HOME 全てのSS RSS   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  みなみけSS  »  夏奈「私ってさ実際美少女だよね?」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏奈「私ってさ実際美少女だよね?」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2011/11/10(木) 05:44:30.07 ID:GfVLmb7R0


千秋「……夏奈。私にはおまえが美少女かどうかなんて事を決められる価値観は持ち合わせていないんだよ」

夏奈「じゃあ春香はどうなんだよ」

千秋「春香お姉様間は違いなく美少女だよ」

夏奈「私は?」

千秋「……」

夏奈「なんなんだよそれはー!春香が美少女なら私だって美少女でしょうが!」

千秋「春香お姉様と比べようなどどの口が言ってんだばかやろう!」

夏奈「くそー! こうなったら私がいかに美少女か証明してやる!皿洗って待ってろ!」

ダッダッダッダッダッダー

千秋「……あ!おい!皿洗っていけよばかやろう!」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2011/11/10(木) 05:48:32.84 ID:zUPZezdqO


カナは十年くらいしたらスーツがよく似合うお姉さんに育ってる



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2011/11/10(木) 06:04:36.72 ID:GfVLmb7R0


夏奈「おい内田!」

内田「う!な、なに夏奈ちゃん?」ぎくり

夏奈「ちょっと話があるんだけど良いか?」

内田「え? あ……うん……(やっぱり私の所にきたよ……)」

夏奈「まぁ内田が駄目だと言ったところで私は強引に話し掛けるんだけども。
相変わらず人の家でぐーたらぐーたらぽりぽりぽりぽり勝手にせんべい食べちゃってる内田に拒否権なんてある訳がないわけで」

内田「うう……でもせんべい美味しいよ」

夏奈「黙らっしゃい! 本当内田は相変わらず内田だな全く持って内田だよ! この内田め!」

内田「怒らないでよ~話聞くから~」

夏奈「内田! 私はずばり美少女か?」

内田「び、美少女だよ!」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2011/11/10(木) 06:18:18.60 ID:GfVLmb7R0


夏奈「だよね~私ってば美少女だよね~うふふっ! 内田さんってばあお上手ですことお!
そんなあ冗談はあ駄目なんですよお?」

内田「え? あ、ごめん、なさい……」

夏奈「…………」

ガタン!

夏奈「なんで謝った! 冗談だったのか! 冗談だったのかあ~!?」

内田「え!あのえっと今のは~……てへへ」

夏奈「てへへじゃないよっ! もうぽりぽりするな! せんべいは没収だからな! 全く! これだから内田は!」

内田「ああ! 私のせんべい……」

夏奈「うちのだよ!」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2011/11/10(木) 06:54:23.49 ID:GfVLmb7R0


マコト「おい夏奈。俺は男だからな。わかってる。おまえは美少女だっ!」

夏奈「…………」

マコト「あれ? おかしいなぁ。女性は褒められると嬉しいと聞いたんだけど」

夏奈「はぁ……」

マコト「なぁトウマ。何がいけなかったかわかるか?」

トウマ「……なあマコト。男なら自分で考えるべきじゃないか。すぐ人に頼るなんて男のすることか……?」

マコト「お、俺は間違ってた。男ならすぐ頼っちゃいけねぇ……。くそー! 俺は軟弱者だー!」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2011/11/10(木) 06:55:22.78 ID:GfVLmb7R0


トウマ「そんな軟弱者に一つだけアドバイスをやろう」

マコト「え?」

トウマ「俺は思うんだ。男とは自分を偽らない人間だと……」

マコト「なるほど! わかったぞトウマ! 俺は男になる! 夏奈ー!」

ダッダッダッダッダッダー!

マコト「夏奈は春香さんほど美しくはないけどまぁ悪くないと俺は思う!」

夏奈「うるさいよーー!!」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2011/11/10(木) 07:09:05.08 ID:GfVLmb7R0


夏奈「全く! どいつもこいつも! わかってない! わかってないよ!」

藤岡「み、南」

夏奈「なんだよ藤岡!来てたら返事ぐらいしろよな!全く!」

藤岡「あっごめん……(南どうしたんだろ。今日は不機嫌だな……)」

夏奈「とりあえずはい! お茶でも飲みなよ! 全く!」

千秋「おい夏奈。せっかくのお客さんなんだ。もう少し丁寧に応対しろ」

夏奈「うるさいなー! ほら! せんべいもあるから! 全く!」

藤岡「ねぇ千秋ちゃん。これは一体……?」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2011/11/10(木) 07:27:11.00 ID:GfVLmb7R0


千秋「気にしなさんな。夏奈も思春期真っ盛りの年頃の娘。いろいろあるんだよ」

藤岡「いろいろ……?」

夏奈「で、藤岡! 今日は何の用で来たんだ! 全く!」

藤岡「あ、いや南が本を貸してくれるって言ったからじゃ」

夏奈「…………」

藤岡「あれ?」

夏奈「忘れてた訳じゃないよ! 全く持って忘れてた訳じゃないんだよ!」

藤岡「う……うん」

夏奈「ただな藤岡。私はね。自分の存在を疑っているんだよ。だから本なんて忘れてた訳じゃないけれど、頭の片隅に追いやられてたのかも知れない」

藤岡「はあ」

夏奈「藤岡。本貸してほしいか?」

藤岡「え? あ、もちろん」

夏奈「じゃあ私が美少女だと言ってくれ」

藤岡「へ?」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2011/11/10(木) 07:44:48.45 ID:GfVLmb7R0


夏奈「いいから! 何も考えなくていいから!南は美少女だなって言ってちょうだいよ!」

千秋「おまえさんそんなんで良いのかよ……」

夏奈「さあ! 早く! 本貸してあげるからさ! ほら!」

藤岡「え? え? え?」

千秋「プライドのかけらもないよ……」

夏奈「私は時には従順さも大事だと知ったよ! ほら藤岡!」

藤岡「南って美少女だよね……」

夏奈「ふっふー!! 聞いたか千秋!! 私は美少女だって!! 美少女美少女!! やったぞー!!」

千秋「やれやれ。美少女とは一体何なんだろうねぇ……」


END


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

こんがり

Author:こんがり
2chSSのサイト。
色々と模索中です。
古いSSも随時追加していきます



2ch SSサイトの相互リンク、RSS歓迎です。

連絡はメール又はコメントに連絡ください。

 kongari.ss.0123★gmail.com

★部分を@に変えてください

ss読むついでに更新する感じなので、自分用に近いですが……

To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス) ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣 シナリオの基礎技術
サイト内検索フォーム
Twitter
 
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス) 百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
スポンサードリンク
カウンタ
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。