HOME 全てのSS RSS   »  アイマスSS
Category | アイマスSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「あけましておめでとう御座います」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/01(水) 01:48:35.42
伊織「はい、おめでとう」

P「さて……夜も遅いし、初詣してから帰るか」

伊織「新堂には送ってもらうって伝えとくから、
   アンタはちゃっちゃと車出してきなさい」

P「オーケー」

P(……きたきたきたきたぁーっ!! 伊織と二人っきり! 二人っきり!
  これは千載一遇のチャンス!!)

P(春香とかがどこにいったのかが知らねぇが、
  神は俺にセクハラしろと言っている!)

P(なんで伊織が俺と夜中まで765プロにいるのかよく憶えてないが、
  神は俺にセクハラしろと言っているッッッ!!)

P(……ふぅ、さて今年初。>>5でもするか)


続きを読む
続きを読む
スポンサーサイト

響「うー…自分どうしちゃったんだろ…」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/31(火) 03:36:02.81 ID:B8LMazn40
響(最近プロデューサー見てるとなんだか…)ジー

P「…」カタカタ

響(一体何なんだろう…この気持ち)ドキドキ

響(他のみんなを見てもこんな気持ちになんないのに…)

響(うがー!!分かんないぞ!!)

響(前はこんなことなかったのに!!)

響(自分…どうしちゃったんだ!?)

春香「プロデューサーさん!」

響(あ、春香だ)

P「ん?」
続きを読む
続きを読む

P「伊織のおでこに>>5でも貼るか」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/29(日) 00:48:20.69 ID:pJeGyW+k0
P「あれだけおでこが広かったら寒いだろうしな」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/29(日) 00:49:36.83 ID:yjMh8hoz0
画鋲が敷き詰められたシート

続きを読む
続きを読む

貴音「あなた様……私のお尻はどこかおかしいのでしょうか」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/30(月) 01:23:59.09 ID:11b2Hl59P
P「変じゃないと思うけど、何かあったのか?」

貴音「みんなが口を揃えて私のお尻はやばいと言うのです……」

P……確かにある意味やばいな」

貴音「!」

P「い、いや悪い意味じゃなくてだな」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/30(月) 02:01:12.71 ID:okTQFz8w0
貴音「やばいとは一体どういうことなのですか!?」

P「いや…その…まぁ…」

貴音「まさか、私が気づいていないだけで何か重大な病なのですか!?」

P「落ち着け!病気なんかじゃないからな!?」



続きを読む
続きを読む

小鳥「今年も彼氏ができなかった・・・」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/29(日) 23:05:40.99 ID:gFlBiYAM0
小鳥「なんで・・・私の何が悪いの・・・」ウルウル

>>3「>>8が悪いんじゃないですか?」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/29(日) 23:06:32.15 ID:0RpKtBM00
春香



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/29(日) 23:08:37.29 ID:SOMKc906P

続きを読む
続きを読む

亜美「スクールデイズ?」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 22:16:28.17 ID:LqtW26E6I
亜美「なにこれ」

亜美「兄ちゃんが持ってるDVDかな?これ」

亜美「......」

亜美「借りちゃお→っと...」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 22:18:55.63 ID:LqtW26E6I
亜美「さてと...」

亜美「どんな内容なのか、見て見よ→!...ん?」
ジャジャーン
真美「イェーイ!」

亜美「げぇっ、真美!」

続きを読む
続きを読む

春香「やられたらやり返す、ヴァイ返しだ!!」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/25(水) 22:24:14.16 ID:Megk2028I
P「一体どうしたんだ?春香」

春香「半沢直樹ですよ!半沢直樹!」

P「半沢直樹?ジャンプのキャラクターか?」

春香「違います!」 続きを読む
続きを読む

P「雪歩が俺だけは平気とかぬかすから」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 19:17:49.17 :ID:PoejwhmkO

P「俺が直々に男の恐さを思い知らせてやる」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 19:22:52.91 :ID:PoejwhmkO

雪歩「おはようございますぅ」

P「おはよう雪歩」

P(ふん…平和そうなツラしやがって…俺の前だと落ち着くとでもいうのか?)

P(ナメるなよ雪歩!俺だって男なんだぞ!今に思い知らせてやる!)
続きを読む
続きを読む

律子「亜美真美が三つ子ユニットになるですって!?」


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/05(火) 11:05:52.13 ID:H58EJrlmo


P「毎日毎日身を削って社畜生活」

「30前の体には日々負担が蓄積されていく」

「オフには疲労困憊で何もする気が起きない」

「もうこんな生活続けてられるかよ!!!!」

「俺は・・・子供に戻りたい!!!」

「学校から帰っておやつを食べて校庭でみんなで缶けり」

「帰ったら母ちゃんがカレーを作って待っててくれる」

「そんな生活を取り戻したいんだ!!!」


続きを読む
続きを読む

P「事務所には千早しかいないのか」千早「嫌なんですか?」


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:58:44.33 ID:rzjJI8bc0


P「とんでもない。っていうか今日はオフじゃなかったか?」

千早「いつも使ってるスタジオがすでに予約されてたので。今日は事務所にいようかと」

P「わざわざこなくてもいいのに……せっかくのオフなんだから仕事の空気から離れたくならない?」

千早「気が抜けて体がなまる方が嫌ですから」

P「真面目だな」

千早「どうも」




続きを読む
続きを読む

P「俺を罵りたい?」春香「はい…」



3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 02:06:23.57 ID:P1on+QMW0


代行あざっす!


P「なんでまたそんな」

春香「ほら、今度出す新曲のI Wantってあるじゃないですか」

P「そうだな」

春香「あれの練習を…」

P「なるほど」






続きを読む
続きを読む

真「まこちーをひたすら撫でまわして可愛がってたら」


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/04(月) 01:03:51.97 ID:pBUw/YGy0


真「やたらべたべたしてくるようになった」

まこちー「ヤ~♪」スリスリ

真「かわいい……」ギュゥッ

まこちー「ヤ~っ」キャッキャッ


P「なるほど。これはうらやまけしからんな」


小鳥「わ、私も……」クルッ

ぴよぴよ「……ぴ」

小鳥「ぴよぴよちゃ~ん!」

ぴよぴよ「ぴー……」フヨフヨ

小鳥「逃げないで~っ」


P「くそ……俺もべたべたされたい!」

あふぅ「ナノッ!」ピョン

P「お? どうした」

あふぅ「ナノナノッ」




続きを読む
続きを読む

春香「デートに水筒持ってくる非常識なプロデューサーwwwww」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/03(日) 20:20:39.17 :GaM2gWoj0

春香「結婚してよ……」

千早「幸せにさせて欲しいわよね……」

律子「なおプロデューサーはデートとは思っていない模様(嘲笑)」

続きを読む
続きを読む

千早「ちひゃーと付き合うなんて正気ですか?」



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/04(月) 00:59:06.13 :4250HG7o0

―ちひゃーに告白―


P「俺と付き合ってください!」

ちひゃー「くっ?」

千早「プロデューサー、何を言っているんですか?」

P「ちひゃーと付き合いたい」

千早「真顔で冗談は止めてください。流石に面白くありません」
続きを読む
続きを読む

小鳥「え、異動?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:57:33.19 ID:wrCEFFr10


いつものように出社して、いつものようにみんなと笑顔で過ごす。

そして悲しいかないつものように1人の家に帰ってくる。

そんな日々がもうしばらく続くと思っていた。







続きを読む
続きを読む

やよい「うっうー、今月も家計がピンチですー!」



1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 00:51:10.84 ID:lwHot/3m0
やよい「ちょっと春を売ってくるですー♪」


9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 01:06:14.71 ID:lwHot/3m0
やよい「というわけで春はいりませんかー?」

千早「いただくわ」ボタボタ

春香「とりあえず鼻血止めようよ千早ちゃん」

続きを読む
続きを読む

小鳥「音無小鳥がなかまになりたそうにそちらをみている」P「…」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/27(水) 18:36:35.52 43PfJ1Xz0

小鳥「なかまにしますか?」

P「仕事してください」

小鳥「もうおわりましたー」

P「…俺は終わってないんですよ」

小鳥「お手伝いしたいですけど残念ながら私にはできそうにもない書類ですね」

P「ま、俺の仕事ですから」

小鳥「事務員ってこういうポッとした空き時間ができることがよくあるんですよ」

P「そうですか」

小鳥「…うわー!やーらーれーたー!」バタッ

P「…」

小鳥「なんと、音無小鳥は起き上がって仲間になりたそうにそちらを見ている」

小鳥「なかまにしますか?」

P「お仕事します」

小鳥「ノリが悪いですよー!プロデューサーさん!」

続きを読む
続きを読む

伊織「バレンタインの延長戦」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:21:13.44 :9IzpATZU0

2月14日

伊織「ふぅ。やっと仕事終わったわね」


いつもは竜宮小町で仕事をしている私だけど、今日は一人で収録なの。

今度やるっていう連続ドラマの撮影なんだけど、ここんとこ毎日で、正直疲れたわ。


伊織「あら?もうこんな時間なの?急がなきゃ」


気がつけばもう午後6時。もう、今日は特別な日だっていうのに。

あの番組ディレクターのせいで時間がかかってしまったじゃない。

続きを読む
続きを読む

P「やよいと頭痛」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/28(木) 21:29:28.11 ID:GAUmIcA20
やよい「おはようございます」

P「おう、おはよう…」

P「どうした?元気無いな」

やよい「頭がくらくらがんがんします…」

P「頭痛いのか?薬は?」

やよい「飲んでません…」

続きを読む
続きを読む

美希「ハニー、ミキ結婚するね?」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/26(火) 15:00:59.67 ID:gUt9fi9oP
P「え?」

美希「ミキにふさわしい人、見つけちゃったんだ」

P「い、いやちょっと待てよ! アイドルはどうするんだ!」

美希「ごめんね、バイバイ」

P「お、おい美希! 嘘だろ、待ってくれ、美希!!」

――




P「美希……いかないでくれ……頼む」

P「美希……」

P「……はっ」

P「これまたベタな夢だな……」


P「仕事行くか……」 続きを読む
続きを読む

やよい「腹パン一回1000円です……」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/27(水) 12:17:35.24 ID:hj8QwMSnO
P「アイドル腹パンできるのは業界広しといえども765プロだけだよ~さあよったよった!」

やよい「うぅ……これも家族のためです……」

俺「1000円で1腹パン……でいいのかい?」

やよい「は……はい……」(大きな人……怖いよ)

俺「じゃあはい。一万円」

やよい「え……そんな……10発も……」ガタガタ
続きを読む
続きを読む

やよい「プロデューサー、あのっ…行ってきますのちゅー…///」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/26(火) 18:56:11.50 ID:ST8YXVQZ0
P「」

やよい「だめですか?」

P「いや、ダメじゃないが。いきなりどうしたんだ?」

やよい「えっとですね。この間ロケで一緒になったアイドルさんが言ってたんです。『仲良しならちゅーすぅー!』って」

P「へ、へぇ……」

やよい「それで、プロデューサーと私も仲いいかなーって思って」

P「なるほど、それで」

やよい「はい。でも、プロデューサーがいやなら……」

P「いや、いやじゃないぞっ!? いやじゃないんだが……、やっぱりアイドルとプロデューサーとしてはだなぁ」

やよい「……はい、わかってます。ちょっと困らせてみたかっただけです。……えへへ」

P「」 続きを読む
続きを読む

P「うっひょおおおお!!! 千早の誕生日じゃああああああ!!!」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/25(月) 15:08:32.44 ID:KYEd0kp50
-事務所-

P「うおおおおおおお朝からテンション上がってくるぜええええ!!!!」

P「ハァハァ……だが、実はこのところ忙しすぎてプレゼントを何も用意していないのである」

P「こうなったら俺のあふれるパッションを千早にダイレクトに伝えるしかないぞ!!! サプライズとかまどろっこしいことやってられん!!!」

P「今日は千早が朝一で来るはずだ! まずは>>3! これで思いっきり祝ってやるぜええ!!!!」
続きを読む
続きを読む

千早「わ、私と付き合ってください」P「……」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/24(日) 20:12:57.09 ID:kjeGQsR00
P「悪い、流石にそれは無理だよ」

千早「……」

P「分かるだろ。俺たちはそういう関係にはなれないんだ」

千早「アイドルと、プロデューサーだから……ですか?」

P「ああ。もしも、バレたら大変なことになるだろ?」

千早「で、ですが……。その、バレないように……」

P「そういう問題じゃないだろ?ほら、下らないこと言ってないでレッスンでもしたらどうだ?」

千早「下らないって、……そんな」



春香「ち、千早ちゃん……」

続きを読む
続きを読む

真美「日付が変わる前に」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 23:01:59.47 ID:XBbkJe6R0
真美「うあああああ!」

真美「おしっこ漏れちゃうよぉ~」バタバタ

真美「ロケに来たけどみんなとはぐれちゃったから全然分からないYO!」

真美「ガマンできるのは後1時間……なんとしないと……」

真美「あうぅ……」

真美「と、とりあえず>>4だNE!」

※登場人物の場合は全員765、それ以外は安価下 続きを読む
続きを読む

響「新しい首輪を買ったぞ!!」P「よっと――お、似合う似合う」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 20:07:05.15 ID:eqJNpz0V0
響「ほ、本当か、照れるなー…って違う!!」

P「どうした」

響「どうした、じゃないよ、なんで自分に首輪を付けるの!?」 続きを読む
続きを読む

P「プロデューサーグッズ始めました…」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/21(木) 18:26:12.43 ID:Fd4cURNt0
<アリアトッシター!

P「さて確認っと…」

小鳥「なんですかそれ?」

P「ああ、今度のライブで出すアイドルグッズの見本ですよ」

小鳥「あー、完成したんですかそれ!」

P「ええ、新しい写真とかいっぱい使いましたから結構いい感じなんじゃないかと」

小鳥「はやく!早くあけてくださいよ!」

P「はいはい、ちょっとまってくださいね」

P「…はい、ご開帳~…は?」

小鳥「!?」

P「…俺?」

小鳥「………まさか」

P「…なんで俺の顔が印刷された団扇が…」
続きを読む
続きを読む

P「千早ってヤンデレが似合いそうだよな」千早「え?」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/01(火) 15:59:19.80 ID:d+5BYiUPO
P「ヤンデレ知らないか?」

千早「いえ…少しなら知ってますがどうして私が?」

P「いやーなんというか千早は好きになった人に凄い一途な気がするからな」ナデナデ

千早「あっ…///」

P「そうだ!もしかしたら今後そういう役が千早にくるかも知れないからちょっとだけ練習してみるか!」

千早「練習…ですか?」

P「あぁ!一週間俺の彼女になりきって千早なりにヤンデレみたいな素振りを練習してみるんだ!俺なんかじゃ嫌かもしれないけどな」

千早「プロデューサーの…わかりました。やってみます」

そうして俺と千早の嘘の恋人関係が成立した
思い返せばこんなことを言わなければあんなことにはならなかったといくら悔やんでも悔やみきれない…
続きを読む
続きを読む

小鳥「ぱらっぽっら~プロデューサーさんに>>3をします」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 20:02:58.57 ID:wXP4hhLx0
小鳥「年末ですから♪」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 20:07:06.73 ID:wXP4hhLx0
ガチャ
P「はぁ~今日も疲れた~」

小鳥「お帰りなさいませ、ご主人様」

P「……」

小鳥「ご飯にしますか? お風呂しますか? それとも わ た し ?」

P「」

続きを読む
続きを読む

真美「将来は兄ちゃんのお嫁さんになる!」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 21:15:59.16 ID:dKNXO6dm0
~765プロ事務所~


真美「ってーい!」

P「おぅふ!」


真美「兄ちゃん、遊ぼ!」

P「まだ仕事中だ」

真美「仕事と真美、どっちが大切なの~?」

P「真美の仕事が大切だ」

真美「ぶー、ケチ」

続きを読む
続きを読む
カテゴリ
最新記事
プロフィール

こんがり

Author:こんがり
2chSSのサイト。
色々と模索中です。
古いSSも随時追加していきます



2ch SSサイトの相互リンク、RSS歓迎です。

連絡はメール又はコメントに連絡ください。

 kongari.ss.0123★gmail.com

★部分を@に変えてください

ss読むついでに更新する感じなので、自分用に近いですが……

To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス) ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣 シナリオの基礎技術
サイト内検索フォーム
Twitter
 
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス) 百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
スポンサードリンク
カウンタ
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。