HOME 全てのSS RSS   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  アイマスSS  »  伊織「バレンタインの延長戦」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊織「バレンタインの延長戦」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:21:13.44 :9IzpATZU0

2月14日

伊織「ふぅ。やっと仕事終わったわね」


いつもは竜宮小町で仕事をしている私だけど、今日は一人で収録なの。

今度やるっていう連続ドラマの撮影なんだけど、ここんとこ毎日で、正直疲れたわ。


伊織「あら?もうこんな時間なの?急がなきゃ」


気がつけばもう午後6時。もう、今日は特別な日だっていうのに。

あの番組ディレクターのせいで時間がかかってしまったじゃない。


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:22:49.70 :9IzpATZU0

ガチャ、バタン!

伊織「765プロまで急ぐわよ。途中で寄りたいところがあるんだけど」

新堂「承知しております。では、少々急ぎますゆえ、シートベルトを」

伊織「分かってるわよ」


新堂の車に乗って、大急ぎで765プロを目指す。予約していたアレを持って、ね。


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:24:31.77 :9IzpATZU0

新堂「少々お待ち下さい。例のものをお持ちいたします」

伊織「いいわよ。私がとりに行くわ」

新堂「しかし」

伊織「これくらい大丈夫よ。アンタは車に乗ってなさい」

新堂「……かしこまりました」


店に着いたようね。車から降りた私は自動ドアをくぐり、店内へと入る。いい匂いね。


店員「いらっしゃいませー」

伊織「水瀬です。予約していたチョコレートティラミスをお願いするわ」

店員「水瀬様ですね。少々お待ち下さい」


にひひっ。これでアイツも大喜び間違いなしね。


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:26:20.09 :9IzpATZU0

新堂「よろしいですかな?」

伊織「ええ。全速力でお願い。ただしケーキが崩れないようにしなさい」

新堂「かしこまりました」


イルミネーションの街道を、新堂の車は駆け抜けて行く。すぐに765プロが見えてきた。

時刻は……午後6時30分。流石に帰ってはいないでしょうけど、事務所にアイツは
いるかしら?


新堂「到着でございます」

伊織「ありがとう。迎えはよこさなくていいわ。律子に送ってもらうから」

新堂「かしこまりました」


車から降りると、新堂の車は安全運転で帰って行った。


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:28:39.71 :9IzpATZU0

トテトテトテ、ガチャリ

伊織「戻ったわよ」

やよい「あ、伊織ちゃん!おかえりなさーい!」

小鳥「お疲れ様。一人大変だったでしょう?」

律子「ごめんなさい。あずささんの撮影でトラブっちゃって、迎えに行けなかったのよ」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:30:12.32 :9IzpATZU0

あずさ「ごめんなさい~。今度、何か埋め合わせをさせてね」

伊織「いいわよそんなの。それより、アイツはいるの?」

亜美「兄ちゃんなら奥でみんなと話してるYO!」

伊織「ふ、ふーん」


まさかみんないるなんて。ちょっと渡しづらいわね。


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:32:10.88 :9IzpATZU0

春香「今日もお疲れ様です。プロデューサーさん!」

P「春香もお疲れ。今日は調子よかったしな」

響「ホント、最初のころの春香の音外しは凄まじかったさー」

春香「え、えへへ。で、でもほら、最近は努力の甲斐あって、少しずつ、ね?」

P「これからも努力だな」

春香「トホホ……あ、そうだ!プロデューサーさん」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:34:10.00 :9IzpATZU0

P「ん?」

春香「今日って何の日か知ってますか?」

P「えーと今日は、2月14日……もしかして、チョコレートもらえたりするのか?」

春香「えっへへー。はい、ハッピーバレンタイン!受け取ってください!」

P「お、ホントにくれるのか?嬉しいな」

春香「いつもお世話になってますからねっ」

伊織「…………」


……まあ、春香がチョコレートを作るのくらいは予想できたもの。抜かりはないわ。


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:36:09.13 :9IzpATZU0

美希「ミキも作ってきたの!……ミキと一緒に、もらってほしいな」

P「……チョコだけもらうよ」

美希「一緒じゃないと、や」

律子「…………」ピキッ

美希「り、律子、さん。ジョーダンだからそんな怖い顔しないで欲しいの……」

律子「プロデューサー!いい加減美希を甘やかすのはやめてくださいっ」

P「俺かよ!?」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:38:03.02 :9IzpATZU0

響「うがー!春香も美希もずるいぞ!自分が先に渡そうと思ったのに!」

P「お?響もチョコレート持って来てくれたのか?」

響「え?あ!い、いやべべべ別に!」

P「そ、そうか。違うのか」

響「あ!いや、そうじゃなくて……ああもう!完全にタイミングを逃しちゃったぞー!」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:40:05.40 :9IzpATZU0

貴音「響。こういったものはたいみんぐではありません。素直になれば、いつでもその機会はやってくるものです」

貴音「ということで、あ、貴方様……」

P「ん?どうかしたか?」

貴音「は、初めてちょこれーとなるものを、その……つ、作ってみたのですが、ど、どうぞ!」

P「おお!まさか貴音から手作りチョコをもらえるなんて思わなかったな!ありがとう」

貴音「!!」パァアア

響「ああ、貴音まで!……うう、こ、これ!自分も作ったんだぞ!」

P「ありがとう。味わって食べなきゃな」

響「へへーん。貴音と一緒に作ったんだぞ。自分たち、完璧だからな!」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:42:10.84 :9IzpATZU0

真美「おーい兄ちゃーん!」

亜美「亜美たちも作ったんだよー!」

P「あはは。二人ともありがとう」

真美「んっふっふー。アレをいれたから兄ちゃんノックアウト間違いなしだね!」

亜美「そうそう!きっと心も体もとろけちゃうYO!」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:44:03.66 :9IzpATZU0

P「な、何をいれたんだお前たち……」

亜美真美「食べてからのお楽しみっしょー!」

P「怖いよ!変なもの入ってたら承知しないぞ!」

伊織「…………っ」


……まさか、亜美真美の二人も?作ったってことは、やっぱり、手作りなの……?


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:46:03.25 :9IzpATZU0

ガチャリ
真「ただいまー!」

雪歩「ただいま戻りましたぁ」

小鳥「二人ともおかえりなさい。寒かったでしょ?」

真「えへへ。確かに寒かったですけど、ふたりで帰りに肉まん買って食べてきたんです」

雪歩「美味しかったね、真ちゃん」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:47:41.80 :9IzpATZU0

真「あのお店の肉まん美味しいんだよね!……あ、プロデューサー!」

P「おお、真、雪歩。お疲れ」

真「はい、これ!」

P「お?あっはは。今日はいっぱいチョコレートもらってるなぁ」

真「ちぇー、やっぱみんな先に渡してたか。まあ、なんてったってバレンタインですから!こっちのピンクの箱がボクので、白い箱が雪歩のですよ」

雪歩「自分で作ったりしたの初めてで……きっとおいしくないと思いますけど、受け取ってもらえますか?」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:49:48.31 :9IzpATZU0

P「もちろんだよ。あとでじっくり食べる……ん? 春香たちはそっちで何やってるんだ?」

春香「ほら、千早ちゃん。せっかく作ったんだから」

千早「だ、だけど……」

やよい「千早さんのチョコ、とっても上手でしたよ!」

千早「高槻さん……ありがとう!」

やよい「えへへ。実は、春香さんと美希さんに作り方教えてもらって、千早さんと作ったんです」

やよい「とーっても楽しかったんですよー!」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:51:34.89 :9IzpATZU0

美希「やよいと千早さんのチョコレート作りをプロデュースなの!我ながらカワイくできたって思うな」

P「美希監修ならハズレはないな」

春香「ほら、千早ちゃん!」

千早「きゃっ、お、押さないでよ春香。わかったから……」

千早「いつもありがとうございます。これ、どうぞ」

やよい「受け取ってください!」

P「ありがとな」

やよい「えへっ。あ、これ、かすみからです!」

P「かすみちゃんからも?あはは、こりゃ今度お礼言わないとな」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:53:49.71 :9IzpATZU0

小鳥「プロデューサーさーん」

P「なんです?小鳥さん」

小鳥「バレンタインなんてガラじゃないかも知れないですけど……どうぞ」

P「おお、ありがとうございます。2個ですか?」

小鳥「こっちは律子さんのです」

律子「!?!?!?」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:55:33.85 :9IzpATZU0

律子「ちょ、ちょっとおおお!!!チョコが見当たらないと思ったら!何してるんですか小鳥さん!」

小鳥「だってこうでもしないと絶対律子さん渡さないじゃないですか」

律子「もう!」

あずさ「あのー、私も作ってみました~。どうぞ」

P「あずささんも?わあ、嬉しいな。ありがとうございます!」

あずさ「小鳥さんのお家で3人でつくったんです~」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:57:39.02 :9IzpATZU0

小鳥「家にあったレシピ本で作ったつまらないものですけど、レシピどおりですから美味しいはずですよね!」

P「構いませんよそんなの。律子もありがとな!」

律子「も、ってなんですか!……もう」


伊織「…………」

伊織「なによ……っ」


私以外……みんな手作りだって言うの?……律子も?亜美も?あずさも?

なによ…………そんなの……。

私だけ……こんなの……っ。


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:59:23.92 :9IzpATZU0

P「あ、そういえば伊織も、もしかしてチョコくれたりする?」

伊織「!」

やよい「わーっ、伊織ちゃんも作ってきたんですかー?」

美希「デコちゃんのデザイン、すっごく気になるの!」

伊織「う、うるさいわね!調子に乗り過ぎよ!誰があんたなんかにチョコなんか!」

P「えっ……そ、そか、ごめん」

伊織「……っ!」ダッ!

P「え?ちょ、待て伊織!」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:01:17.02 :9IzpATZU0

やよい「伊織ちゃん!」

P「どうしたんだ伊織のやつ」

やよい「私、見てきます!」

P「けど……」

やよい「任せてくれませんか?プロデューサー」

美希「ミキも、やよいに任せた方がいいって思うな」

P「……わかった。じゃあ、頼むぞ、やよい」

やよい「はい!」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:03:21.27 :9IzpATZU0

気がつけば、事務所の階段を駆け下りていた。なんでかしらね、涙が止まらなかった。

裏口の扉を乱暴に開けて、外に出る。まだ外は息が白くなるくらいに寒かった。

味だけは折り紙つきのはずなのに……。絶対喜んでくれるって確信があったのに。

渡せなかった。私が一番好きなお店で買ったチョコレートティラミスなのに……。



伊織「はぁ……はぁ……」

伊織「なによそれっ!……みんなしてずるいじゃない……!」

伊織「私だって……今日は楽しみだったんだから!」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:05:15.51 :9IzpATZU0

ついに涙が零れた。火がついたように私は泣きだしてしまった。裏口の前だから人はいないけれど……誰かが降りてきたら見つかっちゃうわね。


伊織「……こんなもの……っ!」

やよい「伊織ちゃん!」

伊織「!!」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:07:04.11 :9IzpATZU0

目の前にあった鉄製のくずかごに、ティラミスを箱ごと投げつけようとした時、後ろでやよいの声が聞こえた。その一瞬で、投げ入れるのを躊躇してしまった。


やよい「伊織ちゃん!」

伊織「……なによ」

やよい「それ……プロデューサーにあげるんじゃ……」

伊織「……食べたいならやよいにあげるわ。中身はぐちゃぐちゃだけど、まだ食べられると思うから」

やよい「どうして?どうして捨てようなんてするの?」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:09:30.93 :9IzpATZU0

伊織「……こんな……こんなの!渡せるわけないじゃない!」

伊織「他のみんなは全部手作りで!あのあずさや亜美だって自分で作ったりしてるのに!」

伊織「こんな出来あいの……ケーキなんかで……」

やよい「伊織ちゃん……」

伊織「……フフ、私ったら何やってるのかしら……。こんなくだらないことで」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:11:19.47 :9IzpATZU0

やよい「…………」

伊織「あーあ。もうバレンタイン終わっちゃうわね。帰ってシャワーでも浴びようかしら」

やよい「…………」

伊織「じゃあね。みんなには心配しないでって言っておいてね」

やよい「くだらなくなんかない!」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:13:14.12 :9IzpATZU0

伊織「……えっ?」

やよい「伊織ちゃんはプロデューサーにチョコを渡したかったんじゃないの?」

伊織「もういいのよ。別に渡したかったわけじゃないわ」

やよい「だったら……だったら!」




やよい「何で泣いてるの!?」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:15:06.00 :9IzpATZU0

伊織「!!……っ」

やよい「哀しいから?悔しいから?どっちにしたって、何も無いのに泣いたりなんかしないよ?」

伊織「それは……」

やよい「……ちゃんと、渡そう?」

伊織「でも……っ!」

やよい「伊織ちゃん……一緒にチョコレート、作ろう?」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:16:57.78 :9IzpATZU0

伊織「やよい……でももう、バレンタインは今日なのよ?」

やよい「いつなんて関係ないよ。チョコレートをわたすことが、一番重要だから」


やよい。もう、どうしてアンタはいつもそうなのよ……。

こんなときばっかり意地張って……ううん、違うわね。意地を張ってたのは私の方。

いつも素直になれないのは、私の方よね。


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:18:50.11 :9IzpATZU0

美希「ミキも手伝うの!」

伊織「えっ?」

美希「デコちゃんお料理とかしてなさそうだし、一から教えてあげるの!」

美希「ミキのライバルになっちゃうけどね。あはっ☆」

貴音「やよいの言うとおりですよ?大事なのはたいみんぐではありません。素直になることです」

春香「プロデューサーさんには内緒にしておくから。明日から特訓始めようよ!」

伊織「……あんたたち……」


あーもう。また涙が出てきちゃったじゃない……。

でも、なんかスッキリしたわ。そうね、たまには力を借りて見ようかしら。


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:21:02.56 :9IzpATZU0

■翌日
春香宅

春香「いらっしゃーい」

伊織「まったく、なんでわざわざ一番遠いアンタの家でやるのよ」

美希「春香の家にはお菓子を作るあれやこれやが一通りそろってるの」

やよい「春香さんの家のキッチンはいつもいい匂いがします!」

春香「えへへ。じゃあ早速始めようよ!」



美希「デコちゃんはどんなチョコレートを作るの?」

伊織「デコちゃんゆーな!」

やよい「昨日はケーキを渡そうとしてたんでしょ?だったら、ケーキを作った方がいいんじゃないかなーって」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:23:03.35 :9IzpATZU0

伊織「そうね。チョコレートティラミスにしようかしら」

美希「うーん……でも、いきなりティラミスは難しいって思うな」

美希「材料はあるの?」

春香「そうだなぁ……ココアパウダーは余ってるけど……」

春香「ティラミスだったら、マスカルポーネがないとダメかな」

やよい「あのー、ますかるぽーねってなんですか?」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:24:51.62 :9IzpATZU0

美希「クリームチーズのことなの。ティラミスには欠かせないって思うな」

伊織「わかったわ。じゃあ今すぐ新堂に――」

春香「まあ待って。みんなで買いに行こうよ」

伊織「えーなんでよ。わざわざそんなこと」

春香「こういうのは買い物から始めるのが一番なんだ。自分にあった材料を選ばなくちゃ」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:26:51.79 :9IzpATZU0

美希「そうそう。それに、行った先で見つける材料も沢山あるの!」

やよい「みんなで買い物って楽しいですよねー!一人一個までのタイムセールでいーっぱい買えちゃいますー!」

美希「今回はそんな買い物はしないって思うな……」

春香「まあ、そう言うこと。一緒に行こう?」

伊織「わかったわ。そこまで言うなら仕方ないわね」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:28:40.64 :9IzpATZU0

■近所のスーパー

やよい「わーっ!もやしが……もやしが一袋7円で売ってます!どうしましょう!?」

春香「あ、あはは……。やよいが買いたいなら買ってもいいけど、今日はお菓子を作ろう?」

やよい「はわっ!そうでしたー!……今日は諦めます」

伊織「新堂に頼んであとでやよいの家に送るわ」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:30:31.21 :9IzpATZU0

やよい「ほ、ホント!?助かりますー!」キラキラ

美希「えーっと……あ、マスカルポーネ見つけたの」

伊織「こんな安っぽいのでいいの?」

春香「スーパーだからあんまり高級なのはないけど、これがあれば十分だよ」

春香「あとはチョコレートと生クリームと……」ブツブツ

伊織「へえ。スーパーって何でもあるのね」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:32:31.80 :9IzpATZU0

■再び春香宅

美希「レッツクッキングなのー!」

やよい「おー!」

伊織「まずはどうするの?」

春香「チョコレートを包丁で刻むんだよ。こうやって」トントン

伊織「お、おっと……っ」カタン、カタン

美希「うああ、デコちゃん危なっかしいの……」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:34:10.88 :9IzpATZU0

伊織「デコちゃんゆーな!……いっ!?」

春香「あちゃー、切っちゃったか……ばんそうこうとってくるから待っててね」

春香「あ、そうだ。美希とやよいでマスカルポーネとそこの材料を混ぜといてね」

美希「了解なの」

やよい「任せてくださーい!」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:36:29.95 :9IzpATZU0

春香「これでよしっと」

伊織「案外固いのね。スパッと切れるもんだと思ってたわ」

美希「スパッと切れたのはデコちゃんの指なの」

伊織「アンタのせいよ!デコちゃんゆーな!」

春香「まあまあ、作業進めようよ」

春香「これを混ぜて、チョコレートをとろとろになるまで溶かすの」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:36:38.78 :3Fan24zaP
ティラミスの作り方をわざわざ調べたのか


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:38:34.18 :9IzpATZU0

>>60
いえ、特にそう言うわけでもありませんw調理は割愛します

■しばらくして

美希「完成なのー!」

やよい「うっうー!とっても美味しそうです!お店で売ってそうかも!」

春香「初めてにしては上出来じゃないかな。私もティラミスってあんまり作ったことなくて」

伊織「じゃ、じゃあ、食べてみるわよ」

やよい「いっただっきまーす!」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:41:21.51 :9IzpATZU0

美希「うん。美味しいの」

伊織「なんだかちょっと味薄いわね……」

春香「ちょっと生クリームが少ないかな……まあ、今からいろいろ改善していけばもんだいないんじゃないかな」

伊織「あんまり時間はかけられないわ。4日……いえ、3日で仕上げるわ!」

伊織「もっと材料を買ってくるわよ!」

春香「ええっ!?……お、お金の方が……」

伊織「私が全部出せばいいでしょ。ほら、行くわよ!」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:42:51.56 :9IzpATZU0

こうして数日間、伊織の特訓は続いた。


美希「デコちゃん!焦げてるの!」

伊織「デコちゃんゆーな!えーっと……もう、どうすりゃいいのよ!」




やよい「はわっ!伊織ちゃん!それはそっちに入れちゃだめだよ!」

伊織「ええっ!?そうなの!?」




春香「あわわ!そんなにココアかけたら粉っぽくなっちゃうよ!」

伊織「これくらいの方が……うっ……苦い」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:44:54.01 :9IzpATZU0

5日後  2月19日
■765プロ


美希「3日どころか結局5日くらいかかっちゃったの……」

春香「でも、とっても美味しいティラミスが出来たよ!」

やよい「伊織ちゃん……がんばって!」

伊織「わ、分かってるわよ。あとは……アイツに渡すだけよね……」

春香「確か、もう少ししたらプロデューサーさんが外回りから帰ってくるはずだよ」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:46:51.75 :9IzpATZU0

美希「ミキたちはお仕事に出かけるけど、あとはデコちゃん次第なの」

伊織「そ、そうね……」

美希(デコちゃん緊張しすぎてツッコむの忘れてるの……)

やよい「それじゃ伊織ちゃん、いってきまーす!」ガルーン

春香「ファイト!」

美希「行ってきますなのー!」バタン


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:48:33.74 :9IzpATZU0

伊織「…………」



ここで頑張らなきゃ。何緊張してんのよ私ったら。

……でも、心臓が飛び出そうなくらいね。アイツがすぐさま帰ってきたらと思うと……!



P「ただいまー」

伊織「ひゃあ!?」


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:50:20.38 :9IzpATZU0

P「おおう!? どうした……伊織か?」

伊織「いきなり入ってくんじゃないわよこのバカ!」

P「い、いや……ごめん。何かマズかったか?」

伊織「べ、別に……」


そういえばアイツと顔を合わせるのは5日ぶりね。飛び出したっきり顔を見なかったから……。


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:52:10.90 :9IzpATZU0

P「何してたんだ?」

伊織「何もしてないわよ。くつろいでただけ」

P「そ、そうか……」

伊織「そうよ」



完全に渡せる空気じゃなくなっちゃったわね……。どうしようかしら……。


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:54:02.93 :9IzpATZU0

P「…………」カタカタ

伊織「…………」チラッ

P「…………」カタタタッターン

伊織「…………」チラッ

P「なあ伊織」

伊織「な、なによ」

P「他のみんなはいないのか?」

伊織「さっき仕事に行ったわよ」


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:56:03.69 :9IzpATZU0

P「そっか……」

伊織「…………」

P「なあ伊織」

伊織「今度は何よ」

P「さっきから俺の方ばっか見てないか?」

伊織「な!ななななにを! そんなわけないでしょ!」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 01:58:06.11 :9IzpATZU0

P「そ、そか」

伊織「…………」

P「…………」カタカタ

伊織「…………」チラッ


あ、またデスクワーク始めてる……。会話、途切れちゃったわね……。


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:00:03.00 :9IzpATZU0

伊織「…………」

P「…………」カタカタ

伊織「……あ、あの……」ボソ

P「ああっ!!」ガタッ

伊織「!?」ビクゥ

P「書類を仕事先に忘れてきてる!」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:02:06.90 :9IzpATZU0

伊織「もう!脅かすんじゃないわよ」

P「ああ、悪い……。ちょっと取りに行ってくるから、留守番頼むな」

伊織「え、ちょ、ちょっと」

P「すぐ戻ってくる!」ガチャ、バタン

伊織「…………」


何でこんな時にそんな用事思い出すのよ……。バカなんだから。

でも、内心ちょっとホッとするわね。先週はそんなに緊張しなかったのに、なんでいざ渡そうとなるとこうも言いづらいのかしら。

……戻ってくるまでヒマね。


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:04:02.66 :9IzpATZU0

■1時間後

伊織「……あーもう、遅いわね!」イライラ

ガチャリ

伊織「!」

真「たっだいまー!……あれ、伊織だけ?」

伊織「……ええ。他は誰もいないわ」

真「な、なんでそんな残念そうな顔するのさ」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:06:02.76 :9IzpATZU0

伊織「別に。何でもないわよ」

真「むーっ。……まあ、いいけど」

伊織「アンタはもう仕事終わったの?」

真「うん。いやーやっぱりスポーツ番組のロケは楽しいのなんのって。……あ、でも、僕のイメージがその方向で固まるのはやっぱりまずいよなぁ……ブツブツ」

伊織「……はぁ」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:08:12.45 :9IzpATZU0

■更に1時間後

伊織「もう、なんで来ないのよ!」

雪歩「い、伊織ちゃん?どうかしたの?」

伊織「どうしたもこうしたもないわよ!遅すぎるって言ってんの!」

雪歩「お、落ちついて伊織ちゃん!何があったの?」

伊織「なんで用事で出てったきり戻らないのよ。この伊織ちゃんを待たせるなんて何考えてんのよプロデューサーは!」

雪歩「ぷ、プロデューサーを待ってるの?」


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:10:07.85 :9IzpATZU0

伊織「そうよ。もう2時間もたってるのに!」

ガチャリ

伊織「!」

小鳥「ただいまー」

伊織「ぬああああああ!」

小鳥「!?」

雪歩「お、落ちつこうよ。ね?お茶淹れてくるから!」

小鳥「な、なんか私帰ってきちゃいけなかったのかしら?」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:12:22.43 :9IzpATZU0

■更に更に1時間後

雪歩「そ、それじゃ、私はこれで」

小鳥「お疲れ様。そろそろ外が暗くなってきたから、気をつけてね」

雪歩「はいですぅ。……またね、伊織ちゃん」

伊織「…………」イライラ

雪歩「あ、あはは……」

バタン


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:14:07.98 :9IzpATZU0

伊織「あーもう我慢ならない!電話してやるわ!」ピポパ

『おかけになった番号は現在、電波の届かないところにあるか、電源が入っておりません』

伊織「…………」

伊織「……どこまで行ってるのよアイツ」ピッ

小鳥「どうかしたの?」

伊織「つながらないのよ。電波の届かないとこまで行くならそう言えばいいのに」

小鳥「プロデューサーさん、そんな遠いところまで行ってたかしら?」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:16:17.55 :9IzpATZU0

伊織「どういうことよ?」

小鳥「今日行った仕事先は隣町だから、車ならものの30分で往復できるはずだけど……」

伊織「えっ?30分?」

伊織「アイツもう3時間以上も出てったきりよ?」

小鳥「そんなはずはないと思うんだけどな……」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:18:11.95 :9IzpATZU0

伊織「…………」


まさか……アイツの身に何か……?

……まさか、そんなわけないわよね……。きっと、渋滞か何かに巻き込まれて……。


小鳥「電話にも出ないのはおかしいわね……ダメだ、私のもつながらない」

伊織「……大丈夫よ。そんなわけ……そんなわけ、ないんだから」


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:20:08.36 :9IzpATZU0

■更に更に更に1時間後

伊織「何でよ……何してんのよ……もう4時間じゃない」

小鳥「きっと大丈夫よ。すぐに帰ってくるわ」

伊織「『すぐ戻ってくる』って言ってもう4時間以上も帰ってこないのよ!?」

小鳥「…………」

伊織「プロデューサーに何かあったら……」


外はもう真っ暗。周りのビルにも灯りがつき始めている。


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:22:03.11 :9IzpATZU0

゙チャリ

伊織「きた……?」

春香「ただいまー」

やよい「ただいまですー」

美希「ただいまなのー!」

伊織「…………」

小鳥「みんなおかえりなさい……お茶入れるわね」


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:24:03.66 :9IzpATZU0

春香「ありがとうございます。あ、伊織!」

伊織「…………」

美希「ちゃんと渡せた?」

伊織「…………」クビフリ

春香「え?まだ渡してないの?」

やよい「そういえば、プロデューサーはどこでしょう?」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:26:09.89 :9IzpATZU0

伊織「戻ってこないのよ……」

春香「え?」

伊織「どれだけ待っても……戻ってこないの……」

美希「そ、そんなはずないの」

伊織「確かに一度帰ってきたわ。でも……渡す間もなく仕事先に忘れ物を取りに行って……」

伊織「電話もつながらないの……」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:28:03.16 :9IzpATZU0

やよい「ええっ?そんなはず……」

春香「き、きっと何かの間違いだよ」

美希「そ、そうそう。もうすぐ帰ってくるの!」

伊織「…………」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:30:04.24 :9IzpATZU0

■そしてその2時間後

小鳥「もう夜の9時になっちゃったわね……どうしたんだろう」

春香「どうしよう……電車に間に合わないよ」

春香「でももしほんとにプロデューサーさんが帰ってこなかったらと思うと帰れないし……」

美希「縁起でもないこと言わないで欲しいの!」

春香「あ……ご、ごめん」

やよい「うぅ……プロデューサー……」

伊織「…………」

早く帰ってきなさいよ……。帰ってこないと許さないんだから……。


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:32:05.24 :9IzpATZU0

また、扉が開いた。


伊織「お願い……!」

響「はいさーい!」

貴音「遅くなってしまいました。ですが今宵の月はまこと、綺麗ですね」

伊織「やっぱり、違うのね……」


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:34:11.49 :9IzpATZU0

響「ん?どうしたんだみんな。元気ないぞー?」

春香「ぷ、プロデューサーさんが……」

美希「やめるの!きっと大丈夫なの!」

春香「でも……っ!」

小鳥「…………プロデューサーさんがまだ戻っていなくて」

伊織「…………」


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:36:10.51 :9IzpATZU0

響「プロデューサーがどうかしたのか?」

貴音「はて?何かあったのですか?」

響「あーそういえば、ちょっと苦しそうだったかもしれないさー」

伊織「!どういうことよ!何か知ってるの!?」

響「えっ?ど、どうしたんだ?」

美希「苦しそうだって、どういうことなの!?」

春香「もしかして、ほんとに事故に……?」


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:38:07.37 :9IzpATZU0

うそ……嘘よ……。そんな、アイツが事故にあったなんて!

だって、すぐに帰るって言ったんだもの!


響「事故?何言ってるか分からないぞ?」

貴音「確かに苦しそうですが……少々食べすぎたのかもしれませんね」

やよい「へっ?……食べすぎ……ですか?」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:40:09.17 :9IzpATZU0

ガチャリ

P「ただいまー……」

やよい「あ!」

伊織「ああっ!」

春香「プロデューサさんが……!」

美希「帰ってきたの!」

小鳥「はぁ~よかった。どうなるかと思いましたよ……心配させないでください」

P「みんなまだいたのか……春香、早く帰らないと終電終わるぞ?」

春香「えへへっ。分かってますよ」


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:42:15.26 :9IzpATZU0

伊織「バカああああああああああああっっっ!!!」

P「え?」

伊織「このバカ!今の今までどこで何やってたのよ!」

伊織「何が『すぐ帰ってくる』よ!どんだけ待ったと思ってんの!?」

伊織「真が帰っても、雪歩が帰っても帰ってこないんだから!」

伊織「一体どんだけ心配したか分かってんの!?」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:44:26.56 :9IzpATZU0

P「あ、ああ。すまん。車が途中でエンスト起こしてさ。どうやら故障したらしくて、ちょっと修理というか応急処置をしてもらってたんだ」

P「連絡しようって思ったんだけど、ケータイの充電が切れててね……」

P「で、修理が終わったら帰りに偶然二人と合流して、ラーメン食ってきたんだけど……ちょっと食い過ぎた」

響「だから替え玉はやめた方がいいって言ったんだぞ」

貴音「しかし、まこと、よい食べっぷりを見せて頂きました」


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:46:20.79 :9IzpATZU0

伊織「もう……ホントに……心配したんだから」

春香「さーて、じゃあ、みんな帰るよー」

美希「ハニーとデコちゃんを残すのはシャクだけど、今日だけは仕方ないの」

やよい「響さん、一緒に帰りましょー!」

響「うん、いいぞ!……でも、なんで伊織は置いてくんだ?」

春香「いいからいいから。早く、小鳥さんも帰りますよ」

小鳥「ピヨッ?わ、私も?」

バタン


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:48:09.57 :9IzpATZU0

P「え?なんだなんだ?」

伊織「ねえ」

P「お?なんだ伊織」

伊織「……今更だけど、チョコ欲しかったりするの?」

P「え?チョコ?……もしかして、バレンタインの……」

伊織「……別にアンタの為なんかじゃないんだから……。こ、これは、たまたま美味しく出来たから持ってきただけよ」


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:50:07.25 :9IzpATZU0

伊織「……食べるの?」

P「……もらっていいのか?」

伊織「あーもう!バカ!食べるのって聞いてんだから分かりなさいよ!」

伊織「……それとも、やっぱり」

P「いや、もちろんもらうさ。どこにあるんだ?」

伊織「そう……」


食べてくれるんだ。

私は給湯室の冷蔵庫を開けて、一つの箱を取り出した。春香に包み方を教えてもらって、なんとか包んだ一品ね。


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:52:05.36 :9IzpATZU0

伊織「あの時は……その。悪かったわ」

P「俺の方こそ、ごめんな」

伊織「何であんたが謝るのよ」

P「俺が軽々しく、チョコくれるのかって聞いたりしたから……」

伊織「それは違うわ。あの時は……渡したくなかっただけ」

P「え?じゃ、何で今日は……」

伊織「いちいちそんなの気にするんじゃないわよ。はい、これ」


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:54:08.87 :9IzpATZU0

P「……おお。ティラミスか。自分で作ったのか?」

伊織「ふんっ。私だけ手作りじゃないわけないでしょ?」

P「いま食べてもいいか?」

伊織「さっき食べすぎたんじゃなかったの?」

P「甘いものは別バラだからな」

伊織「……そう」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 02:56:02.53 :9IzpATZU0

ホント、いっつも無理するんだから。あとでモドしたりなんかしたら承知しないんだからね。

でも、なんだろう。素直にうれしいわね、こういうの。


伊織「だったら、じっくり味わって食べなさいよね。このスーパーアイドル伊織ちゃんが丹精込めてつくったんだから。にひひっ」


ハッピー・バレンタインの延長戦。まあ悪くないんじゃない?



Fin

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

こんがり

Author:こんがり
2chSSのサイト。
色々と模索中です。
古いSSも随時追加していきます



2ch SSサイトの相互リンク、RSS歓迎です。

連絡はメール又はコメントに連絡ください。

 kongari.ss.0123★gmail.com

★部分を@に変えてください

ss読むついでに更新する感じなので、自分用に近いですが……

To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス) ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣 シナリオの基礎技術
サイト内検索フォーム
Twitter
 
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス) 百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
スポンサードリンク
カウンタ
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。