!」

藤岡「何を言ってるんだ……。オレはダメなんだ……。最低の男なんだよ……アキラ……」

アキラ「待ってください!! その相手の態度はどうなりましたか?!」

藤岡「態度?」

アキラ「夜が明けたあとの態度ですよ。嫌がってましたか? 満更でもない感じじゃなかったですか!?」

藤岡「違うんだ。オレはこっそりやったんだ……」

アキラ「……藤岡さん。女の子はとても敏感なんですよ?」

藤岡「え?」

アキラ「藤岡さんがしたことに気付いてないわけがないじゃないですか!!!」

藤岡「な……なにぃ!? そんな……そんな……気付かれて……!! いや、そうか……実際に見られたもんな……!! 知っていて当然か……!!」

アキラ「それで相手は今、どんな感じで接してきました? 無視されましたか?」

藤岡「いや……。いつものように話しかけてくれた」

アキラ「なら、それは藤岡さんのやったことを許していないどころか、してくれて満足しているってことですよ!! 少なくても藤岡さんの好感度は下がってません!! むしろ上がってます!!」



296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 17:55:59.22 ID:jq4PvLob0


藤岡「本当か……アキラ……。そんなバカな話があるのか……?」

アキラ「いつもと変わらず接してくれた相手がその証明ですよ」

藤岡「アキラ……」

アキラ「藤岡さん。きっとこっそりしなくてもよかったんですよ。相手はそれを待っていたんですから」

藤岡「ま、待っていた……!?」

アキラ「はい。むしろ、誘われるのを待っていたはずです!!」

藤岡「待っていたぁ!? そんな……そんなこと……。でも、そんなところがあっても……良いけど……」

アキラ「きちんと起こしてからしてもきっと、うれし涙を流しながら藤岡さんを受け止めてくれたでしょうね」

藤岡「そんなぁ!! オレが恥ずかしいじゃないかぁ!!」

アキラ「相手だって同じくらい恥ずかしかったはずですよ!!」

藤岡「……!!」

アキラ「そのことは謝っておいたほうがいいと思いますよ」

藤岡「そうか……。そうだな……。ありがとう、アキラ」

アキラ「そして、すぐに良い感じの流れが来ますよ。今晩もどう、みたいな感じで」

藤岡「……行ってくる」



302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 18:02:35.93 ID:jq4PvLob0


教室

リコ「えっと……なんていえばいいかな……。多分、藤岡くんはトイレでおかしなことをしていたと思うの」

夏奈「一人でおかしなことはできないでしょー」

リコ「で、できるでしょ!!」

夏奈「まさか、アレのことか?」

リコ「そ、そうよ……。言わせないでよ。恥ずかしいじゃない」

ケイコ(あれってなんだろう……? ウォシュレットとか……?)

夏奈(藤岡……。なんてことを……)

リコ(藤岡くんが……あぁ!! だめよ!! そんなの想像しちゃぁ!!! でも……あぁー!! 藤岡くぅん!!)

藤岡「――み、みなみぃ!!」

夏奈「ふ、ふじおか……!!」

ケイコ(あ、藤岡くんだ)

リコ(今は藤岡くんの顔を直視できない!!! きゃぁー!!)

藤岡「……南、ごめん。南も恥ずかしかったはずなのに、オレ、そのことに気付けなくて……」

夏奈「な……」



307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 18:07:46.10 ID:jq4PvLob0


藤岡「あのとき、南も誘えばよかったんだな……」

夏奈「はぁ!?」

ケイコ(トイレに誘う……?)

藤岡「なぁ、南。もし、もしまた機会があったら……」

夏奈「え……な、なんだよぉ……?」

藤岡「南も一緒に――」

夏奈「なにいってんだぁー!!?」

藤岡「え?」

夏奈「お前!! サイテーだ!!! 目の前からきえろぉー!!!!」

藤岡「ど、どうして……」

夏奈「何に誘ってるんだぁー!!! 違うことに誘えよぉー!!!」

藤岡「み、みなみ……これは……えっと……」

夏奈「ヘンタイ番長がぁー!!!」ダダダッ

藤岡「どうして……みなみぃ……」ガクッ

ケイコ(なんだろう。これは何となく、藤岡くんが悪い気がする……)



309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 18:13:35.67 ID:jq4PvLob0


高校

春香「それじゃあ、またね」

アツコ「うん。バイバイ」

マキ「ハルカぁー!! 抜け駆けはだめだからねー!!!」

春香「うるさい」ゴンッ

マキ「いたっ」

アツコ「マキ、いそご。部活始まってるよ」

マキ「はいはい」

保坂「――マキ、アツコ」

アツコ「ひぃ!?」

マキ「でたっ!!」

保坂「今から、部活に行くのか?」

アツコ「は、はい……そうですけど……」

保坂「そうか。丁度良かった。なら、一緒に行こうか」

マキ「は、はい……いいですけど……」



314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 18:20:58.50 ID:jq4PvLob0


保坂「時にマキ。今、特定の相手はいるのか?」

マキ「え? な、なんですか……いきなり……」

保坂「答えたくないなら答えなくてもいい。ただの確認だ」

マキ「確認って……どうして……そんな確認を……?」

保坂「オレにも良心はある。もしマキに特定の相手がいるのなら、まずはその相手とだな――」

マキ「な、なんのはなしですかぁ!?」

保坂「アツコはどうだ?」

アツコ「い、いません……」

保坂「そうか。それはよかった」

アツコ「よかった……?」

保坂「今日はお前たちのためにスペシャルメニューを考えてきたのだ」

マキ「はぁ……?」

保坂「さぁ、マキ、アツコ。用具室に行くぞ」

アツコ「ど、どうしてですか……?」

保坂「特別なメニューだからな。色々と必要なものがある。それに他の部員に見られるのも困る。お前たちだけを贔屓にして、いらぬ軋轢を生む可能性もあるからな」



321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 18:27:30.16 ID:jq4PvLob0


マキ(な、なにをかんがえてるの……このきもちわるい人……!!)

アツコ(も、もしかして……そんな……)

保坂「さぁ……マキ……アツコ……。欲求不満なのだろう?」

マキ「うわぁぁぁ……」

アツコ「い、いやぁ……」

保坂「オレと共にいこう!!! 欲求を昇華させるんだぁ!!!」バッ!!!!

マキ「ぎゃぁぁぁぁ!!!!!」ダダダダッ

アツコ「マ、マキぃ!!! ひとりにしないでぇ!!!」ダダダッ

保坂「欲とは運動することで解消ができるわけだ。そこでお前たちのためにその欲求を十分に昇華できるメニューを考えてきた」

保坂「これが成功すれば南ハルカにも伝授しようと思っている」

保坂「だが、特定の相手がいるのなら、その相手に解消を頼むのが最も効果的だ」

保坂「幸い、お前たちにはその相手がいないようだから、このオレが昇華させようというわけだ」

保坂「わかった、マキ、アツコ!!」バッ!!!

保坂「……」

保坂「そうか……。もう部活に向かったのか。いいだろう。オレも急ごう」



327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 18:34:20.57 ID:jq4PvLob0


用具室

速水「よいしょっと。そろそろこの部屋の整理も言われそう」

速水「保坂に相談しみるか」

保坂「――速水」

速水「うわぁ!? な、なにぃ!?」

保坂「速水……」

速水「な、なによぉ……ちょっと……」

保坂「速水も欲求不満なんじゃないか?」

速水「な、なにいってるわけ!?」

保坂「さあ、オレと欲求を昇華させよう!! 速水ぃ!!!」

速水「こっちにくるなぁー!!!!」バシッ!!!

保坂「ぐっ……!? は、速水……スナップのキレが増したな……」

速水「はぁ……はぁ……。だれかぁー!!!」ダダダダッ

保坂「このスペシャルメニュー……一人でするしかないようだな……。いいだろう。オレが考案したものだ。オレがこのメニューの素晴らしさを実証してみせよう!!!」

保坂「あーっはっはっはっはっはっは!!!」バッ!!!



330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 18:41:39.48 ID:jq4PvLob0


小学校

千秋「さーて、帰るか」

内田「ねえ、チアキ!! 家に行ってもいいよね!?」

千秋「いいぞー。おかしなことにならなければいいがな」

内田「ならないってばぁー!!」

シュウイチ「マコトも一緒でいいかな?」

千秋「いいんじゃないか。シュウイチだけでは確実におかしなことになるからな」

吉野「そうなの?」

内田「どういう流れでシュウイチくんを皆でひっちゃかめっちゃかにすることになるのぉ!? ならないよぉ!!」

シュウイチ「どういうこと?」

冬馬「チアキー」

千秋「トウマ、どうした?」

冬馬「先週でた宿題なんだけど、難しくてさぁ。教えてくれないか?」

千秋「冬馬も来るのか……これはますます、おかしなことが起こりそうだな」

冬馬「おかしなことってなんだよ?」



331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 18:44:05.97 ID:jq4PvLob0


南家

千秋「上がってくれ」

吉野「おじゃましまーす」

シュウイチ「お邪魔します」

内田「ちょっと、マコトくん!! 私の後ろにいないでよぉ!! 気になっちゃうでしょ!?」

マコト「だから、内田におかしなことなんてするわけないだろ!?」

内田「なによぉ!! それ女の子には失礼なんだからね!!」

マコト「なんだとぉ!?」

千秋「バカが二人もいては勉強できそうにないな……」

冬馬「さっさと終わらせておやつにしよーぜー」

夏奈「……おかえり。今日は大人数だね、チアキ」

千秋「ああ。居たのか。もう。これはおかしなことが起きないほうが奇跡だ」

内田「カナちゃんもなの?!」

夏奈「おかしなことだと? そんなこと私が許すはずないだろう!! 特に男子!! トイレは一人で使うなよ!!!」

マコト「なんでだよ!! 一人じゃないと落ち着かないだろ?!」



334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 18:49:39.73 ID:jq4PvLob0


千秋「どういうことだ?」

内田「どうして男の子だけなの?」

夏奈「いいか、内田!! 男は一人になるとそれはそれはおかしなことを始めるんだよ」

内田「え? ひとりで……って……!!」

夏奈「内田も一人なら始めるのか?」

内田「しませんっ!!!」

夏奈「そうか。吉野は?」

吉野「トイレは一人でするけど」

千秋「何をわけのわからないことを言っている。今から勉強するから邪魔はするなよ」

夏奈「ああ」

冬馬「なぁ、カナ。何をするんだ?」

内田「トウマ!! それは訊いちゃダメだってばぁ!!!」

冬馬「でも、気になるぞ」

マコト「トウマ。男の聖域なんだ。探ろうとするな」

冬馬「なに? そんなこと言われると益々気になるじゃないかよ。カナー、おしえろよぉー」



335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 18:54:42.30 ID:jq4PvLob0


夏奈「うちのヘンタイ番長が懇切丁寧に教えてくれるはずだ。そっちに訊け」

冬馬「藤岡のことか? なんだ、カナ。藤岡とケンカでもしたのか?」

千秋「そうなのか?」

吉野「よいしょ。シュウイチくん。ここなんだけど」

シュウイチ「うん……。ここ難しいよね」

夏奈「ケンカとかそんな次元の話ではない。もう……絶交だ!!! あんなやつ!!!」

千秋「絶交だと?」

夏奈「ああ」

千秋「何故だ」

夏奈「奴がとんでもないヘンタイ番長だったからだ」

千秋「藤岡が何をしたんだ?」

夏奈「何をしたんだ」

千秋「私が訊いてるんだよぉ」

夏奈「藤岡に訊け!!」

冬馬「どーせ、カナが悪いんだろ? 早く謝れよ」



340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 19:00:58.62 ID:jq4PvLob0


夏奈「私は悪くないぞ!! 藤岡が全部悪いんだ!!」

千秋「その理由を述べよ」

夏奈「だ、だからぁ……藤岡がぁ……一人で……おかしなことをぉー……」

千秋「声にモザイクはいいから。きちんと答えろ。で、ないとここに藤岡を呼ぶぞ」

夏奈「な、なにぃ!?」

内田「絶対、藤岡くん来ないと思う」

マコト「同感……」

夏奈「そんなこと絶対に許さんっ!! 絶対にだ!!!」

千秋「しかし、この男女比を考えれば藤岡に居てもらったほうがいい。このままではおかしなことも起こるからな」

夏奈「起こるわけないでしょー!!」

千秋「カナ。誤魔化すな。私はもう知っているんだぞ。おかしなことの正体とその発生条件を」

夏奈「え?」

千秋「この男女比では問題だ。ハルカ姉さまもきっと困惑する。今は一人でも男手が欲しい」

夏奈「まて!! これ以上、おかしなことをするな!!」

千秋「違うな。おかしなことを食い止めるんだ。また、土曜日のようなドタバタは勘弁だ。今日は勉強するんだからな」



345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 19:06:20.76 ID:jq4PvLob0


夏奈「おい!! やめろって!!」

冬馬「いいじゃないか、藤岡とゆっくり話せよ」

夏奈「今、藤岡とおかしなことで話せるわけないでしょー!?」

千秋「トウマ、カナを頼む」

冬馬「おう」

夏奈「まて!! チアキー!! やめろー!!!」

冬馬「大人しくしてろよ!!」

夏奈「話すことなんてないんだぁー!!!」

内田「ああ……大変なことになってきたぁ……」

マコト「藤岡さんを呼べばおかしなことになること間違いなしだな……」

吉野「こうすればどうかな?」

シュウイチ「あ、うん。この答えでいいかも」

千秋「もしもし、藤岡か?」

夏奈「やめろぉー!! どんな顔で会えばいいかわかんないだよぉー!!!」

冬馬「カナ、顔が真っ赤だな。そんなに怒ってるのか?」



347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 19:10:07.37 ID:jq4PvLob0


藤岡「――お邪魔します」

千秋「来たか。こっちだ」

藤岡「う、うん……」

夏奈「藤岡……!!」

藤岡「み、南……」

冬馬「藤岡、おっす」

内田(き、きちゃった……)

マコト(どうなるんだろう……)

吉野「次はこの問題だね……。どうすればいいんだろう」

シュウイチ「これも難しいな」

夏奈「……何しに来た?」

藤岡「……謝りに」

夏奈「何を謝るっていうんだよ?」

藤岡「いや……だって……。南を傷つけたから……」

夏奈「……」



355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 19:16:07.73 ID:jq4PvLob0


冬馬「なぁ、藤岡。一人でおかしなことしたって聞いたけど、本当なのか?」

藤岡「……ああ。本当だ」

内田「わぁ……。想像しちゃった……」

千秋「あの日、トイレでもおかしなことが起こっていたのか?」

夏奈「でてけよ。もう顔もみたくない」

藤岡「……」

冬馬「おい、カナ。そんなこと言うなって。藤岡が何をしたのかしらないけど、反省してるだろ?」

夏奈「反省して解決する問題じゃないぞ!!」

藤岡「そうだぞ、トウマ!! 男なら分かるだろ!?」

冬馬「えぇ……」

マコト「うん……うん……。オレも姉ちゃんがいるから迂闊なことはできないし……」

千秋「でも、あの日は私もカナもおかしなことはした。同罪じゃないか」

内田「そ、そんなはっきり……!!」

夏奈「……チアキ。いい機会だ。『おかしなこと』について教えてやろう。本当の意味をな」

千秋「本当の意味だと……?」



364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 19:23:02.58 ID:jq4PvLob0


夏奈「まずは服を脱ぐ」

千秋「服!?」

夏奈「そして重なり、舐め、出し入れする!!! これが真のおかしなことだ。チアキ」

千秋「なぞなぞか」

藤岡「カ、カナ!! そんな直接的な!!」

夏奈「お前の所為で、こんな形でチアキに教えてしまうことになったんだ!! 責任とれよ!!!」

藤岡「……ごめん」

千秋「トウマ、わかるか?」

冬馬「しらねーよ。でも、そのままの意味で考えたら、出し入れするの部分がわからないな」

千秋「だな。おい、マコトと内田で試してくれないか」

内田「おかしなこといわないでぇ!!!」

マコト「やめろよ、チアキ!!!」

冬馬「ん? でも、それを一人でってどうやるんだ? 重なるの部分で詰まないか?」

千秋「確かにそうだな。一人で重なるってなんだろう」

冬馬「カナぁー、もっとヒントくれよぉー」



373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 19:28:36.70 ID:jq4PvLob0


夏奈「私が教えられることは全部だ」

千秋「そ、そうなのか……」

夏奈「あとは学べ!! 勝手に!! 漫画とか読めばいいじゃない!! 藤岡に聞けばいいだろう!!!」

内田「カナちゃん……」

マコト「カナ……。相当、怒ってるな……」

内田「でも、今回は藤岡くんも悪いかも……」

冬馬「わかんねぇよ。もういっそのことカナと藤岡がそれっぽくしてくれ」

夏奈「な……!!」

藤岡「で、できるわけないだろ!!!」

冬馬「なんでだよ?」

夏奈「こ、こんなおかしな奴とおかしなことができるかぁ!!!」

千秋「しかし、もうお前は答えを言った気なんだろ? なら、全部披露しても問題はないはずだ」

夏奈「なに……!?」

吉野「あ、こうすればどうかな?」

シュウイチ「ああ、いいかも。それで計算してみようか」



380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 19:33:12.08 ID:jq4PvLob0


藤岡「チアキちゃん。それだけはできないよ」

千秋「理由を述べよ」

藤岡「だって……!! 恥ずかしいじゃないか!!!」

千秋「既に我が家のトイレでおかしなことをしたのに、その言い訳は通じない」

藤岡「な……!! 確かに」

夏奈「なに納得してるんだ!?」

藤岡「カナ!!」

夏奈「急に名前で呼ぶな!! びっくりするだろ!!」

藤岡「もうオレのことを嫌いになったのなら、底をぶちぬく勢いで嫌いになってくれ!!」

夏奈「なに!?」

藤岡「全てはオレの所為だし、弁明するつもりもない!! オレがおかしなことをして、おかしなことを言わなければ、よかったんだから……」

夏奈「藤岡……」

藤岡「だから、オレは……カナにとことん嫌われる!!!」

夏奈「お前!! 何を開き直ってんだぁ!!!」

藤岡「さぁ!! カナ!! オレとおかしなことをしよう!!!」



390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 19:38:22.27 ID:jq4PvLob0


内田「おぉぉ……!!!」

マコト「マジか……マジか……!!」

千秋「よし。これで全てが解決だ」

冬馬「おかしなことってなんだろうな」

藤岡「いくぞ……カナ!!!」

夏奈「やめろぉ……!!」

藤岡「カナぁー!!!」

夏奈「やめろっていってるでしょー!!!」

藤岡「でも!!」

夏奈「お前!! それ以上、近づいてきたら本当に嫌いになるからな!! もう家にだって呼ばないぞ!! それでもいいのかぁー!?」

藤岡「……え?」

夏奈「ふぅ……ふぅ……」

藤岡「……」

夏奈「……」

吉野「あれ、これは違うかなぁ? なら、こうして……」



402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 19:45:56.09 ID:jq4PvLob0


藤岡「カナ……えっと……それは……」

夏奈「べ、別に本気で怒っていたわけじゃない……。お前がおかしなことを真顔でいうから、どうしていいかわからなかっただけだ……」

藤岡「そ、そうだったのか?」

夏奈「……」

藤岡「えっと……あの……」

夏奈「いや、まぁ、あの日、私が藤岡に色々とおかしなことをしていたし……な……。私にも責任の一端はあると思うんだ……」

藤岡「い、いや!! カナは何も悪くない!! 全部、オレが!!」

夏奈「いや、ほら、抱きついたりしたし……」

藤岡「それは……」

夏奈「ハルカとも添い寝してたし、そもそもチアキの匂いが染み付いた毛布に包まってたわけだし……。まぁ、その……こっちのもてなし方が悪かったんだ……」

藤岡「いや、オレがおかしなことを考えていたからで……」

夏奈「いやいや、私が悪かったんだ」

藤岡「違うよ。オレだ」

夏奈「ううん。私の所為で藤岡がおかしくなったんだよ」

冬馬「なんか、いつもの雰囲気と違うな。これがおかしなことの正体か?」



408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 19:54:51.97 ID:jq4PvLob0


千秋「なるほど。トウマ。わかったぞ! 先ほどのなぞなぞの意味が」

冬馬「え? マジか?」

千秋「ああ。まず服を脱ぐとは、正直に話すということなんだ」

冬馬「おお。比喩ってやつだな」

千秋「次に重なる。これは素直な言葉を重なり合わせることを意味するわけだ」

冬馬「なるほど」

千秋「そして舐める。これは互いの傷を舐めあうことを意味する」

冬馬「確かに、カナと藤岡は互いを庇いあって慰めあってるようにも見えるな」

千秋「うむ。最後の出し入れは……」

冬馬「わかったぞ!! お互いに良い所や悪いところを出しては入れるってことか!!」

千秋「ああ。素直に相手の言葉を聞き入れ、そして悪いところは出す。そういうことなのだろう」

冬馬「それが『おかしなこと』なのか。確かに素直になるとなんかおかしな感じになるしなぁ」

千秋「実に深いな。確かにハルカ姉さまぐらい大きくならないと分からないことだ」

内田「ええと……。どうする?」

マコト「二人がそれで納得しているなら、いいんじゃないか?」



414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 19:59:19.18 ID:jq4PvLob0


夏奈「……藤岡、悪かったよ」

藤岡「そんな……。オレのほうこそ……」

夏奈「でも、もうおかしなことはしないでくれよ……」

藤岡「うん。しないし、言わないよ」

夏奈「頼むぞ……もう……」

藤岡「カナ……」

千秋「おかしなこと!!」

冬馬「おかしなこと!!!」

夏奈「な、なんだよぉ!?」

藤岡「こ、こら!! トウマ!! 何を言ってるんだ!?」

冬馬「おかしなこと!!」

千秋「おかしなことー!!」

夏奈「おまえら、やめろってばぁ!!!」

吉野「あ。とけたー」

シュウイチ「うん。これでいいね。吉野とやったおかげで早く終われたよ。ありがとう」



419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 20:05:13.31 ID:jq4PvLob0


内田「それじゃあ、ごちそうさまでした」

夏奈「お前……もう来るな……」

吉野「チアキー、また明日ね」

千秋「おう」

シュウイチ「今日はありがとう」

千秋「何もしてないがな」

冬馬「宿題もできたし、おかしなこともわかったし、今日は有意義だったな」

マコト「そ、そう?」

冬馬「でも、一人でするおかしなことは色々矛盾点があるよな……。まぁ、鏡に向かって独り言をいうんだろうけど」

千秋「それについてはまた今度だな、藤岡」

藤岡「いや……えっと……」

夏奈「ところで、藤岡。ずっと気になってたんだが。誰に唆されて私におかしなことを言おうと思ったんだ?」

藤岡「え? ああ、アキラっていう後輩……。南も知ってるだろ?」

夏奈「アキラ? 南アキラか? なるほど……。わかった」

冬馬「藤岡、アキラと知り合いだったのか?!」



423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 20:10:08.53 ID:jq4PvLob0


春香「ただいまぁー。遅くなってゴメンねー」

夏奈「絶対に許さん……」

千秋「何をそんなに憤っている?」

夏奈「私を困らせた罪は……。ふっふっふっふっふ……」

千秋「まぁ、あまり無茶はするなよ」

春香「なに? どうかしたの?」

夏奈「ハルカ!! おかえり!!」

春香「ただいま」

千秋「ハルカ姉さま、聞いてください!! ついてにおかしなことの全容を知ることが出来ました!!」

春香「どうやって!?」

千秋「カナと藤岡が一部始終を見せてくれました」

春香「……カナ?」

夏奈「ハルカ!! 誤解!! 誤解だよぉ!! 話せばわかる!! 話せばぁ!!!」

春香「ごめんなさいはぁー!?」グリグリ

夏奈「いたたたた!!!! ごめんなさい!! 何も悪くないけどごめんなさーい!!!」



427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 20:14:49.81 ID:jq4PvLob0


翌日 中学校 廊下

アキラ(美人に声をかけられて、いきなり彼女ができたりしないかなぁー)

ユウ「ねえ、アキラくん?」

アキラ「は、はい!!」

アキラ(イメージと違うけど、美人だぁ!!)

ユウ「ちょっと、付き合ってくれる?」

アキラ「はい!! 喜んで!!」

ユウ「じゃあ、体育館裏までいこっか」

アキラ「い、いきなり……そんな……」

ユウ「ほら、いくよ」

アキラ「はいぃ」

アキラ(あぁ……やったぁ……。ついに妄想が実現した。信じればいつか叶うって本当だったんだ……)

ユウ「みんなも待ってるから」

アキラ「みんな?」

ユウ「そう。みんな」



429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 20:20:14.51 ID:jq4PvLob0


高校

マキ「え? 勘違いだったの!?」

春香「うん。そうみたい。考えてみれば、藤岡くんがそんなことするわけなかったのよね」

マキ「なんだ……。まだみんな同志だったね……。よかったぁ」

アツコ「マキったら……」

マキ「アツコだってほっとしてるでしょー!?」

アツコ「わ、私は別に……」

マキ「うっそだー!! アツコはむっつりだからねぇー!!」

アツコ「そんなことないって……」

春香「マキ、おかしなこと言わないの」

マキ「だって、アツコがぁー」

アツコ「どうして私が責められてるんだろう……」

春香「でも、本当によかった……」

マキ「なんで? 先を越されてなかったから?」

春香「それ以前にやっぱりチアキにはまだそういうこと早いって思ってたから。これからゆっくり教えていけばいいよね……」



431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 20:25:47.26 ID:jq4PvLob0


小学校

内田「昨日のカナちゃんと藤岡くんは大変だったねー」

吉野「そうだねー」

千秋「あの後、カナは電話で藤岡と話をしていたみただがな」

内田「それって……。ケンカしたあとに甘い感じになってたりとかぁー!? きゃー!!」

千秋「いや、アキラを絞めるとか、体育館裏に呼び出すとかそんなことを言ってたが」

吉野「大変だねぇ」

千秋「バカのやることはわからないな」

内田「こっちを見ながらいわないでよぉー!?」

吉野「そうそう、チアキ。昨日のことで思い出したんだけど」

千秋「どうした?」

吉野「おかしなことって結局なんだったのかなぁ?」

千秋「だから、それはお互いのことを――」

吉野「内田の反応とか見てるとおかしなことってもっと卑猥な――」

内田「うわぁぁ!! 吉野ぉ!! もういいよぉ!! その話題はぁ!!」



438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 20:31:36.38 ID:jq4PvLob0


中学校

夏奈「よしっ」

ケイコ「どうしたの、カナ?」

夏奈「ん? いや、悪を成敗して気持ちいいんだ」

ケイコ「そうなんだ」

藤岡「南。アキラはどうなったんだ?」

夏奈「もうお前に余計なことを吹き込まないようにユウちゃんが徹底的に教えてあげたから、大丈夫だ」

藤岡「南……アキラは無事なの……?」

夏奈「それよりも藤岡。これから相談するときは私に言えよ。出来る限り、協力してやるから」

藤岡「いいの?」

夏奈「当たり前だろ。お前はもう私に隠し事はできないからな!! あれだけのことをしたんだから!! 全部曝け出せー!!」

藤岡「……うんっ。ありがとう」

夏奈「わ、私は怒っているんだぞ!! お礼を言うな!!」

リコ「ねえ、ケイコ? あの二人……おかしな空気になってない……?」ギュゥゥ

ケイコ「スカートをつかまないでぇぇ……!」



442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 20:41:04.39 ID:jq4PvLob0


南家

冬馬「ただいまぁー」

アキラ「おふぁえり……とうみゃ……」

冬馬「だ、誰だ!? お前!!!」

ハルオ「落ち着け、トウマ。アキラだ」

ナツキ「意気揚々と体育館裏まで行ったら番長とその舎弟がでてきて、こっぴどくやられたらしい」

冬馬「そ、そうなのか。顔がおかしなことになってるな……」

アキラ「やっふぁり……こふぁい……。ふじふぉかしゃん……は……こふぁい……」

冬馬「そういえば、アキラは藤岡の後輩らしいな。藤岡にはカナがいるから、あまりちょっかい出さないほうがいいぞ?」

アキラ「うん……もう……なにもしない……」

冬馬(一人でおかしなことをするって、今のアキラみたいな状態なのか? うん、顔もおかしなことになってるし、多分そうなんだな)

冬馬「元気出せ、アキラ。今は無理でも、いつかおかしなことをしてくれる相手が見つかる日もくるって」

アキラ「……うわぁぁぁん!!!」

冬馬「あ、あれ? どうしたんだよぉ? アキラ、オレ、なんか悪いこといったかぁ!?」オロオロ


おしまい。


446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2013/02/20(水) 20:42:18.39 ID:JZkwVibw0


面白かった
みなみけだった


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

こんがり

Author:こんがり
2chSSのサイト。
色々と模索中です。
古いSSも随時追加していきます



2ch SSサイトの相互リンク、RSS歓迎です。

連絡はメール又はコメントに連絡ください。

 kongari.ss.0123★gmail.com

★部分を@に変えてください

ss読むついでに更新する感じなので、自分用に近いですが……

To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス) ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣 シナリオの基礎技術
サイト内検索フォーム
Twitter
 
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス) 百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
スポンサードリンク
カウンタ
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。